福岡で「長身 男 モテる」を徹底検証|モテるリンピック事務局

このあいだ、評判の出会い居酒屋に行ってきました。



ネットで見ると可愛い女の子と連絡先交換できて、その先に繋げやすいという情報だったのでわくわくしながら向かいましたが、相手の女の子ははっきり言って可愛くなかったですし、料金がかさむし、散々な目に遭いました。比較するのもなんですが、前に出会い系がキッカケで出会った子の方が可愛くて充実した時間とお金の使い方が出来た気がします。
自分の場合はですが、出会い居酒屋でお金を使うよりも出会い系サイトを利用して出会った女の子と遊ぶお金に使おうと思います。当然のことですが、出会い系サイトにはプラスなところとマイナスなところがあると言えるでしょう。



具体的には、利用者の弱みや寂しさといった心理を突いた詐欺や犯罪が行われていることもありますし、サイト上では親切で優しそうな男性が、実はDV男だったケースもあるのです。
浮気相手を探すためにサイトを利用している既婚者だって存在するのです。
その一方で、出会い系がキッカケで結婚できたという話も珍しくありませんので、一口に出会い系といっても、その実態は人それぞれ違うものだとも言えます。
よほどの田舎でない限りは、地域の中に自然と独身男女が集まっている出会いスポットが存在すると思います。
しかし、このような場所に足を運んだからといって、100パーセント会える保証はないわけです。

また、ナンパや合コンのノリは苦手な人にとってはこうしたスポットは行くことも苦痛でしょう。
そんな場合はネットの出会い系などで相手を探してみてはいかがでしょうか?もちろん、最終的な目標は交際相手を見付けることですが、ただ異性とメールするだけでも嬉しいものです。学生の頃とは違って、働くようになると、出会いのチャンスが欲しくても時間が取れずに失敗することが多いです。
忙しい方にありがちですが、暇な時間を持てるのが通勤時間だけというのでは出会えるチャンスは殆どありません。



ですから、空いた通勤時間で、異性と出会い系サイトでやり取りするのが良いと思います。



ネットでの出会いなんて、と思う方もいるかもしれませんが、異性とメールするだけでメリハリがついて、恋愛する気持ちが高まるでしょう。


実名を公表して出会い系サイトを使っているという人はあまりいません。


ですが、苗字はともかく名前はそのまま本名を登録しているという人は珍しくないでしょう。

メールやサイトでやり取りをしあってどんどん仲良くなってくると、大胆な気持ちになって本名を伝えてしまう事がありますが、とても危険なことですから絶対に止めてください。



中でも、フェイスブックをやっている人は、フェイスブックに設定されている公開範囲によっては本名によって特定され、晒されてしまうかもしれません。



出会い系サイトを利用する上で大切なことは、ネット上に情報を出すリスクを知るということでしょう。最近ではあまり良く知らない相手にも個人情報を伝えてしまう人が目につくようになりました。近年は出会い系サイトのイメージが変わってきたとはいえ、悪徳サイトもまだ存在していますし、犯罪被害もなくなった訳ではありませんので、個人情報を教えるにしても最低限の情報で十分でしょう。
特に危険なのは、身分証明書の扱いです。迂闊に人目にさらすような危険は避けましょう。


これらに共通する注意点としては、サイト上のやり取りだけで相手を信用しないことに尽きます。相手に会ってみて信頼できるまでプライバシーにかかわる部分は簡単に伝えないと意識しておいてください。

出会い系サイトの利用者数は、比較的女性が少ない傾向にあります。そのため、好みの女性を見付けた男性がメールしても無視されてしまうことも珍しくありません。また、女性がわざわざプロフィールを調べてメールしてくれる確率も低いのです。もちろん、全ての男性が同じとは限りません。



男性の職業が弁護士や医者、会社社長などの女性が憧れる職業の場合、沢山のメールをもらえると思います。それならばということで、職業に医者と書いておけばメールはたくさん来るようになりますが、会ってみれば嘘はばれてしまいますから、トラブルに発展するケースもあります。

