大阪で「モテる 男 生活」を徹底検証|モテるリンピック事務局

世間で言われているように、ネットの出会い系サイトで恋人探しや婚活をした場合には、それなりの危険が伴います。男性の場合、サクラやキャッシュバッカーに騙されてしまうとカモにされて金銭や時間を無駄にする危険があります。

また、自分としては真面目に恋人を探しているつもりなのに、浮気目的の既婚者に引っ掛かってしまい、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。


少し大げさかと思うかもしれませんが、冷静に行動した方がリスクを遠ざけることが出来るのです。
今どきの婚活は昔ながらのお見合いや紹介といったスタイルに限りません。話題の婚活では、出会いアプリを利用するといった方法も人気です。



とはいえ、出会い系なんていうと、その場だけの楽しみを求めるようなタイプの人が使っているような印象があるのですが、実際は、そういう訳でもないようです。結婚を考えて登録している人もちゃんといますから、プロフィールからそういった方を探してコンタクトをとってみましょう。



このように出会い系サイトは婚活として十分役立つツールになります。最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、手軽に出会えるツールとして出会い系サイトで恋人を探す人も多いのではないでしょうか。出会える確率を上げるためのポイントは初めに送るメールでどれだけ相手に好印象を与えられるかどうかにかかっています。


タメ口や、あまりに軽い文面のメールでも警戒されて返事がきませんし、真面目な交際に進展することは殆どありません。


とはいえ、あまりに堅苦しく重たい文面だと、疲れさせてしまうのです。

極端過ぎず、適度な親しみと丁寧さを込めたメールならば上手くいくことも多くなるでしょう。

ごく稀に、現実社会での知人と、出会い系で出会ってしまったという嘘みたいな話が実際にあったそうです。
普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですからそこまで心配する必要もないでしょう。ですが、顔写真を載せている場合は少し事情が異なります。


出会い目出来ではなく面白がって知り合いがサイトに登録すると、自分がサイトを利用していると噂話を広められてしまうかもしれませんよね。
あるいは、顔写真を誰かが無断で悪用したり犯罪に使う可能性もあるので、取り扱いには十分注意が必要です。



出会い系サイトというと、どうしても悪い印象を持つ人が多いようです。

けれど、私の場合は、特にトラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。
サイトやメールでやり取りする際には本名や住所については秘密にしておいて、人の目が多い場所を待ち合わせ場所にすれば、安心だと思います。当然ですが、ドライブなどは密室になって危険です。
あるいは、よく知らないうちから、夜に待ち合わせをするような人は避けるべきです。

出会い系サイトの利用者数は、比較的女性が少ない傾向にあります。



そのため、自分から女性にメールをしても殆ど返事が来ないです。



また、女性側が男性のプロフィールをみて連絡をしてくれることは、ほとんど無いです。
しかし、医師や弁護士、会社社長といったお仕事の方については、その収入や肩書に魅力を感じる女性からのメールが尽きないでしょう。そうかといって、ご自身の職業を詐称すると、仲良くなっていくうちに怪しまれて困った状況に追い込まれることもあります。


ある程度発展した都市であれば、フリーの男女が相手を求めて足を運ぶスポットがあるのではないでしょうか。

しかし、このような場所に足を運んだからといって、誰でも絶対に異性と出会えるかというと、そうではないですよね。こうしたナンパや合コンのノリが嫌いなら、出会い系サイトで異性と知り合う方法がおススメです。



もちろん、最終的な目標は交際相手を見付けることですが、異性とメールするだけでも気持ちにハリが出ますし、恋愛に向けた気持ちが高まりますよ。
出会い系サイトでモテる男性は現実の婚活とも共通点があります。


男性の職業でいうと、公務員は出会い系サイトにおいても女性からの視線の熱い職業の一つです。交際だけでなく、結婚も考えて本気で相手を探している女性にとっては、経済的な不安が少なく、安定した生活が保障されている公務員は何としても結婚したい相手なのでしょう。

このように出会い系サイトでも現実でも大人気の公務員ですが、不用意に個人情報を流してしまうとすぐに職場を割り出されてしまいますから、慎重に行動した方が良いでしょう。出会い系で出会った人と本気で付き合うかどうかは、じっくりと考えた上で答えを出しましょう。なぜなら、出会い系サイトの自己紹介に嘘のプロフィールを掲載している人もいるからです。
書かれた情報をそのまま鵜呑みにしてすぐに交際したいという気持ちを抑え、納得するまで会ってみて書かれたプロフィールが真実なのかを確かめることも大切ですから、忘れないでくださいね。出会い系サイトの多くは主に課金制でお金を払うようになっています。定額制とは異なり、メールなど、一つのアクションごとに料金がかかるシステムものです。
誰でも、出会えると思うと必然的にメールのやり取りも繰り返すと思います。そういった利用者の心理を利用して課金させようと返信を繰り返させるサクラを雇っている出会い系サイトもあるので、警戒心を忘れず、不審な点があれば早めに打ち切った方が良いと思います。


