東京で「モテる 男 ブログ」を徹底検証|モテるリンピック事務局

一般的な交際と違って、出会い系で出会いの機会をつくるためには、とにかくたくさんの相手にコンタクトを取るということでしょう。男性の登録者は女性に対して積極的にメールを送りましょう。でも、そのメールの内容が悪かったら返信はきません。女性がもらって嬉しいメールをひな形に、各々の女性の自己紹介文に沿った文章を少し入れて、不自然にならないようなメールを送るのがおススメです。今日では、婚活といってもお見合いや紹介といった昔ながらの方法だけではありません。


最も身近にある婚活として、ネットの出会い系サイトを活用する方法があります。一般的に出会い系といえば、遊びの付き合いを求める人が大多数というイメージを持っている人も多いですよね。



でも、実は、そんなことも無いようですね。
出会い系サイトのプロフィールから、結婚を意識している人を見付けてメールしてみるのが良いでしょう。



普通、出会い系である程度コミュニケーションが取れたらお互いの写真を交換し合って容姿を確認することが一般的です。
結婚を視野に入れたお見合いではなく、遊んでデートを楽しむ程度であれば、殆どの人が容姿を重視するのも当然でしょう。



写真はいくらでも加工できますし、何なら別人の写真を送っても相手には分かりませんが、実際に会ってみるとすぐに嘘だと分かりますし、相手を怒らせてしまう可能性だってあります。

会いたいと思える相手であればご自身の顔写真をきちんと渡した方が結果的には良いのです。


それに、相手がくれた写真も本人ではない可能性がありますから、安直に信じるのは危険です。一部の出会い系サイトには利用者を集めて課金させるように一般の利用者を騙ってサクラを紛れ込ませているサイトがあります。

一般的に、サクラは魅力的な容姿やプロフィールを偽装しているため騙されやすいのです。サクラに騙されてしまうと、何回やり取りを繰り返しても、会えませんし、時間やお金をつぎ込んでも、何も返ってきません。


サクラに引っ掛かって時間やお金を無駄にしない為にも、出会い系サイトを利用しようと思ったらその前に、口コミやネットでの情報を収集してサクラがおらず、評判の良い出会い系サイトを選べば、一般の利用者と出会える可能性が上がります。
フィクションの世界では、バーで運命的な出会い方をする男女がよく見られますよね。

こういったシチュエーションはオシャレで憧れてしまいますが、現実にバーで運命の出会いをしたカップルは稀です。

タイプの異性がバーで飲んでいるところを見かけたとしても、そう簡単に話しかけるなんてできませんし、ましてや連絡先の交換まで出来る人はそうはいません。一方、出会い系サイトなら、緊張して異性に話しかけにくいという方であってもメールであれば、相手を見付けることが出来るでしょう。


そうそうある事ではありませんが、知人と出会い系で出会ってしまったという事が実際にあったそうです。

いろいろと恥ずかしさなどもありますが、そこはお互い様ですし特に心配はないと思います。とはいえ、顔写真をサイトに上げている場合は少し問題があるかもしれません。というのも、出会い目的ではなく悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、自分が出会い系サイトを利用していると周囲に晒されることがあるのです。

他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、誰でも見える場所に掲載しない方が良いでしょうね。出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、出会い系を活用するならば、相手の正体を見極めることが出会い系を利用する上で必要不可欠のスキルだと言えます。あまり難しいことではありませんが、同じ内容のメールが来るだけといった機械の不自然さを判断できるようでなければ、お金も時間もつぎ込むだけ無駄でしょう。機械でもサクラでもなく、ポイント目当てでアプローチしてくるキャッシュバッカーには細心の警戒が必要です。出会い系で出会った相手と楽しいデートが出来るかどうかは、なによりも初対面の第一印象が重要だということを知っていますか。
これを踏まえて、出会い系サイトをキッカケに出会った異性と初めて会う時は、清潔感があって印象の良い服装を選ぶようにしましょう。


