福岡で「モテる 男 行動」を徹底検証|モテるリンピック事務局

性別にかかわらず、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人が増えています。


そうした中でオフ会に参加して恋人が見つかるというケースもあります。しかし、多くの場合は、オフ会など出会いの場でないところで異性にアタックする人は、出会い厨と呼ばれて嫌われてしまいます。

オフ会に参加した人は、恋人募集中という訳ではありませんから、ハッキリ言って、恋人を探したくてオフ会に参加するのは遠回りだと思います。恋人がほしくてネットで相手を探すのならば、初めから出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性を探した方が効果的でしょう。

テレビのニュースなどを見ていると、出会い系サイトは詐欺や犯罪の温床といった印象を持っている人が多いように感じます。ですが、私の場合は、特にトラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。

直接会ってみて、相手の様子を確かめてみるまでは氏名や住所などは絶対に教えないようにしておいて、周りに人の多いカフェなどで会うようにすれば、安全です。

ですが、自衛も必要ですので間違っても相手の車に乗るような事は止めましょう。

また、よく知らないうちから、夜に待ち合わせをするような人は初めからきちんとお断りしましょう。

ここ最近、利用者が急増しているポイント換金制の出会い系サイトなのですが、ここを利用する場合は「CB」あるいは「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちについて意識しておく必要があるでしょう。

というのも、ポイント換金制の出会い系サイトでは、交際相手や遊び相手を探してサイトを利用しているのではなく、メールや、やり取りで稼げるポイントを換金してお金を稼ぐ人がいます。



彼女たちはサクラという訳ではありませんし、不自然な返信をする機械が相手でもないので一見分かりにくいですが、いつまでも連絡先を教えてくれず、ずるずるとメールを続けさせようとする場合はポイント目当てのキャッシュバッカーと疑った方が良いでしょう。


見ず知らずの他人に自分の個人情報を渡すリスクを考えると、自分の連絡先は言いたくないが、好みのタイプの相手の連絡先は無条件で欲してしまうのが出会い系サイト利用者の共通する思いでしょう。


中でも女性は自衛心が強いですから、親しくもないうちに連絡先を伝えてくることは滅多にありません。女性側から積極的なアプローチがあったり、率先して連絡先を交換したがる場合には、相手が実は、個人情報を収集している悪質な業者というケースもあります。
そこまで警戒しなくてもいいのではないか、と考える男性もいると思いますが、これくらい慎重になっておいた方が良いでしょう。

多くの独身の人の出会いの場となっている出会い系サイトでも、相手とお付き合いを始めるならば、時間をかけて検討しましょう。出会い系サイトを利用している人なら分かると思うのですが、サイトのプロフィールに嘘のプロフィールを掲載している人もいるからです。書かれた情報をそのまま鵜呑みにしてすぐに交際したいという気持ちを抑え、一度ではなく何度も直接話す機会を持って信頼してもいいのかどうか判断することが大切ですから、忘れないでくださいね。ときどき見かけるのですが、ゲームやネットサークルのオフ会で、誰もそんなつもりで集まっている訳ではないのに出会いを求めるような人は、出会い厨としてオフ会ではほとんどの人から煙たがられる存在です。人恋しく、異性との出会いを欲しているのなら、初めから出会いの場である出会い系サイトを利用するのがずっと効果的です。



その気のない異性を振り向かせるよりも、趣味や価値観の近い人を出会い系サイトで探した方が良い結果になると思います。ほとんどの出会い系サイトでは、女性と男性の会員数には大きな開きがあり、自分から女性にメールをしても無視されてしまうことも珍しくありません。
また、プロフィールを調べた女性の方から積極的に連絡をしてくれることは、ほとんど無いです。しかし、例外もあります。例えば、男性のプロフィールが医師や弁護士、社長などの肩書を持っている方であれば、沢山のメールをもらえると思います。



それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、すぐにバレてしまいますし、面倒な事になるかもしれません。



