大阪で「男 モテる ポイント」を徹底検証|モテるリンピック事務局

せっかく出会い系サイトをキッカケにして実際に会えたなら、楽しい時間を過ごしたいものですよね。

出会い系サイトの最大のメリットは、事前にメール等でやり取りし、親しくなれそうな人だけを選んで会うことが出来るので、会った時に盛り上がるということに尽きます。メールやサイト上のやり取りで、相手の趣味などを事前に調査しておけば、お互いの共通の話題や盛り上がる話もしやすくなるでしょう。
もちろん、サイト上でやり取りが終わってしまう場合もありますが、会うまで進展することを考えてメールなどのやり取りは気を抜かず、相手の性格を把握しておくことが大切です。ご存知のように、出会い系サイトは両極端な一面があります。利用者の人恋しさや寂しさといった気持ちを弄ぶ悪質な詐欺も横行していますし、実際に会った相手が暴力や乱暴を働く男性で、被害に遭うという事もあります。また、不倫相手を探すために出会い系で独身のフリをして相手を騙す既婚者もいます。


逆に、運命の出会いのような相手を見付けられたというケースもあるので、出会い系がプラスに働くかどうかは、人それぞれといった部分があることは否定できません。最近では、婚活や恋人探しのためにインターネットの出会い系を活用している人も増加していますが、このような真剣な出会いを目的としていない人に引っ掛からないよう警戒した方が良いでしょう。
例えば、結婚しているのに遊び相手を探している人や親密になると見せかけて、本名や住所などの個人情報を引き出させる悪徳な業者の報告もあります。
こうした相手に情報を与えないように、意識しておきましょう。女性は性犯罪被害の恐れもある為、しっかりと自衛することが大切です。性別にかかわらず、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人が増えています。


そうした中でオフ会に参加して交際相手が見つかるという話もよく耳にしますが、多くの場合は、オフ会など出会いの場でないところで異性にアタックする人は、出会い厨として煙たがられるでしょう。オフ会に参加した人は、みんなフリーだとは限りませんし、あまり効率的な探し方だとは言えませんね。話の合う交際相手を望んでいるならば、初めから出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性を探した方が成功率も高いですし、迷惑もかからずお互いにとって良い選択だと思います。友達がスピード婚をしてビックリしたのですが、相手と出会った馴れ初めを聞いてみると実は出会い系だと教えてくれました。


いわゆる遊び目的の出会い系のイメージとは違って、二人とも結婚も視野に入れた真剣な交際を希望していたので、付き合い始めてからもずっと仲が良くて、スムーズに結婚まですすんだことを教えてくれました。

友人はすごく旦那さんに大切にしてもらっているそうで、今どきの出会い系はこういう素敵な人がいるんだとびっくりしました。

当然のことですが、インターネットの出会い系で出会いを求めた場合はいくつかの注意点があります。



男性のケースで言うと、会えないサクラやキャッシュバッカーに騙されてカモにされて金銭や時間を無駄にする危険があります。
また、自分としては真面目に恋人を探しているつもりなのに、独身のフリをして浮気相手を探している既婚者に騙されて、不倫問題など思いもよらないトラブルになるケースもあります。


こうした数々の危険から身を守るためにも、迂闊な行動はとらないようにしましょう。


一般的な交際と違って、出会い系で出会いの機会をつくるためには、一度上手くいかなくてもいちいち悩まずに、気持ちを切り替えてどんどんアタックしていくことでしょう。男性の登録者は女性に対してタイプだと思った女性には片っ端からメールを出すことが必要です。
でも、そのメールの内容が悪かったら返信はきません。
女性がもらって嬉しいテンプレをつくっておいて、それを下地にそれぞれの女性のプロフィールを意識した文を書き加えるのが良いでしょう。


友人の間で評判になっていた出会い居酒屋に連れて行ってもらったのですが、女の子は可愛くなかったし、料金がかさむし、散々な目に遭いました。
同じような出会い方だったら、以前、出会い系サイトを使った時は、相手の容姿や盛り上がる話題を前もって知っていたので、もっと親密な関係になることが出来ました。



