東京で「モテる モテない 男」を徹底検証|モテるリンピック事務局

ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。

その相手とはすごく意気投合して付き合い始めたそうです。

でも、しばらく付き合ってみると実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。
友人はまじめな性格ですから、精神的に立ち直るのに時間がかかったようです。都合の良い相手を探しているのなら初めから言えばいいのに、独身だとウソをついて真面目な交際を望んでいる人を翻弄するのは酷いと思いますし、絶対に許せないです。
出会い系サイトではどのような危険が考えられるでしょうか。



出会い系サイトはその匿名性から犯罪も多い場所ですが、とはいえ、多くの場合は未成年の利用者の場合です。

それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら深い関係になり、結果的に揉めてトラブルになる話が多いです。女性のサイト利用者が巻き込まれやすい犯罪としては、相手の運転する車に乗ってそのまま人気のない場所に連れ込まれるといったケースが多いようです。いずれにせよ、自衛することを心がけてください。
インターネット上の出会い系サイトは、それぞれサイトによって特色や特徴があります。

例えば、誰もが知る大手のサイトや特殊な趣味を持つ人が集まるサイト、あるいは利用料金の有無など、多種多様です。ほとんどの出会い系サイトは、気の合う人同士を繋げるサイトなのですが、中には、悪徳サイトもあるので、注意が必要です。間違って登録してしまうと、架空請求で法外な利用料金を請求されたり、相手がサクラやプログラムばかりで、どれだけ課金しても会えないという結果になってしまいます。出会い系サイトがおススメな理由は、実際に会ってみるより先にメール等でやり取りし、親しくなれそうな人だけを選んで会うことが出来るので、実際に会った時には盛り上がりやすいという点があります。


お互いの興味関心を調べておけば、話しやすくなることは間違いありません。

実際に会えると思って、やり取りも真剣な気持ちで行い、相手の性格を把握しておくことが大切です。これまでに出会い系を利用したことがある方ならご存知かと思いますが、出会い系ではお互いの顔写真を交換するものです。


結婚相手では無く遊びやデートならば、やはり見た目も重要視されるでしょう。

偽物の写真を送っても相手には分からないですが、実際に会ってみるとすぐに嘘だと分かりますし、相手を怒らせてしまう可能性だってあります。



いつか直接会って話してみたいと思う相手なら本物の写真を交換しましょう。
同様に、相手の写真も本物ではないかもしれませんから、安易に信じすぎないようにしてください。もし、お見合いで相手の写真にプリクラが使われていたら大問題ですよね。

ですが、出会い系で交換に使用する顔写真はルールがあるわけではないので、容姿が盛れるプリクラの画像データで代用することも出来ますし、自分の写真に修整をかけたものでも良いです。
ですが、修整をかけすぎて本人の面影が全く無くなってしまったのでは、会った時に裏切られたと思われて二度と連絡が取れなくなるケースもあります。容姿に自信が無いと写真を加工したくなる気持ちも分かりますが、結局関係が壊れては意味がありませんし、写真交換はそこそこにして、早めに会ってみたら良いと思います。


初対面の時に植え付けられたイメージは、その後でどのような事をしても簡単に覆されることは無いと聞いたことがあります。

ですから、もし、出会い系で知り合った相手と直接会うという機会があれば、清潔感があって異性ウケの良い服装で挑みましょう。ファッションを蔑ろにしたせいで、二度と連絡がつかなくなることもあります。



出会い系サイトで知り合ってから、せっかく出会いのチャンスまでこぎつけたのですから、充実した一日にするためにも服装や髪型などに気を配ることをおススメします。


出会い系サイトというと、恋人探しや遊び目的で使う人が多いイメージですが、友達が少ないという方も出会い系サイトを使って色々な人と交流してみるのがいいと思います。

意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、気の合う友人が見つかったというケースもあります。けれども、メールだけの関係では何となく連絡が途絶えがちになりますし、恋愛できても友人は特に出来ないままという人もいるでしょう。