出会い系でオタクは嫌われるというのは、もう昔の話です。
このごろは、マニアックなオタクの方が女性の人気が高いです。



また、全体的なオタク比率が上がっており女性のオタクも増加しています。

そのため、同じような趣味の会話が楽しく、そのまま付き合い始めたというオタクカップルの話もよく耳にするようになってきました。

オタクであることを誤魔化して出会い系で彼女を探しても、嘘をつくことになって結局上手くいかないでしょう。プロフィールには正直にすべてを載せて最初からオタクであることを公言しておけば、付き合う時に嘘をつかずに済みます。誰でも名前を知っている大手の出会い系サイトなら、サイト自体は信頼性が高いと言えます。
ですが、その分利用者層が幅広いということになり、大手サイトの利用者の中には出会い目的以外で登録している利用者、例えば詐欺師や悪徳業者などが一般の利用者のふりをしているのです。このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、時間をかけて慎重に探すのをおススメします。出会えた相手が理想的な人であっても、安直に信用してしまっては、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。恋人がいないことはもちろんですが、友達も少ないと寂しいですよね。

いますぐに遊ぼうと思っても遊べる友達がいないという場合は、多くの人と交流する機会を得るために出会い系サイトを利用するのもおススメです。
出会い系サイトは、本来の趣旨である恋人を見付けられるだけでなく気の合う友人が見つかったというケースもあります。しかし、友達になったとしてもサイトやメールのやり取りだけでは自然と連絡が途絶えることも多いですし、異性との出会いがあっても友達は見つからない可能性も有り得るのです。
交際相手を探しつつ、友達も探したいという訳ではないのなら、出会い系サイトではないやり方の方が良いかもしれません。実際、出会い系サイトにはサクラや機械などで利用者を騙そうとするサイトがありますから、出会い系を活用するならば、相手の女性がサクラや機械ではないことを探るのは出会い系サイトを活用する上で基本的なテクニックになります。



といっても難しい話ではなく、同じ内容のメールが来るだけといったプログラムされた機械を判断できるようでなければ、ダメだと思います。機械でもサクラでもなく、ポイント目当てでアプローチしてくるキャッシュバッカーには細心の警戒が必要です。
よく耳にする出会い系サイトでの被害は、どれだけやり取りを繰り返しても出会いまで進まないということでしょう。
この被害について、本人の性格やその他の問題で関係を断たれてしまう、といったケースは別です。ここで問題になる被害とは、サイトのシステム的に出会えないようになっているものです。



登録者がサクラだらけといった場合もありますし、そもそもメールの相手が人間ではなくプログラムの自動返信という場合もあるそうですから、注意しましょう。


今恋人がいないけれども、真剣なお付き合いがしたくて出会い系サイトを覗く人も増加していますが、出会い目的ではない不純な動機でサイトに登録している人がいるため気を付けましょう。
具体的には、フリーを装った既婚者ですとか悪徳業者が個人情報を収集する為に一般の利用者を装ってアプローチしてくることもあります。迂闊に騙される被害を受けないように、相手に違和感を感じたら、すぐに関係を断つくらいの心構えをしておきましょう。女性は性犯罪被害の恐れもある為、しっかりと自衛することが大切です。
出会い系サイトに登録している女性のプロフィールをみて、女性にメールを送ってみても、無視されることが多いです。



こうしたことが多ければ多い程、実際に返信がもらえた時はセカンドメールの内容を書くのに躓いてしまう方も多いようですね。
とはいえ、嬉しさで舞い上がってあれやこれやと長々と書きこんだ文を送ることは厳禁です。

あまり長すぎず、丁寧で親しみやすいセカンドメールを送るようにするのが最適でしょう。



みなさんは出会い系アプリを使っていますか?おすすめの出会い系アプリとして、スマホユーザーの多くが利用しているLINEのIDを公開してやり取りできるものがあるのです。


このようなアプリでは、条件を絞って相手を検索できるので、出会い系サイトより楽に出会える確率が高いのです。

今までの出会い系サイトでは、課金しなければメールも出来なかったり、知り合ってすぐにLINEのIDを聞くのは難しいものですよね。


でも、こうした出会い系アプリを利用すれば、手間を大きく省いた状態でやり取りに集中できます。ある程度出会い系サイトのことを知っている方には当然かもしれませんが、ネットの出会い系サイトで恋人探しや婚活をした場合には、それなりにリスクがあるのです。



