大阪で「モテる 男 30代」を徹底検証|モテるリンピック事務局

ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。

相手とは初めて会った時からすごく話が合って、すぐに交際を始めたそうなのですが、数か月付き合ったあたりで実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。

結婚を考えて交際をしていた友人は、かなり落ち込んでしまって、聞いている私も辛くなりました。



遊びたいがために既婚者がフリーを騙って出会い系サイトに登録し、真剣な交際を求めている人を弄ぶのは止めてほしいです。
せっかく出会い系サイトで知り合えた異性とは、出来るだけ長く良い関係を続けたいものです。
とはいえ、親密になってきたけれど、直接会っていいものかどうか判断に迷う場合や、早く会ってみたいのに都合が合わずに、もどかしい思いを抱えることもあります。
そんな時にはとりあえず、スカイプを使ってみてはいかがでしょうか?スカイプ同士の通話なら無料ですし、顔を見せ合えば、更に距離感を縮めることもできるでしょう。

しかし、相手によっては通話映像を録画している危険性もあるので、カメラオフしたり顔を写さないようにするといった対策を取った方が安心です。出会い系サイトに限らず、見ず知らずの相手と話す場合には、同じ趣味だと会話しやすいこともあるほか、時間をかけずに親密な関係になることも出来ます。


出会い系を利用するならば、プロフィールには少しでも興味のあることや関心があることを記入しておきましょう。
とはいえ、マニアックな趣味の場合は書くのをためらうこともあるでしょう。

確かに、マニアックなものは恥ずかしいと思って公表しない人もいると思います。



でも、別の視点から見ると、他に話が出来る人が少ないマニアックな趣味だからこそ、同じ趣味を持つ人からはそれだけで一気に親密になれるでしょう。多くの人は出会い系サイトで本名を公開することに抵抗があるようで、実名を公表している人は珍しいですが、名前の部分については、自分の名前を使うという人もいるようです。
しかし、メールのやり取りでどんどん仲良くなってくると、大胆な気持ちになって不用意に本名を伝えてしまう人がいます。

しかし、顔も名前も分からないような相手にこちらの本名を公開するリスクを知っておきましょう。最近増えているのがフェイスブックによる情報漏えいです。
フェイスブックに設定されている公開範囲によっては相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。出会い系サイトのリスクを考えると、顔も知らない異性に自分の個人情報を伝えるのは嫌だけれども、向こうの連絡先はノーリスクで欲しいというのが本音だと思います。
特に女性は相手を簡単に信用しませんから、連絡先交換に消極的です。仮に、知り合ってすぐに女性から連絡先を教えてくるようなことがあれば、それは実は女性を騙って個人情報をだまし取る業者ということがあります。



そこまで警戒しなくてもいいのではないか、と考える男性もいると思いますが、これくらい慎重になっておいた方が良いでしょう。知らない方にとっては意外かもしれませんが、出会い系サイトの料金はいわゆる課金制で利用料を徴収します。つまり、定額制とは逆で、メールなどのやり取りごとに利用料金がかかるという意味です。サイト運営側としては、やり取りを繰り返してもらえばその分高い利益が出るため、返信を繰り返させるサクラを雇っている出会い系サイトもあるので、怪しいと思えばもう連絡を取らないようにしましょう。あるいは、相手がサクラでなくてもサイトを利用する目的が違う事もありますので、相手の目的が自分と異なっていないかを確認するようにして下さい。
出会い系といえば、出会いやすさや気軽さから出会い系アプリが一般的になってきました。中でも利用者が増えている出会い系アプリとしてスマホユーザーの多くが利用しているLINEのIDを公開してやり取りできるものがあるのです。

会える地域や年齢など、希望の条件で対象を限定しますから、簡単に出会いに繋がりやすいと言えます。

出会い系サイトで苦労することと言えば、話題を盛り上げにくく親密になるまでに時間がかかるという事でした。
長くやり取りをしてもLINEのIDについては聞き方やタイミングに気を遣うものですが、これらの出会い系アプリを活用したら、ID交換に関して悩むことなく相手と親密になっていけるでしょう。オフ会は趣味や性格が近い人同士が集まる可能性が高いです。そのため、オフ会に参加したことで交際相手が見つかるという話もよく耳にしますが、オフ会で異性にばかり話しかける人はオフ会の雰囲気を壊す出会い厨として嫌われます。


