東京で「モテる 男 面白い」を徹底検証|モテるリンピック事務局

最近では、出会い系サイトといえば犯罪被害や詐欺被害ばかりがクローズアップされ、良くない印象を持っている人も少なくないと思います。



でも、実際の出会い系サイトの利用者には、結婚を視野に入れた真剣なお付き合いを目的にした人が多く登録していますから、悪いイメージだけで拒絶するのはもったいないと思います。
とはいえ、登録者の比率から考えても女性が少ないのは確実で、男性の利用者が女性との関係を進展させるまでには諦めない気持ちが大切になります。


出会い系サイトに女性が登録する場合は、犯罪やトラブルの被害者にならないよう、自己防衛も忘れないようにしましょう。

出会い系利用者が、サイトに登録した事で被る被害といえば、実際に出会えない、ということです。
この被害について、本人の性格やその他の問題で関係を断たれてしまう、といったケースは違います。


被害として扱えるのは、システム上、絶対に出会えないケースです。



簡単に言うと、女性会員がサクラしかいないといったケースや、そもそもメールの相手が人間ではなくプログラムの自動返信という場合もあり、結果的に「出会えない」という被害が増えているようです。


独身男女の出会いの場となるイベントは様々な趣向を凝らしたものがあるのですが、消極的なタイプや容姿に不安がある人にとっては、簡単に参加を決められないものでしょう。

現実に、参加経験のある方の中には思うような結果が出せずに自信を無くしてしまって、結局出会いから遠ざかってしまうというケースも少なくないのです。異性との会話に自信がないうちにこうしたイベントに参加して苦い思いをするよりも、まずは出会い系サイトを利用して異性とのコミュニケーションに慣れてから無理せず恋人を探す方がおススメです。恋人がほしくて出会い系の利用を考えている方には、サイトよりもアプリの方が利用者が多いです。
パソコンよりもスマホをメインに活用している人が多く、気軽に相手と交流できます。

スマホ利用者の一部には、本来、出会い系アプリではないアプリを実際に出会うために使おうとする人もいます。
けれども、一般の利用者はこうした使い方を嫌って避けるでしょうし、成功率も低いため、止めておきましょう。
インターネット上の出会い系サイトは、それぞれサイトによって特色や特徴があります。
例えば、誰もが知る大手のサイトや特殊な趣味を持つ人が集まるサイト、あるいは利用料金の有無など、バラエティーに富んでいます。

一般的な出会い系サイトは、利用者の出会いのサイトなのですが、一部には、詐欺トラブルになるような悪徳サイトもあるので、注意が必要です。これらの悪質サイトに誤って登録した場合、架空請求の被害に遭ったり、相手がサクラやプログラムばかりで、どれだけ課金しても会えないという結果になってしまいます。


当然のことですが、出会い系サイトには利点と欠点がありますから、よく理解して利用するのが良いでしょう。


具体的には、利用者の弱みや寂しさといった心理を突いた悪徳業者や個人の存在も確認されています。会ってみた男性が、実はDV男という可能性もあります。
浮気相手を探すために出会い系サイトを悪用し、女性を泣かせている人もいます。その一方で、出会い系のおかげで素敵な恋人と出会えたという話もありますから、こればかりは、出会いのタイミングや相手を見抜く目にかかっていると言っても良いかもしれませんね。
世間では、出会い系サイトの印象はあまり良くなくて、危険なイメージがあるみたいなのですが、私の経験では、犯罪に巻き込まれたりしたことは無かったです。

例えば、サイト上ではプライバシーにかかわる情報(本名や住所など)は伏せておき、実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、安心だと思います。

反対に、相手の運転する車に乗るのは危険ですから断りましょう。


また、日が落ちてから会うのも断っておきましょう。



自分の安全は自分で守らなければいけませんから、危ない場面には近づかない方が賢明ですよ。独身で、全く異性との出会いが無いことに焦っていわゆる出会いパーティーの情報を集めている人も多いのではないでしょうか。


