福岡で「モテる 男 要素」を徹底検証|モテるリンピック事務局

インターネットで恋人を探すことも珍しくなくなっているようですね。

私の周りでも、友人がスピード結婚したのですが、相手と出会った馴れ初めを聞いてみると出会い系サイトだったと言っています。

出会い系サイトといっても、遊びではなく真剣な交際を求めて登録していたらしく、付き合い始めてからも居心地がよかったそうで、何の支障も無く結婚を決めたそうです。二人は本当に幸せそうで、出会い系って思っていたのと全然違って遊びじゃなくて真剣な交際を期待できることを知って驚きました。

これから出会い系サイトを利用しようと考えている人に、ぜひご一読いただきたいことがあります。それは、出会い系サイトで犯罪に巻き込まれたという話です。
とはいえ、多くの場合は未成年の利用者の場合です。大人の男性でトラブルに巻き込まれる危険といえば、サイトを介して女子高生など18歳未満の女性と出会い、深い関係になり、結果的に揉めてトラブルになる話が多いです。
一方で、犯罪被害者となりやすいのが女性です。サイトで出会った男性の車に不用意に乗ってしまい怪しい場所に連れて行かれるというやり口が横行しているようです。今恋人がいないけれども、真剣なお付き合いがしたくて出会い系サイトに登録して相手を探す人も珍しくありませんが、このような真剣な出会いを目的としていない人に引っ掛からないよう気を付けてください。既婚者にもかかわらず、それを隠して都合の良い遊び相手を探している人や親密になると見せかけて、本名や住所などの個人情報を引き出させる悪徳な業者の報告もあります。

こうした相手に騙されないよう、疑う気持ちを忘れずに持っておきましょう。


女性の場合は慎重過ぎるくらいの警戒心が必要です。



ほとんどの場合、長文メールを受け取ると普段の時でも出会い系においても、相手が重いと感じてしまいます。

出会い系サイトにおいても同様で、女性から連絡が来た際には、メールのやり取りを長くできるように、極端な長さにならないよう適度な長さのメールを送ることが大切です。



ところで、女性から送られるメールの長さですが、短いものばかりだと、相手の女性は出会い目的ではなく、サクラや機械かもしれません。

よく耳にする出会い系サイトでの被害は、どうやっても「出会えないこと」でしょう。


利用者自身の性格や対応が悪いといった理由で出会うことが出来ないという場合は該当しません。


出会い系サイトによる被害として当てはまるものは、どれだけ課金してやり取りしようと、出会えないシステムになっているものをサイト側が隠しているといったケースでしょう。
具体的には、そもそも女性として登録している利用者がサクラであるとかそもそもメールの相手が人間ではなくプログラムの自動返信という場合も増えているようです。
最近では、恋人がほしいのに出会いがないからと、婚活パーティーや出会いパーティーの参加を考える人も多いでしょう。


例えば、対人関係に自信があって、自分から話しかける事に抵抗がない人だったら、たとえ出会いパーティーでも、その積極性で恋人を見つけることが出来るかもしれません。



ですが、誰もがそういう訳にはいかないでしょう。会話に自信がなかったり、自分から異性に積極的にアピールできないという人は、とりあえず出会い系サイトなどのやり取りで慣れてから直接会う方法が成功率が高いです。

出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、こうした詐欺に引っ掛からないようにするためにも、相手が本当に出会いたいと思っている人なのか判断するのは出会い系を利用する上で必要不可欠のスキルだと言えます。


