福岡で「モテる 男 追わない」を徹底検証|モテるリンピック事務局

ネット社会と言われる今日では、ネットを介して知り合った男女のカップルも多いですよね。


それに、出会い系サイトが縁で結婚まで進んだというケースもよくある話です。



このように、恋人探しや婚活にも活用されている出会い系サイトですが、警戒心を持って利用しないと詐欺被害や犯罪に遭ってしまうかもしれません。個人情報を集めようとする悪徳業者や遊び相手を探している既婚者などが利用しているということを忘れずに覚えておきましょう。



自分の事を長々と書いたメールは普段の時でも出会い系においても、相手が嫌がります。
せっかく出会い系で女性からメールが来たのなら、チャンスをものにするためにも短文過ぎず長文過ぎない程よい長さのメールを送信してください。その一方で、相手の女性の返信があまりにも短いものばかりであれば、相手の女性がサクラや機械といった出会い目的以外の場合がありますから、注意してください。

ある程度出会い系サイトのことを知っている方には当然かもしれませんが、出会い系サイトには様々な危険性があります。
男性の利用者は、どれだけ課金しても出会えないサクラや、キャッシュバッカーとやり取りしてしまい金銭を失うことがあります。

また、自分としては真面目に恋人を探しているつもりなのに、不倫相手を探している既婚者などに引っ掛かってしまう危険性があります。


少し大げさかと思うかもしれませんが、冷静に行動した方がリスクを遠ざけることが出来るのです。

最近ではネット上で結婚相手と出会うことも多いみたいで、私の友人が旦那さんの事を知ったのは実は出会い系だと教えてくれました。

出会い系サイトといっても、遊びではなく真剣な交際を求めて登録していたらしく、付き合っている間もずっと仲が良くて、結婚を決めるまでに時間はかからなかったそうです。


私から見ても二人はお似合いだし、旦那さんもすごく誠実そうな人でした。


今どきの出会い系は真面目で誠実な人も大勢利用しているんですね。昔と違って、このごろは、マニアックなオタクの方が女性からの需要が高いのです。女性もディープなオタク趣味を持っていることが増えているため、共通の話題がキッカケで仲良くなって付き合い始めたというオタクカップルの話もよく耳にするようになってきました。


オタクであることを誤魔化して出会い系で彼女を探しても、嘘をつくことになって結局上手くいかないでしょう。プロフィールには正直にすべてを載せて最初からオタクであることを公言しておけば、仲が進展して付き合うという段階になっても安心してオタクでいられますよね。


ネットを使う上でネットリテラシーは大変重要ですが、出会い系サイトにおいても警戒心が無く、個人情報を簡単に相手やネット上に出してしまう人が増加しています。近年は出会い系サイトのイメージが変わってきたとはいえ、良心的なサイトばかりではないため、本名や住所を教えるのは以ての外ですし、その他の情報も必要最低限にしましょう。
特に危険なのは、身分証明書の扱いです。迂闊に人目にさらすような危険は避けましょう。
また、実際に会ってみて信用できる相手だと決断するまでは詳細な個人情報は絶対に教えないようにしましょう。出会いの場として、ネットゲームやコミュニティのオフ会を挙げる人がいますが、オフ会の趣旨を無視して異性とばかり交流しようとする「出会い厨」は嫌われます。
交際相手を探すのを目的にするのであれば、初めから出会いを目的にした出会い系サイトで探した方がずっと効果的です。その気のない異性を振り向かせるよりも、出会いを求めている異性を誘う方がスムーズだと思います。



多くの人は出会い系サイトで本名を公開することに抵抗があるようで、実名を公表している人はあまり見かけませんが、苗字はともかく名前はそのまま本名を登録しているという人は珍しくないでしょう。サイトを利用する中で、メールや電話などで何度もやりとりをしてどんどん仲良くなってくると、大胆な気持ちになってついうっかり本名を教えてしまうこともありますが、こうした安易な判断が、トラブルになることもあります。例えば、本名でフェイスブックに登録している場合、フェイスブックの設定によっては本名で検索され、個人情報が流出してしまうかもしれません。

