福岡で「モテる モテない 男」を徹底検証|モテるリンピック事務局

恋人探しのために出会い系サイトを活用しているけれど、上手く出会えずに悩んでいる方もいますよね。出会える確率を上げるためのポイントは初めに送るメールでどれだけ相手に好印象を与えられるかどうかにかかっています。タメ口や、あまりに軽い文面のメールでも警戒されて返事がきませんし、真面目な交際に進展することは殆どありません。とはいえ、あまりに真面目で堅苦しいメールでは気疲れさせてしまうでしょう。ここでは両極端な例を出しましたが、意外とこうした事がきっかけで躓く人も多いのです。ファーストメールの際は、ほどよく丁寧な文体を意識して送ると上手くいくことも多くなるでしょう。



相手と話す時に、趣味や関心が同じだと盛り上がりますし、親しみを感じるものでしょう。


出会い系においても、自己紹介のところにご自身の趣味や関心をしっかりと記入しておきましょう。多くの方が躊躇するのが、マニアックな趣味を書いても良いものかということでしょう。マニアックな趣味は恥ずかしいと思いがちですが、別の視点から見ると、他に話が出来る人が少ないマニアックな趣味だからこそ、同じ趣味を持つ人からは親近感を持ってもらいやすいでしょう。



ですから、マニアックな趣味も自信を持って書いておくことをおススメします。今は出会い系サイトで出会うカップルも珍しくないですが、犯罪やトラブルの話も絶えませんよね。



私の友人も出会い系サイトで悲しい思いをした一人です。

相手とすぐに親しくなって交際がスタートしたそうです。

でも、しばらくしたら相手の方が既に結婚した既婚者だということが発覚したそうなのです。友人としては真剣な交際だったのに、意図せず不倫状態になっていたという事で長い間落ち込んでいました。



遊びたいがために既婚者がフリーを騙って真剣に出会いを求めている人を騙すのは酷いと思いますし、絶対に許せないです。


独身男女の出会いの場となるイベントは各種ありますが、人見知りの人や容姿に自信がない場合は、簡単に参加を決められないものでしょう。


実際のところ、こうした性格の方の中には勇気をふり絞って参加しても、現場の雰囲気にのまれてしまって上手くいかず、諦めてしまうこともあります。
辛い思いをしてまで参加するより、慣れるためにも出会い系サイトで異性とのやり取りを学びながらお付き合いの相手を見付ける方がいいでしょう。これまでに出会い系を利用したことがある方ならご存知かと思いますが、出会い系ではお互いの顔写真を交換するものです。結婚を視野に入れたお見合いではなく、ちょっとデートしてみるという場合では、殆どの人が容姿を重視するのも当然でしょう。
写真はいくらでも加工できますし、何なら別人の写真を送っても相手には分かりませんが、実際に会うとなるとウソはつけませんから、今後実際に会う予定があるのなら自分の写真を渡す方が良いです。それに、交換した相手の写真も偽物である可能性もあると意識しておきましょう。やはり、出会い系サイトを利用していると被害に遭う事もあるようです。

よくある事といえば、例えサイト上やネット上で仲良くなったとしても、それ以上進展しないということです。

当然ですが、本人の対人スキルの問題によって出会いまで進展しないというのは別問題でしょう。

ここでいう被害とは、システム上、絶対に出会えないケースです。例えば、女性会員がサクラであったり、今では機械で自動的にやり取りしているといったことも急激に増えていると聞きます。


