大阪で「男 30から モテる」を徹底検証|モテるリンピック事務局

最近人気の婚活は古典的なお見合いや紹介とは全く違った方法が出てきています。



話題の婚活では、出会い系サイトを挙げることが出来ます。


とはいえ、出会い系なんていうと、その場だけの楽しみを求めるようなタイプの人が大多数というイメージを持っている人も多いですよね。
でも、実際は、そういう訳でもないようです。出会い系サイトのプロフィールから、結婚を意識している人を見付けてアプローチすると意外と繋がるものです。出会い系サイトの中でも、危険なサイトはどのようなサイトだと思いますか?いわゆる大手サイトは、サイトそれ自体は信頼できるでしょう。

ですが、その分利用者層が幅広いということになり、大手サイトの利用者の中には出会いを求める以外の目的で登録している人も多いのです。例えば、個人情報集めの悪徳業者や金銭目当ての詐欺師なども利用しています。このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、根気よく探すことがポイントになります。
出会えた相手が理想的な人であっても、安直に信用してしまっては、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。出会い系サイトで使う顔写真はどのようなものが良いのでしょうか。

もしお見合い写真ならば正装で写真館などで撮影したものが良いのですが、主に出会い系サイトで相手の容姿の確認のために交換する顔写真については上手に撮れたプリクラの画像でも十分ですし、あるいは加工アプリをつかって気になる部分を修整することもできるでしょう。とはいえ、あまりに加工されて別人のようになってしまっては、相手と実際に会った時にトラブルになったり、関係が終わってしまうこともあるのです。


容姿に自信が無いという場合は、そのまま会うという選択であれば結果的には良い場合があります。昨今のスマホ普及率には目覚ましいものがありますが、それによってそれまで出会い系サイトを利用していた層がアプリに移動したためか、出会い系アプリが盛り上がっているようです。
出会い系の名称通り、出会いに特化したシステムのアプリもありますし、特に相手の性別や年齢などを指定しないままメッセージを送りあえる暇つぶしとしても出会い系としても使えるものも登場しています。


選ぶ基準としては、利用者数を参考にするのも良いのですが、アプリ特有のシステムやこだわりは様々ですので、自分好みのものを利用するのが一番良いと思います。

一度でも出会い系について調べたことがある人ならご存知だと思いますが、出会い系ではサクラや自動返信といった詐欺まがいの相手に騙されることがあります。

ですから、出会い系サイトを利用する際には、本当に出会いを求めている利用者なのかどうかを判断することは出会い系を利用する上で必要不可欠のスキルだと言えます。

簡単な事を言えば、同じ内容のメールが来るだけといった機械の自動返信を判断出来ないようでは、お金も時間もつぎ込むだけ無駄でしょう。



機械でもサクラでもなく、ポイント目当てでアプローチしてくるキャッシュバッカーには細心の警戒が必要です。出会い系サイトの利用者の中には本名や住所を簡単に教えてしまう人が多くなり、問題視されるようになりました。出会い系サイトといっても良心的なサイトばかりではないため、本名や住所を教えるのは以ての外ですし、その他の情報も年齢や性別、趣味といった程度で良いと思います。
中でも身分証明書は管理をしっかりとすることが大切です。


これらに共通する注意点としては、サイト上のやり取りだけで相手を信用しないことに尽きます。

相手に会ってみて信頼できるまで個人情報を教えないことが大切です。

出会い系サイトは恋人探しや婚活に役立つサイトですが、実際にここで出会った人と交際する時には、時間をかけて検討しましょう。出会い系サイトを利用している人なら分かると思うのですが、サイトのプロフィールに真実を書かない人が意外と多いのです。



いくらプロフィールが良さそうな人でもすぐに付き合うのではなく、何回もやりとりをしたり、直接会えるチャンスを作って信頼できる人なのかを判断することが重要なのです。このあいだ、評判の出会い居酒屋に行ってきました。