ファッションを蔑ろにしたせいで、二度と連絡がつかなくなることもあります。



やり取りを重ね、会える段階まで行ったのですし、お互いが楽しく過ごせるように服装や髪型などに気を配ることをおススメします。



ネット上の出会い系サイトは数が多いですから、その分、選択肢の幅が広がっています。サイトの特性だけ見ても、誰もが知る大手のサイトや特殊な趣味を持つ人が集まるサイト、あるいは利用料金の有無など、本当に多種多様なサイトがあります。

その多くが、出会いを求める人と人を繋げるサイトとして機能しているのですが、中には利用者の心理に付け込む悪徳サイトもあるので、注意が必要です。


こうした悪徳サイトは法外な料金を請求され、トラブルになるケースもありますし、相手がサクラやプログラムばかりで、どれだけ課金しても会えないという結果になってしまいます。

独身で、全く異性との出会いが無いことに焦って出会いパーティーに行こうと思っている方も多いのではないでしょうか。どんな人とでも仲良くなれて積極的に話しかけられる人なら、出会いパーティーでもうまくいく可能性が高いです。


しかし、話が得意ではなかったり、異性に話しかけづらいと思っている方もいるでしょう。そういう場合は、出会い系サイトのメールなど、文章のやり取りから関係を深くしていくのが成功率が高いです。
できれば自分の連絡先は教えたくないものの、向こうの連絡先はノーリスクで欲しいというのが本音だと思います。中でも女性は自衛心が強いですから、積極的に連絡先を伝えてくれるようなケースは稀です。



女性が積極的に連絡先を聞き出そうとするのは、個人情報を収集している業者の場合があります。慎重すぎると感じるかもしれませんが、出会い系サイトではこのくらい警戒しておいた方が良いと思います。
多くの独身の人の出会いの場となっている出会い系サイトでも、相手と交際する時には、すぐに答えを出さない方が良いでしょう。なぜなら、プロフィールに嘘のプロフィールを掲載している人もいるからです。

書かれた情報をそのまま鵜呑みにしてすぐに交際したいという気持ちを抑え、一度ではなく何度も直接話す機会を持って信頼できる人なのかを判断することが重要ですから、ぜひ心に留めておいてください。


出会いの場として、ネットゲームやコミュニティのオフ会を挙げる人がいますが、オフ会の趣旨を無視して出会いを求めるような人は、出会い厨として場をしらけさせ、雰囲気を悪化させるので嫌われます。



それほどまでに恋人を探しているのなら、初めから出会いの場である出会い系サイトを利用するのがずっと効果的です。
オフ会で迷惑をかけ、出会い厨という不名誉な蔑称を与えられるよりも、出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性にアタックした方がスムーズだと思います。出会い系サイトでは一般的に仮名やニックネームが使われており、本名で登録している人はあまりいません。
ですが、名前だけは本当の名前で登録しているという人もいるでしょう。サイト上のやり取りを繰り返していると、親密になってくると、更に仲良くなれると思ってついうっかり本名を教えてしまうこともありますが、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。



中でも、フェイスブックをやっている人は、公開する範囲の設定が誰でも見えるような状態だと教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。

出会い系サイトは危ないところだと思っている人は多いです。

ですが実際は、お見合いなどよりも敷居が低く出会いの可能性が高いということで、真剣な交際を考えた人が登録しているケースも少なくありませんので、登録する価値は十分にあります。


ですが、やはり一般の婚活サイトや出会いの場と変わらず、女性の数は圧倒的に少ないようで、男性が女性と会おうと思ったら、相当な努力と時間が必要になる可能性が高いです。

あるいは、女性のケースではやはり、犯罪に巻き込まれる事がないよう安易に相手を信用し過ぎないことが大切です。見ず知らずの相手に自分の容姿を伝える顔写真には気を遣うものです。とはいえ、お見合い写真ならまだしも出会い系サイトで使う顔写真については特に決まりもありませんから、例えばプリクラの画像を使っても良いですし、普通のポートレートを加工して、気になる部分を修整したものでも良いでしょう。しかし、過度に修整をかけて全く別人の顔になってしまっている写真では、直接出会った時に嘘をついていたと受け取られかねませんし、そのショックからそれまでの関係が壊れることも珍しくありません。容姿に自信が無いと写真を加工したくなる気持ちも分かりますが、結局関係が壊れては意味がありませんし、一思いに相手と会ってしまう方が成功しやすいでしょう。
インターネットで恋人を探すことも珍しくなくなっているようですね。


