東京で「モテる 男 ブランド」を徹底検証|モテるリンピック事務局

私の個人的な経験ですが、この間、出会い系アプリで話が合った人と初めて会ってみたんです。

サイト上のやり取り以外で、直接相手と会った経験が無いので、「思っていた人と違っていたらどうしよう」「トラブルに巻き込まれたらどうしよう」と心配していたのですが、予想よりずっと楽しい一日を過ごすことが出来ました。
相手が選んでくれたお店もすごく美味しくて素敵なお店でしたし、普段の趣味や仕事の話で別れが惜しくなるくらい盛り上がりました。
ですから、次のデートの約束もしました。



とても楽しみです。

出会い系をやっていると、相手との距離感が上手くつかめずに迷う時もあるでしょう。例えば、メールでのやり取りは一段落ついたけれども、直接会っていいものかどうか判断に迷う場合や、会いたくても時間が合わないといったこともあるでしょう。そんな時はスカイプで会話するのをお勧めします。スカイプ同士であれば料金を気にすることなく長時間話せますし、お互いの顔を出して話すことも出来ますよね。とはいえ、顔出しは後にトラブルを引き起こす恐れがあるので、相手のことを信頼できるまでは、設定でカメラをオフにしたり顔が映らないアングルにするといった工夫をした方が安全でしょう。


ほとんどの出会い系サイトでは、女性と男性の会員数には大きな開きがあり、男性からメールでアプローチしてみても殆ど返事が来ないです。また、女性がわざわざプロフィールを調べて連絡をしてくれることは、ほとんど無いです。



しかし、例外もあります。例えば、男性のプロフィールが医師や弁護士、社長などの肩書を持っている方であれば、多くのメールを受け取るでしょう。そうかといって、ご自身の職業を詐称すると、直接会った時や親密になる過程で綻びが出て結局自分の首を絞める事になるでしょう。
出会いのきっかけとしてお勧めなのが出会い系サイトです。その主な理由は、あらかじめサイト上で親しくなれた人とだけ会う訳ですから、実際に会った時には盛り上がりやすいという点があります。メールやサイト上のやり取りで、相手の趣味などを理解しておきましょう。そうすれば、盛り上がる話題も分かってくると思います。


もちろん、サイト上でやり取りが終わってしまう場合もありますが、会うまで進展することを考えて真剣にメールして、向こうの情報を多く知ってくと良いでしょう。
学生の頃とは違って、働くようになると、異性と知り合う機会を増やそうと思っても、仕事に追われてそんな時間が取れないという方も多いと思います。忙しい方にありがちですが、暇な時間を持てるのが通勤時間だけというのでは出会えるチャンスは殆どありません。


ですから、往復の時間を活用し、出会い系サイトを介した交流を持ってみるのをおススメします。
たとえメールだけだとしても、異性と交流を持つと気持ちに張りあいが出て、恋愛する気持ちが高まるでしょう。多くの人が感じていると思いますが、長文メールは普段の時でも出会い系においても、相手がいやがることが多いです。もし、出会い系サイトで女性と知り合えたのなら、メールのやり取りを長くできるように、極端でない程よい長さのメールを送信してください。



あるいは、相手から送られるメールがあまりにも短いものばかりであれば、サクラの可能性が高いため、注意深くなる必要があるでしょう。

婚活サイトやお見合いで利用する写真ならともかく、ネットの出会い系サイトで交換し合う顔写真であれば深く考える必要は無く、上手に撮れたプリクラの画像でも十分ですし、あるいはある程度であれば写真を修整しても大丈夫でしょう。

ですが、実物とあまりにかけ離れた顔写真では、会った時に裏切られたと思われてそれまでの関係が壊れることも珍しくありません。



自分の外見に悩みがあって、そのままの顔写真は送りにくい気持ちも分かるのですが、この際、素直に会ってみた方が良いと思います。
出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、短期間で親しくなることも可能でしょう。


