福岡で「上から目線 男 モテる」を徹底検証|モテるリンピック事務局

世間では、出会い系サイトの印象はあまり良くなくて、危険なイメージがあるみたいなのですが、私の経験では、危ないと感じたことはありません。例えば、サイト上では詳細な個人情報(住所、名前、職場など)は教えず、人の目が多い場所を待ち合わせ場所にすれば、安心して出会い系サイトを利用できますよね。
反対に、相手の運転する車に乗るのは危険ですから断りましょう。



また、待ち合わせの時間を夜にするタイプの人と会うのは避けた方が良いでしょう。極力、こちらの個人情報は伝えたくないけれど、向こうの連絡先はノーリスクで欲しいというのが本音だと思います。特に女性の場合は簡単に連絡先は教えてくれないものです。
女性が積極的に連絡先を聞き出そうとするのは、女性のフリをした悪徳業者という可能性が高いです。
「警戒しすぎ」と感じるかもしれませんが、これくらい意識しておいた方が良いでしょう。



出会いのキッカケや婚活に便利な出会い系サイトなのですが、いくつかの被害が報告されています。具体的には、何といっても「出会えないこと」ですね。

当然ですが、本人の対人スキルの問題によって出会いまで進展しないというのは別問題でしょう。

被害として扱えるのは、サイト運営側が、本当は会えないにもかかわらず、会えるように見せかける詐欺行為を働いている場合だけです。例えば、女性会員がサクラであったり、最近では機械の自動返答というケースもあるそうですから、注意しましょう。たくさんある出会い系サイトの一部には課金目的で一般の利用者を騙ってサクラを紛れ込ませているサイトがあります。

サクラの多くが、芸能人のような容姿や魅力的なプロフィールで登録していますから、騙されやすいと言えます。
仮に、このサクラに引っ掛かってしまうと、いくら課金しようと連絡をしようと交際に発展するどころか、会えるなんてことはまずあり得ないので、かけた時間もお金も全くの無駄になってしまうのです。

貴重な時間をとお金を無駄にしないよう、あらかじめ口コミやネットでの情報を収集して怪しいサイトは避けるよう、自分でしっかりと調べておきましょう。独身の男女の出会いの場と言えば、どこを思い浮かべますか?出会いのためのイベントは頻繁に催されていますが、外見に自信がない場合や異性との交流に苦手意識がある人は簡単に参加を決められないものでしょう。このようなタイプの方の中には、せっかく勇気を出して参加しても、上手くいかず、二度と参加しないこともあります。

慣れないイベントで嫌な気持ちになるよりも、先に出会い系サイトで異性との会話や距離感をつかみながら出会いのチャンスを作る方が良いと思います。
個人情報流出などとよく耳にしますが、出会い系サイトでも本名や住所を簡単に教えてしまう人が増加しています。以前ほど危険なイメージの無くなった出会い系サイトですが、それでも悪徳サイトもまだ存在していますし、犯罪被害もなくなった訳ではありませんので、開示する情報は最低限にするべきです。
中でも身分証明書は管理をしっかりとすることが大切です。また、実際に会ってみて信用できる相手だと決断するまではプライバシーにかかわる部分は簡単に伝えないと意識しておいてください。よほどの田舎でない限りは、地域の中に自然と独身男女が集まっている出会いスポットがあります。こうした場所は手軽な出会いの場なのかもしれませんが、誰にとっても平等な出会いの機会があるわけではないでしょう。



こうしたナンパや合コンのノリが嫌いなら、ネットの出会い系などで相手を探してみてはいかがでしょうか?知り合えた相手と恋人になるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、異性とメールするだけでも気持ちにハリが出ますし、恋愛に向けた気持ちが高まりますよ。

出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、出会い系を利用するにあたっては、本当に出会いを求めている利用者なのかどうかを判断することは最も基本的な技術と言えるでしょう。
といっても難しい話ではなく、短文で全く同じ文面ばかり返ってくるプログラムの不自然さを見分けられなくては、貴重な時間もお金も溝に捨ててしまうようなものでしょう。機械でもサクラでもなく、ポイント目当てでアプローチしてくるキャッシュバッカーには細心の警戒が必要です。



