東京で「モテる 男 2ちゃんねる」を徹底検証|モテるリンピック事務局

ある程度発展した都市であれば、フリーの男女が相手を求めて足を運ぶ出会いスポットが存在すると思います。


しかし、こうしたスポットに行ってみても、残念ながら出会えない人も珍しくないでしょう。そもそも、合コンやナンパのノリが嫌いな方はスポットでの出会いに抵抗があると思います。そのような場合はネットの出会い系を利用してみるのが良いのではないかと思います。すぐに交際に発展するような相手との出会いがあれば理想的ですが、ただ異性とメールするだけでも気持ちにハリが出ますし、恋愛に向けた気持ちが高まりますよ。

少しでも出会い系をやったことがある人なら分かると思いますが、出会い系でうまく立ち回るには大勢にアプローチすることでしょう。
女性登録者は少ないため、男性側から積極的にメールを送りましょう。


でも、そのメールの内容が悪かったら返信はきません。なので、女性から評判の良い文体でメールをひな形に、それぞれの女性のプロフィールを意識した文を書き加えるのが良いでしょう。

ドラマや小説では、よくバーで出会った男女が良い雰囲気になる場面が見られます。こういう出会い方は素敵な感じがしますが、実際のところ、バーでの出会いから交際に発展したようなカップルは滅多にいませんよね。

好みの異性をバーで見かけたって、アプローチするのは簡単ではないと思います。
それでは、どこが出会いの場としておススメなのでしょうか。
出会い系サイトを使えば、異性と積極的に交流できないという人もメールであれば、そこまで緊張せず、相手と仲良くなることが出来るのではないでしょうか。

オフ会は趣味や性格が近い人同士が集まる可能性が高いです。

そのため、オフ会に参加したことで恋人が見つかるというケースもあります。しかし、オフ会など、本来の趣旨とは違うのに異性を口説いてしまうと、出会い厨という不名誉な名前で呼ばれかねません。オフ会の参加者は恋人募集中という訳ではありませんから、効率的な探し方でないことは確実でしょう。同じ趣味を持つ交際相手を探しているなら、余計な遠回りをせずに出会い系サイトで似たような趣味の相手を見付けるのが結果につながりやすいのではないでしょうか。

私の友人は去年結婚したのですが、相手と知り合ったきっかけを聞いて驚きました。それは実は出会い系だと教えてくれました。出会い系サイトといっても、遊びではなく真剣な交際を求めて登録していたらしく、付き合い始めてからも仲良しで、何の支障も無く結婚を決めたそうです。友人はすごく旦那さんに大切にしてもらっているそうで、出会い系の印象が変わりました。出会い系サイトでも素敵な人と巡り合える可能性が高いんですね。できれば自分の連絡先は教えたくないものの、向こうの連絡先はちゃんと教えてほしいというのが多くの出会い系サイト利用者に共通する悩みだと思います。女性は自衛のためにも、相手を安易に信用しない傾向にある為、知り合ってすぐに連絡先交換とはならないでしょう。女性側から積極的なアプローチがあったり、率先して連絡先を交換したがる場合には、個人情報を聞き出すために女性のフリをした業者ということがあります。「警戒しすぎ」と感じるかもしれませんが、これくらい意識しておいた方がトラブルに巻き込まれないでしょう。出会いのきっかけとしてお勧めなのが出会い系サイトです。その主な理由は、事前にメール等でやり取りし、親しくなれそうな人だけを選んで会うことが出来るので、実際に会った時には盛り上がりやすいという点があります。
会話を盛り上げるには相手への理解が重要ですから、あらかじめ相手の趣味や関心のあることを調べておけば、話しやすくなることは間違いありません。
サイトでやり取りした全ての人と会えるわけではありませんが、会えた時のことを想定してやり取りも真剣な気持ちで行い、ある程度、相手のことを理解するように努めるのが良いと思います。



今、独身で、出会い系サイトに興味があるけれども、危険な目に合わないか不安だという方もたくさんいるでしょう。
確かに出会い系サイトには危ない一面もありますが、それは一般的な婚活サイトや出会いの場でも同じです。

