東京で「マイペース 男 モテる」を徹底検証|モテるリンピック事務局

近頃、出会い系サイトを使っている人が増えていると聞きますが、その理由として、先にサイト上で親しくなれた人とだけ会う訳ですから、直接会った時は会話が弾んで楽しい時間を持ちやすいということが言えます。

相手が喜ぶような話題を調べておけば、きっと話題の尽きない楽しい会話になるはずです。
実際に会えると思って、やり取りも真剣な気持ちで行い、ある程度、相手のことを理解するように努めるのが良いと思います。出会いを求めて婚活パーティーや出会いパーティーの参加を考える人も多いのではないでしょうか。


どんな人とでも仲良くなれて自分から話しかける事に抵抗がない人だったら、出会いパーティーにおいても、結果を出すことが出来るでしょう。
しかし、話が得意ではなかったり、異性に話しかけづらいと思っている方もいるでしょう。そういう場合は、まずは出会い系サイトで文面だけのやり取りで慣れていくのが成功率が高いです。私は何度か出会い系サイトを利用しています。
それを友人に言うと心配されることが多いのですが、私の経験では、危ないと感じたことはありません。直接会ってみて、相手の様子を確かめてみるまでは氏名や住所などは絶対に教えないようにしておいて、人の目が多い場所を待ち合わせ場所にすれば、安心だと思います。もちろん良く知らない相手と密室で二人っきりという状況にならない為にも、ドライブなどの誘いは断りますし、日が落ちてから会うのも初めからきちんとお断りしましょう。


出会いの場として、ネットゲームやコミュニティのオフ会を挙げる人がいますが、誰もそんなつもりで集まっている訳ではないのに出会いを求めるような人は、出会い厨としてオフ会では絶対に来てほしくないタイプの一人でしょう。
交際相手を探すのを目的にするのであれば、素直に出会い系サイトを活用した方が良いと思います。

出会いの場でもないところで自己アピールして周囲に迷惑をかけるよりも、誰もが出会いを求めている出会い系サイトを利用する方がスムーズだと思います。出会い系サイトに限らず、異性と初めて出会った時の印象の良し悪しが、後々の関係まで大きく影響するということを知っていますか。これを踏まえて、もし、出会い系で知り合った相手と直接会うという機会があれば、あまり奇抜すぎず、清潔感のある服装を心がけてください。
適当な服装で出向いたために、二度と連絡がつかなくなることもあります。



やり取りを重ね、会える段階までこぎつけたのですから、第一印象で失敗しないよう、身だしなみにも気を配るようにしましょう。

出会い系サイトの多くはポイント換金制で、サービスの利用によってポイントを使ったり貯めたりできますが、いわゆるキャッシュバッカーに引っ掛からないように注意しなければいけません。
実は、サイトの利用者によっては異性と出会いたいと思っているのではなく、サイト上でメールややり取りを繰り返すと溜まるポイントを換金するのが目的の人が居るのです。
サイトが雇うサクラでもなく、プログラムの自動返信でもないため判断しにくいですが、いつまでも連絡先を教えてくれず、ずるずるとメールを続けさせようとする場合は早めに見切りをつけるべきです。
都会には出会いを求めた男女にピッタリのナンパスポットと呼ばれるような場所があると思います。



しかし、こうしたスポットに行ってみても、残念ながら出会えない人も珍しくないでしょう。


そもそも、合コンやナンパのノリが嫌いな方はスポットでの出会いに抵抗があると思います。

そのような場合は出会い系サイトで異性と知り合う方法がおススメです。
もちろん、最終的な目標は交際相手を見付けることですが、異性とメールするだけでもワクワクできます。ドラマや小説では、よくバーで出会った男女が良い雰囲気になる場面が見られます。
こういう出会い方は一度は経験してみたくなりますが、こんなドラマチックな出会い方をするカップルは稀です。