いわゆる、大手と言われる出会い系サイトでは、小さなサイトよりも安全だと言えます。しかし、出会い系サイトを利用する上で重要になるのは利用者の質でしょう。大手サイトは登録者数が多い分、その実態は個人情報を集めている業者や詐欺師、遊び目的の既婚者などが入り混じっています。

このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、時間をかけて慎重に探すのをおススメします。直接会うことになっても、安易に相手を信用しないでください。

私の個人的な経験ですが、この間、出会い系アプリで話が合った人と初めて会ってみたんです。それまでのやり取りで仲良くなっていたとはいえ、実際に会った経験が無いので、いろいろと不安に思う事があって緊張していました。でも、悪い想像とは全く違って相手の方と意気投合し、楽しくデートできました。



どんなところに連れて行かれるのかな?という不安もありましたが、実際はすごく美味しいお店で話も弾みましたし、趣味や仕事といった話も、アプリでのやり取りとはまた違って色々な話が出来て親近感が上がりました。またデートする約束もしましたし、次に会うの時がすごく楽しみです。今、盛り上がりを見せているのが出会い系アプリで、出会い系サイトよりも良いでしょう。

それというのも、最近ではPCより今ではスマホが日常的に利用されていますし、簡単にやり取りが出来るのです。出会い目的ではなくコミュニケーションを目的としたアプリがあり、こうしたものを出会い系アプリのように利用する人もいます。


しかし、本来の用途でない使い方は一般の利用者から嫌がられますし、時間を無駄にする可能性も高いですから、素直に出会い系アプリを選ぶことをおススメします。
せっかく出会い系サイトに登録したのに、思ったような結果が出ないという男性の話もよく耳にします。


その背景には、女性の数があまりに不足しているという点があるでしょう。ですから、男性からメールでアプローチしてみてもメールが返ってこないことの方が多いでしょう。
また、男性のプロフィールを調べた女性がメールを送ってくることも、滅多にありません。

しかし、医師や弁護士、会社社長といったお仕事の方については、その収入や肩書に魅力を感じる女性からのメールが尽きないでしょう。それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、すぐにバレてしまいますし、トラブルに発展するケースもあります。

犯罪やトラブルは、やはり出会い系サイトを利用する多くの人が気になることではないでしょうか。

出会い系サイトが関わる事件の多くが、未成年が関わっていることが多いようです。

大人の男性でトラブルに巻き込まれる危険といえば、18歳未満の女子高生や女子中学生と知り合い深い関係を持ってしまう等のケースが多いです。女性の場合は、サイトで出会った男性の車に不用意に乗ってしまいそのまま人気のない場所に連れ込まれるといったケースがよく見られますから、相手を安易に信用し過ぎないようにしましょう。当然のことですが、出会い系サイトは一般の婚活サイトやSNSと違って様々な危険性があります。
主に男性の場合は、どれだけ課金しても出会えないサクラや、キャッシュバッカーとやり取りしてしまい良いように利用されて、時間やお金を無駄にしかねません。本気で交際相手を探しているのに、遊び相手が欲しくてフリーとウソをついた既婚者に引っ掛かってしまい、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。
出会い系サイトでは、慎重すぎるくらいに警戒して行動を選んでください。


現実の交際ではじっくりと相手を見るのも大切ですが、出会い系のポイントはとにかくたくさんの相手にコンタクトを取るということでしょう。

男性の登録者は女性に対して様々な女性に対してメールでコンタクトをとってみるべきです。


そして、もう一点がメールの中身でしょう。書かれた内容が悪いと誰も相手にしてくれません。文体としては、丁寧でも固すぎず、親しみやすい文体で定型文を保存しておいて、別の女性に送信する時にそれぞれの女性のプロフィールを意識した文を書き加えるのがおススメです。出会い系サイトがキッカケで知り合った異性とメールでのやり取りは一段落ついたけれども、直接会っていいものかどうか判断に迷う場合や、会いたくても時間が合わないといったこともあるでしょう。

