東京で「モテる 男 スレ」を徹底検証|モテるリンピック事務局

あれこれと長いメールは、普段の時でも出会い系においても、相手がいやがることが多いです。



もし、出会い系サイトで女性と知り合えたのなら、そのチャンスを生かすために、長すぎず、短すぎない程よい長さのメールを送信してください。一方で、女性のメールの長さが短いものばかりだと、相手がサクラや機械、キャッシュバッカーなどの可能性が出てきます。もし、お見合いで相手の写真にプリクラが使われていたら大問題ですよね。
ですが、主に出会い系サイトで相手の容姿の確認のために交換する顔写真については容姿が盛れるプリクラの画像データで代用することも出来ますし、加工アプリをつかって気になる部分を修整することもできるでしょう。しかし、過度に修整をかけて全く別人の顔になってしまっている写真では、相手と実際に会った時にトラブルになったり、二度と連絡が取れなくなるケースもあります。

自分の外見に悩みがあって、そのままの顔写真は送りにくい気持ちも分かるのですが、この際、そのまま会うという選択であれば上手くいくと思います。出会い系サイトがおススメな理由は、実際に会ってみるより先にサイト上で親しくなれた人とだけ会う訳ですから、会った時に盛り上がるということに尽きます。

会話を盛り上げるには相手への理解が重要ですから、あらかじめ相手の趣味や関心のあることを把握しておけば盛り上がる話題も分かってくると思います。
サイトでやり取りした全ての人と会えるわけではありませんが、会えた時のことを想定して積極的にメールでのやり取りで会話を続け、相手の性格を把握しておくことが大切です。
今フリーで、恋人がほしいと悩んでいる方もいると思います。
こうした男女に向けたイベントは頻繁に催されていますが、こうした場がで苦手で上手く立ち回れず、緊張してしまう性格の方にとっては気軽に参加するのも難しいですよね。



このようなタイプの方の中には、せっかく勇気を出して参加しても、思うような結果が出せずに自信を無くしてしまって、結局出会いから遠ざかってしまうという方も多いです。自分に無理をしてイベントに参加して辛い思いをするよりも、まずはメールからのコミュニケーションが出来る出会い系サイトを利用して交際相手を探す方がずっと簡単ですし、ご自身の負担も少なくなると思います。

出会い系サイトは犯罪の温床と言われることもあるほど、トラブルの多い場所でもあります。



その多くは未成年が関係しているものです。
それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら深い関係を持ってしまうケースがほとんどです。
また、女性の場合は性犯罪の被害に遭いやすく、直接会った時に男性の運転する車で怪しい場所に連れて行かれるというやり口が多く見られますから、注意しましょう。最近ではネット社会が発達し、誰もが気軽に連絡を取り合えるようになりました。

そんな中で多くの人と円滑な関係を結ぶためには相手を喜ばすようなメール術が必要です。



メール術は出会い系サイトにおける相手とのコミュニケーションにも関わる技術で、メール術を心得ていないと失敗することになってしまうでしょう。

例え男性であっても、メールで男らしく見せようと荒い言葉遣いをするのは絶対にNGですし、最終的に会うことが目的でも、それをしつこく言うのは警戒されて終わってしまいます。あるいは、相手の気持ちを無視するものでは、関係は終わってしまうでしょう。ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。


相手とは初めて会った時からすごく話が合って、すぐに交際を始めたそうなのですが、数か月付き合ったあたりで相手が本当は既婚者で、自分はただの浮気相手だということが分かったと言っていました。真面目な友人は、裏切られたショックと不倫していた罪悪感から酷く塞ぎ込んでいる様子でした。都合の良い相手を探しているのなら初めから言えばいいのに、独身だとウソをついて出会い系サイトに登録し、真剣な交際を求めている人を弄ぶのは止めてほしいです。世間では、出会い系サイトの印象はあまり良くなくて、危険なイメージがあるみたいなのですが、私の場合は、特に犯罪に巻き込まれたりしたことは無かったです。もちろん、実際に相手に会ってみるまでは個人情報は伏せ、それ以外の話題で相手の人柄を知っておくのが良かったんだと思います。
信頼できそうだと感じても、用心してカフェやファミレスなど人の目があるところで待ち合わせれば安全です。
ですが、自衛も必要ですので間違っても相手の車に乗るような事は止めましょう。