簡単な事を言えば、いつでも同じ内容の返事を繰り返すようなプログラムの不自然さを安直に信じてしまうようでは、お金も時間もつぎ込むだけ無駄でしょう。

あるいは、スムーズに会話が弾んだとしてもキャッシュバッカーという事もありますから、警戒心は忘れずに持っておきましょう。


ごく稀に、元々の知人と出会い系サイトで会ってしまったという事が実際にあったそうです。

とはいっても、お互い出会いを求めていたわけですし、厄介な問題を抱えることも無いと思います。
ですが、ご自身の顔写真をプロフィールに掲載していた場合、いくら名前を誤魔化していても面白半分で登録した知り合いがいた場合、ご自身が出会い系サイトを利用していることが周囲にばれてしまう可能性があります。顔写真は知人の判別だけでなく犯罪に悪用されることもあるので、簡単に載せないことをおススメします。
恋人を作るための時間やイベントの多かった学生の頃と違って、社会人ともなると、異性との出会いの機会が欲しくても仕事に追われてそんな時間が取れないという方も多いと思います。
忙しい方にありがちですが、暇な時間を持てるのが通勤時間だけというのでは出会いも遠ざかりますので、この通勤時間を使って、出会い系サイトなど、ネットで出会いを求めてみてはいかがでしょうか。ネットでの出会いなんて、と思う方もいるかもしれませんが、異性とメールするだけで生活にメリハリがつき、気持ちも前向きになります。



今日では、婚活といっても昔ながらのお見合いや紹介といったスタイルに限りません。多くの人が簡単に僅かな出費でできる婚活としてインターネットの出会い系サイトを利用するのも良いでしょう。とはいえ、出会い系なんていうと、その時だけの楽しみと感じる人が使っているような印象があるのですが、そうとも限りません。


事実、婚活のために出会い系サイトを利用している人もいるので、自己紹介のページを読んでみてからアプローチすると意外と繋がるものです。

せっかく出会い系サイトに登録したのに、思ったような結果が出ないという男性の話もよく耳にします。その背景には、女性の数があまりに不足しているという点があるでしょう。


ですから、男性からメールを送ったとしてもメールが返ってこないことの方が多いでしょう。また、プロフィールを調べた女性の方から積極的にメールしてくれる確率も低いのです。


ですが、医者などの世間的に高収入な職業についている男性は、女性からの沢山のメールをもらえると思います。


そうかといって、ご自身の職業を詐称すると、直接会った時や親密になる過程で綻びが出て結局自分の首を絞める事になるでしょう。

出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、親しみを感じるものでしょう。出会い系においても、自己紹介のところに興味や趣味について細かく記載しておくことをおススメします。マニアックな趣味は恥ずかしいと思いがちですが、知っている人が少ないマニアックな趣味ほど、共通する趣味を持つ相手がいれば、親近感を持ってもらいやすいでしょう。



ですから、マニアックな趣味も自信を持って書いておくことをおススメします。ネット社会と言われる今日では、ネットを介して知り合った男女のカップルの割合が増えているようです。
また、出会いの場として利用される出会い系サイトでは、意気投合したカップルが結婚して夫婦になることもよくある話です。しかし一般的なSNS等と違って、出会い系サイト出会いを求める場合は利用の際には自衛を心がけておかないと詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。
個人情報を集めようとする悪徳業者や遊び相手を探している既婚者などが利用しているということを分かっておきましょう。


最近話題になっている出会い居酒屋に行ってのですが、それほど良くなかったですね。
かわいい女の子と相席になる事も無かったですし、高い食事代を払わされるし、もう二度と行きたいと思いませんでした。


これなら、このあいだ出会い系サイトで連絡を取り合った女性のほうが可愛かったですし、ずっと盛り上がりました。

自分の場合はですが、出会い居酒屋でお金を使うよりも出会い系サイトを使った可愛い女の子と遊ぶ資金にします。



出会い系サイトに限らず、異性と初めて出会った時の印象の良し悪しが、後々の関係まで大きく影響すると言います。

ですので、出会い系サイトを介した異性と初デートのときは、きちんとした格好で行きましょう。適当な服装で出向いたために、関係が壊れる人たちもいます。やり取りを重ね、会える段階まで行ったのですし、第一印象で失敗しないよう、身だしなみにも気を配るようにしましょう。ご存知のように、出会い系サイトは両極端な一面があります。利用者の人間関係の希薄さや人恋しさといった弱みを握って金銭をだまし取る詐欺もあり得ますし、サイト上では親切で優しそうな男性が、実はDV男だったケースもあるのです。また、不倫相手を探すために出会い系サイトを悪用し、女性を泣かせている人もいます。