ネットで見ると可愛い女の子と連絡先交換できて、その先に繋げやすいという情報だったのでわくわくしながら向かいましたが、相手の女の子たちはそんなに容姿が良いわけでもないのに、どんどん注文されて高い食事代を払わされるしで、もう二度と行きたいと思いませんでした。こんなことなら、このあいだ出会い系サイトで連絡を取り合った女性のほうが可愛かったですし、充実した時間とお金の使い方が出来た気がします。


個人の好みもあるのでしょうが、自分は出会い居酒屋よりも出会い系サイトを利用して出会った可愛い子とデートした方が、ずっと有意義だと思いますね。



偶然にも知人と出会い系で出会ってしまったという事が実際にあったそうです。普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですから厄介な問題を抱えることも無いと思います。



とはいえ、顔写真をサイトに上げている場合は少し問題があるかもしれません。というのも、出会い目的ではなく面白がって知り合いがサイトに登録すると、サイト利用の事実が周囲に広まってしまうかもしれません。他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、しっかりとプライバシーを保護することも大切です。ほとんどの出会い系の利用者はニックネームを使っており、本名をそのまま載せている人は珍しいですが、名前だけは本当の名前で登録しているという人もいるでしょう。サイト上のやり取りを繰り返していると、親密になってくると、更に仲良くなれると思ってうっかり本名を伝えてしまう事もあると思います。でも、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。
例えばフェイスブックに登録している場合、フェイスブックに設定されている公開範囲によっては教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。

現実の交際ではじっくりと相手を見るのも大切ですが、出会い系のポイントは一度上手くいかなくてもいちいち悩まずに、気持ちを切り替えてどんどんアタックしていくことでしょう。
数の多い男性側が女性にアタックしようと思ったら、タイプだと思った女性には片っ端からメールを出すことが必要です。そして、もう一点がメールの中身でしょう。



書かれた内容が悪いと誰も相手にしてくれません。


ですから、女性にとって好感度の高い、適度に丁寧で重すぎないテンプレートをあらかじめ作っておいて、各々の女性の自己紹介文に沿った文章を少し入れて、不自然にならないようなメールを送るのが一番効率的です。

出会い系サイトで出会うためには、何よりメールを送ることが肝心なのですが、たくさんの女性に真剣に考えたファーストメールでアタックしても、残念ながら、返事が来ない事もよくあります。

このような状態に慣れてしまうと、かえってセカンドメールの内容を書くのに迷ってしまう方も珍しくないようです。
セカンドメールで陥りがちの失敗なのですが、返信が来たことに浮かれてあれやこれやと長々と書きこんだ文を送ることは絶対NGです。

長文過ぎるメールはそれだけで引かれてしまう可能性が高いので、適度な長さで親しみのあるセカンドメールを送るようにしましょう。出会いを求めていわゆる出会いパーティーの情報を集めている人も多いでしょう。
明るく自分から話しかける事に抵抗がない人だったら、たとえ出会いパーティーでも、その積極性で恋人を見つけることが出来るかもしれません。とはいえ、口下手な方や消極的で異性と話すことに抵抗がある場合は、出会い系サイトのメールなど、文章のやり取りから関係を深くしていくのが成功率が高いです。ネットでの出会いがきっかけで交際を始めたカップルが多くなっていますし、出会い系サイトが縁でそのままゴールインしたという話もよくある話です。出会いの場や婚活の場としても盛り上がりを見せる出会い系サイトなのですが、相手の言うことをそのまま信用してしまうとトラブルになってしまうこともあります。出会い系サイトは出会いの場として有効な反面、個人情報流出や犯罪被害といった危険と隣り合わせであるということも忘れずに覚えておきましょう。



ほとんどの場合、長文メールを受け取ると出会い系の相手でなくても不快な気持ちになります。せっかく出会い系で女性からメールが来たのなら、仲良くなるためにも、長すぎず、短すぎない適度な長さのメールを送ることが大切です。その一方で、相手の女性の返信が短文で変わらない場合は相手の女性は出会い目的ではなく、サクラや機械かもしれません。

今、独身で、出会い系サイトに興味があるけれども、危険な目に合わないか不安だという方も多いです。

確かに出会い系サイトには危ない一面もありますが、それは一般的な婚活サイトや出会いの場でも同じです。同様に、出会い系サイトにも真剣な交際を目的にした人がいますので、悪いイメージだけで拒絶するのはもったいないと思います。