あるいは、相手がサクラでなくてもサイトを利用する目的が違う事もありますので、相手の目的が自分と異なっていないかを初めのコンタクトで確認し合っておいた方が、お互いにとって効率的でしょう。学生の頃とは違って、働くようになると、恋人がほしくて出会いたいと思っていても、なかなか難しいですよね。


忙しい方にありがちですが、暇な時間を持てるのが通勤時間だけというのでは異性と出会う機会なんて無いに等しいです。
むしろ、通勤の時間を有効活用して、出会い系サイトで出会いを求めるのをお勧めします。



メールとはいえ、異性と交流する訳ですから、メリハリがついて、充実した日々を過ごすことが出来るでしょう。
実名を公表して出会い系サイトを使っているという人は珍しいですが、名字は仮名を使って名前は本名という人の割合は、意外と多いようです。

しかし、メールのやり取りで仲良くなってくると不用意に本名を伝えてしまう人がいます。しかし、顔も名前も分からないような相手にこちらの本名を公開するリスクを知っておきましょう。最近増えているのがフェイスブックによる情報漏えいです。設定によっては本名によって特定され、晒されてしまうかもしれません。

出会い系で知り合ってから実際の出会いに進展させるためには、メール以外にも利用したい便利なツールがあります。


そこそこ親しくなったけど、直接会うにはまだ早い、と感じることもありますよね。

また、会いたくても時間が合わないといったこともあるでしょう。



そんな時はスカイプがおススメです。スカイプ同士であれば料金を気にすることなく長時間話せますし、お互いの顔を出せば、本当にその場にいるような気持ちで楽しく会話できます。とはいえ、相手のことを良く知らないのに顔出しすると、録画されて悪用される危険がありますから、本当に信頼できる相手以外とは、顔出し通話をしない方がいいでしょう。


つい最近デートした相手とは、出会い系アプリで出会いました。

これまでアプリを使ってメールのやり取りはしていましたが、現実に相手と会うのも初めてで、前日の夜は色々と考えてしまって寝れませんでした。しかし当日は、予想よりずっと相手の方と意気投合し、楽しくデートできました。どんなところに連れて行かれるのかな?という不安もありましたが、実際はすごく美味しいお店で話も弾みましたし、仕事の悩みなどにもお互い通じるところがあってとても盛り上がって、すごく距離が縮まったと思っています。これからもまた会おうと思っていますし、出会い系アプリをやっていてよかったと思いました。

出会い系の自然な流れとしては、メールをしあって相性が良さそうだと思ったら、顔写真を交換することが多いです。


結婚を視野に入れたお見合いではなく、少しデートするだけでは、やはり見た目も重要視されるでしょう。
偽物の写真を送っても相手には分からないですが、結局、嘘はバレますし、相手もいい気分はしませんので、実際に会いたいと思える相手には自分の写真を渡す方が良いです。また、相手の写真も偽物の可能性があることも、理解しておきましょう。ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。
相手とすぐに親しくなって交際を始めたそうなのですが、しばらく付き合ってみると相手が本当は既婚者で、自分はただの浮気相手だということが分かったと言っていました。
真剣に結婚も視野に入れて交際をしていた友人は、裏切られたことにショックを受けてすっかり落ち込んでしまって、もう恋愛するのも嫌になってしまったみたいです。

都合の良い相手を探しているのなら初めから言えばいいのに、独身だとウソをついて出会い系サイトに登録し、真剣な交際を求めている人を弄ぶのは許せないですね。テレビなどでも自らオタクを公言している芸能人が増えているように、オタクのイメージは昔と様変わりしました。
それに伴って、最近はマニアックなオタク趣味を持っている方ほど人気があるのです。今は女性でオタク趣味を持っている方も増加傾向にあるため、お互いが気兼ねなく趣味の話が出来るということで実際に交際まで漕ぎ着けたというケースも稀ではありません。

オタク趣味を初めからプロフィールに載せておき、自らオタクだということをアピールすれば、付き合う時に自分に嘘をつかずに交際を続けられます。

一度でも出会い系について調べたことがある人ならご存知だと思いますが、出会い系ではサクラや自動返信といった詐欺まがいの相手に騙されることがあります。ですから、出会い系サイトを利用する際には、相手が本当に出会いたいと思っている人なのか判断するのは最も基本的な技術と言えるでしょう。


