東京で「モテる 男 共通点」を徹底検証|モテるリンピック事務局

最近では、ネットの交流を機に付き合い始めたというカップルも珍しくありません。


また、特に出会い系サイトはお互いの目的がハッキリしていますから、ここでの出会いがきっかけで結婚して夫婦になることも意外と多いのです。
こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、警戒心を持って利用しないと詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。


利用者が純粋に出会い目的で登録していないケースがあると知っておいてください。

出会い系サイトに登録している女性のプロフィールをみて、いくら多くの女性にファーストメールを送ってみても、残念ながら、返事が来ない事もよくあります。ですから、いざ返信を貰えても、次のセカンドメールをどう書いたらいいのか躓いてしまう方も多いようですね。


ここで失敗しがちなのですが、浮かれるあまりあれやこれやと長々と書きこんだ文を送ることは避けてくださいね。セカンドメールもファーストメールと同様に、丁寧で適度な長さのものにするようにして下さい。最近ではネット上で結婚相手と出会うことも多いみたいで、私の友人が旦那さんと知り合ったのは出会い系サイトだったそうなんです。出会い系サイトといっても、遊びではなく真剣な交際を求めて登録していたらしく、交際してからもすごく相性が良くてすぐ結婚を決めたと言っていました。

私から見ても二人はお似合いだし、旦那さんもすごく誠実そうな人でした。出会い系って思っていたのと全然違ってこういう素敵な人がいるんだとびっくりしました。


普通、出会い系である程度コミュニケーションが取れたら顔写真の交換などをして、相手の容姿をある程度理解しておくのが普通でしょう。

結婚相手では無くデートだけなら、誰でも相手の見た目を気にするでしょう。
自分に自信がない方が、別人の写真を渡す気持ちも分かりますが、会えば嘘と分かりますし、裏切られた気分になりますから、今後も関係を進展させたいと思える相手には自分の写真を渡す方が良いです。
また、相手の写真も偽物の可能性があることも、理解しておきましょう。日々、仕事に追われている社会人では、異性と知り合う機会を増やそうと思っても、時間やタイミングが合わないという方も多いのではないでしょうか。



仕事に追われていると、自宅には帰って眠るだけで、自由な時間は通勤時間だけといった生活になりがちです。


このような状態では出会えるチャンスは殆どありません。
ですから、通勤の時間を有効活用して、出会い系サイトなど、ネットで出会いを求めてみてはいかがでしょうか。すぐに出会える訳ではありませんが、メールだけでも気持ちに張りあいが出て、充実した日々を過ごすことが出来るでしょう。



出会い系サイトの多くは課金制によって利用料を払うシステムになっています。

例えば、メールを送るのに50円、画像は100円といったように、やり取りをした分だけお金がかかるシステムです。

サイト運営側としては、やり取りを繰り返してもらえばその分高い利益が出るため、サクラを雇っているサイトもあります。こうした悪徳出会い系サイトに騙されないためにも、怪しいと思えば早めに打ち切った方が良いと思います。



他にも、やり取りする相手が何を望んでいるか知るのも出会い系サイトでは重要なことです。



遊びなのか、恋人探しなのか、婚活なのか、その目的がお互いの希望に合致しているかどうか早い段階で確認するようにしましょう。出会い系サイトにも様々な種類がありますが、大手と呼ばれる有名な出会い系サイトであれば、小さなサイトよりも信頼できるでしょう。


しかし、サイトが信頼できるものだとしても問題は利用者です。

大手サイトは利用者が多いぶん、一般の利用者以外にも、個人情報収集を目的にした悪徳業者や詐欺師、不倫相手を探す既婚者などが入り混じっています。


サイト利用時にはこうした相手に引っ掛からないように警戒しながら、時間をかけて慎重に探すのをおススメします。

実際に出会いまで進展しても、安直に信用してしまっては、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。


ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。相手とは初めて会った時からすごく話が合って、すぐに交際がスタートしたそうです。