また、待ち合わせの時間を夜にするタイプの人と会うのは避けた方が良いでしょう。

多くの独身の人の出会いの場となっている出会い系サイトでも、相手と交際を始めるにあたっては、簡単に決めてはいけません。それというのも、出会い系サイトではプロフィールに真実を書かない人が意外と多いのです。一度会って良さそうだと感じてもすぐに交際したいという気持ちを抑え、直接会ったりメールしたりして関係を続けながら信頼できる人なのかを判断することが必要になります。

最近では、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人も増えています。そうした中で、他の参加者は会の主旨に賛同して集まっているのにもかかわらず、異性とばかり交流しようとする「出会い厨」は嫌われます。


それほどまでに恋人を探しているのなら、出会い系サイトで好みの異性を探すのがずっと効果的です。


オフ会で迷惑をかけ、出会い厨という不名誉な蔑称を与えられるよりも、出会い系サイトで相手を探した方がずっと簡単ですし、成功しやすいでしょう。社会人になってしまうと、恋人がほしくて出会いたいと思っていても、時間やタイミングが合わないという方も多いのではないでしょうか。



忙しい方にありがちですが、暇な時間を持てるのが通勤時間だけというのでは異性と出会う機会なんて無いに等しいです。

むしろ、この通勤時間を使って、出会い系サイトを介した交流を持ってみるのをおススメします。


メールとはいえ、異性と交流する訳ですから、気持ちに張りあいが出て、恋愛する気持ちが高まるでしょう。今まで出会い系サイトを利用した経験からみても、どれだけ頑張って女性にメールしても、残念ながら無視されて返事が来ないということもままあります。

こうしたことが多ければ多い程、実際に返信がもらえた時は次のセカンドメールをどう書いたらいいのか困るという話もよく聞きます。多くの人が経験する失敗ですが、ここで有頂天になってしまってあれやこれやと長々と書きこんだ文を送ることは避けてくださいね。

あまり長すぎず、丁寧で親しみやすいセカンドメールを送るようにするのが最適でしょう。多くの出会い系では機械の自動返信やサクラの存在があるのも事実ですから、出会い系を利用するにあたっては、相手が本当に出会いたいと思っている人なのか判断するのは出会い系を利用する上で必要不可欠のスキルだと言えます。簡単な事を言えば、いつでも同じ内容の返事を繰り返すような機械の不自然さを判断できるようでなければ、出会い系サイトに向いていないので、利用しない方が良いでしょう。機械やサクラより見分けづらい相手がキャッシュバッカーです。いつまでも関係が進展しないようであれば早々に見切りを付けましょう。

昨今のスマホ普及率には目覚ましいものがありますが、それによってそれまで出会い系サイトを利用していた層がアプリに移動したためか、出会い系アプリが盛り上がっているようです。
出会い系の名称通り、出会いに特化したシステムのアプリもありますし、匿名で不特定多数の相手とやり取りできる、多目的なコミュニケーションを可能にした友達探しや出会いにも使えるアプリも利用者が増えています。
出会える確率としては、とにかく利用者数が多いものの方が確立も上がりますが、アプリの利用目的によって相性の良いアプリを選べたら、よりアプリを便利に使うことが出来るでしょう。


出会い系サイトは雑誌や広告でよく見かける大手出会い系サイトや、あまり知られていないけれどもマニアックな趣味を共有できるサイトなどがあります。

また、それぞれに有料と無料があったりして、多種多様です。
ほとんどの出会い系サイトは、気の合う人同士を繋げるものなのですが、中には利用者の心理に付け込む悪徳業者が運営するサイトもあります。