主に男性の場合は、会えないサクラやキャッシュバッカーに騙されて時間のみならず、金銭的にも損失が出る可能性があります。また、自分としては真面目に恋人を探しているつもりなのに、浮気目的の既婚者に騙される可能性も有ります。
このほかにも、出会い系サイトには多くの危険が潜んでいます。出来るだけリスクを回避するためにも、節度ある利用を心がけましょう。出会い系サイトに本名で登録しているという人はあまりいません。ですが、下の名前については本名そのままというケースは良くあるようです。メールやサイトでやり取りをしあって仲良くなってくるとうっかり本名を伝えてしまう事もあると思います。
でも、とても危険なことですから絶対に止めてください。例えば、本名でフェイスブックに登録している場合、フェイスブックに設定されている公開範囲によっては相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。出会いを求めた人たちに向けたイベントは様々な趣向を凝らしたものがあるのですが、外見に自信がない場合や異性との交流に苦手意識がある人はストレスがたまるものでしょう。

実際のところ、こうした性格の方の中には勇気をふり絞って参加しても、結局挫折してしまい、パーティーやイベントから遠ざかることも珍しくないのです。

まだこうした交流に慣れない内からイベントに参加して苦しい気持ちを抱えるより、慣れるためにも出会い系サイトで異性とのやり取りを学びながら無理せず恋人を探す方がおススメです。


大人の男女にとって憧れの出会いのシチュエーションといったら、バーでの出会いではないでしょうか。



バーで知り合うというと一度は経験してみたくなりますが、実際のところ、バーでの出会いから交際に発展したようなカップルは珍しいでしょう。



好みの異性をバーで見かけたって、話しかけるのも難しいのが普通だと思います。



それでは、どこが出会いの場としておススメなのでしょうか。

出会い系サイトを使えば、異性と積極的に交流できないという人も顔を合わさないメールでの交流からスタートするので、緊張せず自分らしく相手を探すことが出来ると思います。実際のところ、出会い系サイトにはメリットもデメリットもあることを知っておきましょう。



利用者の人間関係の希薄さや人恋しさといった弱みを握って金銭をだまし取る詐欺や犯罪が行われていることもありますし、会ってみたら、サイトでのやり取りが嘘のように暴力的な言動の男性ということも珍しくありません。浮気したくて出会い系で独身のフリをして相手を騙す既婚者もいます。


反対に、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、こればかりは、出会いのタイミングや相手を見抜く目にかかっていると言っても良いかもしれませんね。



今のネット社会において、どのようにしたら人間関係を上手く築くことが出来るでしょうか?それにはやはり、受信した人が喜ぶようなメールのテクニック(メール術)が必要だと思います。もちろん、出会い系サイトも同じで、女性に送るメールの内容が悪くてはなかなかやり取りを続けることが難しいのではないかと思います。
タメ口はもちろん、フランクで軽すぎる言葉遣いが好きな女性はほとんどいませんし、下心を隠そうともしない態度では嫌がられます。あるいは、相手の気持ちを無視するものでは、女性から返信が来ることは無いでしょう。これまでに出会い系を利用したことがある方ならご存知かと思いますが、出会い系では顔写真を交換することが多いです。

結婚を視野に入れたお見合いではなく、遊んでデートを楽しむ程度であれば、容姿が大切になるのもうなずけますね。



写真はいくらでも加工できますし、何なら別人の写真を送っても相手には分かりませんが、ウソがばれるため会う事は出来なくなりますし、相手の信用も得られません。


実際に会いたいと思える相手には自分の写真を渡す方が良いです。
また、相手の写真も偽物の可能性があることも、理解しておきましょう。個人情報流出などとよく耳にしますが、出会い系サイトでも簡単に個人情報を出す人が増えていて、トラブルになることも多いです。以前ほど危険なイメージの無くなった出会い系サイトですが、それでも良心的なサイトばかりではないため、個人に繋がるような情報を伝えるのは最低限の情報で十分でしょう。