同じお金なら出会い系サイトの可愛い女の子と遊ぶ資金にします。

確率は低いものの、現実社会での知人と、出会い系で出会ってしまったというケースがあります。とはいっても、お互い出会いを求めていたわけですし、そこまで大きな問題にはなりません。
とはいえ、顔写真をサイトに上げている場合は少し問題があるかもしれません。

というのも、出会い目的ではなく悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、サイト利用の事実が周囲に広まってしまうかもしれません。


他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、取り扱いには十分注意が必要です。



私の友人が出会い系サイトで詐欺被害に遭いました。サイトで出会った人とは趣味や価値観が似ていて話が盛り上がり交際がスタートしたそうです。



でも、数か月付き合ったあたりで実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。友人はまじめな性格ですから、精神的に立ち直るのに時間がかかったようです。フリーを装った既婚者が出会い系サイトに登録し、真剣な交際を求めている人を弄ぶのは本当に卑怯です。
実際に出会い系サイトを利用するなら、以下の事に注意してください。
出会い系サイトの中には利用者を集めて課金させるようにサクラを雇い、一般の利用者を装っている場合があるのです。


一般的に、サクラは魅力的な容姿やプロフィールを偽装しているため騙されやすいのです。
サクラに騙されてしまうと、いくら課金しようと連絡をしようと絶対に、直接会うことは出来ませんから、何ひとつ得られません。



こうした事態を避けるためにも出会い系に登録する前に、ネットの口コミサイトや情報掲示板などで評判を探り、評判の良い出会い系サイトを利用しましょう。そうすれば、サクラの危険性が少なくて安心です。
ネットでの出会いがきっかけで交際を始めたカップルの割合が増えているようです。また、中でも出会い系サイトは、もともとが出会いの場を求める男女が利用するサイトですから、ここで出会ったカップルが結婚することも意外と多いのです。このように、恋人探しや婚活にも活用されている出会い系サイトですが、警戒心を持って利用しないと詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。純粋に出会いたい人だけが出会い系サイトを利用しているのではないことを忘れずに覚えておきましょう。


恋人探しのために出会い系サイトを活用しているけれど、上手く出会えずに悩んでいる方も増えているようです。
出会い系サイトを攻略する上で、重要なのはファーストメースの出来の良し悪しです。


ため口で軽い感じのメールも良いのですが、多くの場合は遊び目的と思われるでしょうし、あまりに真面目で堅苦しいメールでは関わるのも面倒に思われてしまいます。



こうした点を踏まえると、出会い系サイトのファーストメールでは、ほどよく丁寧な文体で送ると上手くいくことも多くなるでしょう。

最近の出会い系サイトにはポイント換金制のサイトもあります。
サービスを利用する毎にポイントを使えたり貯められたりして便利なのですが、その一方でキャッシュバッカーに騙されないようにしましょう。それというのも、女性によっては、出会いたいのではなく、小遣い稼ぎのためにメールをやり取りしてポイントを貯めようと考えている人もいるのです。キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、プログラム返信にありがちな話題のすれ違いもないため分かりづらいですが、例えばいつまでも連絡先を教えてくれず、ずるずるとメールを続けさせようとする場合は早めに見切りをつけるべきです。

ほとんどの場合、長文メールを受け取るとたいていの女性がいやがることが多いです。
実際に出会い系で女性からメールを貰った場合は、仲良くなるためにも、意識して適切なメールを送るようにしましょう。あるいは、相手から送られるメールが極端に短いものしか来ないというケースでは、相手がサクラや機械、キャッシュバッカーなどの可能性が出てきます。
いわゆる、大手と言われる出会い系サイトでは、サイトそれ自体は安心できます。
しかし、注意点もあります。


大手サイトは利用者数が多いため、一般の利用者以外にも、個人情報収集を目的にした悪徳業者や詐欺師、不倫相手を探す既婚者なども混ざっているのです。このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、腰を据えて取り組むのが一番だと思います。


