東京で「モテる 男 講座」を徹底検証|モテるリンピック事務局

私の友人が出会い系サイトで詐欺被害に遭いました。相手とすぐに親しくなって深い関係になったと言っていました。

ですが、交際3ヶ月あたりで向こうは既に結婚しており、自分はただ都合の良い遊び相手だったことが分かったそうなのです。真面目な友人は、裏切られたショックと不倫していた罪悪感から酷く塞ぎ込んでいる様子でした。

遊びたいがために既婚者がフリーを騙って出会い系サイトで真剣な相手を騙すのは止めてほしいです。

これまでに出会い系を利用したことがある方ならご存知かと思いますが、出会い系ではお互いの写真を交換し合って容姿を確認することが一般的です。


結婚相手なら容姿よりも性格その他が重視されますが、デートだけなら、容姿が大切になるのもうなずけますね。

偽物の写真を送っても相手には分からないですが、結局、嘘はバレますし、相手もいい気分はしませんので、実際に会いたいと思える相手には正直に自分の写真を送りましょう。同様に、相手の写真も本物ではないかもしれませんから、安易に信じすぎないようにしてください。

出会い系で出会った相手と楽しいデートが出来るかどうかは、なによりも初対面の第一印象が重要だと聞いたことはありますか?それほどに第一印象は重要なものですから、もし、出会い系で知り合った相手と直接会うという機会があれば、外見もきちんと手入れしておいてください。

相手が苦手な傾向の服を着たせいで、それっきり連絡が無くなるケースもあるのです。

メールのやり取りを重ねて親密になり、やっと初デートまで漕ぎ着けたわけですし、こんなことで躓かないように入念に身だしなみもチェックしておきましょう。



自分の事を長々と書いたメールは出会い系の相手でなくてもいやがることが多いです。せっかく出会い系で女性からメールが来たのなら、メールのやり取りを長くできるように、長すぎず、短すぎない調度良い具合のメールを送るようにしましょう。その一方で、相手の女性の返信があまりにも短いものばかりであれば、メールの相手がサクラな可能性もあります。昔と違って、最近はマニアックなオタク趣味を持っている方ほど女性から好かれる可能性が高いです。



女性もディープなオタク趣味を持っていることが増えているため、同じような趣味の会話が楽しく、そのまま交際に発展することも珍しくありません。オタクという事を隠して付き合っても結局無理が重なって破局するというケースも多いですから、出会い系サイトのプロフィールには趣味のことを書いて自らオタクだということをアピールすれば、付き合う時にオタク趣味を続けられますから、おススメです。

出会い系といえば、出会いやすさや気軽さから出会い系アプリが一般的になってきました。
中でも利用者が増えている出会い系アプリとしてコミュニケーションアプリのLINEのIDを交換できるものがあるのです。



このようなアプリでは、条件を絞って相手を検索できるので、無駄がなく出会うことが可能なのです。
一度でも出会い系サイトを使ったことのある方なら分かると思いますが、出会い系サイトでは親密になるまで時間がかかり、安易にLINE交換という話にはならないのですが、これらの出会い系アプリを活用したら、面倒事なく始めることが出来ます。最近は、出会い系サイトの敷居も下がり恋人探しに活用している人も珍しくありませんが、サイトで出会った人と付き合うかどうかは、しっかりと検討した方が良いです。


出会い系サイトを利用している人なら分かると思うのですが、サイトのプロフィールに嘘のプロフィールを掲載している人もいるからです。一度会って良さそうだと感じても早まって交際すると、トラブルになったり詐欺に遭うかもしれませんので、納得するまで会ってみて信頼してもいいのかどうか判断することが大切だと言えるでしょう。


学生の頃とは違って、働くようになると、異性と知り合う機会を増やそうと思っても、時間やタイミングが合わないという方も多いのではないでしょうか。忙しい方にありがちですが、暇な時間を持てるのが通勤時間だけというのでは異性との出会いも遠ざかっていくばかりですから、自由な時間が持てる往復の時間を利用し、異性と出会い系サイトでやり取りするのが良いと思います。