こうした悪徳サイトは架空請求の被害に遭ったり、全てがサクラでどうやっても会えずに時間やお金を無駄にしてしまう事があります。


登録者数の多い大手の出会い系サイトであれば、小さなサイトよりも信頼性が高いと言えます。
とはいえ、利用者が多いため、出会い目的以外で登録している利用者、例えば詐欺師や悪徳業者などがごちゃまぜ状態になっています。
このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、腰を据えて取り組むのが一番だと思います。出会えた相手が理想的な人であっても、簡単に相手のことを信頼するのはNGです。

よく耳にする出会い系サイトでの被害は、どうやっても「出会えないこと」でしょう。利用者自身の性格や対応が悪いといった理由で出会うことが出来ないという場合は別です。
出会い系サイトの被害とは、サイト運営側が、本当は会えないにもかかわらず、会えるように見せかける詐欺行為を働いている場合だけです。簡単に言うと、女性会員がサクラしかいないといったケースや、最近多いのは相手からのメールと思っているものが機械がプログラムされた会話を返事している場合もあるそうですから、注意しましょう。



ほとんどの出会い系の利用者はニックネームを使っており、本名をそのまま載せている人はあまり見かけませんが、苗字はともかく名前はそのまま本名を登録しているという人は珍しくないでしょう。

しかし、メールのやり取りでどんどん仲良くなってくると、大胆な気持ちになってついうっかり本名を教えてしまうこともありますが、とても危険なことですから絶対に止めてください。
中でも、フェイスブックをやっている人は、設定によっては相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。



普通、出会い系である程度コミュニケーションが取れたら顔写真の交換などをして、相手の容姿をある程度理解しておくのが普通でしょう。結婚相手では無くちょっとデートしてみるという場合では、容姿も大事な要素になることは仕方ないことですね。写真はいくらでも加工できますし、何なら別人の写真を送っても相手には分かりませんが、会えば嘘と分かりますし、裏切られた気分になりますから、今後実際に会う予定があるのなら自分の写真を渡す方が良いです。それに、交換した相手の写真も偽物である可能性もあると意識しておきましょう。出会い系サイトの中でも、ポイントを換金できるようなシステムの出会い系サイトを利用する場合、キャッシュバッカーに気を付けましょう。

実は、サイトの利用者によっては交際相手を探している訳ではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。

こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。サクラとも違って、プログラムの自動返信でもないため一般の利用者との区別がつきにくいのです。
いつまでも連絡先を教えてくれず、ずるずるとメールを続けさせようとする場合は深入りするのは止めた方が良いかもしれませんね。



都会には自然と独身男女が集まっているナンパスポットがあると思います。確かにこのようなスポットなら出会える確率は高いのかもしれませんが、誰でも絶対に異性と出会えるかというと、そうではないですよね。そもそも、合コンやナンパのノリが嫌いな方はスポットでの出会いに抵抗があると思います。

そのような場合は出会い系サイトを使ってみましょう。

もちろん、最終的な目標は交際相手を見付けることですが、ただ異性とメールするだけでもワクワクできます。
ごく稀に、知人と出会い系で出会ってしまったという話を聞いたことがあります。

普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですから厄介な問題を抱えることも無いと思います。しかし、自己紹介の欄に顔写真を載せている場合は、悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、ご自身が出会い系サイトを利用していることが周囲にばれてしまう可能性があります。



他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、安易にサイトにアップしないように心がけましょう。
最近では、恋人がほしいのに出会いがないからと、いわゆる出会いパーティーの情報を集めている人も多いのではないでしょうか。明るく初対面でも緊張しないようなタイプの方であれば、きっと出会いパーティーでもチャンスを掴むことが出来ると思います。でも、多くの人がそうではありません。人見知りだったり緊張して異性と話せないというタイプの人は、出会い系サイトのメールなど、文章のやり取りから関係を深くしていくのが理想的な出会いの方法だと思います。