特に危険なのは、身分証明書の扱いです。迂闊に人目にさらすような危険は避けましょう。
これらに共通する注意点としては、サイト上のやり取りだけで相手を信用しないことに尽きます。相手に会ってみて信頼できるまでプライバシーにかかわる部分は簡単に伝えないと意識しておいてください。
出会い系サイトがおススメな理由は、実際に会ってみるより先にメール等でやり取りし、親しくなれそうな人だけを選んで会うことが出来るので、会った時に盛り上がるということに尽きます。

楽しい会話には、お互いの趣味や興味への理解が欠かせません。
これらを調べておけば、話しやすくなることは間違いありません。



実際に会えると思って、積極的にメールでのやり取りで会話を続け、向こうの情報を多く知ってくと良いでしょう。



出会い系サイトに限らず、見ず知らずの相手と話す場合には、同じ趣味だと会話しやすいこともあるほか、時間をかけずに親密な関係になることも出来ます。
ですので、出会い系サイトのプロフィールには少しでも興味のあることや関心があることを記載しておくことをおススメします。



マニアックな趣味は引かれてしまうのではないかと不安に思ったり恥ずかしく思うかもしれません。

しかし、一方では、マニアックな趣味は同じ趣味を持っている人が少ないため、趣味を同じくする者からは仲良くなりやすいと言えます。

出会い系サイトは危ないところだと思っている人は少なくないと思います。

ですが実際は、お見合いなどよりも敷居が低く出会いの可能性が高いということで、真剣な交際を考えた人が登録してしていることも多く、出会いの場として十分効果のある場所です。とはいえ、登録者の比率から考えても女性が少ないのは確実で、男性の利用者が出会いの機会を得るまでには長い時間がかかる事もあると覚悟した方が良いでしょう。あるいは、女性のケースでは犯罪やトラブルの被害者にならないよう、自己防衛も忘れないようにしましょう。ネット上の出会い系サイトは数が多いですから、その分、選択肢の幅が広がっています。サイトの特性だけ見ても、誰もが知る大手のサイトや特殊な趣味を持つ人が集まるサイト、あるいは利用料金の有無など、選ぶのに迷ってしまうほどの数があります。
一般的な出会い系サイトは、利用者の出会いのサイトなのですが、一部には、利用者を騙す悪質なものもありますから、気を付けてください。

間違って登録してしまうと、架空請求で法外な利用料金を請求されたり、やり取りをする相手がサクラしかいないといった悲惨な事態になりかねません。
婚活サイトやお見合いで利用する写真ならともかく、出会い系サイトで使う顔写真については特に決まりもありませんから、例えばプリクラの画像を使っても良いですし、ある程度であれば写真を修整しても大丈夫でしょう。しかし、過度に修整をかけて全く別人の顔になってしまっている写真では、相手と実際に会った時にトラブルになったり、やり取りがそれっきりになってしまうこともあるでしょう。写真うつりにコンプレックスがあるのであれば、素直に会ってみた方が後ろめたさも無く、すっきりできるのではないでしょうか。

ほとんどの場合、長文メールを受け取ると出会い系サイトの女性のみならず、一般的な女性も重いと感じてしまいます。
もし、出会い系サイトで女性と知り合えたのなら、仲良くなるためにも、意識して調度良い具合のメールを送るようにしましょう。
その一方で、相手の女性の返信がいつでも短文のような場合、サクラの可能性が高いため、注意深くなる必要があるでしょう。



偶然にも知人と出会い系で出会ってしまったという事が実際にあったそうです。とはいっても、お互い出会いを求めていたわけですし、厄介な問題を抱えることも無いと思います。
ですが、顔写真を載せている場合は少し事情が異なります。出会い目出来ではなく遊びでサイトに登録した知り合いがいたりすると、ご自身が出会い系サイトを利用していることが周囲にばれてしまう可能性があります。

あるいは、顔写真を誰かが無断で悪用したり犯罪に使う可能性もあるので、誰でも見える場所に掲載しない方が良いでしょうね。