東京で「日本 男 モテる」を徹底検証|モテるリンピック事務局

出会い系サイトのリスクを考えると、顔も知らない異性に自分の個人情報を伝えるのは嫌だけれども、好みのタイプの相手の連絡先は無条件で欲してしまうのが出会い系サイト利用者の共通する思いでしょう。

犯罪の被害に遭う危険性の高い女性は、警戒心も強く連絡先交換に消極的です。



女性にもかかわらず連絡先を公表していたり積極的に聞いてくる場合は、女性のフリをした業者の場合があります。出会い系サイトでは、男性も猜疑心が強い方が良いと思います。ネット上の出会い系サイトは数が多いですから、その分、選択肢の幅が広がっています。



サイトの特性だけ見ても、誰もが知る大手のサイトや特殊な趣味を持つ人が集まるサイト、あるいは利用料金の有無など、選ぶのに迷ってしまうほどの数があります。


ほとんどの出会い系サイトは、気の合う人同士を繋げるものなのですが、一部には、詐欺トラブルになるような悪徳業者による出会い系サイトもありますので、安易に利用しないようにして下さい。

間違って登録してしまうと、法外な料金を請求され、トラブルになるケースもありますし、利用者がサクラばかりで時間やお金が無駄になる可能性が高くなってしまうでしょう。一般的に、出会い系サイトと聞いて嫌な顔をする人も多いと思います。でも、実際の出会い系サイトの利用者には、結婚を視野に入れた真剣なお付き合いを目的にした人が登録してしていることも多く、悪いイメージだけで拒絶するのはもったいないと思います。とは言っても、男性の数が多いのは間違いありませんから、大半の男性が理想の女性と出会えるまでには根気と努力が必要になるでしょう。
女性の場合は、犯罪やトラブルの被害者にならないよう、自己防衛も忘れないようにしましょう。
恋人がいないことはもちろんですが、友達も少ないと寂しいですよね。

いますぐに遊ぼうと思っても遊べる友達がいないという場合は、多くの人と交流する機会を得るために出会い系サイトを利用するのも良いかもしれません。実は、出会い系サイトは交際相手だけでなく同性の友達も作れたという人もいます。

とはいえ、ネット上やメールだけの関係は自然消滅しやすいですし、交際相手が見つかっても気の合う友人は簡単には見つかるものではありません。交際相手を探しつつ、友達も探したいという訳ではないのなら、出会い系サイトはお勧めできません。最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、多くの人が出会い系サイトまたはアプリを使っています。
しかしそれに伴って出会い系でトラブルになったという話も多く聞くようになってしまいました。その多くは未成年が関係しているものです。大人の男性でトラブルに巻き込まれる危険といえば、女子高生と知り合って深い関係を持ってしまうケースがほとんどです。

また、女性の場合は性犯罪の被害に遭いやすく、相手の運転する車に乗って連れまわされてしまうということがよく見られますから、相手を安易に信用し過ぎないようにしましょう。
出会い系利用者が、サイトに登録した事で被る被害といえば、何といっても「出会えないこと」ですね。

利用者自身の性格や対応が悪いといった理由で出会うことが出来ないという場合は違います。ここでいう被害とは、システム上、絶対に出会えないケースです。

例えば、女性会員がサクラであったり、最近では機械で自動的にやり取りしているといったこともあるそうですから、注意しましょう。
誰でも名前を知っている大手の出会い系サイトなら、小さなサイトよりも安心できます。


しかし、注意点もあります。

大手サイトは利用者数が多いため、出会いを求める以外の目的で登録している人も多いのです。

例えば、個人情報集めの悪徳業者や金銭目当ての詐欺師なども利用しています。
もし、恋人を探そうと思ったら、こうした人たちを避けて時間をかけて慎重に探すのをおススメします。相手がいくらタイプの異性でも相手の言うことを鵜呑みにせず、簡単に警戒心を解かない方が良いでしょう。

出会い系をうまく活用するポイントは、一度上手くいかなくてもいちいち悩まずに、気持ちを切り替えてどんどんアタックしていくことでしょう。
数の多い男性側が女性にアタックしようと思ったら、タイプだと思った女性には片っ端からメールを出すことが必要です。

