大阪で「真面目 男 モテる」を徹底検証|モテるリンピック事務局

世間で言われているように、出会い系サイトは出会いの場でもあると同時に、注意が必要になる場合があります。男性のケースで言うと、会えないサクラやキャッシュバッカーに騙されて良いように利用されて、時間やお金を無駄にしかねません。あるいは、恋人探しという自分の目的とは違って不倫相手を探している既婚者などに騙される可能性も有ります。

こうした数々の危険から身を守るためにも、迂闊な行動はとらないようにしましょう。



見ず知らずの相手に自分の容姿を伝える顔写真には気を遣うものです。

とはいえ、お見合い写真ならまだしもネットの出会い系サイトで交換し合う顔写真であれば深く考える必要は無く、容姿が盛れるプリクラの画像データで代用することも出来ますし、写真加工ソフトやアプリで修整をかけて、容姿を軽く整えても大丈夫です。
でも、全く別人のような写真では、会った時に裏切られたと思われてそれまでの関係が壊れることも珍しくありません。

容姿に自信が無いという場合は、そのまま会うという選択であれば成功しやすいでしょう。恋人を作るための時間やイベントの多かった学生の頃と違って、社会人ともなると、異性と知り合う機会を増やそうと思っても、時間が取れずに失敗することが多いです。毎日のルーティンで会社と職場を行き来しているだけでは異性と出会う機会なんて無いに等しいです。
むしろ、通勤の時間を有効活用して、出会い系サイトなど、ネットで出会いを求めてみてはいかがでしょうか。
メールとはいえ、異性と交流する訳ですから、マンネリな生活の刺激になって、楽しみが増えるでしょう。出会い系サイトというと、どうしても悪い印象を持つ人が多いようです。

けれど、私の場合は、特に危険な感じはせず、相手も誠実そうな人が多かったです。
サイトやメールでやり取りする際には本名や住所については秘密にしておいて、カフェやファミレスなど人の目があるところで待ち合わせれば安心して出会い系サイトを利用できますよね。

当然ですが、ドライブなどは密室になって危険です。
あるいは、待ち合わせの時間を夜にするタイプの人と会うのは初めからきちんとお断りしましょう。出会い系サイトがキッカケで知り合った異性と親密度は上がってきたけれど、相手と直接会うには、もう少し相手のことを知ってからが良いと思う時もありますよね。
または、早く会ってみたいのに都合が合わずに、もどかしい思いを抱えることもあります。そんな時にはとりあえず、スカイプを使ってみてはいかがでしょうか?通話料金を気にしなくて良いですし、お互いの顔を出して話すことも出来ますよね。とはいえ、顔出しは後にトラブルを引き起こす恐れがあるので、本当に信頼できる相手以外とは、顔出し通話をしない方が心配が少なくて済みます。最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、手軽に出会えるツールとして出会い系サイトで恋人を探す人も少なくないでしょう。
実際に出会えるためのコツは、最初のメールが上手くいくかどうでしょう。



軽い文面のメールは明るく親密感のある印象を与える反面、警戒されて返事がきませんし、真面目な交際に進展することは殆どありません。とはいえ、真面目過ぎて固いメールが良いかというと、それもかえって関わるのも面倒に思われてしまいます。

ここでは両極端な例を出しましたが、意外とこうした事がきっかけで躓く人も多いのです。


ファーストメールの際は、ほどよく丁寧な文体を意識して送ると返信も来ますし、出会いまで繋げることも可能でしょう。


多くの人は出会い系サイトで本名を公開することに抵抗があるようで、実名を公表している人は珍しいですが、名前の部分については、自分の名前を使うという人もいるようです。メールやサイトでやり取りをしあってどんどん仲良くなってくると、大胆な気持ちになってうっかり本名を伝えてしまう事もあると思います。でも、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。


中でも、フェイスブックをやっている人は、公開する範囲の設定が誰でも見えるような状態だと本名で検索され、個人情報が流出してしまうかもしれません。出会い系サイトが発端の犯罪に巻き込まれる危険性を考慮した際、見ず知らずの相手に自分の連絡先を伝えるのは躊躇します。しかし、好みのタイプの相手の連絡先は無条件で欲してしまうのが多くの出会い系サイト利用者に共通する悩みだと思います。



