福岡で「モテる 男 話し方」を徹底検証|モテるリンピック事務局

最近は婚活のスタイルが多様化したため、婚活といってもお見合いや紹介といった昔ながらの方法だけではありません。話題の婚活では、出会い系サイトがおススメです。



出会い系といえば、その場だけの楽しみを求めるようなタイプの人が多い印象がありますが、それは間違っています。
結婚を考えて登録している人もちゃんといますから、プロフィールからそういった方を探して積極的にアプローチしてみましょう。婚活サイトやお見合いで利用する写真ならともかく、出会い系サイトで使う顔写真については特に決まりもありませんから、プリクラを使っても良いでしょう。


また、写真加工ソフトやアプリで修整をかけて、容姿を軽く整えても大丈夫です。しかし、過度に修整をかけて全く別人の顔になってしまっている写真では、本当に会った時にショックを与えてしまい、関係が終わってしまうこともあるのです。
容姿に自信が無いという場合は、写真交換はそこそこにして、早めに会ってみたら結果的には良い場合があります。

出会い系サイトの中でも、ポイントを換金できるようなシステムの出会い系サイトを利用する場合、キャッシュバッカーの存在を知っておいた方が良いでしょう。というのも、ポイント換金制の出会い系サイトでは、出会いたいのではなく、サイト上でメールややり取りを繰り返すと溜まるポイントを換金するのが目的の人が居るのです。キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、プログラム返信にありがちな話題のすれ違いもないため判断しにくいですが、メールばかりで関係が進展しないようなら深入りするのは止めた方が良いかもしれませんね。働いていると、異性と知り合うチャンスを増やしたくても、難しいと思う方が多いでしょう。毎日が職場と自宅を往復する単調な生活では、出会えるチャンスは殆どありません。ですから、通勤の時間を有効活用して、異性と出会い系サイトでやり取りするのが良いと思います。



メールとはいえ、異性と交流する訳ですから、日々の生活を刺激してくれて、気持ちも前向きになります。
出会い系サイトというと、どうしても悪い印象を持つ人が多いようです。



けれど、経験から言って危険な感じはせず、相手も誠実そうな人が多かったです。

直接会ってみて、相手の様子を確かめてみるまでは詳細な個人情報(住所、名前、職場など)は教えず、実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、安全です。
ですが、自衛も必要ですので間違っても相手の車に乗るような事は止めましょう。



また、夜の待ち合わせはロマンチックですが、初対面では避けるべきです。



近頃、出会い系サイトを使っている人が増えていると聞きますが、その理由として、先にメールでお互いの事をある程度知った上で会うという運びになることが多いので、話が盛り上がって、お互いが楽しい時間を持てるということです。
相手が喜ぶような話題を理解しておきましょう。そうすれば、お互いの共通の話題や盛り上がる話もしやすくなるでしょう。


楽しい出会いにするためにも、メールなどのやり取りは気を抜かず、相手の性格を把握しておくことが大切です。

スマホ所有者の多くがラインをダウンロードしていると思います。
それほどまでにメールや電話を使うよりもラインを使うのが一般化しています。

出会い系で知り合った女性とも、サイト上だけでなくラインのIDを交換できれば、より身近になって親密度が上がる事は間違いありません。でも、ライン交換はあまり急ぎ過ぎると警戒されてしまいます。



その聞き方によっては女性からの連絡が無くなることもあるので、ラインのIDについては、ある程度仲良くなってからさりげなく話題を出して相手の反応を見るなど、時間をかけた方が成功しやすくなります。知らない方にとっては意外かもしれませんが、出会い系サイトの料金は課金制によって利用料を払うシステムになっています。

定額制とは異なり、メールなど、一つのアクションごとに料金がかかるシステムものです。



出会えると期待した利用者を騙して課金させるために絶対に出会えないサクラや機械を使って、気のある素振りを見せてやり取りを長引かせるケースがありますので、何か変だなと思ったらサイトを退会することをおススメします。あるいは、相手がサクラでなくてもサイトを利用する目的が違う事もありますので、相手の目的がお互いの希望に合致しているかどうか早い段階で確認するようにしましょう。