とは言うものの、どうしても女性が少なくなっていますから男性が女性と会おうと思ったら、相当な努力と時間が必要になる可能性が高いです。


女性の場合は、やはり、犯罪に巻き込まれる事がないよう安易に相手を信用し過ぎないことが大切です。
当然のことですが、出会い系サイトにはメリットもデメリットもあります。利用者の人間関係の希薄さや人恋しさといった弱みを握って金銭をだまし取る悪質な詐欺も横行していますし、サイトの中では良さそうな人でも、付き合っていくうちに暴力を振るわれるようになるというケースも少なくありません。浮気したくてサイトで女性を騙している既婚者もいるそうです。


逆に、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、出会い系サイトというよりも、本人次第な部分があります。出会いの場として、ネットゲームやコミュニティのオフ会を挙げる人がいますが、オフ会の目的とは異なり交際相手を見付けようとする出会い厨は嫌われます。



出会いを望んでいるのであれば、素直に出会い系サイトを活用した方がずっと効果的です。



出会い厨などという蔑称で呼ばれるよりも、誰もが出会いを求めている出会い系サイトを利用する方が上手くいくと思います。
このところ、無料のコミュニケーションアプリが増えてきてスマホで利用している人も多いのではないでしょうか。

中でも、スマホ利用者の大多数がラインを入れているようで、ラインを使うのが日常的になっています。出会い系サイトでコンタクトを取った相手の女性ともラインのIDを交換できれば、さらに仲良くなって、二人の関係も進展するでしょう。
とはいえ、話題の振り方が悪ければ女性からの連絡が無くなることもあるので、ラインについては慎重になった方が良いようです。



相性の良い友達が少なくて悩んでいる人は、出会い系サイトを介して様々な出会いを楽しんでみるのが良いかもしれません。
意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、友達が出来た人もいます。
でも、出会い系サイトでの友人関係は簡単に壊れてしまいますし、交際相手と出会えても友人は特に出来ないままという人もいるでしょう。恋人は必要ないけれど、友達だけが欲しいというケースであれば、出会い系サイトではないやり方の方が良いかもしれません。

せっかく出会い系サイトをキッカケにして実際に会えたなら、楽しい時間を過ごしたいものですよね。出会い系サイトの最大のメリットは、直接会う前にメール等のやり取りを済ませているので、話が弾みやすいという点でしょう。



会話を盛り上げるには相手への理解が重要ですから、あらかじめ相手の趣味や関心のあることを把握しておけば盛り上がる話題も分かってくると思います。もちろん、サイト上でやり取りが終わってしまう場合もありますが、会うまで進展することを考えてメールのやり取りも蔑にせず、相手のことを良く知るように努力しましょう。社会人になってしまうと、異性と知り合うチャンスを増やしたくても、なかなか難しいですよね。毎日のルーティンで会社と職場を行き来しているだけでは出会えるチャンスは殆どありません。ですから、この通勤時間を使って、スマホを使って出会い系サイトで異性とやり取りしてみてはどうでしょうか。
たとえメールだけだとしても、異性と交流を持つとメリハリがついて、楽しみが増えるでしょう。



出会い系サイトを利用していると言うと、「危ないからやめた方が良い」という人が居ますが、私の場合は、特に危ないと感じたことはありません。
当然ですが、直接会ってみて判断するまでは詳細な個人情報(住所、名前、職場など)は教えず、人の目が多い場所を待ち合わせ場所にすれば、安心だと思います。もちろん良く知らない相手と密室で二人っきりという状況にならない為にも、ドライブなどの誘いは断りますし、日が落ちてから会うのも初めからきちんとお断りしましょう。独身の男女の出会いの場と言えば、どこを思い浮かべますか?出会いのためのイベントは多種多様なタイプのものがありますが、こうした場がで苦手で上手く立ち回れず、緊張してしまう性格の方にとってはストレスがたまるものでしょう。