メールとはいえ、異性と交流する訳ですから、生活にメリハリがつき、プラスな気持ちになるでしょう。出会い系サイトは利用者数が多い大手サイトや、趣味や興味のカテゴリに特化しているサイト、有料あるいは無料など、選ぶのに迷ってしまうほどの数があります。


一般的な出会い系サイトは、利用者の出会いのサイトとして機能しているのですが、その中には、詐欺といえる悪質な出会い系サイトも存在しますので、騙されないように気を付けましょう。

間違って登録してしまうと、法外な料金を請求され、トラブルになるケースもありますし、やり取りをする相手がサクラしかいないといった悲惨な事態になりかねません。
結婚を視野に入れた真剣な交際を望んで出会い系サイトに登録して相手を探す人も珍しくありませんが、純粋な気持ちで出会いを求めている訳ではない人に注意してくださいね。具体的には、フリーを装った既婚者ですとか個人情報を収集し、業者に売却する悪徳業者もいますので、目を付けられないように、意識しておきましょう。女性で出会い系サイトを利用している方は、さらも注意を払っても良いかもしれません。
ネット社会と言われる今日では、ネットを介して知り合った男女のカップルの割合が増えているようです。また、出会い系サイトが縁で結婚まで進んだというケースも増えています。



とはいえ、出会い系サイトについては不用意に個人情報を公開したり、安易に相手を信用し過ぎると犯罪被害に遭ったりトラブルに巻き込まれる危険があるのです。

相手が自分と同じ目的で利用していないこともあるのだと知っておいてください。
今どきの人間関係をより良くするには、メール術が欠かせません。


これは出会い系サイトにおいても同様で、男性側がいくらアタックしても、メール術を学んでいないようでは実際に出会うまでの道のりが遠くなってしまいます。
基本的にはですます口調で丁寧な方が良いのはもちろん、下心を隠そうともしない態度では上手くいきません。あるいは、相手の気持ちを無視するものでは、関係は終わってしまうでしょう。

出会い系をやっていると、相手との距離感が上手くつかめずに迷う時もあるでしょう。


例えば、ある程度お互いのことを知れたけれども、相手と直接会うには、もう少し相手のことを知ってからが良いと思う時もありますよね。
または、会いたいのに二人のタイミングが合わないこともあります。



そんな時にはとりあえず、スカイプを使ってみてはいかがでしょうか?スカイプ同士の通話なら無料ですし、お互いの顔を出して話すことも出来ますよね。


とはいえ、顔出しは後にトラブルを引き起こす恐れがあるので、本当に信頼できる相手以外とは、顔出し通話をしない方が安心です。



恋人を探そうと、ネットゲームやネットコミュニティの仲間と実際に会う「オフ会」に参加する人もいますが、オフ会の本来の目的を無視して、自分勝手に交際相手を見付けようとする出会い厨は嫌われます。それほどまでに恋人を探しているのなら、初めから出会いを目的にした出会い系サイトで探した方が結果につながりやすいですし、誰にも迷惑がかからないでしょう。出会いの場でもないところで自己アピールして周囲に迷惑をかけるよりも、出会い系サイトで相手を探した方がずっと簡単ですし、成功しやすいでしょう。
ニュースなどで出会い系サイトに関する犯罪やトラブルが取り上げられて以来、出会い系サイトというと良くないイメージを持っている方はたくさんいるでしょう。
けれど、身近にやり取りできる方法として、出会い系サイトで真剣な交際を求めている人が登録してしていることも多く、イメージだけで拒絶するのはおススメしません。

数ある出会いの選択肢に入れてもいいと思います。
ですが、やはり一般の婚活サイトや出会いの場と変わらず、女性の数は圧倒的に少ないようで、大半の男性が理想の女性と出会えるまでには根気と努力が必要になるでしょう。あるいは、女性のケースではたくさんの男性と交流できる機会があると思いますが、その分トラブルになりそうな人や話には近づかないなど、節度ある行動を心がけてください。昨今のスマホ普及率には目覚ましいものがありますが、それによってそれまで出会い系サイトを利用していた層がアプリに移動したためか、様々な形で出会いを斡旋するアプリが使われているようです。出会いを目的に相手を探せるアプリもありますし、匿名で不特定多数の相手とメッセージをやり取りするタイプの暇つぶしとしても出会い系としても使えるものも登場しています。