同様に、出会い系サイトにも真剣な交際を目的にした人が登録しているケースも少なくありませんので、利用して様子を見てみるのもおススメです。とは言っても、男性の数が多いのは間違いありませんから、大半の男性が理想の女性と出会えるまでにはそれなりに腰を据えて取り組む必要があるかもしれません。
女性の場合は、犯罪やトラブルの被害者にならないよう、自己防衛も忘れないようにしましょう。一口に出会い系と言ってもサイトやアプリなど、様々なものがあります。
最近は各種の出会い系アプリが発表されて、出会い系サイトよりも良いでしょう。
パソコンよりもスマホをメインに活用している人が多く、気軽に相手と交流できます。
一部の利用者は、出会い系アプリではなくてコミュニケーションアプリを実際に出会うために使おうとする人もいます。けれども、そのような使い方は、その気のない一般の利用者から嫌われますし、成功率も低いため、素直に出会い系アプリを選ぶことをおススメします。ごく稀に、元々の知人と出会い系サイトで会ってしまったという話を聞いたことがあります。
普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですから特に心配はないと思います。

ですが、顔写真を載せている場合は少し事情が異なります。



出会い目出来ではなく悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、サイト利用の事実が周囲に広まってしまうかもしれません。

他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、取り扱いには十分注意が必要です。

出会い系サイトの利用者数は、比較的女性が少ない傾向にあります。


そのため、自分から女性にメールをしてもメールが返ってこないことの方が多いでしょう。


また、女性がわざわざプロフィールを調べてメールしてくれる確率も低いのです。


とはいえ、男性の中にも例外の方がいます。

それは社長や医者、弁護士といった高収入の男性です。

その場合、肩書の魅力や玉の輿に乗りたいという女性からのメールが尽きないでしょう。そうかといって、ご自身の職業を詐称すると、すぐにバレてしまいますし、トラブルに発展するケースもあります。
犯罪やトラブルは、やはり出会い系サイトを利用する多くの人が気になることではないでしょうか。

出会い系サイトが関わる事件の多くが、未成年が関わっていることが多いようです。それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、女子高生と知り合って深い関係になり、結果的に揉めてトラブルになる話が多いです。女性の場合は、相手の運転する車に乗って危ない場所へ連れて行かれたといった手口が増えています。

今のネット社会において、どのようにしたら人間関係を上手く築くことが出来るでしょうか?それにはやはり、相手を喜ばすようなメール術が必要です。

出会い系サイトで出会った相手とやりとりを続ける上でも非常に大切なポイントで、男性側がいくらアタックしても、メール術を学んでいないようでは失敗することになってしまうでしょう。具体的には、ですます口調で丁寧な方が好感度は高いですし、下心を隠そうともしない態度では嫌がられます。



また、あまりに長文過ぎたり何かにつけて連絡するなど、向こうの都合を考えないようなメールでは、関係は終わってしまうでしょう。一度でも出会い系について調べたことがある人ならご存知だと思いますが、出会い系ではサクラや自動返信といった詐欺まがいの相手に騙されることがあります。ですから、こうした詐欺に引っ掛からないようにするためにも、連絡を取った相手が、本物の利用者であるかどうか見極めるのは出会い系を利用する上で必要不可欠のスキルだと言えます。といっても難しい話ではなく、短文で全く同じ文面ばかり返ってくるプログラムの不自然さを見分けられなくては、お金も時間もつぎ込むだけ無駄でしょう。

機械でもサクラでもなく、ポイント目当てでアプローチしてくるキャッシュバッカーには細心の警戒が必要です。出会い系サイトではメールのやり取りが一段落ついたら写真を要求しあいますよね。結婚相手の場合は価値観や性格などが大切ですが、ちょっとデートしてみるという場合では、容姿が大切になるのもうなずけますね。偽物の写真を送っても相手には分からないですが、結局、嘘はバレますし、相手もいい気分はしませんので、いつか直接会って話してみたいと思う相手なら自分の写真を渡す方が良いです。