中でも女性は自衛心が強いですから、連絡先交換に消極的です。
女性にもかかわらず連絡先を公表していたり積極的に聞いてくる場合は、個人情報を収集している悪徳業者という可能性が高いです。



「警戒しすぎ」と感じるかもしれませんが、これくらい意識しておいた方がトラブルに巻き込まれないでしょう。



メールのやり取りが出会い系サイトでは重要なのはご存知だと思いますが、実際はどれだけ頑張って女性にメールしても、無視されることが多いです。このような状態に慣れてしまうと、かえってセカンドメールの具体的な内容に躓いてしまう方も多いようですね。

多くの人が経験する失敗ですが、ここで有頂天になってしまって長文メールを返信するのは止めましょう。
長文過ぎるメールはそれだけで引かれてしまう可能性が高いので、適度な長さで親しみのあるセカンドメールを送るようにしましょう。



現実の交際ではじっくりと相手を見るのも大切ですが、出会い系のポイントはとにかくたくさんの相手にコンタクトを取るということでしょう。


魅力のある女性はその分競争率が高いので、男性は積極的にメールを送りましょう。


そのメールの内容も重要です。



いくら数が多ても内容が興味を引くものでなければ返信はきません。
ですから、女性にとって好感度の高い、適度に丁寧で重すぎないメールをひな形に、相手に合わせて軽く修整して送るというのが良いでしょう。現実の婚活では、公務員は女性から人気の職業ですが、出会い系サイトにおいても、やはり競争率が高いです。



交際だけでなく、結婚も考えて本気のお付き合いを望んでいる女性からすると、手当も手厚く安定性が抜群の公務員は憧れの職業と言っていいかもしれません。とはいえ、公務員の方が出会い系サイトを利用する場合、プライベートな情報はなるべく隠して行動しないと、簡単に個人を割り出されてトラブルを抱えることもありますから、慎重に行動した方が良いでしょう。

恋人探しや婚活のために出会い系サイトを利用する方も多いですよね。



出会い系サイトを使う利点といえば、先にサイト上で親しくなれた人とだけ会う訳ですから、話が弾みやすいという点でしょう。


メールやサイト上のやり取りで、相手の趣味などを把握すると、お互いの共通の話題や盛り上がる話もしやすくなるでしょう。
もちろん、サイト上でやり取りが終わってしまう場合もありますが、会うまで進展することを考えてメールのやり取りも蔑にせず、ある程度、相手のことを理解するように努めるのが良いと思います。
一部の出会い系サイトには客寄せや課金率を上げるために登録者の中にサクラを紛れ込ませている事があります。

一般的に、サクラは魅力的な容姿やプロフィールを偽装しているため騙されやすいのです。サクラに騙されてしまうと、どれだけお金をつぎ込んでメールのやり取りをしても交際に発展するどころか、会えるなんてことはまずあり得ないので、かけた時間もお金も全くの無駄になってしまうのです。
貴重な時間をとお金を無駄にしないよう、あらかじめ口コミやネットでの情報を収集して悪評の高いサイトは使わないよう、自分で判断することが大切です。ネット上には数多の出会い系サイトが存在します。それも、多くの人が登録している大手のサイトや、少数だけれども趣味や関心が同じ人がいるサイト、また、これらのサイトにも有料無料があるなど、選ぶのに迷ってしまうほどの数があります。



その多くが、出会いを求める人と人を繋げるサイトなのですが、一部には、利用者を騙す悪質な出会い系サイトも存在しますので、騙されないように気を付けましょう。これらの悪質サイトに誤って登録した場合、法外な料金を請求され、トラブルになるケースもありますし、全てがサクラでどうやっても会えずに時間やお金を無駄にしてしまう事があります。
今どきの婚活は昔ながらのお見合いや紹介といったスタイルに限りません。話題の婚活では、出会いアプリを利用するといった方法も人気です。