出会い系サイトがおススメな理由は、実際に会ってみるより先にメール等のやり取りを済ませているので、直接会った時は会話が弾んで楽しい時間を持ちやすいということが言えます。
メールやサイト上のやり取りで、相手の趣味などを理解しておきましょう。



そうすれば、お互いの共通の話題や盛り上がる話もしやすくなるでしょう。



サイトでやり取りした全ての人と会えるわけではありませんが、会えた時のことを想定してやり取りも真剣な気持ちで行い、相手のことを良く知るように努力しましょう。このあいだ、評判の出会い居酒屋に行ってきました。ネットで見ると可愛い女の子と連絡先交換できて、その先に繋げやすいという情報だったのでわくわくしながら向かいましたが、相手の女の子たちはそんなに容姿が良いわけでもないのに、料金がかさむし、もう二度と行きたいと思いませんでした。

これなら、前に出会い系がキッカケで出会った子の方が可愛くてすごく楽しめました。個人の好みもあるのでしょうが、自分は出会い居酒屋よりも出会い系サイトを利用して出会った可愛い子とデートした方が、ずっと有意義だと思いますね。
恋人が欲しいけれど、日常の中で出会いが少なかったり相手を選びたいという理由で出会い系サイトを活用している方も増えているようです。実際に出会い系サイトを利用して、出会いまで進展させられるかどうかは最初のメールが上手くいくかどうでしょう。極端な例ですが、初めてのメールからあまりに馴れ馴れしい態度だと、危険だと思って避ける人も多いのです。ですが、真面目過ぎて固いメールが良いかというと、それもかえって相手をウンザリさせてしまうかもしれません。こうした点を踏まえると、出会い系サイトのファーストメールでは、ほどよく丁寧な文体で送ると返信の確率も高いでしょう。出会い系サイトで上手くいっていない方や、これから始めてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。第一印象は、その後の関係をも左右する大切な要素だと聞いたことはありますか?それほどに第一印象は重要なものですから、もし、出会い系で知り合った相手と直接会うという機会があれば、外見もきちんと手入れしておいてください。
ファッションを蔑ろにしたせいで、それっきり連絡が無くなるケースもあるのです。これまでに何度もやり取りを繰り返して、会えるところまで進展させたのですから、充実した一日にするためにもしっかりと準備を整えておきましょう。

出会いを求めて出会いパーティーに足を運んでいる人もいると思います。例えば、対人関係に自信があって、初対面でも緊張しないようなタイプの方であれば、出会いパーティーでもうまくいく可能性が高いです。
ですが、誰もがそういう訳にはいかないでしょう。

会話に自信がなかったり、異性と話すとアガってしまう人もいると思います。こうした悩みがある方は、出会い系サイトのメールなど、文章のやり取りから関係を深くしていくのが良いと思います。
一般的な交際と違って、出会い系で出会いの機会をつくるためには、考えるより行動です。数の多い男性側が女性にアタックしようと思ったら、とにかくメールを送る以外に方法はありません。
とはいえ、メールの内容があまりにお粗末で好印象を持ってもらえないと相手にしてくれないでしょう。

なので、女性から評判の良い文体でテンプレをつくっておいて、それを下地に相手に合わせて軽く修整して送るというのが良いでしょう。



出会い系サイトは誰もが知る大手のサイトや特殊な趣味を持つ人が集まるサイト、あるいは利用料金の有無など、バラエティーに富んでいます。多くの出会い系サイトは、出会いを求めた人同士が知り合えるサイトなのですが、中には、悪徳サイトもあるので、注意が必要です。
悪徳サイトは魅力的な文句や広告で利用するように誘導してきますが、実際に利用してしまうと違法な利用料を請求されることもありますし、相手がサクラやプログラムばかりで、どれだけ課金しても会えないという結果になってしまいます。