ほとんどの場合、長文メールを受け取るとたいていの女性がいやがることが多いです。
出会い系サイトを利用中に女性から連絡が来たならば、そのチャンスを生かすために、極端でない適度な長さを考えてメールを送ることを意識しましょう。



その一方で、相手の女性の返信がいつでも短文のような場合、サクラの可能性が高いため、注意深くなる必要があるでしょう。バーで出会った二人が付き合い始めたと聞くと素敵な感じがしますが、実際のところ、バーでの出会いから交際に発展したようなカップルは珍しいでしょう。タイプの異性がバーで飲んでいるところを見かけたとしても、普通は声をかけるのも緊張するものでしょう。出会い系サイトであれば、出会いたくても自分から直接話しにくいという悩みにも顔を合わさないメールでの交流からスタートするので、相手を見付けることが出来るでしょう。


出会い系で出会った人と交際を始めるにあたっては、しっかりと検討した方が良いです。出会い系サイトを利用している人なら分かると思うのですが、サイトのプロフィールに嘘の情報を書いている人もいるのです。

ですから、プロフィールの情報をそのまま信じてすぐに付き合うのではなく、やり取りを繰り返したり実際に会ってみるなどしてプロフィールに嘘がなく信頼できるの人かを見定めることが重要なのです。

最近では、婚活や恋人探しのためにインターネットの出会い系を活用している人も増加していますが、交際相手探しなどの一般的な出会いを求めている訳ではない人に気を付けましょう。


具体的には、フリーを装った既婚者ですとか親密になると見せかけて、本名や住所などの個人情報を引き出させる悪徳な業者の報告もあります。こうした相手に情報を与えないように、意識しておきましょう。


女性の場合は慎重過ぎるくらいの警戒心が必要です。出会い系サイトの利用者数は、比較的女性が少ない傾向にあります。そのため、女性にファーストメールを送っても多くが無視されてしまいます。

それに、男性のプロフィールを調べた女性が連絡をくれるというケースは極めて稀です。とはいえ、男性の中にも例外の方がいます。それは社長や医者、弁護士といった高収入の男性です。


その場合、肩書の魅力や玉の輿に乗りたいという女性からの多くのメールを受け取るでしょう。



そうかといって、ご自身の職業を詐称すると、仲良くなっていくうちに怪しまれてトラブルに発展するケースもあります。
第一印象は、その後の関係をも左右する大切な要素だと聞いたことはありますか?それほどに第一印象は重要なものですから、出会い系で会った異性と初デートの際にはあまり奇抜すぎず、清潔感のある服装を心がけてください。ファッションを蔑ろにしたせいで、連絡がそこで途絶えてしまうことだってあるのです。ようやく初デートに進展させたのですから、お互いが楽しく過ごせるように入念に身だしなみもチェックしておきましょう。インターネットで恋人を探すことも珍しくなくなっているようですね。私の周りでも、友人がスピード結婚したのですが、出会った方法は、実は出会い系だと教えてくれました。



出会い系サイトといっても、遊びではなく真剣な交際を求めて登録していたらしく、会って交際を始めてからも居心地がよかったそうで、結婚を決めるまでに時間はかからなかったそうです。
二人は本当に幸せそうで、出会い系サイトを利用すると真面目で誠実な人も大勢利用しているんですね。
出会い系サイトに本名で登録しているという人は珍しいですよね。でも、名前の部分については、自分の名前を使うという人もいるようです。しかし、メールのやり取りで仲良くなってくると、相手が現実の友人と同じような錯覚に陥りうっかり本名を伝えてしまう事もあると思います。


でも、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。



例えばフェイスブックに登録している場合、設定された公開範囲が誰でも見える状態になっていると、相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。