でも、女性から返信がくるかどうかはメールの内容に左右されます。書いてある内容で自分に興味を持ってもらえなかったら、相手にしてくれないでしょう。なので、女性から評判の良い文体でテンプレをつくっておいて、それを下地に細かい部分を相手の女性に合わせて書き換えるというのが良いでしょう。



出会い系サイトの利用者数は、比較的女性が少ない傾向にあります。
そのため、自分から女性にメールをしても無視されてしまうことも珍しくありません。

また、プロフィールを調べた女性の方から積極的にメールしてくることも、そうそうあることではありません。


しかし、医師や弁護士、会社社長といったお仕事の方については、その収入や肩書に魅力を感じる女性からの多くのメールを受け取るでしょう。ただメールが欲しいならばプロフィールに嘘を書くこともできますが、会ってみれば嘘はばれてしまいますから、トラブルに発展するケースもあります。


ネットを使う上でネットリテラシーは大変重要ですが、出会い系サイトにおいても警戒心が無く、個人情報を簡単に相手やネット上に出してしまう人が増えていて、トラブルになることも多いです。
出会い系サイトといっても悪徳サイトもまだ存在していますし、犯罪被害もなくなった訳ではありませんので、個人情報を教えるにしても年齢や性別、趣味といった程度で良いと思います。
特に、こうした情報全てが記載された身分証明書の画像などは、よほど信頼できる場所以外では出してはいけません。
サイト上でいくら気が合ったとしても、直接会ってみるまでは個人情報を教えないことが大切です。
実際、出会い系サイトにはサクラや機械などで利用者を騙そうとするサイトがありますから、出会い系を利用するにあたっては、相手の女性がサクラや機械ではないことを探るのは出会い系サイトを活用する上で基本的なテクニックになります。



あまり難しいことではありませんが、短文で全く同じ文面ばかり返ってくる機械の不自然さを疑わず、やり取りを続けてしまうようでは、ダメだと思います。また、キャッシュバッカーの存在にも注意が必要です。出会い系といえば、出会いやすさや気軽さから出会い系アプリが一般的になってきました。中でも利用者が増えている出会い系アプリとしてLINE交換が出来るものがあります。こうしたアプリの特徴としては、相手の年齢や性別に的を絞って探すことが出来るため、無駄な時間やストレスを抱えること無く出会うことが可能なのです。出会い系サイトでは、そもそもメールが返ってこなかったり、LINEのIDについては聞き方やタイミングに気を遣うものですが、先に書いたような出会い系アプリを使えば、ID交換に関して悩むことなく相手と親密になっていけるでしょう。
出会い系サイトというとちょっと危ない印象があったのですが、結婚した私の友人が旦那さんと知り合ったのは出会い系サイトだったそうなんです。
お互いが結婚願望を持っていたそうで、直接会って交際を続ける間もずっと仲が良くて、スムーズに結婚まですすんだことを教えてくれました。

友人はすごく旦那さんに大切にしてもらっているそうで、今どきの出会い系は素敵な人と巡り合える可能性が高いんですね。



最近は、出会い系サイトの敷居も下がり恋人探しに活用している人も珍しくありませんが、サイトで出会った人とお付き合いを始めるならば、簡単に決めてはいけません。


それというのも、出会い系サイトではプロフィールに真実を書かない人が意外と多いのです。一度会って良さそうだと感じてもすぐに付き合うのではなく、何回もやりとりをしたり、直接会えるチャンスを作って信頼できる人なのかを判断することが重要ですから、ぜひ心に留めておいてください。
出会いを求めて出会いパーティーに足を運んでいる人も珍しくありません。誰とでも楽しく会話できて人見知りしないなら、出会いパーティーでもうまくいく可能性が高いです。とはいえ、口下手な方や自分から異性に積極的にアピールできないという人は、まずは出会い系サイトで文面だけのやり取りで慣れていくのが成功率が高いです。都会には独身男女の集うナンパスポットと呼ばれるような場所があると思います。


