大阪で「モテる 男 診断」を徹底検証|モテるリンピック事務局

今は出会い系サイトで出会うカップルも珍しくないですが、犯罪やトラブルの話も絶えませんよね。


私の友人も出会い系サイトで悲しい思いをした一人です。



その相手とはサイトで知り合った時から話が合ったらしくて、すぐに交際を始めたそうなのですが、しばらくしたら相手が本当は既婚者で、自分はただの浮気相手だということが分かったと言っていました。結婚を考えて交際をしていた友人は、すっかり落ち込んでしまって、もう恋愛するのも嫌になってしまったみたいです。
都合の良い相手を探しているのなら初めから言えばいいのに、独身だとウソをついて出会い系サイトで真剣な相手を騙すのは許せないですね。



世間で言われているように、出会い系サイトにはそれなりの危険が伴います。

男性の場合、運悪くサクラやキャッシュバッカーに目を付けられてしまうと、良いように利用されて、時間やお金を無駄にしかねません。また、自分としては真面目に恋人を探しているつもりなのに、遊び相手が欲しくてフリーとウソをついた既婚者に引っ掛かってしまい、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。出会い系サイトでは、慎重すぎるくらいに警戒して行動を選んでください。知らない方にとっては意外かもしれませんが、出会い系サイトの料金は課金制の場合が多いです。具体的にいうと、メールの送受信につきいくら、写真の送信がいくら、といった感じですね。



課金制ではメールするごとにサイト運営側に利益が出ますので、そのためにサクラや機械を使ってやり取りをする悪徳な出会い系サイトもあるので、怪しいと思えばサイトを退会することをおススメします。あるいは、相手が本物の利用者であっても無駄なやり取りでお金や時間を使うのはもったいないです。
出会い系サイトに登録した目的がお互いの希望に合致しているかどうかあらかじめ伝え合っておけば、余分なやり取りをする手間が省けます。今どきの人間関係をより良くするには、受信した人が喜ぶようなメールのテクニック(メール術)が必要だと思います。



もちろん、出会い系サイトも同じで、女性に送るメールの内容が悪くては出会いまで関係を続けることも難しいでしょう。例え男性であっても、メールで男らしく見せようと荒い言葉遣いをするのは絶対にNGですし、下心を前面に出して、会いたいと繰り返すのは多くの場合失敗します。他にも、相手側の負担になるようなメール(返信に困る内容や長文過ぎるものなど)は、返事は少なくなります。
ネットでの出会いがきっかけで交際を始めたカップルも珍しくありません。



また、特に出会い系サイトはお互いの目的がハッキリしていますから、ここでの出会いがきっかけで結婚して夫婦になることも増えています。

このように、恋人探しや婚活にも活用されている出会い系サイトですが、相手の言うことをそのまま信用してしまうと犯罪に巻き込まれるかもしれません。

出会い系サイトは出会いの場として有効な反面、個人情報流出や犯罪被害といった危険と隣り合わせであるということも覚えておきましょう。

地域によっては出会いを求めた男女にピッタリのナンパスポットがあると思います。しかし、こうしたスポットに行ってみても、誰にとっても平等な出会いの機会があるわけではないでしょう。
また、ナンパや合コンのノリは苦手な人にとってはこうしたスポットは行くことも苦痛でしょう。そんな場合は出会い系サイトを使ってみましょう。

利用してすぐに交際相手が見つかるとは限りませんが、異性とメールするだけでも気持ちにハリが出ますし、恋愛に向けた気持ちが高まりますよ。出会い系サイトのやり取りは盛り上がる話題を見付けることが重要です。


そういう点では、全く共通の話題が無いより趣味が同じ人の方が話も弾みますし、短期間で親しくなることも可能でしょう。出会い系を利用するならば、プロフィールには自分の趣味や少しでも関心のあることについて、たくさん載せた方が、相手に見てもらえる可能性が高いと言えますね。一般的にあまりにマニアックな趣味は引かれることを考えると恥ずかしくて書きにくいですよね。