出会い系サイトで出会うためには、何よりメールを送ることが肝心なのですが、女性にメールを送ってみても、残念ながら、返事が来ない事もよくあります。
ですから、せっかく女性から返信が来たとしても次のセカンドメールをどう書いたらいいのか迷ってしまう方も珍しくないようです。セカンドメールで陥りがちの失敗なのですが、返信が来たことに浮かれて長文メールを返信するのは止めましょう。セカンドメールもファーストメールと同様に、丁寧で適度な長さのものにするようにして下さい。インターネットのコミュニティやゲームのファン同士が、実際に交流する集まりにオフ会があります。こういった集まりで相性の良い相手と知り合い、そのまま交際まで進展したというカップルもいますが、オフ会で異性にばかり話しかける人は出会い厨と呼ばれて嫌われてしまいます。
そもそも、オフ会の参加者もみんなフリーだとは限りませんし、あまり効率的な探し方だとは言えませんね。
同じ趣味を持つ交際相手を探しているなら、出会い系サイトに登録して好みの異性を探した方が成功率も高いですし、迷惑もかからずお互いにとって良い選択だと思います。

恋人を探そうと、ネットゲームやネットコミュニティの仲間と実際に会う「オフ会」に参加する人もいますが、オフ会の目的とは異なり出会いを求めるような人は、出会い厨として嫌われます。
それほどまでに恋人を探しているのなら、初めから出会いの場である出会い系サイトを利用するのが結果につながりやすいですし、誰にも迷惑がかからないでしょう。出会い厨などという蔑称で呼ばれるよりも、出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性にアタックした方がスムーズだと思います。

当然のことですが、出会い系サイトは出会いの場でもあると同時に、様々な危険性があります。男性の場合、サクラやキャッシュバッカーに騙されてしまうと金銭を失うことがあります。



真剣に恋人を探している場合は不倫相手を探している既婚者などに欺かれ、トラブルに巻き込まれる可能性も有ります。こうした数々の危険から身を守るためにも、迂闊な行動はとらないようにしましょう。最近は婚活のスタイルが多様化したため、婚活といっても多種多様でいろんな形があります。

最も身近にある婚活として、ネットの出会い系サイトを活用する方法があります。出会い系は、遊びの付き合いを求める人が利用している感じがしますが、実は、そんなことも無いようですね。


出会い系サイトのプロフィールから、結婚を意識している人を見付けて積極的にアプローチしてみましょう。出会い系サイトに本名で登録しているという人はあまり見かけませんが、苗字はともかく名前はそのまま本名を登録しているという人は珍しくないでしょう。メールやサイトでやり取りをしあってどんどん仲良くなってくると、大胆な気持ちになって不用意に本名を伝えてしまう人がいます。


しかし、こうした安易な判断が、トラブルになることもあります。
例えばフェイスブックに登録している場合、フェイスブックの設定によっては相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。


大人の男女にとって憧れの出会いのシチュエーションといったら、バーでの出会いではないでしょうか。バーで知り合うというと一度は経験してみたくなりますが、現実では、このようにすんなりと相手と出会えるカップルは稀です。
一般的には、バーで好みの異性を見付けても、そう簡単に話しかけるなんてできませんし、ましてや連絡先の交換まで出来る人はそうはいません。

そういう点から見ると、出会い系サイトは、異性と積極的に交流できないという人も顔を合わさないメールでの交流からスタートするので、緊張せず自分らしく相手を探すことが出来ると思います。
偶然にも知人と出会い系で出会ってしまったという事が実際にあったそうです。


羞恥心もありますが、お互い隠しておきたいことでしょうから大問題に発展することは無いでしょう。



とはいえ、顔写真をサイトに上げている場合は少し問題があるかもしれません。
というのも、出会い目的ではなく悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、ご自身がサイトを利用していることが知れ渡ってしまう危険性があります。また、顔写真を悪用される可能性もあるので、安易にサイトにアップしないように心がけましょう。

出会い系サイトがキッカケで知り合った異性とそこそこ親しくなったけど、実際に会うのには不安が残る、という場合や、会いたくても時間が合わないといったこともあるでしょう。そんな時はまずはスカイプを使うのが良いでしょう。スカイプ同士であれば料金を気にすることなく長時間話せますし、顔を見せ合えば、更に距離感を縮めることもできるでしょう。
とは言っても、安易な気持ちで顔出ししてしまうと、相手がその映像を録画しているかもしれませんから、相手が信頼できる相手なのかどうか判断できない場合は、顔出しは控えた方が安全でしょう。