利用者数が多い方が出会える可能性は高くなります。とはいえ、アプリの使い勝手や目的によって、相性の良いアプリを利用するのが一番良いと思います。

地域によっては独身男女の集う出会いスポットがあります。


こうした場所は手軽な出会いの場なのかもしれませんが、100パーセント会える保証はないわけです。

ナンパや合コンといった、いかにもな場の雰囲気が苦手な方は、ネットの出会い系を利用してみるのが良いのではないかと思います。

すぐに交際に発展するような相手との出会いがあれば理想的ですが、そこまでいかなくても、異性とメールのやり取りをするだけでも気持ちにメリハリがついて、良い経験が出来ると思います。
当然のことですが、出会い系サイトにはいくつかの注意点があります。

男性の利用者は、会えないサクラやキャッシュバッカーに騙されて時間のみならず、金銭的にも損失が出る可能性があります。
あるいは、恋人探しという自分の目的とは違って浮気目的の既婚者に引っ掛かってしまう危険性があります。



このほかにも、出会い系サイトには多くの危険が潜んでいます。出来るだけリスクを回避するためにも、節度ある利用を心がけましょう。ほとんどの出会い系サイトでは、女性と男性の会員数には大きな開きがあり、男性からメールを送ったとしてもメールが返ってこないことの方が多いでしょう。



また、女性から連絡をしてくれることは、ほとんど無いです。もちろん、全ての男性が同じとは限りません。
男性の職業が弁護士や医者、会社社長などの女性が憧れる職業の場合、連絡は途絶えません。


それならばということで、職業に医者と書いておけばメールはたくさん来るようになりますが、仲良くなっていくうちに怪しまれて結局自分の首を絞める事になるでしょう。誰でも名前を知っている大手の出会い系サイトなら、サイトそれ自体は安心できます。ですが、その分利用者層が幅広いということになり、大手サイトの利用者の中には一般の利用者以外にも、個人情報収集を目的にした悪徳業者や詐欺師、不倫相手を探す既婚者などが一般の利用者のふりをしているのです。

恋人を探したい場合は、これらの人たちに騙されないように注意しながら、時間をかけて慎重に探すのをおススメします。もちろん、会った相手がタイプであっても、相手の言うことを鵜呑みにせず、簡単に警戒心を解かない方が良いでしょう。出会い系サイトというと、どうしても悪い印象を持つ人が多いようです。



けれど、これまでの経験から言うと、トラブルに巻き込まれたり詐欺被害に遭ったことは無いです。


当然ですが、直接会ってみて判断するまでは本名や住所については秘密にしておいて、直接会うと言う話になっても、人目の少ない場所は避けるようにすれば危険は少なくなりますよ。反対に、相手の運転する車に乗るのは危険ですから断りましょう。また、夜の待ち合わせはロマンチックですが、初対面では断っておきましょう。自分の安全は自分で守らなければいけませんから、危ない場面には近づかない方が賢明ですよ。



出会い系サイトの多くは課金制の場合が多いです。

例えば、メールを送るのに50円、画像は100円といったように、やり取りをした分だけお金がかかるシステムです。



やり取りを長引かせて課金させようと絶対に出会えないサクラや機械を使って、気のある素振りを見せてやり取りを長引かせるケースがありますので、何か変だなと思ったらサイトを退会することをおススメします。他にも、やり取りする相手が何を望んでいるか知るのも出会い系サイトでは重要なことです。遊びなのか、恋人探しなのか、婚活なのか、その目的が自分の目的に沿ったものかを初めのコンタクトで確認し合っておいた方が、お互いにとって効率的でしょう。

ネットを使う上でネットリテラシーは大変重要ですが、出会い系サイトにおいてもあまり良く知らない相手にも個人情報を伝えてしまう人が多くなっています。以前ほど危険なイメージの無くなった出会い系サイトですが、それでも中には悪徳サイトも存在していますから、本名や住所を教えるのは以ての外ですし、その他の情報も必要最低限にしましょう。特に、こうした情報全てが記載された身分証明書の画像などは、よほど信頼できる場所以外では出してはいけません。