でも、別の視点から見ると、他に話が出来る人が少ないマニアックな趣味だからこそ、同じ趣味を持つ人からは仲良くなりやすいと言えます。

恋人探しや婚活のために出会い系サイトを利用する方も多いですよね。

出会い系サイトを使う利点といえば、あらかじめサイト上で親しくなれた人とだけ会う訳ですから、直接会った時は会話が弾んで楽しい時間を持ちやすいということが言えます。


楽しい会話には、お互いの趣味や興味への理解が欠かせません。これらを理解しておきましょう。そうすれば、話しやすくなることは間違いありません。
サイトでやり取りした全ての人と会えるわけではありませんが、会えた時のことを想定して積極的にメールでのやり取りで会話を続け、相手のことを良く知るように努力しましょう。出会い系サイトに本名で登録しているという人は珍しいですよね。でも、名前の部分については、自分の名前を使うという人もいるようです。
しかし、メールのやり取りで親密になってくると、更に仲良くなれると思って本名を教えたくなる気持ちも分かります。ですが、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。



中でも、フェイスブックをやっている人は、設定によっては本名によって特定され、晒されてしまうかもしれません。サービスの利用に応じて、現金やウェブマネーに換金できるポイントを貯められるシステムを使っている出会い系サイトを利用するならば、キャッシュバッカーに騙されないようにしましょう。実は、サイトの利用者によっては異性と出会いたいと思っているのではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。彼女たちはサクラという訳ではありませんし、不自然な返信をする機械が相手でもないので判断しにくいですが、メールばかりで関係が進展しないようならキャッシュバッカーの可能性が高いですから、早めに切り上げた方が良いでしょう。



犯罪やトラブルは、やはり出会い系サイトを利用する多くの人が気になることではないでしょうか。その多くは未成年が関係しているものです。それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら深い関係を持ってしまう等のケースが多いです。女性の場合は、直接会った時に男性の運転する車で連れまわされてしまうということが増えています。最近話題になっている出会い居酒屋に行ってのですが、それほど良くなかったですね。


可愛い人もいないし、どんどん注文されて高い食事代を払わされるしで、酷い目に遭いました。同じような出会い方だったら、前に出会い系を使っていた時は、相手の外見や性格も分かっていたので、すごく楽しめました。



誰が来るか分からない出会い居酒屋は一期一会の楽しみもあるのですが、自分としては手間はかかっても出会い系サイトで会った可愛い子と楽しい時間を過ごすための資金に使いたいですね。出会い系サイトを利用していると、信じられないような出来事に遭遇することがあります。

滅多にあることではありませんが、出会い系サイトでやり取りしていた相手が、現実の知り合いで驚いたという事が実際にあったそうです。


普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですから大問題に発展することは無いでしょう。ですが、ご自身の顔写真をプロフィールに掲載していた場合、いくら名前を誤魔化していても遊びでサイトに登録した知り合いがいたりすると、ご自身がサイトを利用していることが知れ渡ってしまう危険性があります。

他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、簡単に載せないことをおススメします。出会い系で出会った相手と楽しいデートが出来るかどうかは、なによりも初対面の第一印象が重要だと聞いたことはありますか?それほどに第一印象は重要なものですから、出会い系で会った異性と初デートの際にはきちんとした格好で行きましょう。相手が苦手な傾向の服を着たせいで、関係が終わるケースも無いわけではありません。ようやく初デートに進展させたのですから、第一印象で失敗しないよう、服装や髪型などに気を配ることをおススメします。
出会い系サイトで使う顔写真はどのようなものが良いのでしょうか。

もしお見合い写真ならば正装で写真館などで撮影したものが良いのですが、ネットの出会い系サイトで交換し合う顔写真であれば深く考える必要は無く、上手に撮れたプリクラの画像でも十分ですし、あるいは普通のポートレートを加工して、気になる部分を修整したものでも良いでしょう。
ですが、実物とあまりにかけ離れた顔写真では、直接出会った時に嘘をついていたと受け取られかねませんし、そのショックから関係が途絶えてしまうケースも多いのです。写真うつりにコンプレックスがあるのであれば、素直に会ってみた方が良いと思います。