一般的には、バーで好みの異性を見付けても、そう簡単に話しかけるなんてできませんし、ましてや連絡先の交換まで出来る人はそうはいません。

出会い系サイトであれば、恋人がほしいけれど、自主的に行動したり話すのが得意ではないという悩みを抱えている方もまずはメールでお互いの距離を縮めていけるので、相手を見付けることが出来るでしょう。

出会いのキッカケや婚活に便利な出会い系サイトなのですが、いくつかの被害が報告されています。
具体的には、例えサイト上やネット上で仲良くなったとしても、それ以上進展しないということです。被害といっても、利用者のコミュニケーション能力の問題が出会いの障害になっているといったケースでは別です。



ここでいう被害とは、システム上、絶対に出会えないケースです。
例えば、女性会員がサクラであったり、最近では機械の自動返答というケースも急激に増えていると聞きます。


この前、ある出会い系アプリを使って知り合った異性の人と、初めて会ってデートしました。
サイト上のやり取り以外で、直接相手と会ったことがなかったので、前日まではずっと緊張しっぱなしでした。

けれど当日はこんな心配が嘘みたいに相手の方と意気投合し、楽しくデートできました。お店もお洒落で美味しかったですし、趣味や仕事といった話も、アプリでのやり取りとはまた違って別れが惜しくなるくらい盛り上がりました。


またデートする約束もしましたし、次に会うの時がすごく楽しみです。
一般的に、出会い系サイトと聞いて嫌な顔をする人も珍しくありません。確かに出会い系サイトには危ない一面もありますが、それは一般的な婚活サイトや出会いの場でも同じです。同様に、出会い系サイトにも真剣な交際を目的にした人が多く登録していますから、イメージだけで拒絶するのはおススメしません。


数ある出会いの選択肢に入れてもいいと思います。

とは言っても、男性の数が多いのは間違いありませんから、男性の利用者が女性との関係を進展させるまでには根気と努力が必要になるでしょう。出会い系サイトに女性が登録する場合は、やはり、犯罪に巻き込まれる事がないよう安易に相手を信用し過ぎないことが大切です。

今どきの人間関係をより良くするには、受信した人が喜ぶようなメールのテクニック(メール術)が必要だと思います。
メール術は出会い系サイトにおける相手とのコミュニケーションにも関わる技術で、男性側がいくらアタックしても、メール術を学んでいないようではなかなかやり取りを続けることが難しいのではないかと思います。
基本的にはですます口調で丁寧な方が良いのはもちろん、何かにつけて会おうとすると嫌がられます。また、あまりに長文過ぎたり何かにつけて連絡するなど、向こうの都合を考えないようなメールでは、関係は終わってしまうでしょう。これから出会い系サイトを利用しようと考えている人に、ぜひご一読いただきたいことがあります。

それは、出会い系サイトで犯罪に巻き込まれたという話です。

中でも未成年に関するトラブルの数は群を抜いて多いようです。

それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、サイトを介して女子高生など18歳未満の女性と出会い、関係を持った結果、トラブルに巻き込まれる等のケースが多いです。女性のサイト利用者が巻き込まれやすい犯罪としては、サイトで出会った男性の車に不用意に乗ってしまい危ない場所へ連れて行かれたといった手口が横行しているようです。恋人がほしくて、ネットを使って出会いを探す人もいますよね。


最近では、趣味のオフ会に参加して交際相手が見つかるという話もよく耳にしますが、ほとんどの場合、オフ会で異性にアプローチする人は出会い厨という不名誉な名前で呼ばれかねません。

オフ会の参加者はみんなフリーだとは限りませんし、ハッキリ言って、恋人を探したくてオフ会に参加するのは遠回りだと思います。むしろ、初めから出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性を探した方がずっと成功しやすいと思います。ネット社会と言われる今日では、ネットを介して知り合った男女のカップルも多いですよね。