出会えた相手が理想的な人であっても、安易に相手を信用しないでください。


ある程度発展した都市であれば、フリーの男女が相手を求めて足を運ぶ出会いスポットがあります。確かにこのようなスポットなら出会える確率は高いのかもしれませんが、誰もが確実に良い相手と巡り合う訳ではありません。
こうしたナンパや合コンのノリが嫌いなら、出会い系サイトを利用した方がいいです。

いきなり運命の出会いがあるなんてことはまずあり得ませんが、異性とメールするだけでも気持ちにハリが出ますし、恋愛に向けた気持ちが高まりますよ。公務員という職業は、現実でのお見合いでも人気の職業ですし、ネット上の出会いの場である出会い系サイトでも人気のある職業です。

結婚を考えて、本気のお付き合いを望んでいる女性からすると、手当も手厚く安定性が抜群の公務員は憧れの職業と言っていいかもしれません。

一見、メリットしかないような公務員の出会い系サイト利用ですが、不用意に個人情報を流してしまうと簡単に個人を特定されて、職場やそのほかの情報まで晒されかねませんから、伝える情報には細心の注意を払いましょう。
普通、出会い系である程度コミュニケーションが取れたら顔写真を交換することが多いです。



生涯を共に過ごす結婚相手ならまだしも、遊んでデートを楽しむ程度であれば、殆どの人が容姿を重視するのも当然でしょう。

偽物の写真を送っても相手には分からないですが、ウソがばれるため会う事は出来なくなりますし、相手の信用も得られません。会いたいと思える相手であれば正直に自分の写真を送りましょう。同様に、相手の顔写真も本物ではないかもしれないという心構えもしておいた方が良いでしょう。


ネット上の出会い系サイトは数が多いですから、その分、選択肢の幅が広がっています。サイトの特性だけ見ても、誰もが知る大手のサイトや特殊な趣味を持つ人が集まるサイト、あるいは利用料金の有無など、バラエティーに富んでいます。

その多くが、出会いを求める人と人を繋げる場となっていますが、中には、悪質な出会い系サイトも存在しますので、騙されないように気を付けましょう。

これらの悪質サイトに誤って登録した場合、架空請求の被害に遭ったり、全てがサクラでどうやっても会えずに時間やお金を無駄にしてしまう事があります。出会い系サイトが発端の犯罪に巻き込まれる危険性を考慮した際、見ず知らずの相手に自分の連絡先を伝えるのは躊躇します。

しかし、向こうの連絡先はちゃんと教えてほしいというのが出会い系サイト利用者の共通する思いでしょう。特に女性は相手を簡単に信用しませんから、知り合ってすぐに連絡先交換とはならないでしょう。女性側から積極的なアプローチがあったり、率先して連絡先を交換したがる場合には、女性のフリをした悪質な業者というケースもあります。

出会い系サイトでは、男性も猜疑心が強い方が良いと思います。
上手に出会い系サイトを利用するための裏ワザを紹介します。

例えば、相手と親密になってきたけれど、直接会うにはまだ早い、と感じることもありますよね。また、とても親密になって早く会いたいのに、仕事の都合などで予定が合わず、すれ違ってしまうケースもあるでしょう。このような時にはスカイプで会話するのをお勧めします。スカイプであれば、どれだけ話しても通話料を気にしなくて済みますし、お互いの顔を出せば、本当にその場にいるような気持ちで楽しく会話できます。とは言っても、安易な気持ちで顔出ししてしまうと、相手がその映像を録画しているかもしれませんから、顔は写さない方が心配が少なくて済みます。最近では、出会い系サイトといえば犯罪被害や詐欺被害ばかりがクローズアップされ、良くない印象を持っている人も珍しくありません。


ですが実際は、お見合いなどよりも敷居が低く出会いの可能性が高いということで、真剣な交際を考えた人が登録してしていることも多く、悪いイメージだけで拒絶するのはもったいないと思います。とは言うものの、どうしても女性が少なくなっていますから男性の利用者が出会いの機会を得るまでにはそれなりに腰を据えて取り組む必要があるかもしれません。