それとは逆に、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、こればかりは、出会いのタイミングや相手を見抜く目にかかっていると言っても良いかもしれませんね。私の個人的な経験ですが、この間、出会い系アプリで話が合った人と初めて会ってみたんです。これまでアプリを使ってメールのやり取りはしていましたが、現実に相手と会うのも初めてで、前日まではずっと緊張しっぱなしでした。けれど当日は全くそんな心配なく相手もすごくいい人で、とても楽しかったです。
どんなところに連れて行かれるのかな?という不安もありましたが、実際はすごく美味しいお店で話も弾みましたし、趣味や仕事といった話も、アプリでのやり取りとはまた違って別れが惜しくなるくらい盛り上がりました。次回もデートする約束をしましたし、もっと早く会っていれば良かったです。


ある程度発展した都市であれば、出会いを求めた男女にピッタリのスポットがあるのではないでしょうか。


こうした場所は手軽な出会いの場なのかもしれませんが、誰にとっても平等な出会いの機会があるわけではないでしょう。


こうしたナンパや合コンのノリが嫌いなら、ネットの出会い系を利用してみるのが良いのではないかと思います。利用してすぐに交際相手が見つかるとは限りませんが、ただ異性とメールするだけでも気持ちにハリが出ますし、恋愛に向けた気持ちが高まりますよ。メールのやり取りが出会い系サイトでは重要なのはご存知だと思いますが、実際はどれだけ頑張って女性にメールしても、無視されてしまう事の方が多いんですよね。こうしたことが多ければ多い程、実際に返信がもらえた時はセカンドメールの具体的な内容に困ることもあると思います。

思いもよらず返信が来ると舞い上がってしまいがちですが、あれやこれやと長々と書きこんだ文を送ることは厳禁です。
長文過ぎるメールはそれだけで引かれてしまう可能性が高いので、適度な長さで親しみのあるセカンドメールを送るようにしましょう。恋人がほしくて、ネットを使って出会いを探す人もいますよね。最近では、趣味のオフ会に参加して気の合う異性と出会って付き合うことになったというケースもあります。

とはいえ、オフ会など、本来の趣旨とは違うのに異性を口説いてしまうと、オフ会の雰囲気を壊す出会い厨として嫌われます。それに、オフ会に参加しているからと言って恋人募集中という訳ではありませんから、ハッキリ言って、恋人を探したくてオフ会に参加するのは遠回りだと思います。



むしろ、出会い系サイトの方が早いでしょう。
せっかく出会い系サイトで知り合えた異性とは、出来るだけ長く良い関係を続けたいものです。



とはいえ、ある程度お互いのことを知れたけれども、実際に会うのには不安が残る、という場合や、会いたいのに二人のタイミングが合わないこともあります。



そんな時にはとりあえず、スカイプを使ってみてはいかがでしょうか?通話料金を気にしなくて良いですし、顔を見せ合えば、更に距離感を縮めることもできるでしょう。
とはいえ、顔出しは後にトラブルを引き起こす恐れがあるので、相手が信頼できる相手なのかどうか判断できない場合は、顔出しは控えた方が安全でしょう。

出会い系をうまく活用するポイントは、あまり深く考えるより、どんどんアプローチしていくことでしょう。


男性の登録者は女性に対して様々な女性に対してメールでコンタクトをとってみるべきです。
そのメールの内容も重要です。

いくら数が多ても内容が興味を引くものでなければ女性だって返信はしたくなくなります。

文体としては、丁寧でも固すぎず、親しみやすい文体でテンプレートをあらかじめ作っておいて、細かい部分を相手の女性に合わせて書き換えるというのがおススメです。
実名を公表して出会い系サイトを使っているという人はそう多くいませんが、苗字はともかく名前はそのまま本名を登録しているという人は珍しくないでしょう。しかし、メールのやり取りで親密になってくると、更に仲良くなれると思って本名を伝えてしまう事がありますが、相手の顔も分からず本当の事を言っているのか確かめる方法も無いような相手に、こちらの個人情報を安易に公開するのはとても危険です。