でも、交際3ヶ月あたりで相手の方が既に結婚した既婚者だということが発覚したそうなのです。
友人はまじめな性格ですから、精神的に立ち直るのに時間がかかったようです。遊びたいがために既婚者がフリーを騙って出会い系サイトで真剣な相手を騙すのは酷いと思いますし、絶対に許せないです。
出会い系サイトを利用していると言うと、「危ないからやめた方が良い」という人が居ますが、経験から言ってトラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。
当然ですが、直接会ってみて判断するまでは個人情報は伏せ、それ以外の話題で相手の人柄を知っておくのが良かったんだと思います。信頼できそうだと感じても、用心して周りに人の多いカフェなどで会うようにすれば、安心だと思います。

ですが、自衛も必要ですので間違っても相手の車に乗るような事は止めましょう。また、よく知らないうちから、夜に待ち合わせをするような人は避けるべきです。出会い系サイトでモテる男性は現実の婚活とも共通点があります。



男性の職業でいうと、公務員は出会い系サイトにおいても女性からの視線の熱い職業の一つです。結婚を考えて、真剣な交際を望む女性には、何よりも安定性の高い公務員という職種は何としても結婚したい相手なのでしょう。そんな人気の公務員ですが、職場をある程度推測できる職種であるため、うっかり個人情報を載せてしまうと個人を特定され、職場や家族に迷惑がかかる可能性もあるので、気を付けてください。

出会い系利用者が、サイトに登録した事で被る被害といえば、どれだけやり取りを繰り返しても出会いまで進まないということでしょう。

とはいっても、利用者自身に何らかの問題があって出会えないというのは被害とは呼べないでしょう。


ここで問題になる被害とは、システム上、絶対に出会えないケースです。
女性登録者が実はすべてサクラというサイトもありますし、今では相手が生身の人間でなくプログラムの自動返信という場合もあるそうですから、注意しましょう。恋人も欲しいけれど、出来たら気の合う友達とも出会いたいという人は、色々な人と話すチャンスを手に入れるために、出会い系サイトに登録してみるのもいいと思います。

実は、出会い系サイトは交際相手だけでなく同性の友達も作れたという人もいます。でも、出会い系サイトでの友人関係は簡単に壊れてしまいますし、交際相手が見つかっても友人は特に出来ないままという人もいるでしょう。恋人は必要ないけれど、友達だけが欲しいというケースであれば、出会い系サイトはお勧めできません。
最近では、出会い系サイトといえば犯罪被害や詐欺被害ばかりがクローズアップされ、良くない印象を持っている人も多いです。
けれど、身近にやり取りできる方法として、出会い系サイトで真剣な交際を求めている人がサイトを利用している場合もあり、悪いイメージだけで拒絶するのはもったいないと思います。

ですが、女性の利用者が圧倒的に少ないので男性の利用者が出会いの機会を得るまでにはそれなりに腰を据えて取り組む必要があるかもしれません。

女性の利用者については男性を選り好みできるかもしれませんが、その分、犯罪被害やトラブルなどに巻き込まれないよう、警戒心を持って利用することが求められます。

出会い系サイトがおススメな理由は、事前にサイト上でやり取りを繰り返して親しくなっていますから、直接会った時は会話が弾んで楽しい時間を持ちやすいということが言えます。相手が喜ぶような話題を把握すると、きっと話題の尽きない楽しい会話になるはずです。

楽しい出会いにするためにも、メールなどのやり取りは気を抜かず、お互いの理解を深めていくことをおススメします。恋人が欲しくて出会い系サイトに登録する人も多いですが、実際に相手と本気で付き合うかどうかは、簡単に決めてはいけません。



なぜなら、プロフィールに嘘や見栄を張った情報を書く人がいるのです。


書かれた情報をそのまま鵜呑みにして一気に交際にまで進展させるのは危険ですから、一度ではなく何度も直接話す機会を持って信頼してもいいのかどうか判断することが重要ですから、ぜひ心に留めておいてください。この前、ある出会い系アプリを使って知り合った異性の人と、初めて会ってデートしました。
サイト上のやり取り以外で、直接相手と会うことは未経験でしたから、前日まではずっと緊張しっぱなしでした。