出会い系を利用したいと思っている方へのアドバイスですが、今どきは出会い系サイトよりも出会い系アプリの方が人気が高いです。

普段からパソコンを利用する人と比較してもスマホをメインに活用している人が多く、気軽に相手と交流できます。出会い目的ではなくコミュニケーションを目的としたアプリがあり、こうしたものを出会い系アプリのように利用する人もいます。
しかし、一般の利用者はこうした使い方を嫌って避けるでしょうし、成功率も低いため、出会いたいのなら出会い系アプリを活用するようにしましょう。
出会い系サイトというと、恋人探しや遊び目的で使う人が多いイメージですが、友達が少ないという方も多くの人と交流する機会を得るために出会い系サイトを利用するのもいいと思います。

出会い系サイトは、本来の趣旨である恋人を見付けられるだけでなく気の合う友人が見つかったというケースもあります。
とはいえ、ネット上やメールだけの関係は自然消滅しやすいですし、交際相手と出会えても気の合う友人は簡単には見つかるものではありません。
恋人探しのついでに友達も欲しい、という場合でないのなら、別の方法を探してみるのをお勧めします。
ある程度出会い系サイトのことを知っている方には当然かもしれませんが、出会い系サイトは出会いの場でもあると同時に、注意が必要になる場合があります。


主に男性の場合は、サクラやキャッシュバッカーに騙されてしまうとカモにされて金銭や時間を無駄にする危険があります。

真剣に恋人を探している場合は不倫相手を探している既婚者などに引っ掛かってしまう危険性があります。
警戒し過ぎなくらいが、出会い系サイトではちょうどよいといえます。ネット社会と言われる今日では、ネットを介して知り合った男女のカップルの話も聞きますし、出会い系サイトが縁で結婚して夫婦になることも意外と多いのです。出会いの場や婚活の場としても盛り上がりを見せる出会い系サイトなのですが、自衛を心がけないと、詐欺被害や犯罪に遭ってしまうかもしれません。

利用者が純粋に出会い目的で登録していないケースがあると忘れずに覚えておきましょう。



出会い系サイトがキッカケで知り合った異性とある程度お互いのことを知れたけれども、相手と直接会うには、もう少し相手のことを知ってからが良いと思う時もありますよね。または、とても親密になって早く会いたいのに、仕事の都合などで予定が合わず、すれ違ってしまうケースもあるでしょう。


このような時にはぜひ、スカイプを使ってみてください。

通話料金を気にしなくて良いですし、相手の顔を見て会話できます。とはいえ、相手のことを良く知らないのに顔出しすると、録画されて悪用される危険がありますから、相手のことを信頼できるまでは、設定でカメラをオフにしたり顔が映らないアングルにするといった工夫をした方がいいでしょう。

最近は婚活のスタイルが多様化したため、婚活といってもお見合いや紹介といった昔ながらの方法だけではありません。



手軽な婚活としては、出会いアプリを利用するといった方法も人気です。

出会い系は、遊びの付き合いを求める人が大多数というイメージを持っている人も多いですよね。でも、そうとも限りません。結婚してしあわせになろうと考えている方をみつけて連絡してみると、素敵な出会いに繋がるかもしれません。恋人探しのために出会い系サイトを活用しているけれど、上手く出会えずに悩んでいる方も増えているようです。

実際に出会えるためのコツは、ファーストコンタクトが上手くいくかどうかです。
極端な例ですが、初めてのメールからあまりに馴れ馴れしい態度だと、かえって相手に怪しまれてしまいます。
また、反対にあまりに堅苦しく重たい文面だと、気疲れさせてしまうでしょう。

こうした点を踏まえると、出会い系サイトのファーストメールでは、ほどよく丁寧な文体で送ると出会い系サイトでの恋人探しももっと効率的になると思います。