出会い系サイトのやり取りは盛り上がる話題を見付けることが重要です。



そういう点では、全く共通の話題が無いより趣味が同じ人の方が話も弾みますし、より親しくなれる気がしますよね。

そういう意味でも、出会い系サイトの自己紹介には興味や趣味について細かく載せた方が、相手に見てもらえる可能性が高いと言えますね。一般的にあまりにマニアックな趣味は恥ずかしいと思って公表しない人もいると思います。でも、別の視点から見ると、他に話が出来る人が少ないマニアックな趣味だからこそ、共通する趣味を持つ相手がいれば、仲良くなりやすいと言えます。



恋人がほしくて、ネットを使って出会いを探す人もいますよね。
最近では、趣味のオフ会に参加して相性の良い相手と知り合い、そのまま交際まで進展したというカップルもいますが、オフ会で異性にばかり話しかける人は場の雰囲気を壊す出会い厨と言われて避けられてしまうでしょう。


オフ会に参加した人は、恋人募集中という訳ではありませんから、あまり効率的な探し方だとは言えませんね。むしろ、素直に出会い系サイトで好みの相手を見付けた方が効果的でしょう。


婚活サイトやお見合いで利用する写真ならともかく、出会い系で交換に使用する顔写真はルールがあるわけではないので、プリクラでもOKですし、ある程度であれば写真を修整しても大丈夫でしょう。ですが、実物とあまりにかけ離れた顔写真では、本当に会った時にショックを与えてしまい、やり取りがそれっきりになってしまうこともあるでしょう。

容姿に自信が無いと写真を加工したくなる気持ちも分かりますが、結局関係が壊れては意味がありませんし、写真交換はそこそこにして、早めに会ってみたら成功しやすいでしょう。

一口に出会い系と言ってもサイトやアプリなど、様々なものがあります。



最近は各種の出会い系アプリが発表されて、出会い系サイトよりもお勧めできます。普段からパソコンを利用する人と比較しても今ではスマホが日常的に利用されていますし、簡単にやり取りが出来るのです。


一部の利用者は、出会い系アプリではなくてコミュニケーションアプリを出会い系アプリのように利用する人もいます。しかし、関係のない利用者が迷惑を被ることになりかねませんし、非効率的ですから、素直に出会い系アプリを選ぶことをおススメします。最近では、出会い系サイトといえば犯罪被害や詐欺被害ばかりがクローズアップされ、良くない印象を持っている人も少なくないと思います。
けれど、身近にやり取りできる方法として、出会い系サイトで真剣な交際を求めている人がいますので、登録する価値は十分にあります。



とはいえ、登録者の比率から考えても女性が少ないのは確実で、男性が女性と会おうと思ったら、それなりに腰を据えて取り組む必要があるかもしれません。出会い系サイトに女性が登録する場合は、たくさんの男性と交流できる機会があると思いますが、その分トラブルになりそうな人や話には近づかないなど、節度ある行動を心がけてください。ここ最近、利用者が急増しているポイント換金制の出会い系サイトなのですが、ここを利用する場合は「CB」あるいは「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちについて意識しておく必要があるでしょう。
それというのも、女性によっては、出会いを求めているのではなく、サイト上でメールややり取りを繰り返すと溜まるポイントを換金するのが目的の人が居るのです。
サイトが雇うサクラでもなく、プログラムの自動返信でもないため一般の利用者との区別がつきにくいのです。メールばかりで関係が進展しないようなら打ち切りましょう。多くの出会い系では機械の自動返信やサクラの存在があるのも事実ですから、出会い系サイトを利用する際には、相手の正体を見極めることが出会い系サイトを活用する上で基本的なテクニックになります。

ほとんどの人は、何度か経験してみると自然と分かると思うのですが、同じ内容のメールが来るだけといったプログラムの不自然さを判断出来ないようでは、お金も時間もつぎ込むだけ無駄でしょう。

機械やサクラより見分けづらい相手がキャッシュバッカーです。

いつまでも関係が進展しないようであれば早々に見切りを付けましょう。ネットでのコミュニケーションが主流になった昨今では、より円滑な人間関係を結ぶためには相手の喜ぶ文面がつくれる「メール術」が大切になってきます。


出会い系サイトで出会った相手とやりとりを続ける上でも非常に大切なポイントで、男性側がいくらアタックしても、メール術を学んでいないようでは実際に出会うまでの道のりが遠くなってしまいます。

