福岡で「モテる 男 身だしなみ」を徹底検証|モテるリンピック事務局

最近ではネット社会が発達し、誰もが気軽に連絡を取り合えるようになりました。そんな中で多くの人と円滑な関係を結ぶためには相手が貰って嬉しいようなメールを送るメールのテクニック、すなわちメール術を心得ているかどうかが重要になります。
これは、出会い系サイトでのコミュニケーションにも重要に関わっていて、男性側がいくらアタックしても、メール術を学んでいないようでは失敗することになってしまうでしょう。

基本的にはですます口調で丁寧な方が良いのはもちろん、下心を隠そうともしない態度ではほとんどの女性は不信感を抱きます。
また、単純な事ですが、相手の都合や負担に考慮してメールを送らなければ、関係は終わってしまうでしょう。偶然にも出会い系サイトでやり取りしていた相手が、現実の知り合いで驚いたという話を聞いたことがあります。いろいろと恥ずかしさなどもありますが、そこはお互い様ですし大問題に発展することは無いでしょう。



でも、プロフィールにご自身の顔写真を掲載していた場合は、遊びでサイトに登録した知り合いがいたりすると、自分が出会い系サイトを利用していると周囲に晒されることがあるのです。

他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、取り扱いには十分注意が必要です。

せっかく出会い系サイトで知り合えた異性とは、出来るだけ長く良い関係を続けたいものです。


とはいえ、ある程度お互いのことを知れたけれども、直接会うにはまだ早い、と感じることもありますよね。

また、とても親密になって早く会いたいのに、仕事の都合などで予定が合わず、すれ違ってしまうケースもあるでしょう。
このような時にはぜひ、スカイプを使ってみてください。



スカイプであれば、どれだけ話しても通話料を気にしなくて済みますし、お互いの顔を出して話すことも出来ますよね。とはいえ、顔出しは後にトラブルを引き起こす恐れがあるので、相手が信頼できる相手なのかどうか判断できない場合は、顔出しは控えた方が心配が少なくて済みます。現実の交際ではじっくりと相手を見るのも大切ですが、出会い系のポイントはとにかくたくさんの相手にコンタクトを取るということでしょう。数の多い男性側が女性にアタックしようと思ったら、思い切ってメールをしてみましょう。


とはいえ、メールの内容があまりにお粗末で好印象を持ってもらえないと返信はきません。
女性はあまり軽すぎず、適度に丁寧で親しみやすいメールが嬉しいそうです。このような文体を意識したテンプレをつくっておいて、それを下地にそれぞれの女性のプロフィールを意識した文を書き加えるのが効率的な方法ですよ。


ほとんどの出会い系の利用者はニックネームを使っており、本名をそのまま載せている人はあまり見かけませんが、下の名前については本名そのままというケースは良くあるようです。

サイトを利用する中で、メールや電話などで何度もやりとりをして親密になってくると、更に仲良くなれると思って本名を伝えてしまう事がありますが、相手の顔も分からず本当の事を言っているのか確かめる方法も無いような相手に、こちらの個人情報を安易に公開するのはとても危険です。

例えば、本名でフェイスブックに登録している場合、設定によっては教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。



最近では、婚活や恋人探しのためにネットの出会い系を使う方も珍しくありませんが、犯罪や不純な目的でサイトを利用している人に騙されないように警戒した方が良いでしょう。

既婚者にもかかわらず、それを隠して都合の良い遊び相手を探している人や悪徳業者が個人情報を収集する為に一般の利用者を装ってアプローチしてくることもあります。
迂闊に騙される被害を受けないように、意識しておきましょう。

中でも、女性のサイト利用者は性犯罪被害に巻き込まれる可能性もありますから、不用意に情報を与えないようにしましょう。男性会員数が多い出会い系サイトでは、男性からメールでアプローチしてみても無視されてしまうことも珍しくありません。