出会い系サイトでモテる男性は現実の婚活とも共通点があります。男性の職業でいうと、公務員は出会い系サイトにおいても女性からの視線の熱い職業の一つです。

出会い系サイトで婚活を行っていて、本気のお付き合いを望んでいる女性からすると、手当も手厚く安定性が抜群の公務員は何としても結婚したい相手なのでしょう。
こうしてみると公務員が出会い系サイトを利用することには利点しかないように感じますが、安易に個人情報を載せると個人を割り出されるケースがありますので、慎重に行動した方が良いでしょう。
日々、仕事に追われている社会人では、出会いのチャンスが欲しくても時間やタイミングが合わないという方も多いのではないでしょうか。
毎日のルーティンで会社と職場を行き来しているだけでは異性と出会う機会なんて無いに等しいです。


むしろ、往復の時間を活用し、出会い系サイトを介した交流を持ってみるのをおススメします。



異性とのメールは生活にメリハリがつき、充実した日々を過ごすことが出来るでしょう。



スマホのアプリには多くのコミュニケーションアプリがありますよね。

特に多くが、ラインを使っているようで、今ではメールや電話の代わりにラインを使うのも珍しくありません。
出会い系サイトでコンタクトを取った相手の女性ともラインでも話すことができたら、今よりももっと関係を進展させることが出来ますよね。でも、ライン交換はあまり急ぎ過ぎると警戒されてしまいます。
その聞き方によっては女性からの連絡が無くなることもあるので、ラインについての話を振るのは慎重になった方が良いようです。

自分の事を長々と書いたメールは出会い系に限らず相手が不快な気持ちになります。せっかく出会い系で女性からメールが来たのなら、メールのやり取りを長くできるように、短文過ぎず長文過ぎない適度な長さを考えてメールを送ることを意識しましょう。その一方で、相手の女性の返信が極端に短いものしか来ないというケースでは、相手の女性がサクラや機械といった出会い目的以外の場合がありますから、注意してください。

出会い系サイトを利用していると言うと、「危ないからやめた方が良い」という人が居ますが、私の場合は、特にトラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。直接会ってみて、相手の様子を確かめてみるまでは本名や住所については秘密にしておいて、実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、危険は少なくなりますよ。当然ですが、ドライブなどは密室になって危険です。

あるいは、よく知らないうちから、夜に待ち合わせをするような人は初めからきちんとお断りしましょう。極力、こちらの個人情報は伝えたくないけれど、良さそうな相手の連絡先は教えてほしいと思うのが本音だと思います。



犯罪の被害に遭う危険性の高い女性は、警戒心も強く知り合ってすぐに連絡先交換とはならないでしょう。


女性側から積極的なアプローチがあったり、率先して連絡先を交換したがる場合には、個人情報を収集している悪徳業者という可能性が高いです。



そこまで警戒しなくてもいいのではないか、と考える男性もいると思いますが、これくらい慎重になっておいた方がトラブルとは無縁にサイトを利用出来るでしょう。出会い系サイトの敷居が下がった昨今では、恋人欲しさから出会い系サイトを覗く人も少なくありません。ですが、犯罪や不純な目的でサイトを利用している人に騙されないように気を付けましょう。独身のフリをした既婚者が不倫相手を探していることもありますし親密になると見せかけて、本名や住所などの個人情報を引き出させる悪徳な業者の報告もあります。


こうした相手に騙されないよう、相手に違和感を感じたら、すぐに関係を断つくらいの心構えをしておきましょう。女性で出会い系サイトを利用している方は、さらも注意を払っても良いかもしれません。つい最近デートした相手とは、出会い系アプリで出会いました。
アプリでやり取りした相手と会うのも初めてで、前日の夜は色々と考えてしまって寝れませんでした。しかし当日は、想像以上に相手もすごくいい人で、とても楽しかったです。相手が選んでくれたお店もすごく美味しくて素敵なお店でしたし、普段の趣味や仕事の話で別れが惜しくなるくらい盛り上がりました。次回もデートする約束をしましたし、もっと早く会っていれば良かったです。ネット上には数多の出会い系サイトが存在します。