友人の間で評判になっていた出会い居酒屋に連れて行ってもらったのですが、相手の女の子ははっきり言って可愛くなかったですし、男性側が支払うからって、高いものばかり頼まれてしまって、全然楽しめませんでした。



同じような出会い方だったら、初めから外見も性格も分かっている出会い系サイトの女の子と会った時の方が盛り上がって、次に会う約束もしました。同じお金なら手間はかかっても出会い系サイトで会った女の子と遊ぶお金に使おうと思います。



多くの出会い系では機械の自動返信やサクラの存在があるのも事実ですから、これらの相手に騙されない為にも、相手の正体を見極めることが大変重要であることが分かると思います。



あまり難しいことではありませんが、短文で全く同じ文面ばかり返ってくるプログラムされた機械を見分けられなくては、ハッキリ言って出会い系サイトは利用しない方が賢明です。



また、キャッシュバッカーの存在にも注意が必要です。
いわゆる、大手と言われる出会い系サイトでは、サイト自体は安全だと言えます。しかし、サイトが信頼できるものだとしても問題は利用者です。大手サイトは利用者が多いぶん、個人情報を集めている業者や詐欺師、遊び目的の既婚者などが入り混じっています。このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、時間をかけて慎重に探すのをおススメします。もちろん、会った相手がタイプであっても、相手の言う事をそのまま信じるのではなく、自分で判断できるまで慎重にやり取りを続けた方が良いでしょう。都会はもちろん、ある程度の大きさの都市であれば、フリーの男女が相手を求めて足を運ぶナンパスポットがあると思います。

こうした場所は手軽な出会いの場なのかもしれませんが、100パーセント会える保証はないわけです。また、ナンパや合コンのノリは苦手な人にとってはこうしたスポットは行くことも苦痛でしょう。

そんな場合は出会い系サイトを利用した方がいいです。


いきなり運命の出会いがあるなんてことはまずあり得ませんが、ただ異性とメールするだけでも楽しい気持ちになると思います。ここ最近、利用者が急増しているポイント換金制の出会い系サイトなのですが、ここを利用する場合はキャッシュバッカーに気を付けましょう。女性の利用者の中には交際相手や遊び相手を探してサイトを利用しているのではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。

こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。
キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、プログラム応答による文面の違和感もありませんから分かりづらいですが、例えばメールばかりで関係が進展しないようなら打ち切りましょう。男性会員数が多い出会い系サイトでは、自分から女性にメールをしても無視されてしまうことも珍しくありません。また、プロフィールを調べた女性の方から積極的にメールしてくれる確率も低いのです。しかし、例外もあります。
例えば、男性のプロフィールが医師や弁護士、社長などの肩書を持っている方であれば、沢山のメールをもらえると思います。ただメールが欲しいならばプロフィールに嘘を書くこともできますが、会ってみれば嘘はばれてしまいますから、思いもよらないトラブルになることもあります。出会い系サイトには両極端な一面があります。



利用者の人恋しさや寂しさといった気持ちを弄ぶ詐欺を行っている人もいます。会ってみたら、サイトでのやり取りが嘘のように暴力的な言動の男性ということも珍しくありません。

浮気したくてサイトで女性を騙している既婚者もいるそうです。それとは逆に、運命の出会いのような相手を見付けられたというケースもあるので、出会い系サイトが良いきっかけになるかどうかは、相手の本心を見抜く技術以外にも、運的な要素が絡んできます。
時々話に聞くのですが、出会い系サイトによっては利用者を集めて課金させるように登録者の中にサクラを紛れ込ませている事があります。サクラに好意を抱いても、いくら課金しようと連絡をしようとそれ以上に進展することは無いですから、かけたお金も時間も無意味になってしまいます。