出会い系においても、自己紹介のところにご自身の趣味や関心をしっかりと記入しておきましょう。一般的にあまりにマニアックな趣味は引かれることを考えると恥ずかしくて書きにくいですよね。
でも、知っている人が少ないマニアックな趣味ほど、共通する趣味を持つ相手がいれば、それだけ親近感を得やすくなります。


出会い系でオタクは嫌われるというのは、もう昔の話です。今では、オタクの方が女性からの需要が高いのです。今は女性でオタク趣味を持っている方も増加傾向にあるため、共通の話題がキッカケで仲良くなって付き合い始めたというオタクカップルの話もよく耳にするようになってきました。
オタク趣味を初めからプロフィールに載せておき、自らオタクであることを公表する方が、仲が進展して付き合うという段階になってもオタク趣味を続けることが出来ます。今まで出会い系サイトを利用した経験からみても、女性にメールを送ってみても、無視されてしまう事の方が多いんですよね。そういった事に慣れてしまうと、せっかく女性から返信をもらっても、次に送るセカンドメールをどうしたらいいのか躓いてしまう方も多いようですね。

多くの人が経験する失敗ですが、ここで有頂天になってしまってあれこれと書き連ねた長文メールを送るようなことは厳禁です。



長文過ぎるメールはそれだけで引かれてしまう可能性が高いので、適度な長さで親しみのあるセカンドメールを送るようにしましょう。スマートフォンを持っている人の多くが、ラインを使っているようで、ラインは身近なものになっています。出会い系で知り合った女性とも、サイト上だけでなくラインのIDを教えてもらえれば、もっと親密な関係になれると思います。でも、ライン交換はあまり急ぎ過ぎると警戒されてしまいます。



その聞き方によっては出会い系サイトでのやり取りも終わる可能性が有るので、ライン交換の話を振るタイミングや、その聞き方は冷静になる必要があるでしょう。

ごく稀に、元々の知人と出会い系サイトで会ってしまったという事が実際にあったそうです。
恥ずかしいですが、お互い出会いを求めていた者同士ですからそこまで心配する必要もないでしょう。
しかし、自己紹介の欄に顔写真を載せている場合は、悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、サイト利用の事実が周囲に広まってしまうかもしれません。

他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、しっかりとプライバシーを保護することも大切です。

ある程度発展した都市であれば、フリーの男女が相手を求めて足を運ぶスポットがあるのではないでしょうか。


しかし、このような場所に足を運んだからといって、誰にとっても平等な出会いの機会があるわけではないでしょう。



そもそも、合コンやナンパのノリが嫌いな方はスポットでの出会いに抵抗があると思います。
そのような場合はネットの出会い系を利用してみるのが良いのではないかと思います。



もちろん、最終的な目標は交際相手を見付けることですが、そこまで進まずとも、異性とメールするだけでも気持ちにハリが出ますし、恋愛に向けた気持ちが高まりますよ。出会い系利用者が、サイトに登録した事で被る被害といえば、実際に出会えない、ということです。



利用者自身の性格や対応が悪いといった理由で出会うことが出来ないという場合は違います。

被害として扱えるのは、サイト運営側が、本当は会えないにもかかわらず、会えるように見せかける詐欺行為を働いている場合だけです。登録者がサクラだらけといった場合もありますし、最近ではプログラムの自動返信という場合もあり、結果的に「出会えない」という被害が増えているようです。

ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。相手とは初めて会った時からすごく話が合って、すぐに交際を始めたそうなのですが、しばらく付き合ってみると実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。



結婚を考えて交際をしていた友人は、かなり落ち込んでしまって、聞いている私も辛くなりました。


フリーを装った既婚者が真剣に出会いを求めている人を騙すのは許せないですね。

多くの方がご存知のように、出会い系サイトは一般の婚活サイトやSNSと違ってそれなりにリスクがあるのです。男性の利用者は、運悪くサクラやキャッシュバッカーに目を付けられてしまうと、時間のみならず、金銭的にも損失が出る可能性があります。