とはいえ、こういうスポットでも100パーセント会える保証はないわけです。また、ナンパや合コンのノリは苦手な人にとってはこうしたスポットは行くことも苦痛でしょう。



そんな場合はネットの出会い系などで相手を探してみてはいかがでしょうか?すぐに交際に発展するような相手との出会いがあれば理想的ですが、そこまでいかなくても、異性とメールのやり取りをするだけでもワクワクできます。


出会い系サイトに限らず、見ず知らずの相手と話す場合には、同じ趣味だと会話しやすいこともあるほか、より親しくなれる気がしますよね。
出会い系を利用するならば、プロフィールには自分の趣味や少しでも関心のあることについて、たくさん記入しておきましょう。とはいえ、マニアックな趣味の場合は書くのをためらうこともあるでしょう。
確かに、マニアックなものは恥ずかしいと思いがちですが、別の視点から見ると、他に話が出来る人が少ないマニアックな趣味だからこそ、同じ趣味の人にとってはそれだけ親近感を得やすくなります。スマートフォンを持っている人の多くが、ラインを使っているようで、ラインを使うのが日常的になっています。
可能であれば、出会い系で連絡を取った女性とライン交換するともっと親密な関係になれると思います。とはいえ、あまり親しくない相手とラインの交換をしたがる女性はいないでしょう。
聞き方が悪いとメールすら出来なくなるかもしれませんから、ライン交換の話を振るタイミングや、その聞き方は時間をかけた方が成功しやすくなります。


出会い系サイトには有料と無料のものがありますが、有料の出会い系サイトでは課金制の場合が多いです。
つまり、定額制とは逆で、メールなどのやり取りごとに利用料金がかかるという意味です。誰でも、出会えると思うと必然的にメールのやり取りも繰り返すと思います。
そういった利用者の心理を利用して課金させようとサクラや機械を使ってやり取りをする悪徳な出会い系サイトもあるので、何か変だなと思ったらサイトを退会することをおススメします。あるいは、相手がサクラでなくてもサイトを利用する目的が違う事もありますので、相手の目的が自分の目的に沿ったものかを初めのコンタクトで確認し合っておいた方が、お互いにとって効率的でしょう。
今は出会い系サイトで出会うカップルも珍しくないですが、犯罪やトラブルの話も絶えませんよね。

私の友人も出会い系サイトで悲しい思いをした一人です。
サイトで出会った人とは趣味や価値観が似ていて話が盛り上がり交際がスタートしたそうです。でも、しばらく付き合ってみると相手が本当は既婚者で、自分はただの浮気相手だということが分かったと言っていました。結婚を考えて交際をしていた友人は、長い間落ち込んでいました。


都合の良い相手を探しているのなら初めから言えばいいのに、独身だとウソをついて出会い系サイトに登録し、真剣な交際を求めている人を弄ぶのは止めてほしいです。最近では、婚活や恋人探しのために出会い系サイトに登録して相手を探す人も多いようですが、犯罪や不純な目的でサイトを利用している人に騙されないように気を付けましょう。


具体的には、フリーを装った既婚者ですとか個人情報を収集し、業者に売却する悪徳業者もいますので、目を付けられないように、意識しておきましょう。女性で出会い系サイトを利用している方は、さらも注意を払っても良いかもしれません。

私は何度か出会い系サイトを利用しています。
それを友人に言うと心配されることが多いのですが、これまで私は危ないと感じたことはありません。当然ですが、直接会ってみて判断するまではプライバシーにかかわる情報(本名や住所など)は伏せておき、人の目が多い場所を待ち合わせ場所にすれば、そこまで危険なことは起こらないと思います。もちろん良く知らない相手と密室で二人っきりという状況にならない為にも、ドライブなどの誘いは断りますし、日が落ちてから会うのも絶対に止めてください。



出会い系サイトはきちんとした安全意識を持って利用することで、良い出会いの場になると思います。
私の個人的な経験ですが、この間、出会い系アプリで話が合った人と初めて会ってみたんです。アプリでやり取りした相手と会うことは未経験でしたから、前日の夜は色々と考えてしまって寝れませんでした。しかし当日は、悪い想像とは全く違って相手の方と意気投合し、楽しくデートできました。オシャレなお店で美味しいごはんも食べれましたし、仕事の話やくだらないことまで色々な話が出来て親近感が上がりました。