私の周りでも、友人がスピード結婚したのですが、相手と出会った馴れ初めを聞いてみるとインターネットの出会い系サイトだそうです。

いわゆる遊び目的の出会い系のイメージとは違って、二人とも結婚も視野に入れた真剣な交際を希望していたので、直接会って交際を続ける間も相性が良かったそうで、結婚を決めるまでに時間はかからなかったそうです。話を聞いただけでも、旦那さんは友人の事を大切にしているのが分かりましたから、出会い系って思っていたのと全然違って遊びじゃなくて真剣な交際を期待できることを知って驚きました。出会い系サイトに登録している女性のプロフィールをみて、女性にメールを送ってみても、残念ながら無視されて返事が来ないということもままあります。

そういった事に慣れてしまうと、せっかく女性から返信をもらっても、セカンドメールの内容を書くのに困るという話もよく聞きます。とはいえ、嬉しさで舞い上がって長文のメールを送るのは止めましょう。

セカンドメールについても、丁寧で親しみやすく、そして適度な長さのものを送るようにするのがコツです。
出会い系サイトがキッカケで知り合った異性とメールでのやり取りは一段落ついたけれども、直接会うにはまだ早い、と感じることもありますよね。

また、とても親密になって早く会いたいのに、仕事の都合などで予定が合わず、すれ違ってしまうケースもあるでしょう。
このような時にはとりあえず、スカイプを使ってみてはいかがでしょうか?スカイプ同士であれば料金を気にすることなく長時間話せますし、お互いの顔を出せば、本当にその場にいるような気持ちで楽しく会話できます。

とは言っても、安易な気持ちで顔出ししてしまうと、相手がその映像を録画しているかもしれませんから、相手のことを信頼できるまでは、設定でカメラをオフにしたり顔が映らないアングルにするといった工夫をした方が良いと思います。


インターネットのコミュニティやゲームのファン同士が、実際に交流する集まりにオフ会があります。
こういった集まりで気の合う異性と出会って付き合うことになったというケースもあります。
とはいえ、オフ会で異性にばかり話しかける人は出会い厨という不名誉な名前で呼ばれかねません。それに、オフ会に参加しているからと言って恋人が欲しいのかどうかも分からないですし、ハッキリ言って、恋人を探したくてオフ会に参加するのは遠回りだと思います。


出会いを望んでいるのなら余計な遠回りをせずに出会い系サイトで似たような趣味の相手を見付けるのが効果的でしょう。普段の生活の中でネットに触れていない人は殆どいないのではないでしょうか。
SNS等で知り合ったというカップルの話も聞きますし、出会い系サイトが縁で結婚して夫婦になることもよくある話です。
しかし一般的なSNS等と違って、出会い系サイト出会いを求める場合は利用の際には自衛を心がけておかないと犯罪に巻き込まれるかもしれません。



出会い系サイトは出会いの場として有効な反面、個人情報流出や犯罪被害といった危険と隣り合わせであるということも理解して利用しましょう。
近年、出会い系サイトの利用者が増加するのに伴って、簡単に個人情報を出す人が増えていて、トラブルになることも多いです。


近年は出会い系サイトのイメージが変わってきたとはいえ、中には悪徳サイトも存在していますから、開示する情報は年齢や性別、趣味といった程度で良いと思います。特に危険なのは、身分証明書の扱いです。

迂闊に人目にさらすような危険は避けましょう。これらに共通する注意点としては、サイト上のやり取りだけで相手を信用しないことに尽きます。相手に会ってみて信頼できるまで詳しい個人情報を迂闊に伝えるようなことはしないで下さい。最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、多くの人が出会い系サイトまたはアプリを使っています。しかしそれに伴って出会い系でトラブルになったという話も多く聞くようになってしまいました。出会い系サイトが関わる事件の多くが、未成年が関わっていることが多いようです。大人の男性が巻き込まれる犯罪として最も多いものは、サイトを介して女子高生など18歳未満の女性と出会い、深い関係を持ってしまうケースがほとんどです。