中でも、フェイスブックをやっている人は、フェイスブックに設定されている公開範囲によっては本名によって特定され、晒されてしまうかもしれません。



ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。

相手とすぐに親しくなって付き合い始めたそうです。



でも、しばらくしたら実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。
友人はまじめな性格ですから、精神的に立ち直るのに時間がかかったようです。
ただ遊び相手を探しているなら初めからそう書けば良いのに、いかにも出会いを探している独身のようなフリをしてサイトに登録しているのは止めてほしいです。



出会い系サイトがおススメな理由は、実際に会ってみるより先にメールでお互いの事をある程度知った上で会うという運びになることが多いので、直接会った時は会話が弾んで楽しい時間を持ちやすいということが言えます。


相手が喜ぶような話題を把握すると、盛り上がる話題も分かってくると思います。会えた場合の準備と思って、メールなどのやり取りは気を抜かず、相手のことを良く知るように努力しましょう。異性との出会いのキッカケがバーというのは一度は経験してみたくなりますが、実際のところ、こうした出会い方をするカップルはそういませんよね。
好みの異性をバーで見かけたって、アプローチするのは簡単ではないと思います。

一方、出会い系サイトなら、異性との交流が苦手な人でもメールであれば、そこまで緊張せず、相手と仲良くなることが出来るのではないでしょうか。
出会い系サイトの中でも、ポイントを換金できるようなシステムの出会い系サイトを利用する場合、「CB」あるいは「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちについて意識しておく必要があるでしょう。

それというのも、女性によっては、交際相手を探している訳ではなく、サイト上でメールややり取りを繰り返すと溜まるポイントを換金するのが目的の人が居るのです。彼女たちはサイトに雇われているサクラではありませんし、プログラムの自動返信でもないため一般の利用者との区別がつきにくいのです。メールばかりで関係が進展しないようなら深入りするのは止めた方が良いかもしれませんね。出会いを求めた人たちに向けたイベントは頻繁に催されていますが、人見知りの人や容姿に自信がない場合は、ストレスがたまるものでしょう。実際のところ、こうした性格の方の中には勇気をふり絞って参加しても、上手くいかず、二度と参加しないケースも少なくないのです。

異性との会話に自信がないうちにこうしたイベントに参加して苦い思いをするよりも、メールやサイト上だけでやり取りできる出会い系サイトで自分らしく交際相手を探した方が、結果的には良いでしょう。出会い系サイトには有料と無料のものがありますが、有料の出会い系サイトでは課金制の場合が多いです。定額制とは異なり、メールなど、一つのアクションごとに料金がかかるシステムものです。

サイト運営側としては、やり取りを繰り返してもらえばその分高い利益が出るため、機械やサクラを使っているサイトがあるのです。こういったサイトに引っ掛かってしまうと時間やお金を無駄にするだけですから、不審に感じたらもう相手にしない方が良いでしょう。



あるいは、相手が本物の利用者であっても無駄なやり取りでお金や時間を使うのはもったいないです。
出会い系サイトに登録した目的がお互いにとって都合の良いものかどうかをあらかじめ伝え合っておけば、余分なやり取りをする手間が省けます。

多くの方がご存知のように、インターネットの出会い系で出会いを求めた場合はいくつかの注意点があります。



男性の場合、運悪くサクラやキャッシュバッカーに目を付けられてしまうと、何の結果も出ないままお金や時間を失うだけになってしまいます。あるいは、恋人探しという自分の目的とは違って不倫相手を探している既婚者などに引っ掛かってしまい、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。出会い系サイトでは、慎重すぎるくらいに警戒して行動を選んでください。