恋人探しのついでに友達も欲しい、という場合でないのなら、別の方法を探してみるのをお勧めします。
友人の間で評判になっていた出会い居酒屋に連れて行ってもらったのですが、相手の女の子たちはそんなに容姿が良いわけでもないのに、料金がかさむし、ロクな事がなかったですね。同じような出会い方だったら、以前、出会い系サイトを使った時は、相手の容姿や盛り上がる話題を前もって知っていたので、充実した時間とお金の使い方が出来た気がします。
自分の場合はですが、出会い居酒屋でお金を使うよりも出会い系サイトを使った可愛い子と楽しい時間を過ごすための資金に使いたいですね。
実際に出会い系サイトを利用するなら、以下の事に注意してください。出会い系サイトの中には客寄せや課金率を上げるためにサクラを使っている事があるのです。


サクラの多くが、芸能人のような容姿や魅力的なプロフィールで登録していますから、騙されやすいと言えます。

仮に、このサクラに引っ掛かってしまうと、どれだけお金をつぎ込んでメールのやり取りをしてもそれ以上に進展することは無いですから、かけた時間もお金も全くの無駄になってしまうのです。こうした事態を避けるためにも出会い系に登録する前に、ネットの口コミサイトや情報掲示板などで評判を探り、サクラがおらず、評判の良い出会い系サイトを選べば、一般の利用者と出会える可能性が上がります。
出会いを求めた人たちに向けたイベントは各種ありますが、容姿に自信がなく、異性と話すのが緊張するタイプの人にとっては、ストレスがたまるものでしょう。参加しても、現場の雰囲気にのまれてしまって上手くいかず、諦めてしまうことも珍しくないのです。自分に無理をしてイベントに参加して辛い思いをするよりも、慣れるためにも出会い系サイトで異性とのやり取りを学びながら交際相手を探す方がずっと簡単ですし、ご自身の負担も少なくなると思います。

最近では、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人も増えています。



そうした中で、誰もそんなつもりで集まっている訳ではないのに恋人を探そうとする人は「出会い厨」と呼ばれます。出会い厨はオフ会ではほとんどの人から煙たがられる存在です。


人恋しく、異性との出会いを欲しているのなら、素直に出会い系サイトを活用した方が結果につながりやすいですし、誰にも迷惑がかからないでしょう。出会い厨などという蔑称で呼ばれるよりも、出会いを求めている異性を誘う方が失敗せずに済むでしょう。最近では多くの人がスマホを使っていますね。


そのうちの大多数がラインをダウンロードしていますよね。



それくらいラインは身近なものになっています。
出会い系で知り合った女性とも、サイト上だけでなくラインを使ってメールや電話を始めれば、さらに親しくなれますよね。

でも、ライン交換はあまり急ぎ過ぎると警戒されてしまいます。その聞き方によっては女性からの連絡が無くなることもあるので、ラインのIDについては、ある程度仲良くなってからさりげなく話題を出して相手の反応を見るなど、焦りすぎないようにしましょう。最近、出会い系アプリがキッカケで意気投合した異性と会ってみました。


サイト上のやり取り以外で、直接相手と会うのはこれまで経験が無かったので、前日まではずっと緊張しっぱなしでした。



けれど当日は悪い想像とは全く違って充実したデートになりました。どんなところに連れて行かれるのかな?という不安もありましたが、実際はすごく美味しいお店で話も弾みましたし、仕事の話やくだらないことまで別れが惜しくなるくらい盛り上がりました。これからもまた会おうと思っていますし、出会い系アプリをやっていてよかったと思いました。

最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、手軽に出会えるツールとして出会い系サイトで恋人を探す人も多いと思います。

実際に出会えるためのコツは、ファーストメースの出来の良し悪しです。ため口で軽い感じのメールも良いのですが、多くの場合はかえって相手に怪しまれてしまいます。
また、反対に生真面目で重たい内容ならどうかと言えば、関わるのも面倒に思われてしまいます。
ここでは両極端な例を出しましたが、意外とこうした事がきっかけで躓く人も多いのです。