タメ口はもちろん、フランクで軽すぎる言葉遣いが好きな女性はほとんどいませんし、下心を前面に出して、会いたいと繰り返すのは多くの場合失敗します。

また、単純な事ですが、相手の都合や負担に考慮してメールを送らなければ、返事は少なくなります。



出会い系サイトを利用していると言うと、「危ないからやめた方が良い」という人が居ますが、これまでの経験から言うと、トラブルに巻き込まれたり詐欺被害に遭ったことは無いです。

当然ですが、直接会ってみて判断するまでは詳細な個人情報(住所、名前、職場など)は教えず、人の目が多い場所を待ち合わせ場所にすれば、危険は少なくなりますよ。


ですが、自衛も必要ですので間違っても相手の車に乗るような事は止めましょう。また、よく知らないうちから、夜に待ち合わせをするような人は初めからきちんとお断りしましょう。
残念ながら、出会い系にも詐欺の被害があります。最も多い被害は、例えサイト上やネット上で仲良くなったとしても、それ以上進展しないということです。


とはいっても、利用者自身に何らかの問題があって出会えないというのは別です。ここでいう被害とは、出会い系サイトの運営側が、出会えないものを出会えるように見せかけているといった場合です。
簡単に言うと、女性会員がサクラしかいないといったケースや、今では相手が生身の人間でなく機械がプログラムされた会話を返事している場合もあり、結果的に「出会えない」という被害が増えているようです。
出会い系サイトは犯罪の温床と言われることもあるほど、トラブルの多い場所でもあります。

中でも未成年に関するトラブルの数は群を抜いて多いようです。大人の男性でトラブルに巻き込まれる危険といえば、サイトを介して女子高生など18歳未満の女性と出会い、深い関係を持ってしまうという話をよく聞きます。

一方で、犯罪被害者となりやすいのが女性です。



出会った時に相手の車に乗ってしまうと怪しい場所に連れて行かれるというやり口が横行しているようです。
時々話に聞くのですが、出会い系サイトによっては課金目的で一般の利用者を騙ってサクラを紛れ込ませているサイトがあります。一般的に、サクラは魅力的な容姿やプロフィールを偽装しているため騙されやすいのです。サクラに騙されてしまうと、どれだけお金をつぎ込んでメールのやり取りをしても直接会えることは絶対にないので、かけたお金も時間も無意味になってしまいます。サクラに引っ掛かって時間やお金を無駄にしない為にも、出会い系サイトを利用しようと思ったらその前に、ネットの口コミサイトや情報掲示板などで評判を探り、サクラがおらず、評判の良い出会い系サイトを選べば、一般の利用者と出会える可能性が上がります。男性会員数が多い出会い系サイトでは、好みの女性を見付けた男性がメールしてもメールが返ってこないことの方が多いでしょう。



また、男性のプロフィールを調べた女性がメールを送ってくることも、滅多にありません。

しかし、医師や弁護士、会社社長といったお仕事の方については、その収入や肩書に魅力を感じる女性からの連絡は途絶えません。
それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、直接会った時や親密になる過程で綻びが出て面倒な事になるかもしれません。出会い系で出会った人とお付き合いを始めるならば、時間をかけて検討しましょう。
なぜなら、プロフィールにウソを書いている人も、珍しくないのです。
書かれた情報をそのまま鵜呑みにしてすぐに交際したいという気持ちを抑え、一度ではなく何度も直接話す機会を持って信頼できる人なのかを判断することが重要なのです。
ごく稀に、出会い系サイトを通じてコミュニケーションを取っていた相手が、実際の知り合いだったという事が実際にあったそうです。とはいっても、お互い出会いを求めていたわけですし、そこまで心配する必要もないでしょう。
しかし、自己紹介の欄に顔写真を載せている場合は、悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、自分がサイトを利用していると噂話を広められてしまうかもしれませんよね。顔写真は犯罪に悪用されるケースもありますから、誰でも見える場所に掲載しない方が良いでしょうね。