けれど当日は想像以上に相手もすごくいい人で、とても楽しかったです。

どんなところに連れて行かれるのかな?という不安もありましたが、実際はすごく美味しいお店で話も弾みましたし、普段の趣味や仕事の話で色々な話が出来て親近感が上がりました。



今後も会って仲良くしていきたいと思っていますし、出会いの機会をくれたアプリに感謝しています。このところ、出会い系アプリが盛り上がっていますから、出会い系サイトよりも利用者が増加しています。

普段からパソコンを利用する人と比較してもスマートフォンの利用率は高く、気軽に相手と交流できます。
出会い目的ではなくコミュニケーションを目的としたアプリがあり、こうしたものを出会い系アプリのように利用する人もいます。
しかし、本来の用途でない使い方は一般の利用者から嫌がられますし、時間を無駄にする可能性も高いですから、素直に出会い系アプリを選ぶことをおススメします。
独身男女の出会いの場となるイベントは各種ありますが、外見に自信がない場合や異性との交流に苦手意識がある人は簡単に参加を決められないものでしょう。参加しても、思うような結果が出せずに自信を無くしてしまって、結局出会いから遠ざかってしまうというケースも少なくないのです。自分に無理をしてイベントに参加して辛い思いをするよりも、メールやサイト上だけでやり取りできる出会い系サイトで自分らしく交際相手を探した方が、結果的には良いでしょう。最近では、恋人がほしいのに出会いがないからと、出会いパーティーに足を運んでいる人も珍しくありません。
誰とでも楽しく会話できて初対面でも緊張しないようなタイプの方であれば、出会いパーティーでもうまくいくかもしれません。

ですが、誰もがそういう訳にはいかないでしょう。
会話に自信がなかったり、消極的で異性と話すことに抵抗がある場合は、とりあえず出会い系サイトなどのやり取りで慣れてから直接会う方法が良いと思います。
出会い系サイトの利用者の中には警戒心が無く、個人情報を簡単に相手やネット上に出してしまう人が目につくようになりました。

出会い系サイトと一口に言っても、良心的なところだけとは限らないため、個人に繋がるような情報を伝えるのは性別や年齢、住んでいる地方や趣味関心程度で十分だと思います。中でも身分証明書は管理をしっかりとすることが大切です。



ネット上の相手を信頼しすぎないという事も大切でしょう。


実際に相手に会ってみるまでプライバシーにかかわる部分は簡単に伝えないと意識しておいてください。



結婚を視野に入れた真剣な交際を望んで出会い系サイトを覗く人も少なくありません。
ですが、交際相手探しなどの一般的な出会いを求めている訳ではない人に気を付けてください。

既婚者にもかかわらず、それを隠して都合の良い遊び相手を探している人や親しくなるフリをして個人情報を集めている業者などに情報を与えないように、怪しい人や話には近づかないようにして下さい。出会い系サイト利用者の中でも、女性は特に意識的に警戒するようにして下さい。
出会い系でオタクは嫌われるというのは、もう昔の話です。
今では、オタクの方がモテているようです。

女性もディープなオタク趣味を持っていることが増えているため、お互いが気兼ねなく趣味の話が出来るということで交際に発展することも珍しくありません。オタクという事を隠して付き合っても結局無理が重なって破局するというケースも多いですから、出会い系サイトのプロフィールには趣味のことを書いて最初からオタクであることを公言しておけば、付き合う時にオタク趣味を続けることが出来ます。
偶然にも知人と出会い系で出会ってしまったというケースがあるそうです。



普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですからそこまで心配する必要もないでしょう。ですが、顔写真を載せている場合は少し事情が異なります。出会い目出来ではなく遊びでサイトに登録した知り合いがいたりすると、自分が出会い系サイトを利用していると周囲に晒されることがあるのです。