当然のことですが、出会い系サイトにはそれなりにリスクがあるのです。
例えば、男性はどれだけ課金しても出会えないサクラや、キャッシュバッカーとやり取りしてしまいカモにされて金銭や時間を無駄にする危険があります。真剣に恋人を探している場合は独身のフリをして浮気相手を探している既婚者に引っ掛かってしまう危険性があります。こうした数々の危険から身を守るためにも、迂闊な行動はとらないようにしましょう。全くの他人より、趣味が同じ人の方が話しやすいことがありますし、より親しくなれる気がしますよね。

そういう意味でも、出会い系サイトの自己紹介には少しでも興味のあることや関心があることを書いておいて方がチャンスが広がります。多くの方が躊躇するのが、マニアックな趣味を書いても良いものかということでしょう。マニアックな趣味は恥ずかしいと思いがちですが、発想を変えてみると、マニアックがゆえに趣味を同じくする者からはその分親密になれるチャンスがあるという事なのです。ですから、恥ずかしがらずに思い切って書いた方が結果的には良いと言えます。

昨今のネット社会で円滑な人間関係を築くためには、相手の喜ぶ文面がつくれる「メール術」が大切になってきます。
これは出会い系サイトにおいても同様で、女性に送るメールの内容が悪くては失敗することになってしまうでしょう。基本的にはですます口調で丁寧な方が良いのはもちろん、最終的に会うことが目的でも、それをしつこく言うのは多くの場合失敗します。



また、あまりに長文過ぎたり何かにつけて連絡するなど、向こうの都合を考えないようなメールでは、関係は終わってしまうでしょう。出会い系サイトの敷居が下がった昨今では、恋人欲しさからインターネットの出会い系を活用している人も珍しくありませんが、犯罪や不純な目的でサイトを利用している人に騙されないように気を付けてください。

既婚者にもかかわらず、それを隠して都合の良い遊び相手を探している人や親密になると見せかけて、本名や住所などの個人情報を引き出させる悪徳な業者の報告もあります。



こうした相手に情報を与えないように、意識しておきましょう。女性は性犯罪被害の恐れもある為、しっかりと自衛することが大切です。友達がスピード婚をしてビックリしたのですが、相手と知り合ったきっかけを聞いて驚きました。それはネットの出会い系がキッカケになったと言っていました。出会い系というと遊び目的の人が利用しているイメージがありましたが、二人は結婚を前提にした恋人を探していたらしく、付き合い始めてからも仲良しで、すぐ結婚を決めたと言っていました。私から見ても旦那さんは優しくて素敵な人で、出会い系サイトを利用すると素敵な人と巡り合える可能性が高いんですね。
恋人が欲しいけれど、日常の中で出会いが少なかったり相手を選びたいという理由で出会い系サイトを活用している方も多いと思います。



出会い系で知り合った相手と、スムーズに出会いへと進められるかどうかはファーストコンタクトでいかに自分を魅力的に見せられるかどうかだと思います。

例えば、メールの文体があまりに軽薄で不真面目そうなものだと遊び目的と思われるでしょうし、あまりに堅苦しく重たい文面だと、付き合いにくいと思われてしまうものです。書いている本人には分かりにくいのですが、文体は本人の印象を左右します。色々な文章を参考にしながら、適度に丁寧で重すぎないメールを送れば出会い系サイトでの恋人探しももっと効率的になると思います。
出会い系サイトではどのような危険が考えられるでしょうか。出会い系サイトはその匿名性から犯罪も多い場所ですが、その多くは未成年が関係しているものです。

大人の男性でトラブルに巻き込まれる危険といえば、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら関係を持った結果、トラブルに巻き込まれることが多いようですね。



一方で、犯罪被害者となりやすいのが女性です。

相手の運転する車に乗って相手の思うままの場所へ連れ込まれたという手口が横行しているようです。
最近では、出会い系サイトといえば犯罪被害や詐欺被害ばかりがクローズアップされ、良くない印象を持っている人も多いです。


ですが実際は、お見合いなどよりも敷居が低く出会いの可能性が高いということで、真剣な交際を考えた人が登録しているケースも少なくありませんので、出会いの場として十分効果のある場所です。