オフ会で知り合えた異性がフリーかどうかなんて分かりませんし、恋人を探す目的でオフ会に行くのはおススメできません。



出会いを望んでいるのなら初めから出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性を探した方が効果的でしょう。ご存知のように、出会い系サイトは両極端な一面があります。

人間関係の希薄さを突き、弱みを握って金銭を騙す詐欺や犯罪が行われていることもありますし、会ってみたら、サイトでのやり取りが嘘のように暴力的な言動の男性ということも珍しくありません。


あるいは、既婚者であるのにもかかわらず、遊び相手を探すために出会い系に登録している既婚者もいます。
それとは逆に、出会い系のおかげで素敵な恋人と出会えたという話もありますから、出会い系サイトというよりも、本人次第な部分があります。
最近では、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人も増えています。そうした中で、他の参加者は会の主旨に賛同して集まっているのにもかかわらず、付き合える相手を探す出会い厨はオフ会では絶対に来てほしくないタイプの一人でしょう。



それほどまでに恋人を探しているのなら、余計な遠回りをするよりも出会い系サイトに登録した方がずっと効果的です。オフ会で迷惑をかけ、出会い厨という不名誉な蔑称を与えられるよりも、趣味や価値観の近い人を出会い系サイトで探した方が良い結果になると思います。出会い系サイトにも様々な種類がありますが、大手と呼ばれる有名な出会い系サイトであれば、小さなサイトよりも信頼性が高いと言えます。とはいえ、利用者が多いため、個人情報を集めている業者や詐欺師、遊び目的の既婚者なども混ざっているのです。


もし、恋人を探そうと思ったら、こうした人たちを避けてゆとりを持って探すようにして下さい。もちろん、会った相手がタイプであっても、安易に相手を信用しないでください。



出会い系サイトの利用者数は、比較的女性が少ない傾向にあります。
そのため、好みの女性を見付けた男性がメールしても返事が返ってくるのは稀ですし、女性からメールを送ってくることも、滅多にありません。とはいえ、男性の中にも例外の方がいます。それは社長や医者、弁護士といった高収入の男性です。

その場合、肩書の魅力や玉の輿に乗りたいという女性からの積極的なアプローチが尽きる事はありません。

ただメールが欲しいならばプロフィールに嘘を書くこともできますが、直接会った時や親密になる過程で綻びが出て結局自分の首を絞める事になるでしょう。


私は何度か出会い系サイトを利用しています。


それを友人に言うと心配されることが多いのですが、私の経験では、トラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。もちろん、実際に相手に会ってみるまでは詳細な個人情報(住所、名前、職場など)は教えず、直接会うと言う話になっても、人目の少ない場所は避けるようにすれば危険は少なくなりますよ。
もちろん良く知らない相手と密室で二人っきりという状況にならない為にも、ドライブなどの誘いは断りますし、待ち合わせの時間を夜にするタイプの人と会うのは断っておきましょう。自分の安全は自分で守らなければいけませんから、危ない場面には近づかない方が賢明ですよ。
出会い系サイトは恋人探しや婚活に役立つサイトですが、実際にここで出会った人と交際を始めるにあたっては、しっかりと検討した方が良いです。
なぜなら、プロフィールにウソを書いている人も、珍しくないのです。
一見、良さそうな人でもすぐに交際したいという気持ちを抑え、直接会ったりメールしたりして関係を続けながら信頼してもいいのかどうか判断することが大切ですから、忘れないでくださいね。



学生の頃とは違って、働くようになると、恋人がほしくて出会いたいと思っていても、時間が取れずに失敗することが多いです。毎日のルーティンで会社と職場を行き来しているだけでは出会いも遠ざかりますので、この通勤時間を使って、出会い系サイトを介した交流を持ってみるのをおススメします。
ネットでの出会いなんて、と思う方もいるかもしれませんが、異性とメールするだけで生活にメリハリがつき、楽しみが増えるでしょう。