それに、交換した相手の写真も偽物である可能性もあると意識しておきましょう。

一般的に、長文メールは、出会い系に限らず相手が不愉快な気持ちになりがちです。出会い系サイトにおいても同様で、女性から連絡が来た際には、仲良くなるためにも、短文過ぎず長文過ぎない適度な長さを考えてメールを送ることを意識しましょう。


その一方で、相手の女性の返信がいつでも短文のような場合、メールの相手がサクラな可能性もあります。初対面の時に植え付けられたイメージは、その後でどのような事をしても簡単に覆されることは無いと言いますよね。



出会い系で会った異性と初デートの際にはあまり奇抜すぎず、清潔感のある服装を心がけてください。



外見に気を遣わなかったために、それっきり連絡が無くなるケースもあるのです。ようやく初デートに進展させたのですから、デートで良い思い出がつくれるように、身だしなみにも気を配るようにしましょう。



出会い系で出会った人と付き合うかどうかは、しっかりと検討した方が良いです。


その理由は、プロフィールの欄に、自分を良く見せようとしたり相手を騙すために真実を書かない人が意外と多いのです。いくらプロフィールが良さそうな人でもすぐに付き合うのではなく、一度ではなく何度も直接話す機会を持って書かれたプロフィールが真実なのかを確かめることも重要なのです。ここ最近、利用者が急増しているポイント換金制の出会い系サイトなのですが、ここを利用する場合は「CB」あるいは「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちについて意識しておく必要があるでしょう。
こうしたポイント換金制出会い系サイトの利用者には、交際相手を探している訳ではなく、メールや、やり取りで稼げるポイントを換金してお金を稼ぐ人がいます。サクラとも違って、不自然な返信をする機械が相手でもないので一見分かりにくいですが、いつまでも連絡先を教えてくれず、ずるずるとメールを続けさせようとする場合はポイント目当てのキャッシュバッカーと疑った方が良いでしょう。

実際のところ、出会い系サイトには両極端な一面があります。具体的には、利用者の弱みや寂しさといった心理を突いた詐欺や犯罪が行われていることもありますし、サイト上では親切で優しそうな男性が、実はDV男だったケースもあるのです。浮気したくてサイトで女性を騙している既婚者もいるそうです。
それに対して、出会い系がキッカケで結婚できたという話も珍しくありませんので、出会い系がプラスに働くかどうかは、人それぞれといった部分があることは否定できません。



残念ながら、出会い系にも詐欺の被害があります。最も多い被害は、何といっても「出会えないこと」ですね。

当然ですが、本人の対人スキルの問題によって出会いまで進展しないというのは該当しません。


ここで問題になる被害とは、出会い系サイトの運営側が、出会えないものを出会えるように見せかけているといった場合です。

登録者がサクラだらけといった場合もありますし、今では相手が生身の人間でなくプログラムされた文章の自動返信なども増えているようです。出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、より親しくなれる気がしますよね。



ですので、出会い系サイトのプロフィールには出来るだけ多くの趣味関心を記載しておきましょう。

多くの方が躊躇するのが、マニアックな趣味を書いても良いものかということでしょう。マニアックな趣味は公表しにくいという気持ちも分かりますが、知っている人が少ないマニアックな趣味ほど、趣味を同じくする者からは親近感を持ってもらいやすいでしょう。ですから、マニアックな趣味も自信を持って書いておくことをおススメします。
出会い系サイトを利用する上で大切なことは、ネット上に情報を出すリスクを知るということでしょう。最近ではあまり良く知らない相手にも個人情報を伝えてしまう人が目につくようになりました。

近年は出会い系サイトのイメージが変わってきたとはいえ、中には悪徳サイトも存在していますから、プライバシーに関わることを伝えるのは最低限にするべきです。中でも、身分証明書は犯罪に悪用される恐れがありますから、迂闊にネット上にアップしないようにしましょう。
また、実際に会ってみて信用できる相手だと決断するまでは個人情報を教えないことが大切です。