顔写真は犯罪に悪用されるケースもありますから、取り扱いには十分注意が必要です。



出会い系サイトで上手くいかないという悩みをもつ男性も多いですよね。多くの出会い系サイトでは男性会員の数が圧倒的に多いので、男性からメールでアプローチしてみても殆ど返事が来ないです。また、プロフィールを調べた女性の方から積極的にメールしてくれる確率も低いのです。


とはいえ、男性の中にも例外の方がいます。
それは社長や医者、弁護士といった高収入の男性です。

その場合、肩書の魅力や玉の輿に乗りたいという女性からの沢山のメールをもらえると思います。
それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、仲良くなっていくうちに怪しまれて面倒な事になるかもしれません。今どきの婚活はお見合いや紹介といった昔ながらの方法だけではありません。

最も身近にある婚活として、SNSの中でも出会い系サイトを活用することです。一般的に出会い系といえば、その場だけの楽しみを求めるようなタイプの人が利用している感じがしますが、実は、そんなことも無いようですね。事実、婚活のために出会い系サイトを利用している人もいるので、自己紹介のページを読んでみてから連絡してみると、素敵な出会いに繋がるかもしれません。

出会い系サイトは犯罪の温床と言われることもあるほど、トラブルの多い場所でもあります。
とはいえ、多くの場合は未成年の利用者の場合です。大人の男性でトラブルに巻き込まれる危険といえば、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら深い関係になり、結果的に揉めてトラブルになる等のケースが多いです。
女性の場合は、サイトで知り合った男性の車に乗ってしまい連れまわされてしまうということが多く見られますから、注意しましょう。

最近の出会い系サイトにはポイント換金制のサイトもあります。サービスを利用する毎にポイントを使えたり貯められたりして便利なのですが、その一方で「CB」あるいは「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちについて意識しておく必要があるでしょう。



というのも、ポイント換金制の出会い系サイトでは、出会いを求めているのではなく、サイト上でメールややり取りを繰り返すと溜まるポイントを換金するのが目的の人が居るのです。彼女たちはサイトに雇われているサクラではありませんし、プログラム返信にありがちな話題のすれ違いもないため一般の利用者との区別がつきにくいのです。



メールばかりで関係が進展しないようならキャッシュバッカーの可能性が高いですから、早めに切り上げた方が良いでしょう。最近では出会い系サイトにも、色々な特徴を持ったサイトが増えてきています。



具体的には、誰もが知る大手のサイトや特殊な趣味を持つ人が集まるサイト、あるいは利用料金の有無など、それぞれに特徴があります。
基本的に出会い系サイトのほとんどは、その名の通り出会いたい人と人が繋がれる場所ですが、一部には、利用者を騙す悪徳業者による出会い系サイトもありますので、安易に利用しないようにして下さい。


悪徳サイトは魅力的な文句や広告で利用するように誘導してきますが、実際に利用してしまうとあれこれと利用料金を騙られたり、利用者がサクラばかりで時間やお金が無駄になる可能性が高くなってしまうでしょう。
出会い系サイトのリスクを考えると、顔も知らない異性に自分の個人情報を伝えるのは嫌だけれども、良さそうな相手の連絡先は教えてほしいと思うのが本音だと思います。特に女性は相手を簡単に信用しませんから、親しくもないうちに連絡先を伝えてくることは滅多にありません。
女性にもかかわらず連絡先を公表していたり積極的に聞いてくる場合は、実は女性を騙って個人情報をだまし取る悪徳業者の可能性があります。

慎重すぎると感じるかもしれませんが、出会い系サイトではこのくらい警戒しておいた方がトラブルとは無縁にサイトを利用出来るでしょう。



最近では多くの人がスマホを使っていますね。そのうちの多くがラインをダウンロードしていると思います。
それほどまでにラインを使うのが日常的になっています。出会い系サイトでコンタクトを取った相手の女性ともライン交換するともっと親密な関係になれると思います。とはいえ、話題の振り方が悪ければ関係が終わってしまうケースもあるので、ライン交換の話を振るタイミングや、その聞き方は焦りすぎないようにしましょう。