出会い系利用者が、サイトに登録した事で被る被害といえば、例えサイト上やネット上で仲良くなったとしても、それ以上進展しないということです。
被害といっても、利用者のコミュニケーション能力の問題が出会いの障害になっているといったケースでは違います。ここでいう被害とは、出会い系サイトの運営側が、出会えないものを出会えるように見せかけているといった場合です。
簡単に言うと、女性会員がサクラしかいないといったケースや、今では相手が生身の人間でなくプログラムされた文章の自動返信なども増えているようです。最近では出会い系サイトを利用している人が多いのですが、私の友人はトラブルに巻き込まれてしまいました。相手とすぐに親しくなってお付き合いするようになったと言っていましたが、しばらくしたら実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。

真面目な友人は、裏切られたショックと不倫していた罪悪感から酷く塞ぎ込んでいる様子でした。
都合の良い相手を探しているのなら初めから言えばいいのに、独身だとウソをついて出会い系サイトで真剣な相手を騙すのは止めてほしいです。

近年、出会い系サイトの利用者が増加するのに伴って、警戒心が無く、個人情報を簡単に相手やネット上に出してしまう人が増えていて、トラブルになることも多いです。
以前ほど危険なイメージの無くなった出会い系サイトですが、それでも悪質なサイトもあるので、開示する情報は性別や年齢、住んでいる地方や趣味関心程度で十分だと思います。
特に、こうした情報全てが記載された身分証明書の画像などは、よほど信頼できる場所以外では出してはいけません。

ネット上の相手を信頼しすぎないという事も大切でしょう。実際に相手に会ってみるまで警戒心を忘れず、詳細なプロフィールは教えないように心がけましょう。



そうそうある事ではありませんが、元々の知人と出会い系サイトで会ってしまったという嘘みたいな話が実際にあったそうです。
恥ずかしいですが、お互い出会いを求めていた者同士ですから特に心配はないと思います。ですが、顔写真を載せている場合は少し事情が異なります。
出会い目出来ではなく悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、サイト利用の事実が周囲に広まってしまうかもしれません。顔写真は犯罪に悪用されるケースもありますから、簡単に載せないことをおススメします。今、出会い系サイトを使って恋人を探しているけれど、なかなか上手くいかないという方も多いと思います。

実際に出会い系サイトを利用して、出会いまで進展させられるかどうかはファーストメースの出来の良し悪しです。ため口で軽い感じのメールも良いのですが、多くの場合は危険だと思って避ける人も多いのです。

ですが、あまりに堅苦しく重たい文面だと、相手をウンザリさせてしまうかもしれません。

ここでは両極端な例を出しましたが、意外とこうした事がきっかけで躓く人も多いのです。
ファーストメールの際は、ほどよく丁寧な文体を意識して送ると上手くいくことも多くなるでしょう。

出会い系サイトではどのような危険が考えられるでしょうか。



出会い系サイトはその匿名性から犯罪も多い場所ですが、実際のところ、出会い系サイトを介した犯罪の関係者といえば、未成年が大半です。
大人の男性でトラブルに巻き込まれる危険といえば、サイトを介して女子高生など18歳未満の女性と出会い、深い関係になり、結果的に揉めてトラブルになるという話をよく聞きます。

女性の場合は、サイトで知り合った男性の車に乗ってしまい相手の思うままの場所へ連れ込まれたという手口が横行しているようです。

最近、出会い系アプリがキッカケで意気投合した異性と会ってみました。それまでのやり取りで仲良くなっていたとはいえ、実際に会うのも初めてで、「思っていた人と違っていたらどうしよう」「トラブルに巻き込まれたらどうしよう」と心配していたのですが、悪い想像とは全く違って楽しく充実したデートになりました。どんなところに連れて行かれるのかな?という不安もありましたが、実際はすごく美味しいお店で話も弾みましたし、仕事の話やくだらないことまでじっくりと話すことが出来ました。またデートする約束もしましたし、次に会うの時がすごく楽しみです。