明るく初対面でも緊張しないようなタイプの方であれば、出会いパーティーにおいても、結果を出すことが出来るでしょう。とはいえ、口下手な方や異性と話すとアガってしまう人もいると思います。こうした悩みがある方は、初めは出会い系サイトのメールのやり取りで相手との距離を縮めていくのが出会いやすいです。ときどき見かけるのですが、ゲームやネットサークルのオフ会で、オフ会の目的とは異なり付き合える相手を探す出会い厨は場をしらけさせ、雰囲気を悪化させるので嫌われます。

出会いを望んでいるのであれば、出会い系サイトで好みの異性を探すのがお互いにとって良い選択でしょう。出会いの場でもないところで自己アピールして周囲に迷惑をかけるよりも、誰もが出会いを求めている出会い系サイトを利用する方がずっと簡単ですし、成功しやすいでしょう。恋人が欲しいけれど、日常の中で出会いが少なかったり相手を選びたいという理由で出会い系サイトを活用している方もいますよね。

実際に出会い系サイトを利用して、出会いまで進展させられるかどうかはファーストコンタクトが上手くいくかどうかです。



極端な例ですが、初めてのメールからあまりに馴れ馴れしい態度だと、かえって相手に怪しまれてしまいます。また、反対にあまりに堅苦しく重たい文面だと、気疲れさせてしまうでしょう。

こうした点を踏まえると、出会い系サイトのファーストメールでは、ほどよく丁寧な文体で送ると上手くいくことも多くなるでしょう。
出会い系サイトの多くは課金制の場合が多いです。

つまり、定額制とは逆で、メールなどのやり取りごとに利用料金がかかるという意味です。課金制ではメールするごとにサイト運営側に利益が出ますので、そのために絶対に出会えないサクラや機械を使って、気のある素振りを見せてやり取りを長引かせるケースがありますので、警戒心を忘れず、不審な点があればもう相手にしない方が良いでしょう。



他にも、やり取りする相手が何を望んでいるか知るのも出会い系サイトでは重要なことです。遊びなのか、恋人探しなのか、婚活なのか、その目的がお互いにとって都合の良いものかどうかを始めのうちにきちんと伝え合うようにしましょう。出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、短期間で親しくなることも可能でしょう。
そういう意味でも、出会い系サイトの自己紹介には興味や趣味について細かく記載しておきましょう。マニアックな趣味は引かれてしまうのではないかと不安に思ったり恥ずかしく思うかもしれません。
しかし、一方では、マニアックな趣味は同じ趣味を持っている人が少ないため、共通する話題が持てるとしてその分親密になれるチャンスがあるという事なのです。
ですから、恥ずかしがらずに思い切って書いた方が結果的には良いと言えます。
多くの人が出会い居酒屋で盛り上がっているみたいですが、自分的にはそうでもありませんでした。


自分の行ったところはかわいい女の子と相席になる事も無かったですし、料金がかさむし、全然楽しめませんでした。同じような出会い方だったら、前に出会い系がキッカケで出会った子の方が可愛くてもっと親密な関係になることが出来ました。

誰が来るか分からない出会い居酒屋は一期一会の楽しみもあるのですが、自分としては出会い系サイトを利用して出会った女の子と遊ぶお金に使おうと思います。出会い系サイトに限らず、異性と初めて出会った時の印象の良し悪しが、後々の関係まで大きく影響すると言います。


ですので、出会い系サイトをキッカケに出会った異性と初めて会う時は、清潔感があって印象の良い服装を選ぶようにしましょう。



相手の好みから外れた服装で待ち合わせたために、二度と連絡がつかなくなることもあります。メールのやり取りを重ねて親密になり、やっと初デートまでこぎつけたのですから、充実した一日にするためにも好印象を与える服装やヘアスタイルにしてください。



出会い系サイトの中でも、ポイントを換金できるようなシステムの出会い系サイトを利用する場合、キャッシュバッカーの存在を知っておいた方が良いでしょう。女性の利用者の中には出会いを求めているのではなく、メールや、やり取りで稼げるポイントを換金してお金を稼ぐ人がいます。