そんな時はとりあえず、スカイプを使ってみてはいかがでしょうか?通話料が負担になることもなく、顔を見せ合えば、更に距離感を縮めることもできるでしょう。


しかし、相手によっては通話映像を録画している危険性もあるので、顔は写さない方が安心です。

テレビなどでも自らオタクを公言している芸能人が増えているように、オタクのイメージは昔と様変わりしました。
それに伴って、最近はマニアックなオタク趣味を持っている方ほど女性から好かれる可能性が高いです。


女性もディープなオタク趣味を持っていることが増えているため、お互いが気兼ねなく趣味の話が出来るということで付き合い始めたというオタクカップルの話もよく耳にするようになってきました。

オタク趣味を初めからプロフィールに載せておき、自分がオタクであると相手に分かってもらえば、付き合った後も自分に嘘をつかずに交際を続けられます。
普段の生活の中でネットに触れていない人は殆どいないのではないでしょうか。SNS等で知り合ったというカップルが多くなっていますし、特に出会い系サイトはお互いの目的がハッキリしていますから、ここでの出会いがきっかけで結婚して夫婦になることもあるのです。


しかし一般的なSNS等と違って、出会い系サイト出会いを求める場合は自衛を心がけないと、詐欺被害や犯罪に遭ってしまうかもしれません。
出会い系サイトは出会いの場として有効な反面、個人情報流出や犯罪被害といった危険と隣り合わせであるということも分かっておきましょう。出会い系サイトには利点と欠点がありますから、よく理解して利用するのが良いでしょう。



利用者の人間関係の希薄さや人恋しさといった弱みを握って金銭をだまし取る詐欺を行っている人もいます。
サイト上では親切で優しそうな男性が、実はDV男だったケースもあるのです。あるいは、既婚者であるのにもかかわらず、遊び相手を探すためにサイトで女性を騙している既婚者もいるそうです。
それとは逆に、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、一口に出会い系といっても、その実態は人それぞれ違うものだとも言えます。
多くの人は出会い系サイトで本名を公開することに抵抗があるようで、実名を公表している人は珍しいですが、名前の部分については、自分の名前を使うという人もいるようです。
しかし、メールのやり取りで仲良くなってくると、相手が現実の友人と同じような錯覚に陥り不用意に本名を伝えてしまう人がいます。しかし、こうした安易な判断が、トラブルになることもあります。



最近増えているのがフェイスブックによる情報漏えいです。
設定によっては教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。今どきの婚活は昔ながらのお見合いや紹介といったスタイルに限りません。



手軽な婚活としては、出会い系サイトを挙げることが出来ます。

なんとなく出会いと聞くと、一回だけの遊びが欲しいような人が多い印象がありますが、意外とそんなことはありません。

結婚を考えて登録している人もちゃんといますから、プロフィールからそういった方を探して連絡するのをおススメします。
偶然にも知人と出会い系で出会ってしまったというケースがあります。

恥ずかしいですが、お互い出会いを求めていた者同士ですから大問題に発展することは無いでしょう。

ですが、ご自身の顔写真をプロフィールに掲載していた場合、いくら名前を誤魔化していても冷やかしのつもりで現実の知り合いがみると、ご自身が出会い系サイトを利用していることが周囲にばれてしまう可能性があります。

顔写真は知人の判別だけでなく犯罪に悪用されることもあるので、しっかりとプライバシーを保護することも大切です。

出会い系サイトで使う顔写真はどのようなものが良いのでしょうか。もしお見合い写真ならば正装で写真館などで撮影したものが良いのですが、ネットの出会い系サイトで交換し合う顔写真であれば深く考える必要は無く、例えばプリクラの画像を使っても良いですし、ある程度であれば写真を修整しても大丈夫でしょう。

でも、全く別人のような写真では、直接出会った時に嘘をついていたと受け取られかねませんし、そのショックから関係が終わってしまうこともあるのです。
写真うつりにコンプレックスがあるのであれば、勇気をもって会いに行ってみた方が後ろめたさも無く、すっきりできるのではないでしょうか。