メールのやり取りが出会い系サイトでは重要なのはご存知だと思いますが、実際は多くの女性に対してファーストメールしてみても、無視されてしまう事の方が多いんですよね。



ですから、せっかく女性から返信が来たとしても次のセカンドメールをどう書いたらいいのか困ることもあると思います。思いもよらず返信が来ると舞い上がってしまいがちですが、あれこれと書き連ねた長文メールを送るようなことは避けてくださいね。
あまり長すぎず、丁寧で親しみやすいセカンドメールを送るようにするのが最適でしょう。
今のネット社会において、どのようにしたら人間関係を上手く築くことが出来るでしょうか?それにはやはり、相手の喜ぶ文面がつくれる「メール術」が大切になってきます。


これは、出会い系サイトでのコミュニケーションにも重要に関わっていて、女性に送るメールの内容が悪くては失敗することになってしまうでしょう。
基本的にはですます口調で丁寧な方が良いのはもちろん、すぐに直接会うような話を振ると警戒されて終わってしまいます。

また、単純な事ですが、相手の都合や負担に考慮してメールを送らなければ、その時点で関係が終わるケースがほとんどです。出会い系サイトを利用していると、信じられないような出来事に遭遇することがあります。

滅多にあることではありませんが、出会い系サイトを通じてコミュニケーションを取っていた相手が、実際の知り合いだったという話を聞いたことがあります。



普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですから大問題に発展することは無いでしょう。

とはいえ、顔写真をサイトに上げている場合は少し問題があるかもしれません。


というのも、出会い目的ではなく冷やかしのつもりで現実の知り合いがみると、自分がサイトを利用していると噂話を広められてしまうかもしれませんよね。また、顔写真を悪用される可能性もあるので、誰でも見える場所に掲載しない方が良いでしょうね。

せっかく出会い系に登録しても上手くいかないと悩んでいる人もいますよね。



出会い系を攻略するポイントはあまり深く考えるより、どんどんアプローチしていくことでしょう。男性の場合、積極的にメールを送りましょう。


とはいえ、メールの内容があまりにお粗末で好印象を持ってもらえないと女性だって返信はしたくなくなります。ですから、女性にとって好感度の高い、適度に丁寧で重すぎない定型文を保存しておいて、別の女性に送信する時に各々の女性の自己紹介文に沿った文章を少し入れて、不自然にならないようなメールを送るのが楽に出来る方法ですから、参考にしてみてくださいね。


出会い系サイトを利用する上で大切なことは、ネット上に情報を出すリスクを知るということでしょう。最近では本名や住所を簡単に教えてしまう人が多くなり、問題視されるようになりました。
以前ほど危険なイメージの無くなった出会い系サイトですが、それでも中には悪徳サイトも存在していますから、本名や住所を教えるのは以ての外ですし、その他の情報も最低限の情報で十分でしょう。



特に、こうした情報全てが記載された身分証明書の画像などは、よほど信頼できる場所以外では出してはいけません。ネット上の相手を信頼しすぎないという事も大切でしょう。
実際に相手に会ってみるまで詳細な個人情報は絶対に教えないようにしましょう。最近では多くの人がスマホを使っていますね。そのうちの大多数がラインをダウンロードしていますよね。それくらいラインは身近なコミュニケーションアプリになっていますできる事なら、出会い系で知り合った女性とはメールだけでなくてラインのIDを教えてもらえれば、より身近になって親密度が上がる事は間違いありません。


ですが、ラインのID交換は意外と警戒されがちです。聞き方によっては関係が終わってしまうケースもあるので、ライン交換の話を振るタイミングや、その聞き方は時間をかけた方が成功しやすくなります。

フィクションの世界では、バーで運命的な出会い方をする男女がよく見られますよね。


こういったシチュエーションは素敵な感じがしますが、現実では、このようにすんなりと相手と出会えるカップルは珍しいでしょう。
仮にそのような機会があったとしても、話しかけるのも難しいのが普通だと思います。