ファーストメールの際は、ほどよく丁寧な文体を意識して送ると相手からの印象もずっと良くなって、出会いまでスムーズにいく可能性も高くなります。最近ではネット上で結婚相手と出会うことも多いみたいで、私の友人が旦那さんの事を知ったのは出会い系サイトだったそうなんです。

出会い系というと遊び目的の人が利用しているイメージがありましたが、二人は結婚を前提にした恋人を探していたらしく、交際してからもずっと仲が良くて、すんなりと結婚話が出たと言っていました。私から見ても二人はお似合いだし、旦那さんもすごく誠実そうな人でした。

今どきの出会い系は素敵な人と巡り合える可能性が高いんですね。
出会い系サイトの利用者数は、比較的女性が少ない傾向にあります。


そのため、男性からメールを送ったとしても多くが無視されてしまいます。



それに、女性がわざわざプロフィールを調べてメールを送ってくることも、滅多にありません。

ですが、医者などの世間的に高収入な職業についている男性は、女性からの沢山のメールをもらえると思います。



そうかといって、ご自身の職業を詐称すると、仲良くなっていくうちに怪しまれて結局自分の首を絞める事になるでしょう。
出会い系サイトを利用していると言うと、「危ないからやめた方が良い」という人が居ますが、これまで私は危険な感じはせず、相手も誠実そうな人が多かったです。



サイトやメールでやり取りする際には個人情報は伏せ、それ以外の話題で相手の人柄を知っておくのが良かったんだと思います。信頼できそうだと感じても、用心して周りに人の多いカフェなどで会うようにすれば、安心して出会い系サイトを利用できますよね。ですが、自衛も必要ですので間違っても相手の車に乗るような事は止めましょう。

また、よく知らないうちから、夜に待ち合わせをするような人は断っておきましょう。

自分の安全は自分で守らなければいけませんから、危ない場面には近づかない方が賢明ですよ。メールのやり取りが出会い系サイトでは重要なのはご存知だと思いますが、実際は女性にメールを送ってみても、返信されないことの方が多いのです。ですから、いざ返信を貰えても、次に送るセカンドメールをどうしたらいいのか悩むことも多いでしょう。


思いもよらず返信が来ると舞い上がってしまいがちですが、長々と自分のことを書いたメールを返信するのは止めましょう。セカンドメールもファーストメールと同様に、丁寧で適度な長さのものにするようにして下さい。最近は婚活のスタイルが多様化したため、婚活といっても古典的なお見合いや紹介とは全く違った方法が出てきています。お金も時間もそんなにかからず、簡単に出来る婚活としては、ネットの出会い系サイトを活用する方法があります。

多くの方は、出会い系サイトと聞くと一回だけの遊びが欲しいような人が大多数というイメージを持っている人も多いですよね。でも、実際は、そういう訳でもないようです。


結婚を考えて登録している人もちゃんといますから、プロフィールからそういった方を探して積極的にアプローチしてみましょう。登録者数の多い大手の出会い系サイトであれば、小さなサイトよりも安全だと言えます。しかし、サイトが信頼できるものだとしても問題は利用者です。



大手サイトは利用者が多いぶん、出会い目的以外で登録している利用者、例えば詐欺師や悪徳業者なども混ざっているのです。

このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、腰を据えて取り組むのが一番だと思います。



直接会うことになっても、安直に信用してしまっては、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。最近ではネット社会が発達し、誰もが気軽に連絡を取り合えるようになりました。

そんな中で多くの人と円滑な関係を結ぶためにはメール術が欠かせません。これは、出会い系サイトでのコミュニケーションにも重要に関わっていて、女性に送るメールの内容が悪くては上手くいくことは少ないと思います。



タメ口はもちろん、フランクで軽すぎる言葉遣いが好きな女性はほとんどいませんし、何かにつけて会おうとすると多くの場合失敗します。また、あまりに長文過ぎたり何かにつけて連絡するなど、向こうの都合を考えないようなメールでは、関係は終わってしまうでしょう。


見ず知らずの他人に自分の個人情報を渡すリスクを考えると、自分の連絡先は言いたくないが、向こうの連絡先はノーリスクで欲しいというのが出会い系サイトを利用した事のある誰もが一度は思うことでしょう。