多くの方は、出会い系サイトと聞くとその場だけの楽しみを求めるようなタイプの人が利用者の多数を占めているという印象の人も多いでしょう。

ですが、意外とそんなことはありません。

事実、婚活のために出会い系サイトを利用している人もいるので、自己紹介のページを読んでみてからアプローチすると意外と繋がるものです。出会い系サイトではどのような危険が考えられるでしょうか。
出会い系サイトはその匿名性から犯罪も多い場所ですが、実際のところ、出会い系サイトを介した犯罪の関係者といえば、未成年が大半です。



大人の男性が巻き込まれる犯罪として最も多いものは、出会い系サイトで知り合った女性が18歳未満と承知の上で児童買春してしまい、トラブルになる等のケースが多いです。


女性が犯罪に巻き込まれるケースでは、性犯罪の被害者となるケースが多いです。

サイトで出会った男性の車に不用意に乗ってしまいそのまま人気のない場所に連れ込まれるといったケースがよく見られますから、相手を安易に信用し過ぎないようにしましょう。
出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、出会い系を活用するならば、相手が本当に出会いたいと思っている人なのか判断するのは大変重要であることが分かると思います。
簡単な事を言えば、常に同じ返信しか返ってこない自動返信のメールなのかを判断できるようでなければ、貴重な時間もお金も溝に捨ててしまうようなものでしょう。あるいは、スムーズに会話が弾んだとしてもキャッシュバッカーという事もありますから、警戒心は忘れずに持っておきましょう。
全くの他人より、趣味が同じ人の方が話しやすいことがありますし、時間をかけずに親密な関係になることも出来ます。そういう意味でも、出会い系サイトの自己紹介には少しでも興味のあることや関心があることを記入しておきましょう。多くの方が躊躇するのが、マニアックな趣味を書いても良いものかということでしょう。

マニアックな趣味は引かれることを考えると恥ずかしくて書きにくいですよね。でも、マニアックなものほど同じ趣味を持つ人からは仲良くなりやすいと言えます。
ご存知のように、出会い系サイトはプラスなところとマイナスなところがあると言えるでしょう。人間関係の希薄さを突き、弱みを握って金銭を騙す悪徳業者や個人の存在も確認されています。



会ってみたら、サイトでのやり取りが嘘のように暴力的な言動の男性ということも珍しくありません。



浮気相手を探すために出会い系サイトを悪用し、女性を泣かせている人もいます。



それとは逆に、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、出会い系がプラスに働くかどうかは、人それぞれといった部分があることは否定できません。



一般的に、長文メールは、普段の時でも出会い系においても、相手が重いと感じてしまいます。
実際に出会い系で女性からメールを貰った場合は、メールのやり取りを長くできるように、長すぎず、短すぎない適度な長さを考えてメールを送ることを意識しましょう。

ところで、女性から送られるメールの長さですが、短文で変わらない場合は相手の女性は出会い目的ではなく、サクラや機械かもしれません。

ほとんどの出会い系サイトでは、女性と男性の会員数には大きな開きがあり、女性にファーストメールを送っても無視されてしまうことも珍しくありません。また、女性側が男性のプロフィールをみて連絡をくれるというケースは極めて稀です。
とはいえ、男性の中にも例外の方がいます。

それは社長や医者、弁護士といった高収入の男性です。

その場合、肩書の魅力や玉の輿に乗りたいという女性からの積極的なアプローチが尽きる事はありません。それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、仲良くなっていくうちに怪しまれて面倒な事になるかもしれません。今のネット社会において、どのようにしたら人間関係を上手く築くことが出来るでしょうか?それにはやはり、相手の喜ぶ文面がつくれる「メール術」が大切になってきます。
メール術は出会い系サイトにおける相手とのコミュニケーションにも関わる技術で、メール術を身に付けていない男性は、出会い系でもなかなかやり取りを続けることが難しいのではないかと思います。