あるいは、恋人探しという自分の目的とは違って不倫相手を探している既婚者などに引っ掛かってしまう危険性があります。



警戒し過ぎなくらいが、出会い系サイトではちょうどよいといえます。



普通、出会い系である程度コミュニケーションが取れたら顔写真の交換などをして、相手の容姿をある程度理解しておくのが普通でしょう。

結婚を視野に入れたお見合いではなく、ちょっとデートしてみるという場合では、殆どの人が容姿を重視するのも当然でしょう。容姿の整った偽の写真を送るのも簡単な事ですが、ウソがばれるため会う事は出来なくなりますし、相手の信用も得られません。実際に会いたいと思える相手には自分の写真を渡す方が良いです。また、相手の写真も偽物の可能性があることも、理解しておきましょう。

今のネット社会において、どのようにしたら人間関係を上手く築くことが出来るでしょうか?それにはやはり、相手の喜ぶ文面がつくれる「メール術」が大切になってきます。出会い系サイトで出会った相手とやりとりを続ける上でも非常に大切なポイントで、男性側がいくらアタックしても、メール術を学んでいないようでは失敗することになってしまうでしょう。基本的にはですます口調で丁寧な方が良いのはもちろん、下心を隠そうともしない態度では警戒されて終わってしまいます。また、単純な事ですが、相手の都合や負担に考慮してメールを送らなければ、女性から返信が来ることは無いでしょう。


恋人が欲しくて出会い系サイトに登録する人も多いですが、実際に相手と交際を始めるにあたっては、時間をかけて検討しましょう。その理由は、プロフィールの欄に、自分を良く見せようとしたり相手を騙すために嘘の情報を書いている人もいるのです。



ですから、プロフィールの情報をそのまま信じて即座に付き合うというのではなく、一度ではなく何度も直接話す機会を持って信頼できる人なのかを判断することが重要ですから、ぜひ心に留めておいてください。


恋人を探そうと、ネットゲームやネットコミュニティの仲間と実際に会う「オフ会」に参加する人もいますが、誰もそんなつもりで集まっている訳ではないのに恋人を探そうとする人は「出会い厨」と呼ばれます。
出会い厨は場をしらけさせ、雰囲気を悪化させるので嫌われます。



出会いを望んでいるのであれば、余計な遠回りをするよりも出会い系サイトに登録した方が結果につながりやすいですし、誰にも迷惑がかからないでしょう。
出会いの場でもないところで自己アピールして周囲に迷惑をかけるよりも、誰もが出会いを求めている出会い系サイトを利用する方がずっと簡単ですし、成功しやすいでしょう。

出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、出会い系を利用するにあたっては、相手の女性がサクラや機械ではないことを探るのは最も基本的な技術と言えるでしょう。といっても難しい話ではなく、常に同じ返信しか返ってこない機械の不自然さを判断できるようでなければ、ハッキリ言って出会い系サイトは利用しない方が賢明です。



あるいは、スムーズに会話が弾んだとしてもキャッシュバッカーという事もありますから、警戒心は忘れずに持っておきましょう。出会い系サイトでは一般的に仮名やニックネームが使われており、本名で登録している人はそう多くいませんが、苗字はともかく名前はそのまま本名を登録しているという人は珍しくないでしょう。実際にサイトで知り合い、仲良くなってくると、相手が現実の友人と同じような錯覚に陥りついうっかり本名を教えてしまうこともありますが、顔も名前も分からないような相手にこちらの本名を公開するリスクを知っておきましょう。


例えば、本名でフェイスブックに登録している場合、フェイスブックに設定されている公開範囲によっては本名によって特定され、晒されてしまうかもしれません。


犯罪やトラブルは、やはり出会い系サイトを利用する多くの人が気になることではないでしょうか。その多くは未成年が関係しているものです。大人の男性が巻き込まれる犯罪として最も多いものは、サイトを介して女子高生など18歳未満の女性と出会い、関係を持ってしまったケースがほとんどです。