サイト上でいくら気が合ったとしても、直接会ってみるまでは警戒心を忘れず、詳細なプロフィールは教えないように心がけましょう。



ご存知のように、出会い系サイトは利点と欠点がありますから、よく理解して利用するのが良いでしょう。

例えば、利用者の弱みに付け込んだ詐欺もあり得ますし、サイトの中では良さそうな人でも、付き合っていくうちに暴力を振るわれるようになるというケースも少なくありません。

あるいは、既婚者であるのにもかかわらず、遊び相手を探すためにサイトで女性を騙している既婚者もいるそうです。

反対に、出会い系がキッカケで結婚できたという話も珍しくありませんので、出会い系がプラスに働くかどうかは、人それぞれといった部分があることは否定できません。



たくさんある出会い系サイトの一部には客寄せや課金率を上げるために登録者の中にサクラを紛れ込ませている事があります。

一般的に、サクラは魅力的な容姿やプロフィールを偽装しているため騙されやすいのです。サクラに騙されてしまうと、やり取りの回数や課金の額に関わらず交際に発展するどころか、会えるなんてことはまずあり得ないので、かけたお金も時間も無意味になってしまいます。


出会い系サイトを利用する際は、きちんとしたサイトを選べるように口コミやレビューで情報を集めておき、怪しいサイトは避けるよう、自分でしっかりと調べておきましょう。実際、出会い系サイトにはサクラや機械などで利用者を騙そうとするサイトがありますから、出会い系を利用するにあたっては、連絡を取った相手が、本物の利用者であるかどうか見極めるのは出会い系サイトを活用する上で基本的なテクニックになります。
ほとんどの人は、何度か経験してみると自然と分かると思うのですが、短文で全く同じ文面ばかり返ってくる機械の自動返信を疑わず、やり取りを続けてしまうようでは、出会い系サイトに向いていないので、利用しない方が良いでしょう。
あるいは、スムーズに会話が弾んだとしてもキャッシュバッカーという事もありますから、警戒心は忘れずに持っておきましょう。

このところ、出会い系アプリが盛り上がっていますから、出会い系サイトよりも良いでしょう。

日常的にパソコンを使う人よりもスマートフォンの利用率は高く、手軽にやり取りできることがウケて、利用者が増えているようです。
スマホ利用者の一部には、本来、出会い系アプリではないアプリを出会うために活用する人も見かけますが、それでは一般の利用者の迷惑になりますし、結果に繋がりにくいので、出会いたいのなら出会い系アプリを活用するようにしましょう。相手と話す時に、趣味や関心が同じだと盛り上がりますし、短期間で親しくなることも可能でしょう。出会い系においても、自己紹介のところにご自身の趣味や関心をしっかりと記入しておきましょう。とはいえ、マニアックな趣味の場合は書くのをためらうこともあるでしょう。確かに、マニアックなものは引かれることを考えると恥ずかしくて書きにくいですよね。
でも、知っている人が少ないマニアックな趣味ほど、同じ趣味の人にとっては親近感を持ってもらいやすいでしょう。

ですから、マニアックな趣味も自信を持って書いておくことをおススメします。


出会いを求めて出会いパーティーに足を運んでいる人もいると思います。例えば、対人関係に自信があって、初対面でも緊張しないようなタイプの方であれば、出会いパーティーでもうまくいくかもしれません。
とはいえ、口下手な方や自分から異性に積極的にアピールできないという人は、とりあえず出会い系サイトなどのやり取りで慣れてから直接会う方法が成功率が高いです。

見ず知らずの他人に自分の個人情報を渡すリスクを考えると、自分の連絡先は言いたくないが、タイプの相手の情報はきちんと知りたいというのが多くの出会い系サイト利用者に共通する悩みだと思います。

中でも女性は自衛心が強いですから、親しくもないうちに連絡先を伝えてくることは滅多にありません。女性が積極的に連絡先を聞き出そうとするのは、個人情報を収集している悪徳業者の可能性があります。慎重すぎると感じるかもしれませんが、出会い系サイトではこのくらい警戒しておいた方が良いでしょう。