実際のところ、こうした性格の方の中には勇気をふり絞って参加しても、コンプレックスが足を引っ張って惨めな気持ちになってしまい、こうしたイベントに二度と足を運ばないという方も珍しくありません。

まだこうした交流に慣れない内からイベントに参加して苦しい気持ちを抱えるより、先に出会い系サイトで異性との会話や距離感をつかみながら自分らしく交際相手を探した方が、結果的には良いでしょう。今恋人がいないけれども、真剣なお付き合いがしたくてネットの出会い系を使う方も増えていますね。ですが、純粋な気持ちで出会いを求めている訳ではない人に気を付けましょう。既婚者にもかかわらず、それを隠して都合の良い遊び相手を探している人や親密になると見せかけて、本名や住所などの個人情報を引き出させる悪徳な業者の報告もあります。こうした相手に情報を与えないように、意識しておきましょう。


中でも、女性のサイト利用者は性犯罪被害に巻き込まれる可能性もありますから、不用意に情報を与えないようにしましょう。

出会い系サイトの多くはポイント換金制で、サービスの利用によってポイントを使ったり貯めたりできますが、「CB」あるいは「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちについて意識しておく必要があるでしょう。
というのも、ポイント換金制の出会い系サイトでは、交際相手や遊び相手を探してサイトを利用しているのではなく、メールや、やり取りで稼げるポイントを換金してお金を稼ぐ人がいます。彼女たちはサイトに雇われているサクラではありませんし、機械による自動返信の不自然さもないので見破りにくいです。
判断のポイントとして、いつまでもメールのやり取りを引き延ばし続けるような相手はポイント目当てのキャッシュバッカーと疑った方が良いでしょう。出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、仲良くなれる気がしませんか?ですので、出会い系サイトのプロフィールには興味や趣味について細かく記載しておくことをおススメします。多くの方が躊躇するのが、マニアックな趣味を書いても良いものかということでしょう。



マニアックな趣味は引かれることを考えると恥ずかしくて書きにくいですよね。


でも、発想を変えてみると、マニアックがゆえに共通する趣味を持つ相手がいれば、それだけで一気に親密になれるでしょう。
出会い系サイトはどのよう料金システムなのかと不安に思っている方も多いでしょう。一般的に、ほとんどの出会い系サイトでは課金制の場合が多いです。


定額制とは異なり、メールなど、一つのアクションごとに料金がかかるシステムものです。
やり取りを長引かせて課金させようとサクラを雇っているサイトもあります。


こうした悪徳出会い系サイトに騙されないためにも、連絡先をはぐらかされたり話が噛み合わないなどの不審点があればサイトを退会することをおススメします。
また、本当の利用者と知り合えたとしても、お互いの最終的な目的が違っていては、やり取りにかけたお金も無駄になってしまいます。

相手の目的がご自身の都合に合っているかどうか始めのうちにきちんと伝え合うようにしましょう。上手に出会い系サイトを利用するための裏ワザを紹介します。


例えば、相手と親密度は上がってきたけれど、相手と直接会うには、もう少し相手のことを知ってからが良いと思う時もありますよね。または、お互いに会う気持ちがあるのに休みが合わないといったケースでは、とりあえず、スカイプを使ってみてはいかがでしょうか?スカイプ同士であれば料金を気にすることなく長時間話せますし、お互いの顔を出せば、本当にその場にいるような気持ちで楽しく会話できます。しかし、相手によっては通話映像を録画している危険性もあるので、相手のことを信頼できるまでは、設定でカメラをオフにしたり顔が映らないアングルにするといった工夫をした方が安心です。出会い系サイトが発端の犯罪に巻き込まれる危険性を考慮した際、見ず知らずの相手に自分の連絡先を伝えるのは躊躇します。しかし、向こうの連絡先はノーリスクで欲しいというのが本音だと思います。

女性は自衛のためにも、相手を安易に信用しない傾向にある為、連絡先交換に消極的です。



女性側から積極的なアプローチがあったり、率先して連絡先を交換したがる場合には、個人情報を収集している悪徳業者の可能性があります。
「警戒しすぎ」と感じるかもしれませんが、これくらい意識しておいた方がトラブルに巻き込まれないでしょう。