サクラに引っ掛かって時間やお金を無駄にしない為にも、出会い系サイトを利用しようと思ったらその前に、インターネットの口コミサイトやレビューで雰囲気をつかみ、サクラがおらず、評判の良い出会い系サイトを選べば、一般の利用者と出会える可能性が上がります。気の合う友達が周りにいないという人も、ネットの出会い系サイトで地域や性別、年齢に限らず様々な人とコミュニケーションを取るのも選択肢の一つです。



あまり知られていませんが、出会い系サイトでは交際相手だけでなく同性の友達も作れたという人もいます。でも、出会い系サイトでの友人関係は簡単に壊れてしまいますし、交際相手が見つかっても友達は見つからない可能性も有り得るのです。交際相手を探しつつ、友達も探したいという訳ではないのなら、出会い系サイトではないやり方の方が良いかもしれません。出会い系サイトは恋人探しや婚活に役立つサイトですが、実際にここで出会った人と交際を始めるにあたっては、時間をかけて検討しましょう。なぜなら、出会い系サイトの自己紹介にウソを書いている人も、珍しくないのです。
書かれた情報をそのまま鵜呑みにして即座に付き合うというのではなく、納得するまで会ってみて信頼できる人なのかを判断することが必要になります。
できれば自分の連絡先は教えたくないものの、好みのタイプの相手の連絡先は無条件で欲してしまうのが本音だと思います。

犯罪の被害に遭う危険性の高い女性は、警戒心も強く簡単に連絡先は教えてくれないものです。女性にもかかわらず連絡先を公表していたり積極的に聞いてくる場合は、個人情報を聞き出すために女性のフリをした業者ということがあります。例え男性であっても、これくらい慎重な方が良いでしょう。

昨今のスマホ普及率には目覚ましいものがありますが、それによってそれまで出会い系サイトを利用していた層がアプリに移動したためか、出会い系アプリの利用者も増えています。

位置情報などから距離的に近い相手と出会うことが出来るアプリや、相手を誰と決めないままでコミュニケーションを取ってみて、相性が良さそうなら連絡先を伝えられるような暇つぶしとしても出会い系としても使えるものも登場しています。

一般的に、登録者数が多いアプリはそれだけ出会いの可能性がありますが、そのアプリの使いやすさや馴染みやすさなどで、ご自身が気に入ったものを選ぶのが一番です。最近では出会い系アプリの利用者が増えているそうです。


出会い系アプリにはコミュニケーションアプリのLINEのIDを交換できるものがあるのです。


会える地域や年齢など、希望の条件で対象を限定しますから、簡単に出会える確率が高いのです。一度でも出会い系サイトを使ったことのある方なら分かると思いますが、出会い系サイトでは親密になるまで時間がかかり、知り合ってすぐにLINEのIDを聞くのは難しいものですよね。


でも、こうした出会い系アプリを利用すれば、面倒事なく相手と親密になっていけるでしょう。出会い系サイトというと、どうしても悪い印象を持つ人が多いようです。けれど、これまでの経験から言うと、トラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。直接会ってみて、相手の様子を確かめてみるまでは本名や住所については秘密にしておいて、直接会うと言う話になっても、人目の少ない場所は避けるようにすれば安全です。
もちろん良く知らない相手と密室で二人っきりという状況にならない為にも、ドライブなどの誘いは断りますし、待ち合わせの時間を夜にするタイプの人と会うのは避けるべきです。
昔と違って、このごろは、マニアックなオタクの方が女性からの需要が高いのです。最近では女性でオタク趣味を持っている方も多いですから、同じような趣味の会話が楽しく、そのまま交際に発展することも珍しくありません。

ご自身の趣味をあらかじめ出会い系サイトの自己紹介に包み隠さずに書いて自らオタクであることを公表する方が、仲が進展して付き合うという段階になっても嘘をつかずに済みます。