具体的には、ですます口調で丁寧な方が好感度は高いですし、下心を隠そうともしない態度では警戒されて終わってしまいます。また、単純な事ですが、相手の都合や負担に考慮してメールを送らなければ、女性から返信が来ることは無いでしょう。バーで出会った二人が付き合い始めたと聞くと素敵な感じがしますが、現実にバーで運命の出会いをしたカップルは滅多にあるものでもありません。
一般的には、バーで好みの異性を見付けても、普通は声をかけるのも緊張するものでしょう。


こうした場合、出会いの場としておススメするのが出会い系サイトです。



出会い系サイトであれば、異性と積極的に交流できないという人も顔を合わさないメールでの交流からスタートするので、自分らしい出会いの方法を考えることが出来ると思います。
普段の生活の中でネットに触れていない人は殆どいないのではないでしょうか。SNS等で知り合ったというカップルも珍しくありません。また、出会い系サイトを介した出会いで結婚することも意外と多いのです。


しかし一般的なSNS等と違って、出会い系サイト出会いを求める場合は相手の言うことをそのまま信用してしまうと犯罪被害に遭ったりトラブルに巻き込まれる危険があるのです。利用者が純粋に出会い目的で登録していないケースがあると理解して利用しましょう。出会い系利用者が、サイトに登録した事で被る被害といえば、実際に出会えない、ということです。


当然ですが、本人の対人スキルの問題によって出会いまで進展しないというのは違います。出会い系サイトの被害とは、出会い系サイトの運営側が、出会えないものを出会えるように見せかけているといった場合です。

具体的には、そもそも女性として登録している利用者がサクラであるとかそもそもメールの相手が人間ではなくプログラムされた文章の自動返信なども急激に増えていると聞きます。友人が出会い系サイトを利用して酷い目に遭ったと言っていました。相手とすぐに親しくなって交際を始めたそうなのですが、交際3ヶ月あたりで実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。友人はまじめな性格ですから、精神的に立ち直るのに時間がかかったようです。

遊びたいがために既婚者がフリーを騙って真面目な交際を望んでいる人を翻弄するのは酷いと思いますし、絶対に許せないです。
私の個人的な経験ですが、この間、出会い系アプリで話が合った人と初めて会ってみたんです。
アプリでやり取りした相手と会うことは未経験でしたから、「思っていた人と違っていたらどうしよう」「トラブルに巻き込まれたらどうしよう」と心配していたのですが、予想よりずっと相手の方と意気投合し、楽しくデートできました。

お店もお洒落で美味しかったですし、趣味や仕事といった話も、アプリでのやり取りとはまた違ってとても盛り上がって、すごく距離が縮まったと思っています。ですから、次のデートの約束もしました。とても楽しみです。
友人の間で評判になっていた出会い居酒屋に連れて行ってもらったのですが、かわいい女の子と相席になる事も無かったですし、料金はこっちもちなのに高いものばっかり注文されるしで、ロクな事がなかったですね。



同じような出会い方だったら、前に出会い系がキッカケで出会った子の方が可愛くてもっと親密な関係になることが出来ました。誰が来るか分からない出会い居酒屋は一期一会の楽しみもあるのですが、自分としては時間は必要になりますが、出会い系の可愛い子と楽しい時間を過ごすための資金に使いたいですね。恋人も欲しいけれど、出来たら気の合う友達とも出会いたいという人は、出会い系サイトを使って色々な人と交流してみるのがいいと思います。

交際相手のみならず相性の良い友達が見つかったという人もいるのです。



しかし、友達になったとしてもサイトやメールのやり取りだけでは自然と連絡が途絶えることも多いですし、交際相手が見つかっても仲の良い友達探しは難易度が高く、なしのつぶてという事もあります。


交際相手を探しつつ、友達も探したいという訳ではないのなら、出会い系サイトでは上手くいかない可能性の方が高いでしょう。
ここ最近は、独身の方で出会いパーティーデビューする方も多いのではないでしょうか。明るく自分から話しかける事に抵抗がない人だったら、出会いパーティーでもうまくいくかもしれません。
ですが、誰もがそういう訳にはいかないでしょう。会話に自信がなかったり、消極的で異性と話すことに抵抗がある場合は、出会い系サイトのメールなど、文章のやり取りから関係を深くしていくのが良いと思います。