特に女性は相手を簡単に信用しませんから、連絡先交換に消極的です。

仮に、知り合ってすぐに女性から連絡先を教えてくるようなことがあれば、それは女性のフリをした業者ということがあります。


「警戒しすぎ」と感じるかもしれませんが、これくらい意識しておいた方がトラブルに巻き込まれないでしょう。やはり、出会い系サイトを利用していると被害に遭う事もあるようです。


よくある事といえば、例えサイト上やネット上で仲良くなったとしても、それ以上進展しないということです。この被害について、本人の性格やその他の問題で関係を断たれてしまう、といったケースは別問題でしょう。


ここで問題になる被害とは、どれだけ課金してやり取りしようと、出会えないシステムになっているものをサイト側が隠しているといったケースでしょう。例えば、女性会員がサクラであったり、今では相手が生身の人間でなく機械で自動的にやり取りしているといったことも急激に増えていると聞きます。

一度でも出会い系について調べたことがある人ならご存知だと思いますが、出会い系ではサクラや自動返信といった詐欺まがいの相手に騙されることがあります。
ですから、出会い系サイトを利用する際には、本当に出会いを求めている利用者なのかどうかを判断することは大変重要であることが分かると思います。

簡単な事を言えば、常に同じ返信しか返ってこない機械の自動返信を判断出来ないようでは、お金も時間もつぎ込むだけ無駄でしょう。また、キャッシュバッカーの存在にも注意が必要です。
昨今のスマホ普及率には目覚ましいものがありますが、それによってそれまで出会い系サイトを利用していた層がアプリに移動したためか、出会い系アプリの利用者も増えています。



出会いを目的に相手を探せるアプリもありますし、相手を特定せずにやり取りできる、多目的なコミュニケーションを可能にした友達探しや出会いにも使えるアプリも利用者が増えています。

一般的に、登録者数が多いアプリはそれだけ出会いの可能性がありますが、アプリの使い勝手や目的によって、ご自身に都合の良いアプリを使うことが、出会い系アプリを楽しむ上で大切です。多くの人が感じていると思いますが、長文メールは普段の時でも出会い系においても、相手が重いと感じてしまいます。

もし、出会い系サイトで女性と知り合えたのなら、相手に引かれてしまわないよう、極端な長さにならないよう適度な長さのメールを送ることが大切です。


一方で、女性のメールの長さがあまりにも短いものばかりであれば、相手の女性は出会い目的ではなく、サクラや機械かもしれません。都会には出会いを求めた男女にピッタリのナンパスポットと呼ばれるような場所があると思います。しかし、このような場所に足を運んだからといって、誰にとっても平等な出会いの機会があるわけではないでしょう。
そもそも、合コンやナンパのノリが嫌いな方はスポットでの出会いに抵抗があると思います。そのような場合はネットの出会い系を利用してみるのが良いのではないかと思います。利用してすぐに交際相手が見つかるとは限りませんが、異性とメールするだけでも楽しい気持ちになると思います。

ネットでの出会いがきっかけで交際を始めたカップルも多いですよね。

それに、中でも出会い系サイトは、もともとが出会いの場を求める男女が利用するサイトですから、ここで出会ったカップルが結婚まで進んだというケースもよくある話です。


こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、相手の言うことをそのまま信用してしまうと詐欺被害や犯罪に遭ってしまうかもしれません。相手が自分と同じ目的で利用していないこともあるのだと分かっておきましょう。最近では、出会い系サイトといえば犯罪被害や詐欺被害ばかりがクローズアップされ、良くない印象を持っている人も多いと思います。ですが実際は、お見合いなどよりも敷居が低く出会いの可能性が高いということで、真剣な交際を考えた人がいますので、利用して様子を見てみるのもおススメです。ですが、女性の利用者が圧倒的に少ないので大半の男性が理想の女性と出会えるまでには根気と努力が必要になるでしょう。あるいは、女性のケースでは犯罪被害に遭わないよう、個人情報の管理をしっかりとし、迂闊な行動をしないよう注意しましょう。