また、女性からメールを送ってくることも、滅多にありません。

もちろん、全ての男性が同じとは限りません。

男性の職業が弁護士や医者、会社社長などの女性が憧れる職業の場合、連絡は途絶えません。確かに、嘘でも「医者」と自己紹介すれば、女性からのメールはたくさん届くと思いますが、実際会った時に嘘が発覚して困った状況に追い込まれることもあります。最近では出会い系サイトを利用している人が多いのですが、私の友人はトラブルに巻き込まれてしまいました。
サイトで出会った人とは趣味や価値観が似ていて話が盛り上がり交際がスタートしたそうです。
でも、数か月付き合ったあたりで実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。友人はまじめな性格ですから、酷く塞ぎ込んでいる様子でした。



ただ遊び相手を探しているなら初めからそう書けば良いのに、いかにも出会いを探している独身のようなフリをして出会い系サイトで真剣な相手を騙すのは絶対にあってはならないことだと思います。みなさんは出会い系アプリを使っていますか?おすすめの出会い系アプリとして、LINEでのやりとりを前提としたものがあるのです。



年齢や性別はもちろん、地域も絞り込めますから、無駄な時間やストレスを抱えること無く結果が出せます。出会い系サイトでは、そもそもメールが返ってこなかったり、安易にLINE交換という話にはならないのですが、このような出会い系アプリであれば、面倒事なく始めることが出来ます。



普段の生活の中でネットに触れていない人は殆どいないのではないでしょうか。
SNS等で知り合ったというカップルが多くなっていますし、出会い系サイトを介した出会いで結婚することも珍しくありません。こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、相手の言うことをそのまま信用してしまうと詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。

個人情報を集めようとする悪徳業者や遊び相手を探している既婚者などが利用しているということを忘れずに覚えておきましょう。多くの出会い系では機械の自動返信やサクラの存在があるのも事実ですから、出会い系を活用するならば、本当に出会いを求めている利用者なのかどうかを判断することは出会い系サイトを活用する上で基本的なテクニックになります。
といっても難しい話ではなく、全く噛み合っていない一定の返事が返ってくるだけの自動返信のメールなのかを見分けられなくては、ハッキリ言って出会い系サイトは利用しない方が賢明です。

また、キャッシュバッカーの存在にも注意が必要です。
これから出会い系サイトを利用しようと考えている人に、ぜひご一読いただきたいことがあります。それは、出会い系サイトで犯罪に巻き込まれたという話です。

中でも未成年に関するトラブルの数は群を抜いて多いようです。大人の男性が巻き込まれる犯罪として最も多いものは、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら深い関係になり、結果的に揉めてトラブルになるケースがほとんどです。
また、女性の場合は性犯罪の被害に遭いやすく、出会った時に相手の車に乗ってしまうと怪しい場所に連れて行かれるというやり口が多いようです。



いずれにせよ、自衛することを心がけてください。最近では多くの人がスマホを使っていますね。そのうちの大多数がラインを入れているようで、今ではメールや電話の代わりにラインを使うのも珍しくありません。

出会い系サイトでコンタクトを取った相手の女性ともラインのIDを教えてもらえれば、より身近になって親密度が上がる事は間違いありません。でも、ただ聞くだけではいけません。

聞き方が悪ければ、メールすら出来なくなるかもしれませんから、ラインのIDについては、ある程度仲良くなってからさりげなく話題を出して相手の反応を見るなど、慎重になった方が良いようです。

一口に出会い系と言ってもサイトやアプリなど、様々なものがあります。
最近は各種の出会い系アプリが発表されて、出会い系サイトよりも利用者が多いです。


それというのも、最近ではPCより今ではスマホが日常的に利用されていますし、簡単にやり取りが出来るのです。
アプリを選ぶときの注意点ですが、出会い系アプリではなく、コミュニケーションを目的としたアプリを出会うために活用する人も見かけますが、関係のない利用者が迷惑を被ることになりかねませんし、結果に繋がりにくいので、出会いたいのなら出会い系アプリを活用するようにしましょう。フィクションの世界では、バーで運命的な出会い方をする男女がよく見られますよね。
こういったシチュエーションはオシャレで憧れてしまいますが、現実にバーで運命の出会いをしたカップルはそういませんよね。



タイプの異性がバーで飲んでいるところを見かけたとしても、話しかけるのも難しいのが普通だと思います。

そういう点から見ると、出会い系サイトは、異性との交流が苦手な人でもまずはメールでお互いの距離を縮めていけるので、そこまで緊張せず、相手と仲良くなることが出来るのではないでしょうか。