それも、利用者数が多い大手サイトや、趣味や興味のカテゴリに特化しているサイト、有料あるいは無料など、選ぶのに迷ってしまうほどの数があります。基本的に出会い系サイトのほとんどは、その名の通り出会いたい人と人が繋がれるサイトとして機能しているのですが、中には利用者の心理に付け込む悪質な出会い系サイトも存在しますので、騙されないように気を付けましょう。間違って登録してしまうと、架空請求で法外な利用料金を請求されたり、相手がサクラやプログラムばかりで、どれだけ課金しても会えないという結果になってしまいます。

みなさんが利用しているスマホですが、最近では様々な形で出会いを斡旋するアプリが使われているようです。出会い系の名称通り、出会いに特化したシステムのアプリもありますし、相手を誰と決めないままでコミュニケーションが取れるタイプのアプリも人気がでています。利用者数が多い方が出会える可能性は高くなります。



とはいえ、そのアプリの使いやすさや馴染みやすさなどで、自分好みのものを選ぶのが一番です。

少しでも出会い系をやったことがある人なら分かると思いますが、出会い系でうまく立ち回るにはあまり深く考えるより、どんどんアプローチしていくことでしょう。

数の多い男性側が女性にアタックしようと思ったら、タイプだと思った女性には片っ端からメールを出すことが必要です。そして、もう一点がメールの中身でしょう。書かれた内容が悪いと相手にしてくれないでしょう。



ですから、女性にとって好感度の高い、適度に丁寧で重すぎない定型文を保存しておいて、別の女性に送信する時に少しだけ手を入れて相手のプロフィールに沿ったものにするのがおススメです。テレビなどでも自らオタクを公言している芸能人が増えているように、オタクのイメージは昔と様変わりしました。
それに伴って、このごろは、マニアックなオタクの方が女性から好かれる可能性が高いです。女性側にもマニアックなオタクが増えた結果、お互いが気兼ねなく趣味の話が出来るということで交際したというオタクカップルも、今では珍しくありません。ご自身の趣味をあらかじめ出会い系サイトの自己紹介に包み隠さずに書いてオタクだと相手に伝えておけば、付き合う時に安心してオタクでいられますよね。最近では、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人も増えています。そうした中で、オフ会の本来の目的を無視して、自分勝手に付き合える相手を探す出会い厨は場をしらけさせ、雰囲気を悪化させるので嫌われます。

交際相手を探すのを目的にするのであれば、出会い系サイトで好みの異性を探すのがずっと効果的です。全く気がない異性にアタックして嫌われるよりも、誰もが出会いを求めている出会い系サイトを利用する方が良い結果になると思います。
残念ながら、出会い系にも詐欺の被害があります。最も多い被害は、何といっても「出会えないこと」ですね。
とはいっても、利用者自身に何らかの問題があって出会えないというのは被害とは呼べないでしょう。
ここでいう被害とは、出会い系サイトの運営側が、出会えないものを出会えるように見せかけているといった場合です。


簡単に言うと、女性会員がサクラしかいないといったケースや、最近多いのは相手からのメールと思っているものがプログラムされた文章の自動返信なども増えているようです。
出会い系サイトで上手くいかないという悩みをもつ男性も多いですよね。


多くの出会い系サイトでは男性会員の数が圧倒的に多いので、自分から女性にメールをしても多くが無視されてしまいます。それに、プロフィールを調べた女性の方から積極的に連絡をしてくれることは、ほとんど無いです。

もちろん、全ての男性が同じとは限りません。

男性の職業が弁護士や医者、会社社長などの女性が憧れる職業の場合、多くのメールを受け取るでしょう。



それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、すぐにバレてしまいますし、困った状況に追い込まれることもあります。