ですが、女性の利用者が圧倒的に少ないので男性が女性と会おうと思ったら、相当な努力と時間が必要になる可能性が高いです。

また、女性の利用者は犯罪被害に遭わないよう、個人情報の管理をしっかりとし、迂闊な行動をしないよう注意しましょう。



出会い系でプロフィールからどれだけ頑張って女性にメールしても、返信されないことの方が多いのです。

このような状態に慣れてしまうと、かえってその返信のセカンドメールはどうしようと迷ってしまう方も珍しくないようです。ここで失敗しがちなのですが、浮かれるあまり長々と自分のことを書いたメールを返信するのは避けてくださいね。

セカンドメールもファーストメールと同様に、丁寧で適度な長さのものにするようにして下さい。

最近人気の婚活は昔ながらのお見合いや紹介といったスタイルに限りません。


最も身近にある婚活として、出会い系サイトがおススメです。
出会い系は、その場だけの楽しみを求めるようなタイプの人が大多数というイメージを持っている人も多いですよね。でも、実は、そんなことも無いようですね。



結婚を考えて登録している人もちゃんといますから、プロフィールからそういった方を探して連絡してみると、素敵な出会いに繋がるかもしれません。


最近では、ほとんどの人がスマートフォンを所有していますから、それに伴って出会い系アプリが盛り上がっているようです。
位置情報などから距離的に近い相手と出会うことが出来るアプリや、相手を誰と決めないままでコミュニケーションを取ってみて、相性が良さそうなら連絡先を伝えられるようなアプリも人気がでています。
選ぶ基準としては、利用者数を参考にするのも良いのですが、目的のアプリの使いやすさや親和性はそれぞれですので、ご自身に都合の良いアプリを使うことが、出会い系アプリを楽しむ上で大切です。スマホのアプリには多くのコミュニケーションアプリがありますよね。

特に多くが、ラインを使っているようで、ラインを使うのが日常的になっています。できる事なら、出会い系で知り合った女性とはメールだけでなくてラインを使ってメールや電話を始めれば、さらに仲良くなって、二人の関係も進展するでしょう。
でも、ただ聞くだけではいけません。
聞き方が悪ければ、女性からの連絡が無くなることもあるので、ライン交換の話を振るタイミングや、その聞き方は注意深く行動した方が良いと思います。日常生活で異性との出会いに期待が持てずに、出会いパーティーデビューする方もいると思います。
誰とでも楽しい会話が出来て自分から話しかける事に抵抗がない人だったら、出会いパーティーにおいても、結果を出すことが出来るでしょう。
とはいえ、口下手な方や消極的で異性と話すことに抵抗がある場合は、まずは出会い系サイトで文面だけのやり取りで慣れていくのが成功率が高いです。多くの独身の人の出会いの場となっている出会い系サイトでも、相手と交際を始めるにあたっては、しっかりと検討した方が良いです。



出会い系サイトを利用している人なら分かると思うのですが、サイトのプロフィールに嘘の情報を書いている人もいるのです。一見、良さそうな人でもすぐに交際したいという気持ちを抑え、やり取りを繰り返したり実際に会ってみるなどして信頼してもいいのかどうか判断することが大切だと言えるでしょう。
実際の婚活においては、公務員は引く手あまたの人気職業ですよね。

同様に、ネットの出会い系でも同じく花形の職業です。結婚を考えて、遊びでない本気の恋愛をしたいと考えている女性にとっては何よりも安定性の高い公務員という職種は憧れの相手なのだと思います。
このように出会い系サイトでも現実でも大人気の公務員ですが、職場をある程度推測できる職種であるため、うっかり個人情報を載せてしまうと簡単に個人を割り出されてトラブルを抱えることもありますから、用心しましょう。