一方、出会い系サイトなら、緊張して異性に話しかけにくいという方であってもサイト上のやりとりなら、相手を見付けることが出来るでしょう。多くの人が出会い居酒屋で盛り上がっているみたいですが、自分的にはそうでもありませんでした。
自分の行ったところは女の子は可愛くなかったし、どんどん注文されて高い食事代を払わされるしで、ロクな事がなかったですね。
こんな結果なら、以前、出会い系サイトを使った時は、相手の容姿や盛り上がる話題を前もって知っていたので、充実した時間とお金の使い方が出来た気がします。自分の場合はですが、出会い居酒屋でお金を使うよりも出会い系サイトの可愛い子と楽しい時間を過ごすための資金に使いたいですね。


多くの方がご存知のように、出会い系サイトには様々な危険性があります。

男性の利用者は、サクラやキャッシュバッカーに騙されてしまうと金銭を失うことがあります。また、自分としては真面目に恋人を探しているつもりなのに、浮気目的の既婚者に欺かれ、トラブルに巻き込まれる可能性も有ります。

こうした数々の危険から身を守るためにも、迂闊な行動はとらないようにしましょう。
男女の出会いの場を提供しているイベントや出会いパーティーは各種ありますが、人見知りの人や容姿に自信がない場合は、ハードルが高いものですよね。


このようなタイプの方の中には、せっかく勇気を出して参加しても、上手くいかず、二度と参加しないケースも少なくないのです。異性との会話に自信がないうちにこうしたイベントに参加して苦い思いをするよりも、先に出会い系サイトで異性との会話や距離感をつかみながらお付き合いの相手を見付ける方がいいでしょう。みなさんはスマホにどのようなアプリを入れていますか?出会いたい人同士を繋げるものとしていわゆる出会い系アプリの利用者も急増しています。



位置情報などから距離的に近い相手と出会うことが出来るアプリや、匿名で不特定多数の相手とコミュニケーションを取ってみて、相性が良さそうなら連絡先を伝えられるような出会い目的としても使えるアプリも人気です。

選ぶ基準としては、利用者数を参考にするのも良いのですが、アプリの使い勝手や目的によって、ご自身が気に入ったものを利用してみてください。服装や撮影場所など、こまごまとしたマナーがあるお見合い写真とは異なり、ネットの出会い系サイトで交換し合う顔写真であれば深く考える必要は無く、プリクラを使っても良いでしょう。

また、普通のポートレートを加工して、気になる部分を修整したものでも良いでしょう。

しかし、過度に修整をかけて全く別人の顔になってしまっている写真では、会った時に裏切られたと思われて二度と連絡が取れなくなるケースもあります。

自分の外見に悩みがあって、そのままの顔写真は送りにくい気持ちも分かるのですが、この際、素直に会ってみた方が結果的には良い場合があります。



今、盛り上がりを見せているのが出会い系アプリで、出会い系サイトよりも人気が高いです。
その理由は簡単で、パソコンより今ではスマホが日常的に利用されていますし、誰とでも気軽につながることが出来る点が、人気の背景にあるようです。

スマホ利用者の一部には、本来、出会い系アプリではないアプリを出会い系アプリの用途で使っている人もいますが、そのような使い方は、その気のない一般の利用者から嫌われますし、非効率的ですから、やらない方が良いでしょうね。出会い系サイトではメールのやり取りが一段落ついたら写真を要求しあいますよね。

生涯を共に過ごす結婚相手ならまだしも、遊びやデートならば、やはり見た目も重要視されるでしょう。容姿の整った偽の写真を送るのも簡単な事ですが、実際に会ってみるとすぐに嘘だと分かりますし、相手を怒らせてしまう可能性だってあります。



実際に会いたいと思える相手には自分の写真を渡す方が良いです。
それに、相手がくれた写真も本人ではない可能性がありますから、安直に信じるのは危険です。


自分の事を長々と書いたメールは出会い系に限らず相手が重いと感じてしまいます。もし、出会い系サイトで女性と知り合えたのなら、チャンスをものにするためにも意識して適度な長さのメールを送ることが大切です。
あるいは、相手から送られるメールがあまりにも短いものばかりであれば、相手がサクラや機械、キャッシュバッカーなどの可能性が出てきます。