彼女たちはサイトに雇われているサクラではありませんし、不自然な返信をする機械が相手でもないので一般の利用者との区別がつきにくいのです。


何回メールしても連絡先を交換する素振りがなければポイント目当てのキャッシュバッカーと疑った方が良いでしょう。ネットを使う上でネットリテラシーは大変重要ですが、出会い系サイトにおいても簡単に本名や住所を相手に教えてしまう人が多くなり、問題視されるようになりました。近年は出会い系サイトのイメージが変わってきたとはいえ、良心的なところだけとは限らないため、個人に繋がるような情報を伝えるのは最低限にするべきです。
特に危険なのは、身分証明書の扱いです。迂闊に人目にさらすような危険は避けましょう。


簡単に言えば、ネットのやり取りだけで相手を信用しないことが大切だということです。直接会ってみて信用できると判断するまでは、詳細な個人情報は絶対に教えないようにしましょう。
せっかく出会い系サイトに登録したのに、思ったような結果が出ないという男性の話もよく耳にします。その背景には、女性の数があまりに不足しているという点があるでしょう。ですから、女性にファーストメールを送ってもメールが返ってこないことの方が多いでしょう。

また、女性から連絡をくれるというケースは極めて稀です。


とはいえ、男性の中にも例外の方がいます。

それは社長や医者、弁護士といった高収入の男性です。
その場合、肩書の魅力や玉の輿に乗りたいという女性からの積極的なアプローチが尽きる事はありません。それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、仲良くなっていくうちに怪しまれて面倒な事になるかもしれません。



出会い系サイトがおススメな理由は、直接会う前にサイト上で親しくなれた人とだけ会う訳ですから、会った時に盛り上がるということに尽きます。


相手が喜ぶような話題を調べておけば、盛り上がる話題も分かってくると思います。楽しい出会いにするためにも、メールのやり取りも蔑にせず、お互いの理解を深めていくことをおススメします。多くの人は出会い系サイトで本名を公開することに抵抗があるようで、実名を公表している人は珍しいですが、名前の部分については、自分の名前を使うという人もいるようです。

サイトを利用する中で、メールや電話などで何度もやりとりをして仲良くなってくるとついうっかり本名を教えてしまうこともありますが、相手の顔も分からず本当の事を言っているのか確かめる方法も無いような相手に、こちらの個人情報を安易に公開するのはとても危険です。最近増えているのがフェイスブックによる情報漏えいです。設定された公開範囲が誰でも見える状態になっていると、本名で検索され、個人情報が流出してしまうかもしれません。
恋人がいないことはもちろんですが、友達も少ないと寂しいですよね。


いますぐに遊ぼうと思っても遊べる友達がいないという場合は、ネットの出会い系サイトで地域や性別、年齢に限らず様々な人とコミュニケーションを取るのもいいと思います。

あまり知られていませんが、出会い系サイトでは交際相手だけでなく相性の良い友達が見つかったという人もいるのです。
とはいえ、ネット上やメールだけの関係は自然消滅しやすいですし、異性との出会いがあっても友達は見つからない可能性も有り得るのです。


恋人探しのついでに友達も欲しい、という場合でないのなら、別の方法を探してみるのをお勧めします。
出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、出会い系サイトを利用する際には、連絡を取った相手が、本物の利用者であるかどうか見極めるのは出会い系を利用する上で必要不可欠のスキルだと言えます。簡単な事を言えば、いつでも同じ内容の返事を繰り返すようなプログラムされた機械を判断出来ないようでは、ハッキリ言って出会い系サイトは利用しない方が賢明です。

あるいは、スムーズに会話が弾んだとしてもキャッシュバッカーという事もありますから、警戒心は忘れずに持っておきましょう。出会い系サイトに登録している女性のプロフィールをみて、どれだけ頑張って女性にメールしても、無視されることが多いです。