極力、こちらの個人情報は伝えたくないけれど、向こうの連絡先はちゃんと教えてほしいというのが本音だと思います。



中でも女性は自衛心が強いですから、親しくもないうちに連絡先を伝えてくることは滅多にありません。仮に、知り合ってすぐに女性から連絡先を教えてくるようなことがあれば、それは相手が実は、個人情報を収集している悪徳業者という可能性が高いです。そこまで警戒しなくてもいいのではないか、と考える男性もいると思いますが、これくらい慎重になっておいた方がトラブルとは無縁にサイトを利用出来るでしょう。
そうそうある事ではありませんが、出会い系サイトでやり取りしていた相手が、現実の知り合いで驚いたという嘘みたいな話が実際にあったそうです。
とはいっても、お互い出会いを求めていたわけですし、特に心配はないと思います。しかし、自己紹介の欄に顔写真を載せている場合は、面白半分で登録した知り合いがいた場合、ご自身が出会い系サイトを利用していることが周囲にばれてしまう可能性があります。他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、取り扱いには十分注意が必要です。

実際、出会い系サイトにはサクラや機械などで利用者を騙そうとするサイトがありますから、これらの相手に騙されない為にも、相手の女性がサクラや機械ではないことを探るのは出会い系を利用する上で必要不可欠のスキルだと言えます。簡単な事を言えば、いつでも同じ内容の返事を繰り返すような機械の不自然さを疑わず、やり取りを続けてしまうようでは、貴重な時間もお金も溝に捨ててしまうようなものでしょう。機械やサクラより見分けづらい相手がキャッシュバッカーです。
いつまでも関係が進展しないようであれば早々に見切りを付けましょう。



出会い系サイトの中でも、ポイントを換金できるようなシステムの出会い系サイトを利用する場合、キャッシュバッカーの存在を知っておいた方が良いでしょう。
というのも、ポイント換金制の出会い系サイトでは、交際相手を探している訳ではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。



こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、不自然な返信をする機械が相手でもないので分かりづらいですが、例えばいつまでもメールのやり取りを引き延ばし続けるような相手は打ち切りましょう。


出会い系をやっていると、相手との距離感が上手くつかめずに迷う時もあるでしょう。

例えば、メールでのやり取りは一段落ついたけれども、実際に会うのには不安が残る、という場合や、早く会ってみたいのに都合が合わずに、もどかしい思いを抱えることもあります。そんな時にはぜひ、スカイプを使ってみてください。
スカイプ同士であれば料金を気にすることなく長時間話せますし、相手の顔を見て会話できます。
とはいえ、相手のことを良く知らないのに顔出しすると、録画されて悪用される危険がありますから、カメラオフしたり顔を写さないようにするといった対策を取った方が安全でしょう。
実際に出会い系サイトを利用するなら、以下の事に注意してください。出会い系サイトの中にはより多くの利用者を騙して儲けようと、一般の利用者を騙ってサクラを紛れ込ませているサイトがあります。



万が一、サクラに釣られてしまったらやり取りの回数や課金の額に関わらず直接会えることは絶対にないので、かけたお金も時間も無意味になってしまいます。


貴重な時間をとお金を無駄にしないよう、あらかじめ情報を仕入れておいて評判の良い出会い系サイトを利用しましょう。そうすれば、サクラの危険性が少なくて安心です。


これまでに出会い系を利用したことがある方ならご存知かと思いますが、出会い系ではお互いの写真を交換し合って容姿を確認することが一般的です。生涯を共に過ごす結婚相手ならまだしも、少しデートするだけでは、容姿が大切になるのもうなずけますね。



偽物の写真を送っても相手には分からないですが、結局、嘘はバレますし、相手もいい気分はしませんので、実際に会いたいと思える相手には素直に本当の写真を送るべきでしょう。それに、相手がくれた写真も本人ではない可能性がありますから、安直に信じるのは危険です。

出会い系サイトの中でも、危険なサイトはどのようなサイトだと思いますか?いわゆる大手サイトは、サイト自体は安心できます。
しかし、サイトが信頼できるものだとしても問題は利用者です。
大手サイトは利用者が多いぶん、出会いを求める以外の目的で登録している人も多いのです。

例えば、個人情報集めの悪徳業者や金銭目当ての詐欺師なども利用しています。もし、恋人を探そうと思ったら、こうした人たちを避けて根気よく探すことがポイントになります。



相手がいくらタイプの異性でも安易に相手を信用しないでください。