女性の場合は、サイトで出会った男性の車に不用意に乗ってしまい怪しい場所に連れて行かれるというやり口が多いようです。



いずれにせよ、自衛することを心がけてください。多くの方がご存知のように、出会い系サイトは出会いの場でもあると同時に、それなりにリスクがあるのです。例えば、男性は運悪くサクラやキャッシュバッカーに目を付けられてしまうと、時間のみならず、金銭的にも損失が出る可能性があります。真剣に恋人を探している場合は独身のフリをして浮気相手を探している既婚者に騙されて、不倫問題など思いもよらないトラブルになるケースもあります。こうした数々の危険から身を守るためにも、迂闊な行動はとらないようにしましょう。
出会い系サイトにも様々な種類がありますが、大手と呼ばれる有名な出会い系サイトであれば、サイト自体は安心できます。しかし、サイトが信頼できるものだとしても問題は利用者です。



大手サイトは利用者が多いぶん、個人情報を集めている業者や詐欺師、遊び目的の既婚者なども利用しています。出会い系サイトで恋人を探す場合、こうした相手に警戒しながら、慎重に行動できるかどうかが出会いのカギとなるでしょう。相手がいくらタイプの異性でも相手の言う事をそのまま信じるのではなく、自分で判断できるまで慎重にやり取りを続けた方が良いでしょう。



出会い系サイトに限らず、見ず知らずの相手と話す場合には、同じ趣味だと会話しやすいこともあるほか、より親しくなれる気がしますよね。
ですので、出会い系サイトのプロフィールにはご自身の趣味や関心をしっかりと書いておいて方がチャンスが広がります。

一般的にあまりにマニアックな趣味は恥ずかしいと思いがちですが、一方では、マニアックな趣味は同じ趣味を持っている人が少ないため、共通する趣味を持つ相手がいれば、それだけで一気に親密になれるでしょう。

テレビなどでも自らオタクを公言している芸能人が増えているように、オタクのイメージは昔と様変わりしました。それに伴って、このごろは、マニアックなオタクの方が女性の人気が高いです。

また、全体的なオタク比率が上がっており女性のオタクも増加しています。

そのため、共通の話題がキッカケで仲良くなって付き合いはじめるというケースもあります。むしろオタクな事を隠して女性と付き合うと、無理をして辛い思いをすることもあるでしょう。そうならないためにも初めから出会い系サイトのプロフィールには真実を書いて最初からオタクであることを公言しておけば、付き合う時にオタク趣味を続けることが出来ます。出会い系サイトというと、恋人探しや遊び目的で使う人が多いイメージですが、友達が少ないという方も出会い系サイトを使って色々な人と交流してみるのがいいと思います。意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、気の合う友人が見つかったというケースもあります。

しかし、友達になったとしてもサイトやメールのやり取りだけでは自然と連絡が途絶えることも多いですし、恋愛できても仲の良い友達探しは難易度が高く、なしのつぶてという事もあります。
恋人は必要ないけれど、友達だけが欲しいというケースであれば、出会い系サイトでは上手くいかない可能性の方が高いでしょう。



昨今のスマホ普及率には目覚ましいものがありますが、それによってそれまで出会い系サイトを利用していた層がアプリに移動したためか、出会い系アプリの利用者も増えています。実際に出会う事に特化したタイプのアプリも多数ありますし、相手を特定せずにコミュニケーションを取ってみて、相性が良さそうなら連絡先を伝えられるようなアプリも人気がでています。一般的に、登録者数が多いアプリはそれだけ出会いの可能性がありますが、そのアプリの使いやすさや馴染みやすさなどで、ご自身に都合の良いアプリを利用してみてください。


恋人を作るための時間やイベントの多かった学生の頃と違って、社会人ともなると、恋人がほしくて出会いたいと思っていても、なかなか難しいですよね。

毎日のルーティンで会社と職場を行き来しているだけでは出会いも遠ざかりますので、通勤の時間を有効活用して、出会い系サイトなど、ネットで出会いを求めてみてはいかがでしょうか。
異性とのメールは生活にメリハリがつき、楽しみが増えるでしょう。