女性のサイト利用者が巻き込まれやすい犯罪としては、出会った時に相手の車に乗ってしまうと連れまわされてしまうということが多く見られますから、注意しましょう。
サービスの利用に応じて、現金やウェブマネーに換金できるポイントを貯められるシステムを使っている出会い系サイトを利用するならば、キャッシュバッカーに気を付けましょう。
実は、サイトの利用者によっては出会いを求めているのではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。

こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。



キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、プログラム応答による文面の違和感もありませんから見破りにくいです。
判断のポイントとして、何回メールしても連絡先を交換する素振りがなければポイント目当てのキャッシュバッカーと疑った方が良いでしょう。今、出会い系サイトを使って恋人を探しているけれど、なかなか上手くいかないという方も多いと思います。

実際に出会えるためのコツは、最初のメールが上手くいくかどうでしょう。

ため口で軽い感じのメールも良いのですが、多くの場合は警戒されて返事がきませんし、真面目な交際に進展することは殆どありません。
とはいえ、あまりに真面目で堅苦しいメールでは気疲れさせてしまうでしょう。



丁寧でなおかつ重すぎないメールであれば、返信の確率も高いでしょう。出会い系サイトで上手くいっていない方や、これから始めてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。



男女の出会いの場として、インターネットが大きな役割を担うようになりました。実際にネットで知り合って付き合い始めたというカップルも珍しくありません。また、出会い系サイトが縁で結婚まで進んだというケースも珍しくありません。こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、不用意に個人情報を公開したり、安易に相手を信用し過ぎると犯罪に巻き込まれるかもしれません。


利用者が純粋に出会い目的で登録していないケースがあると忘れずに覚えておきましょう。



性別にかかわらず、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人が増えています。そうした中でオフ会に参加して恋人が出来たという人も珍しくありません。



しかし、ほとんどの場合、オフ会で異性にアプローチする人は出会い厨と呼ばれて嫌われてしまいます。


そもそも、オフ会の参加者も恋人募集中という訳ではありませんから、効率的な探し方でないことは確実でしょう。


出会いを望んでいるのなら出会い系サイトに登録して好みの異性を探した方が早いでしょう。出会い系サイトの敷居が下がった昨今では、恋人欲しさから出会い系サイトを覗く人も珍しくありませんが、このような真剣な出会いを目的としていない人に引っ掛からないよう気を付けましょう。
フリーを装って、浮気相手を探している既婚者もいますしプライベートな情報を収集するために登録している悪徳業者がいますから、情報を与えないように、意識しておきましょう。
出会い系サイト利用者の中でも、女性は特に意識的に警戒するようにして下さい。
出会い系サイトにも様々な種類がありますが、大手と呼ばれる有名な出会い系サイトであれば、サイトそれ自体は安心できます。ですが、その分利用者層が幅広いということになり、大手サイトの利用者の中には一般の利用者以外にも、個人情報収集を目的にした悪徳業者や詐欺師、不倫相手を探す既婚者などがごちゃまぜ状態になっています。サイト利用時にはこうした相手に引っ掛からないように警戒しながら、時間をかけて慎重に探すのをおススメします。

もちろん、会った相手がタイプであっても、安易に相手を信用しないでください。出会い系で出会った相手と楽しいデートが出来るかどうかは、なによりも初対面の第一印象が重要だということを知っていますか。これを踏まえて、もし、出会い系で知り合った相手と直接会うという機会があれば、外見もきちんと手入れしておいてください。外見に気を遣わなかったために、関係が終わるケースも無いわけではありません。メールのやり取りを重ねて親密になり、やっと初デートまで進んだのですから、第一印象で失敗しないよう、服装や髪型などに気を配ることをおススメします。