それに、特に出会い系サイトはお互いの目的がハッキリしていますから、ここでの出会いがきっかけでゴールインを果たすなんてこともよくある話です。



こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、不用意に個人情報を公開したり、安易に相手を信用し過ぎると詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。純粋に出会いたい人だけが出会い系サイトを利用しているのではないことを理解して利用しましょう。
個人情報流出などとよく耳にしますが、出会い系サイトでも簡単に本名や住所を相手に教えてしまう人が増加しています。近年は出会い系サイトのイメージが変わってきたとはいえ、良心的なサイトばかりではないため、プライバシーに関わることを伝えるのは性別や年齢、住んでいる地方や趣味関心程度で十分だと思います。特に、身分証明書の画像は簡単にネット上に上げないでくださいね。サイト上でいくら気が合ったとしても、直接会ってみるまではプライバシーにかかわる部分は簡単に伝えないと意識しておいてください。

スマホ所有者の多くが、ラインを使っているようで、ラインは身近なものになっています。できる事なら、出会い系で知り合った女性とはメールだけでなくてラインのIDを交換できれば、より身近になって親密度が上がる事は間違いありません。


とはいえ、話題の振り方が悪ければ女性からの連絡が無くなることもあるので、ある程度お互いの事を知ってから、それとなく話題に出して相手の様子を探るなど、冷静になる必要があるでしょう。メールのやり取りが出会い系サイトでは重要なのはご存知だと思いますが、実際はどれだけ頑張って女性にメールしても、残念ながら無視されて返事が来ないということもままあります。
ですから、せっかく女性から返信が来たとしてもセカンドメールの内容を書くのに困ることもあると思います。ここで失敗しがちなのですが、浮かれるあまり長文メールを返信するのは避けてくださいね。長文過ぎるメールはそれだけで引かれてしまう可能性が高いので、適度な長さで親しみのあるセカンドメールを送るようにしましょう。

みなさんが利用しているスマホですが、最近では様々な形で出会いを斡旋するアプリが使われているようです。
出会い系の名称通り、出会いに特化したシステムのアプリもありますし、特に相手の性別や年齢などを指定しないままメッセージをやり取りするタイプの暇つぶしとしても出会い系としても使えるものも登場しています。選ぶ基準としては、利用者数を参考にするのも良いのですが、アプリ特有のシステムやこだわりは様々ですので、自分好みのものを選ぶのが一番です。


見ず知らずの他人に自分の個人情報を渡すリスクを考えると、自分の連絡先は言いたくないが、向こうの連絡先はちゃんと教えてほしいというのが出会い系サイトを利用した事のある誰もが一度は思うことでしょう。
犯罪の被害に遭う危険性の高い女性は、警戒心も強く連絡先交換に消極的です。

女性側から積極的なアプローチがあったり、率先して連絡先を交換したがる場合には、個人情報を聞き出すために女性のフリをした悪質な業者というケースもあります。「警戒しすぎ」と感じるかもしれませんが、これくらい意識しておいた方が良いでしょう。出会い系アプリには様々な種類のものが登場していますが、人気のアプリにはスマホユーザーの多くが利用しているLINEのIDを公開してやり取りできるものがあるのです。こうしたアプリの特徴としては、相手の年齢や性別に的を絞って探すことが出来るため、簡単に出会いに繋がりやすいと言えます。
一般的な出会いサイトを利用していると、知り合ってすぐにLINEのIDを聞くのは難しいものですよね。


でも、先に書いたような出会い系アプリを使えば、手間を大きく省いた状態で始めることが出来ます。


私の友人は去年結婚したのですが、旦那さんの事を知ったのはインターネットの出会い系サイトだそうです。

出会い系というと遊び目的の人が利用しているイメージがありましたが、二人は結婚を前提にした恋人を探していたらしく、交際してからもずっと仲が良くて、何の支障も無く結婚を決めたそうです。
私から見ても二人はお似合いだし、旦那さんもすごく誠実そうな人でした。今どきの出会い系は遊びじゃなくて真剣な交際を期待できることを知って驚きました。
せっかく出会い系サイトに登録したのに、思ったような結果が出ないという男性の話もよく耳にします。