次回もデートする約束をしましたし、もっと早く会っていれば良かったです。これまでに出会い系を利用したことがある方ならご存知かと思いますが、出会い系では顔写真を交換することが多いです。結婚を視野に入れたお見合いではなく、遊んでデートを楽しむ程度であれば、殆どの人が容姿を重視するのも当然でしょう。容姿の整った偽の写真を送るのも簡単な事ですが、結局、嘘はバレますし、相手もいい気分はしませんので、今後も関係を進展させたいと思える相手には正直に自分の写真を送りましょう。



それに、交換した相手の写真も偽物である可能性もあると意識しておきましょう。
みなさんはスマホにどのようなアプリを入れていますか?出会いたい人同士を繋げるものとしていわゆる出会い系アプリの利用者も急増しています。



位置情報などから距離的に近い相手と出会うことが出来るアプリや、相手を誰と決めないままでコミュニケーションを取ってみて、相性が良さそうなら連絡先を伝えられるような友達探しや出会いにも使えるアプリも利用者が増えています。一般的に、登録者数が多いアプリはそれだけ出会いの可能性がありますが、目的のアプリの使いやすさや親和性はそれぞれですので、相性の良いアプリを選べたら、よりアプリを便利に使うことが出来るでしょう。バーで出会った二人が付き合い始めたと聞くとオシャレで憧れてしまいますが、現実では、このようにすんなりと相手と出会えるカップルは滅多にあるものでもありません。
仮にそのような機会があったとしても、普通は声をかけるのも緊張するものでしょう。



出会い系サイトであれば、出会いたくても自分から直接話しにくいという悩みにも直接顔を合わさずにできるメールのやり取りでならば、緊張せず自分らしく相手を探すことが出来ると思います。
確率は低いものの、元々の知人と出会い系サイトで会ってしまったという話を聞いたことがあります。普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですから厄介な問題を抱えることも無いと思います。

ですが、ご自身の顔写真をプロフィールに掲載していた場合、いくら名前を誤魔化していても冷やかしのつもりで現実の知り合いがみると、ご自身が出会い系サイトを利用していることが周囲にばれてしまう可能性があります。

顔写真は知人の判別だけでなく犯罪に悪用されることもあるので、簡単に載せないことをおススメします。

もし、お見合いで相手の写真にプリクラが使われていたら大問題ですよね。

ですが、出会い系で使う顔写真はプリクラを使っても良いでしょう。
また、写真加工ソフトやアプリで修整をかけて、容姿を軽く整えても大丈夫です。


でも、全く別人のような写真では、本当に会った時にショックを与えてしまい、関係が終わってしまうこともあるのです。ご自身の顔写真を送ることに抵抗があるのなら、勇気をもって会いに行ってみた方が後ろめたさも無く、すっきりできるのではないでしょうか。

出会い系サイトがおススメな理由は、先にメール等でやり取りし、親しくなれそうな人だけを選んで会うことが出来るので、直接会った時は会話が弾んで楽しい時間を持ちやすいということが言えます。
メールやサイト上のやり取りで、相手の趣味などを調べておけば、どのような話をすればよいのか、シミュレーションもしやすいですよね。


サイトでやり取りした全ての人と会えるわけではありませんが、会えた時のことを想定して真剣にメールして、相手の性格を把握しておくことが大切です。



出会い系をやっていると、相手との距離感が上手くつかめずに迷う時もあるでしょう。


例えば、メールでのやり取りは一段落ついたけれども、直接会うにはまだ早い、と感じることもありますよね。


また、とても親密になって早く会いたいのに、仕事の都合などで予定が合わず、すれ違ってしまうケースもあるでしょう。

このような時にはとりあえず、スカイプを使ってみてはいかがでしょうか?スカイプであれば、どれだけ話しても通話料を気にしなくて済みますし、相手の顔を見て会話できます。ここで一つ注意点なのですが、相手が通話映像を録画して悪用する恐れがあるため、相手のことを信頼できるまでは、設定でカメラをオフにしたり顔が映らないアングルにするといった工夫をした方が安心です。