そういった事に慣れてしまうと、せっかく女性から返信をもらっても、セカンドメールの具体的な内容に迷ってしまう方も珍しくないようです。


セカンドメールで陥りがちの失敗なのですが、返信が来たことに浮かれてあれやこれやと長々と書きこんだ文を送ることは絶対NGです。

セカンドメールについても、丁寧で親しみやすく、そして適度な長さのものを送るようにするのがコツです。

インターネットのコミュニティやゲームのファン同士が、実際に交流する集まりにオフ会があります。こういった集まりで相性の良い相手と知り合い、そのまま交際まで進展したというカップルもいますが、本来が出会いの場ではない場所で異性を口説く人は、場の雰囲気を壊す出会い厨と言われて避けられてしまうでしょう。そもそも、オフ会の参加者もフリーかどうかなんて分かりませんし、恋人を探す目的でオフ会に行くのはおススメできません。


むしろ、素直に出会い系サイトで好みの相手を見付けた方がずっと成功しやすいと思います。

ある程度発展した都市であれば、出会いを求めた男女にピッタリの出会いスポットが存在すると思います。
しかし、こうしたスポットに行ってみても、100パーセント会える保証はないわけです。
そもそも、合コンやナンパのノリが嫌いな方はスポットでの出会いに抵抗があると思います。


そのような場合は出会い系サイトを使ってみましょう。



もちろん、最終的な目標は交際相手を見付けることですが、ただ異性とメールするだけでもワクワクできます。最近では出会い系サイトを利用している人が多いのですが、私の友人はトラブルに巻き込まれてしまいました。

その相手とはサイトで知り合った時から話が合ったらしくて、すぐに深い関係になったと言っていました。ですが、しばらくしたら実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。真面目な友人は、裏切られたショックと不倫していた罪悪感からかなり落ち込んでしまって、聞いている私も辛くなりました。


フリーを装った既婚者が真面目な交際を望んでいる人を翻弄するのは酷いと思いますし、絶対に許せないです。出会い系サイトの敷居が下がった昨今では、恋人欲しさからインターネットの出会い系を活用している人も増えていますね。ですが、出会い目的ではない不純な動機でサイトに登録している人がいるため気を付けましょう。
既婚者にもかかわらず、それを隠して都合の良い遊び相手を探している人やプライベートな情報を収集するために登録している悪徳業者がいますから、騙される被害を受けないように、意識しておきましょう。

中でも、女性のサイト利用者は性犯罪被害に巻き込まれる可能性もありますから、不用意に情報を与えないようにしましょう。
出会い系サイトの中でも、危険なサイトはどのようなサイトだと思いますか?いわゆる大手サイトは、情報管理のずさんな弱小サイトよりは信頼性が高いと言えます。



しかし、サイトが信頼できるものだとしても問題は利用者です。
大手サイトは利用者が多いぶん、個人情報を集めている業者や詐欺師、遊び目的の既婚者などがごちゃまぜ状態になっています。もし、恋人を探そうと思ったら、こうした人たちを避けて根気よく探すことがポイントになります。もちろん、会った相手がタイプであっても、簡単に相手のことを信頼するのはNGです。ネット社会と言われる今日では、ネットを介して知り合った男女のカップルも多いですよね。


それに、特に出会い系サイトはお互いの目的がハッキリしていますから、ここでの出会いがきっかけで結婚して夫婦になることもあるのです。
しかし一般的なSNS等と違って、出会い系サイト出会いを求める場合は警戒心を持って利用しないと詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。利用者が純粋に出会い目的で登録していないケースがあると覚えておきましょう。

出会い系サイトでモテる男性は現実の婚活とも共通点があります。
男性の職業でいうと、公務員はネットの出会い系でも同じく花形の職業です。

交際だけでなく、結婚も考えて真剣な交際を望む女性には、将来的な安定感のある公務員は付き合いたい相手の職業として一番に名前が挙がるのでしょう。そんな人気の公務員ですが、不用意に個人情報を流してしまうと簡単に個人を割り出されてトラブルを抱えることもありますから、伝える情報には細心の注意を払いましょう。
出会い系で出会った人と交際する時には、しっかりと検討した方が良いです。その理由は、プロフィールの欄に、自分を良く見せようとしたり相手を騙すために嘘や見栄を張った情報を書く人がいるのです。
一見、良さそうな人でもすぐに交際したいという気持ちを抑え、一度ではなく何度も直接話す機会を持って本当に信用できる人なのか、今後付き合っていけるのか判断することが大切ですから、忘れないでくださいね。