時々話に聞くのですが、出会い系サイトによっては課金目的でサクラによるマーケティングを行っているケースがあります。
一般的に、サクラは魅力的な容姿やプロフィールを偽装しているため騙されやすいのです。サクラに騙されてしまうと、どれだけお金をつぎ込んでメールのやり取りをしてもそれ以上に進展することは無いですから、ハッキリ言って、相手にするだけ無駄なのです。出会い系サイトを利用する際は、きちんとしたサイトを選べるように情報を仕入れておいて悪評の高いサイトは使わないよう、自分で判断することが大切です。一般的な交際と違って、出会い系で出会いの機会をつくるためには、あまり深く考えるより、どんどんアプローチしていくことでしょう。

男性の登録者は女性に対して積極的にメールを送りましょう。

そして、もう一点がメールの中身でしょう。


書かれた内容が悪いと誰も相手にしてくれません。



ですから、女性にとって好感度の高い、適度に丁寧で重すぎないテンプレをつくっておいて、それを下地に細かい部分を相手の女性に合わせて書き換えるというのが良いでしょう。出会い系でオタクは嫌われるというのは、もう昔の話です。最近はマニアックなオタク趣味を持っている方ほどモテているようです。女性側にもマニアックなオタクが増えた結果、同じような趣味の会話が楽しく、そのまま付き合い始めたというオタクカップルの話もよく耳にするようになってきました。

オタク趣味を初めからプロフィールに載せておき、オタクだと相手に伝えておけば、付き合った後も安心してオタクでいられますよね。地域によってはフリーの男女が相手を求めて足を運ぶ出会いスポットが存在すると思います。
こうした場所は手軽な出会いの場なのかもしれませんが、残念ながら出会えない人も珍しくないでしょう。
こうしたナンパや合コンのノリが嫌いなら、ネットの出会い系を利用してみるのが良いのではないかと思います。知り合えた相手と恋人になるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、異性とやり取りを交わしてみるだけでも楽しい気持ちになると思います。

当然のことですが、出会い系サイトには両極端な一面があります。
利用者の人間関係の希薄さや人恋しさといった弱みを握って金銭をだまし取る詐欺や犯罪が行われていることもありますし、サイトの中では良さそうな人でも、付き合っていくうちに暴力を振るわれるようになるというケースも少なくありません。浮気相手を探すためにサイトを利用している既婚者だって存在するのです。反対に、出会い系のおかげで素敵な恋人と出会えたという話もありますから、こればかりは、出会いのタイミングや相手を見抜く目にかかっていると言っても良いかもしれませんね。



友人の間で評判になっていた出会い居酒屋に連れて行ってもらったのですが、相手の女の子たちはそんなに容姿が良いわけでもないのに、男性側が支払うからって、高いものばかり頼まれてしまって、もう二度と行きたいと思いませんでした。



こんな結果なら、以前、出会い系サイトを使った時は、相手の容姿や盛り上がる話題を前もって知っていたので、盛り上がって、次に会う約束もしました。
同じお金なら時間は必要になりますが、出会い系の可愛い子と楽しい時間を過ごすための資金に使いたいですね。

恋人がいないことはもちろんですが、友達も少ないと寂しいですよね。
いますぐに遊ぼうと思っても遊べる友達がいないという場合は、ネットの出会い系サイトで地域や性別、年齢に限らず様々な人とコミュニケーションを取るのも選択肢の一つです。

実は、出会い系サイトは交際相手だけでなく気の合う友人が見つかったというケースもあります。ですが、ネット上の関係というのは、たとえ友人になったとしても自然消滅しやすいものですし、交際相手と出会えても気の合う友人は簡単には見つかるものではありません。

恋人は必要ないけれど、友達だけが欲しいというケースであれば、出会い系サイトはお勧めできません。