学生の頃とは違って、働くようになると、恋人がほしくて出会いたいと思っていても、仕事に追われてそんな時間が取れないという方も多いと思います。仕事に追われていると、自宅には帰って眠るだけで、自由な時間は通勤時間だけといった生活になりがちです。
このような状態では異性と出会う機会なんて無いに等しいです。むしろ、この通勤時間を使って、出会い系サイトで出会いを求めるのをお勧めします。たとえメールだけだとしても、異性と交流を持つと日々の生活を刺激してくれて、プラスな気持ちになるでしょう。最近では出会い系サイトを利用している人が多いのですが、私の友人はトラブルに巻き込まれてしまいました。その相手とはサイトで知り合った時から話が合ったらしくて、すぐにお付き合いするようになったと言っていましたが、交際3ヶ月あたりで相手が実は既婚者だということが発覚したそうなのです。



友人としては真剣な交際だったのに、意図せず不倫状態になっていたという事ですっかり落ち込んでしまって、もう恋愛するのも嫌になってしまったみたいです。遊びたいがために既婚者がフリーを騙って真剣に出会いを求めている人を騙すのは酷いと思いますし、絶対に許せないです。

誰でも名前を知っている大手の出会い系サイトなら、サイトそれ自体は安全だと言えます。しかし、サイトが信頼できるものだとしても問題は利用者です。
大手サイトは利用者が多いぶん、出会いを求める以外の目的で登録している人も多いのです。例えば、個人情報集めの悪徳業者や金銭目当ての詐欺師なども混ざっているのです。出会い系サイトで恋人を探す場合、こうした相手に警戒しながら、腰を据えて取り組むのが一番だと思います。

直接会うことになっても、相手の言うことを鵜呑みにせず、簡単に警戒心を解かない方が良いでしょう。公務員という職業は、現実でのお見合いでも人気の職業ですし、出会い系サイトにおいても女性からの視線の熱い職業の一つです。結婚を考えて、真剣な交際を望む女性には、将来的な安定感のある公務員は憧れの相手なのだと思います。


こうしてみると公務員が出会い系サイトを利用することには利点しかないように感じますが、プライベートな情報はなるべく隠して行動しないと、簡単に個人を割り出されてトラブルを抱えることもありますから、慎重に行動した方が良いでしょう。


スマートフォンの普及で出会い系アプリを使っている人もいるのではないでしょうか。


出会い系アプリによってはLINEでのやりとりを前提としたものがあるのです。
会える地域や年齢など、希望の条件で対象を限定しますから、無駄な時間やストレスを抱えること無く出会うことが可能なのです。一度でも出会い系サイトを使ったことのある方なら分かると思いますが、出会い系サイトでは親密になるまで時間がかかり、LINEのID交換には慎重さが必要になります。
しかし、こうしたLINEのIDを公開している出会い系アプリを使ったら、手間を大きく省いた状態でやり取りに集中できます。

スマートフォンを持っている人の大半は、ラインを使っているのではないでしょうか。



それくらいメールや電話を使うよりもラインを使うのが一般化しています。出会い系サイトでコンタクトを取った相手の女性ともラインでも話すことができたら、より身近になって親密度が上がる事は間違いありません。でも、ライン交換はあまり急ぎ過ぎると警戒されてしまいます。

その聞き方によっては女性からの連絡が無くなることもあるので、ラインについての話を振るのは注意深く行動した方が良いと思います。



出会い系サイトの敷居が下がった昨今では、恋人欲しさからインターネットの出会い系を活用している人も珍しくありませんが、純粋な気持ちで出会いを求めている訳ではない人に注意してくださいね。
独身のフリをした既婚者が不倫相手を探していることもありますしプライベートな情報を収集するために登録している悪徳業者がいますから、引っ掛かってトラブルに巻き込まれないよう、警戒心を持ってサイトを利用するようにして下さい。女性で出会い系サイトを利用している方は、さらも注意を払っても良いかもしれません。