地域によっては出会いを求めた男女にピッタリのナンパスポットがあると思います。

とはいえ、こういうスポットでも残念ながら出会えない人も珍しくないでしょう。こうしたナンパや合コンのノリが嫌いなら、出会い系サイトを使ってみましょう。いきなり運命の出会いがあるなんてことはまずあり得ませんが、異性とメールするだけでも気持ちにメリハリがついて、良い経験が出来ると思います。服装や撮影場所など、こまごまとしたマナーがあるお見合い写真とは異なり、ネットの出会い系サイトで交換し合う顔写真であれば深く考える必要は無く、上手に撮れたプリクラの画像でも十分ですし、あるいは加工アプリをつかって気になる部分を修整することもできるでしょう。



とはいえ、あまりに加工されて別人のようになってしまっては、本当に会った時にショックを与えてしまい、関係が終わってしまうこともあるのです。写真うつりにコンプレックスがあるのであれば、写真交換はそこそこにして、早めに会ってみたら結果的には良い場合があります。



このごろ出会い系アプリにハマっているのですが、出会い系で知り合った人とこの前デートしました。それまでのやり取りで仲良くなっていたとはいえ、実際に会うのも初めてで、「思っていた人と違っていたらどうしよう」「トラブルに巻き込まれたらどうしよう」と心配していたのですが、予想よりずっと充実したデートになりました。オシャレなお店で美味しいごはんも食べれましたし、普段の趣味や仕事の話で別れが惜しくなるくらい盛り上がりました。今後も会って仲良くしていきたいと思っていますし、出会いの機会をくれたアプリに感謝しています。



出会い系サイトを利用する上で大切なことは、ネット上に情報を出すリスクを知るということでしょう。

最近では警戒心が無く、個人情報を簡単に相手やネット上に出してしまう人が多くなり、問題視されるようになりました。
以前ほど危険なイメージの無くなった出会い系サイトですが、それでも良心的なサイトばかりではないため、個人に繋がるような情報を伝えるのは必要最低限にしましょう。

特に、こうした情報全てが記載された身分証明書の画像などは、よほど信頼できる場所以外では出してはいけません。また、実際に会ってみて信用できる相手だと決断するまでは詳細な個人情報は絶対に教えないようにしましょう。恋人が欲しくて出会い系サイトに登録する人も多いですが、実際に相手と本気で付き合うかどうかは、簡単に決めてはいけません。



出会い系サイトを利用している人なら分かると思うのですが、サイトのプロフィールに嘘の情報を書いている人もいるのです。
一度会って良さそうだと感じてもすぐに付き合うのではなく、納得するまで会ってみて信頼できる人なのかを判断することが大切ですから、忘れないでくださいね。今、出会い系サイトを使って恋人を探しているけれど、なかなか上手くいかないという方も多いと思います。出会える確率を上げるためのポイントはファーストコンタクトでいかに自分を魅力的に見せられるかどうかだと思います。ため口で軽い感じのメールも良いのですが、多くの場合はかえって相手に怪しまれてしまいます。

また、反対に真面目過ぎて固いメールが良いかというと、それもかえって疲れさせてしまうのです。ここでは両極端な例を出しましたが、意外とこうした事がきっかけで躓く人も多いのです。
ファーストメールの際は、ほどよく丁寧な文体を意識して送ると返信の確率も高いでしょう。出会い系サイトで上手くいっていない方や、これから始めてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。


友達がスピード婚をしてビックリしたのですが、相手と知り合ったきっかけを聞いて驚きました。


それはネットの出会い系がキッカケになったと言っていました。いわゆる遊び目的の出会い系のイメージとは違って、二人とも結婚も視野に入れた真剣な交際を希望していたので、直接会って交際を続ける間も相性が良かったそうで、すぐ結婚を決めたと言っていました。


二人は本当に幸せそうで、出会い系サイトを利用すると遊びじゃなくて真剣な交際を期待できることを知って驚きました。
ほとんどの場合、長文メールを受け取ると出会い系に限らず相手がいやがることが多いです。