出会い系サイトに女性が登録する場合は、犯罪被害に遭わないよう、個人情報の管理をしっかりとし、迂闊な行動をしないよう注意しましょう。


一口に出会い系と言ってもサイトやアプリなど、様々なものがあります。

最近は各種の出会い系アプリが発表されて、出会い系サイトよりもお勧めできます。日常的にパソコンを使う人よりもスマホをメインに活用している人が多く、簡単にやり取りが出来るのです。一部の利用者は、出会い系アプリではなくてコミュニケーションアプリを出会い系アプリのように利用する人もいます。



しかし、一般の利用者はこうした使い方を嫌って避けるでしょうし、時間を無駄にする可能性も高いですから、やらない方が良いでしょうね。
有料の出会い系サイトの料金システムはどのようになっているのでしょうか。調べたところ、大多数の出会い系サイトではいわゆる課金制で利用料を徴収します。定額制とは異なり、メールなど、一つのアクションごとに料金がかかるシステムものです。出会えると期待した利用者を騙して課金させるために機械やサクラを使っているサイトがあるのです。

こういったサイトに引っ掛かってしまうと時間やお金を無駄にするだけですから、怪しいと思えばもう連絡を取らないようにしましょう。
あるいは、相手がサクラでなくてもサイトを利用する目的が違う事もありますので、相手の目的がお互いの希望に合致しているかどうか確認するようにして下さい。


多くの人は出会い系サイトで本名を公開することに抵抗があるようで、実名を公表している人はそう多くいませんが、名字は仮名を使って名前は本名という人の割合は、意外と多いようです。実際にサイトで知り合い、仲良くなってくると、相手が現実の友人と同じような錯覚に陥り本名を伝えてしまう事がありますが、とても危険なことですから絶対に止めてください。

例えばフェイスブックに登録している場合、フェイスブックに設定されている公開範囲によっては本名によって特定され、晒されてしまうかもしれません。
ほとんどの出会い系サイトでは、女性と男性の会員数には大きな開きがあり、男性からメールでアプローチしてみても殆ど返事が来ないです。また、女性からメールしてくれる確率も低いのです。しかし、医師や弁護士、会社社長といったお仕事の方については、その収入や肩書に魅力を感じる女性からの沢山のメールをもらえると思います。それならばということで、職業に医者と書いておけばメールはたくさん来るようになりますが、仲良くなっていくうちに怪しまれて面倒な事になるかもしれません。
最近は、出会い系サイトの敷居も下がり恋人探しに活用している人も珍しくありませんが、サイトで出会った人と交際を始めるにあたっては、しっかりと検討した方が良いです。



それというのも、出会い系サイトではプロフィールに嘘の情報を書いている人もいるのです。いくらプロフィールが良さそうな人でも即座に付き合うというのではなく、何回もやりとりをしたり、直接会えるチャンスを作って書かれたプロフィールが真実なのかを確かめることも重要ですから、ぜひ心に留めておいてください。今どきの人間関係をより良くするには、相手を喜ばすようなメール術が必要です。
もちろん、出会い系サイトも同じで、男性からのメールが良くないようでは出会いまで関係を続けることも難しいでしょう。


タメ口はもちろん、フランクで軽すぎる言葉遣いが好きな女性はほとんどいませんし、下心を隠そうともしない態度ではほとんどの女性は不信感を抱きます。


他にも、相手側の負担になるようなメール(返信に困る内容や長文過ぎるものなど)は、その時点で関係が終わるケースがほとんどです。

出会い系サイトは犯罪の温床と言われることもあるほど、トラブルの多い場所でもあります。中でも未成年に関するトラブルの数は群を抜いて多いようです。一方で、大人の男性が巻き込まれやすいトラブルは相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら関係を持った結果、トラブルに巻き込まれる話が多いです。

また、女性の場合は性犯罪の被害に遭いやすく、出会った時に相手の車に乗ってしまうと怪しい場所に連れて行かれるというやり口が横行しているようです。