最近では出会い系サイトにも、色々な特徴を持ったサイトが増えてきています。具体的には、大手から趣味に特化した小規模のサイト、はたまた料金の違いなど、選ぶのに迷ってしまうほどの数があります。

ほとんどの出会い系サイトは、気の合う人同士を繋げるサイトとして機能しているのですが、一部には、詐欺トラブルになるような悪徳業者が運営するサイトもあります。
これらの悪質サイトに誤って登録した場合、あれこれと利用料金を騙られたり、相手がサクラやプログラムばかりで、どれだけ課金しても会えないという結果になってしまいます。最近では、出会い系サイトといえば犯罪被害や詐欺被害ばかりがクローズアップされ、良くない印象を持っている人もたくさんいるでしょう。

ですが実際は、お見合いなどよりも敷居が低く出会いの可能性が高いということで、真剣な交際を考えた人がサイトを利用している場合もあり、登録する価値は十分にあります。とはいえ、登録者の比率から考えても女性が少ないのは確実で、ほとんどの男性はそれなりに腰を据えて取り組む必要があるかもしれません。



女性の利用者については男性を選り好みできるかもしれませんが、その分、犯罪被害やトラブルなどに巻き込まれないよう、警戒心を持って利用することが求められます。初対面の相手の印象の良し悪しは「初頭効果」と呼ばれ、その後の交友関係をも決定付ける影響力を持っていると聞いたことがあります。

ですから、もし、出会い系で知り合った相手と直接会うという機会があれば、あまり奇抜すぎず、清潔感のある服装を心がけてください。


相手の好みから外れた服装で待ち合わせたために、関係が壊れる人たちもいます。


メールのやり取りを重ねて親密になり、やっと初デートまで進展させたのですから、充実した一日にするためにも好印象を与える服装やヘアスタイルにしてください。サービスの利用に応じて、現金やウェブマネーに換金できるポイントを貯められるシステムを使っている出会い系サイトを利用するならば、キャッシュバッカーの存在を知っておいた方が良いでしょう。



というのも、ポイント換金制の出会い系サイトでは、異性と出会いたいと思っているのではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。



こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。彼女たちはサイトに雇われているサクラではありませんし、プログラムの自動返信でもないため一見分かりにくいですが、いつまでも連絡先を教えてくれず、ずるずるとメールを続けさせようとする場合はキャッシュバッカーの可能性が高いですから、早めに切り上げた方が良いでしょう。友人が出会い系サイトを利用して酷い目に遭ったと言っていました。



相手とすぐに親しくなって交際がスタートしたそうです。

でも、数か月付き合ったあたりで実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。結婚を考えて交際をしていた友人は、酷く塞ぎ込んでいる様子でした。

フリーを装った既婚者がサイトに登録しているのは酷いと思いますし、絶対に許せないです。
普通、出会い系である程度コミュニケーションが取れたら写真を要求しあいますよね。

結婚相手なら容姿よりも性格その他が重視されますが、遊んでデートを楽しむ程度であれば、誰でも相手の見た目を気にするでしょう。

偽物の写真を送っても相手には分からないですが、会えば嘘と分かりますし、裏切られた気分になりますから、今後も関係を進展させたいと思える相手には正直に自分の写真を送りましょう。
同様に、相手の顔写真も本物ではないかもしれないという心構えもしておいた方が良いでしょう。



みなさんはスマホにどのようなアプリを入れていますか?出会いたい人同士を繋げるものとしていわゆる出会い系アプリの利用者も急増しています。

実際に出会う事に特化したタイプのアプリも多数ありますし、特に相手の性別や年齢などを指定しないままコミュニケーションを取ってみて、相性が良さそうなら連絡先を伝えられるようなアプリも、出会い系としても友達探しや暇つぶしにも使えるということで人気があります。

選ぶ基準としては、利用者数を参考にするのも良いのですが、目的のアプリの使いやすさや親和性はそれぞれですので、相性の良いアプリを利用するのが一番良いと思います。