その背景には、女性の数があまりに不足しているという点があるでしょう。ですから、自分から女性にメールをしても殆ど返事が来ないです。



また、男性のプロフィールを調べた女性がメールしてくることも、そうそうあることではありません。
とはいえ、男性の中にも例外の方がいます。
それは社長や医者、弁護士といった高収入の男性です。その場合、肩書の魅力や玉の輿に乗りたいという女性からの沢山のメールをもらえると思います。ただメールが欲しいならばプロフィールに嘘を書くこともできますが、直接会った時や親密になる過程で綻びが出て面倒な事になるかもしれません。一般的な出会い系でのプロセスとしては、メールでのやり取りが上手くいけば、そのまま写真を要求しあいますよね。結婚相手なら容姿よりも性格その他が重視されますが、ちょっとデートしてみるという場合では、殆どの人が容姿を重視するのも当然でしょう。自分に自信がない方が、別人の写真を渡す気持ちも分かりますが、会えば嘘と分かりますし、裏切られた気分になりますから、いつか直接会って話してみたいと思う相手なら素直に本当の写真を送るべきでしょう。

それに、相手がくれた写真も本人ではない可能性がありますから、安直に信じるのは危険です。

出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、短期間で親しくなることも可能でしょう。ですから、出会い系サイトのプロフィール欄にはご自身の趣味や関心をしっかりと載せた方が、相手に見てもらえる可能性が高いと言えますね。例えばマニアックな趣味を持っている場合、恥ずかしいと思って公表しない人もいると思います。でも、知っている人が少ないマニアックな趣味ほど、趣味を同じくする者からは親近感を持ってもらいやすいでしょう。

ですから、マニアックな趣味も自信を持って書いておくことをおススメします。
確率は低いものの、出会い系サイトを通じてコミュニケーションを取っていた相手が、実際の知り合いだったという嘘みたいな話が実際にあったそうです。羞恥心もありますが、お互い隠しておきたいことでしょうからそこまで大きな問題にはなりません。でも、プロフィールにご自身の顔写真を掲載していた場合は、悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、自分が出会い系サイトを利用していると周囲に晒されることがあるのです。

また、顔写真を悪用される可能性もあるので、安易にサイトにアップしないように心がけましょう。



一口に婚活といっても、最近の婚活は昔ながらのお見合いや紹介といったスタイルに限りません。

例えば、簡単な方法で言えば、出会い系サイトがおススメです。


なんとなく出会いと聞くと、どちらかというとその場限りで楽しめる出会いを欲している人が大多数というイメージを持っている人も多いですよね。

でも、そうとも限りません。



意外に思うかもしれませんが、出会い系サイトには婚活のために登録している人も多くいます。そういった人を自己紹介から探して連絡するのをおススメします。結婚を視野に入れた真剣な交際を望んでネットの出会い系を使う方も増加していますが、純粋な気持ちで出会いを求めている訳ではない人に注意してくださいね。



例えば、結婚しているのに遊び相手を探している人や個人情報を収集し、業者に売却する悪徳業者もいますので、騙される被害を受けないように、怪しい人や話には近づかないようにして下さい。

女性の場合は慎重過ぎるくらいの警戒心が必要です。相性の良い友達が少なくて悩んでいる人は、色々な人と話すチャンスを手に入れるために、出会い系サイトに登録してみるのも選択肢の一つです。交際相手のみならず同性の友人が見つかる場合もあります。



しかし、友達になったとしてもサイトやメールのやり取りだけでは自然と連絡が途絶えることも多いですし、交際相手と出会えても友達は出来ないまま、ということも珍しくありません。恋人探しのついでに友達も欲しい、という場合でないのなら、出会い系サイトでは上手くいかない可能性の方が高いでしょう。

あれこれと長いメールは、たいていの女性が嫌がります。

出会い系サイトを利用中に女性から連絡が来たならば、そのチャンスを生かすために、短文過ぎず長文過ぎない程よい長さのメールを送信してください。

あるいは、相手から送られるメールが短いものばかりだと、相手の女性がサクラや機械といった出会い目的以外の場合がありますから、注意してください。