実際に出会い系で女性からメールを貰った場合は、チャンスをものにするためにも短文過ぎず長文過ぎない調度良い具合のメールを送るようにしましょう。

また、女性から返信されるメールが極端に短いものしか来ないというケースでは、メールの相手がサクラな可能性もあります。
出会いの場として、ネットゲームやコミュニティのオフ会を挙げる人がいますが、オフ会の趣旨を無視して恋人を探そうとする人は「出会い厨」と呼ばれます。



出会い厨はオフ会ではほとんどの人から煙たがられる存在です。それほどまでに恋人を探しているのなら、余計な遠回りをするよりも出会い系サイトに登録した方がお互いにとって良い選択でしょう。オフ会で迷惑をかけ、出会い厨という不名誉な蔑称を与えられるよりも、趣味や価値観の近い人を出会い系サイトで探した方が上手くいくと思います。見ず知らずの他人に自分の個人情報を渡すリスクを考えると、自分の連絡先は言いたくないが、向こうの連絡先はちゃんと教えてほしいというのが出会い系サイトを利用する多くの人の思う事ではないでしょうか。

特に女性は相手を簡単に信用しませんから、知り合ってすぐに連絡先交換とはならないでしょう。女性にもかかわらず連絡先を公表していたり積極的に聞いてくる場合は、個人情報を聞き出すために女性のフリをした悪質な業者というケースもあります。

そこまで警戒しなくてもいいのではないか、と考える男性もいると思いますが、これくらい慎重になっておいた方が良いと思います。メールのやり取りが出会い系サイトでは重要なのはご存知だと思いますが、実際は女性にメールを送ってみても、無視されることが多いです。


このような状態に慣れてしまうと、かえってその返信のセカンドメールはどうしようと悩むことも多いでしょう。


セカンドメールで陥りがちの失敗なのですが、返信が来たことに浮かれてあれこれと書き連ねた長文メールを送るようなことは止めましょう。

あまり長すぎず、丁寧で親しみやすいセカンドメールを送るようにするのが最適でしょう。近頃、出会い系サイトを使っている人が増えていると聞きますが、その理由として、あらかじめメール等のやり取りを済ませているので、話が弾みやすいという点でしょう。メールやサイト上のやり取りで、相手の趣味などを理解しておきましょう。
そうすれば、話しやすくなることは間違いありません。
もちろん、サイト上でやり取りが終わってしまう場合もありますが、会うまで進展することを考えてメールなどのやり取りは気を抜かず、相手のことを良く知るように努力しましょう。
みなさんはスマホにどのようなアプリを入れていますか?出会いたい人同士を繋げるものとしていわゆる出会い系アプリの利用者も急増しています。出会い系の名称通り、出会いに特化したシステムのアプリもありますし、特に相手の性別や年齢などを指定しないままコミュニケーションが取れるタイプの友達探しや出会いにも使えるアプリも利用者が増えています。



選ぶ基準としては、利用者数を参考にするのも良いのですが、アプリ特有のシステムやこだわりは様々ですので、ご自身が気に入ったものを利用してみてください。


自分がオタクだから恋人を諦めているという男性の方もいるのではないでしょうか?ですが、今はオタクの方ほど女性から好かれる可能性が高いです。

最近では女性でオタク趣味を持っている方も多いですから、共通の話題がキッカケで仲良くなって付き合い始めたというオタクカップルの話もよく耳にするようになってきました。

オタクであることを誤魔化して出会い系で彼女を探しても、嘘をつくことになって結局上手くいかないでしょう。
プロフィールには正直にすべてを載せて自分がオタクであると相手に分かってもらえば、交際する時にオタク趣味を続けられますから、おススメです。ある程度出会い系サイトのことを知っている方には当然かもしれませんが、出会い系サイトは出会いの場でもあると同時に、様々な危険性があります。


主に男性の場合は、どれだけ課金しても出会えないサクラや、キャッシュバッカーとやり取りしてしまいカモにされて金銭や時間を無駄にする危険があります。本気で交際相手を探しているのに、浮気目的の既婚者に騙される可能性も有ります。
少し大げさかと思うかもしれませんが、冷静に行動した方がリスクを遠ざけることが出来るのです。