あまり難しいことではありませんが、短文で全く同じ文面ばかり返ってくるプログラムの不自然さを判断出来ないようでは、ダメだと思います。あるいは、スムーズに会話が弾んだとしてもキャッシュバッカーという事もありますから、警戒心は忘れずに持っておきましょう。少しでも出会い系をやったことがある人なら分かると思いますが、出会い系でうまく立ち回るには一度上手くいかなくてもいちいち悩まずに、気持ちを切り替えてどんどんアタックしていくことでしょう。

魅力のある女性はその分競争率が高いので、男性は思い切ってメールをしてみましょう。

そして、もう一点がメールの中身でしょう。書かれた内容が悪いと女性側も返事をくれませんよね。

なので、女性から評判の良い文体でテンプレートをあらかじめ作っておいて、各々の女性の自己紹介文に沿った文章を少し入れて、不自然にならないようなメールを送るのが良いでしょう。出会い系サイトにも様々な種類がありますが、大手と呼ばれる有名な出会い系サイトであれば、サイトそれ自体は安全だと言えます。
しかし、注意点もあります。大手サイトは利用者数が多いため、詐欺師や悪徳業者、不倫相手探しの既婚者なども利用しています。



出会い系サイトで恋人を探す場合、こうした相手に警戒しながら、ゆとりを持って探すようにして下さい。もちろん、会った相手がタイプであっても、安直に信用してしまっては、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。
出会いの場として、ネットゲームやコミュニティのオフ会を挙げる人がいますが、オフ会の目的とは異なり付き合える相手を探す出会い厨は場をしらけさせ、雰囲気を悪化させるので嫌われます。
それほどまでに恋人を探しているのなら、出会い系サイトで好みの異性を探すのがお互いにとって良い選択でしょう。

全く気がない異性にアタックして嫌われるよりも、誰もが出会いを求めている出会い系サイトを利用する方が上手くいくと思います。

出会い系サイトがおススメな理由は、事前にサイト上で親しくなれた人とだけ会う訳ですから、実際に会った時には盛り上がりやすいという点があります。

お互いの興味関心を事前に調査しておけば、話しやすくなることは間違いありません。

会えた場合の準備と思って、メールのやり取りも蔑にせず、相手のことを良く知るように努力しましょう。結婚を視野に入れた真剣な交際を望んで出会い系サイトで相手を探す人も増えていますね。ですが、純粋な気持ちで出会いを求めている訳ではない人に注意してくださいね。既婚者にもかかわらず、それを隠して都合の良い遊び相手を探している人や親密になると見せかけて、本名や住所などの個人情報を引き出させる悪徳な業者の報告もあります。こうした相手に引っ掛かってトラブルに巻き込まれないよう、相手に違和感を感じたら、すぐに関係を断つくらいの心構えをしておきましょう。

中でも、女性のサイト利用者は性犯罪被害に巻き込まれる可能性もありますから、不用意に情報を与えないようにしましょう。

ネット上には数多の出会い系サイトが存在します。それも、多くの人が登録している大手のサイトや、少数だけれども趣味や関心が同じ人がいるサイト、また、これらのサイトにも有料無料があるなど、バラエティーに富んでいます。一般的な出会い系サイトは、利用者の出会いのサイトとして機能しているのですが、一部には、詐欺トラブルになるような悪質なものもありますから、気を付けてください。
間違って登録してしまうと、架空請求の被害に遭ったり、利用者がサクラばかりで時間やお金が無駄になる可能性が高くなってしまうでしょう。スマートフォンを持っている人の多くが、ラインを使っているようで、メールや電話を使うよりもラインを使うのが一般化しています。初めは出会い系で知り合ったとしても、相手の女性とラインのIDを交換できれば、さらに親しくなれますよね。
でも、ライン交換はあまり急ぎ過ぎると警戒されてしまいます。



その聞き方によっては出会い系サイトでのやり取りも終わる可能性が有るので、ラインについては焦りすぎないようにしましょう。一般的に、出会い系サイトと聞いて嫌な顔をする人も多いと思います。
けれども、実際のところは本気の出会いを求めた人がサイトを利用している場合もあり、利用して様子を見てみるのもおススメです。ですが、女性の利用者が圧倒的に少ないので男性が女性と会おうと思ったら、諦めない気持ちが大切になります。
あるいは、女性のケースではやはり、犯罪に巻き込まれる事がないよう安易に相手を信用し過ぎないことが大切です。
オフ会は趣味や性格が近い人同士が集まる可能性が高いです。そのため、オフ会に参加したことで恋人が出来たという人も珍しくありません。しかし、ほとんどの場合、オフ会で異性にアプローチする人は出会い厨として煙たがられるでしょう。


そもそも、オフ会の参加者もフリーかどうかなんて分かりませんし、恋人探しの場としては良くないでしょう。話の合う交際相手を望んでいるならば、初めから出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性を探した方が早いでしょう。男女の出会いの場を提供しているイベントや出会いパーティーは各種ありますが、消極的なタイプや容姿に不安がある人にとっては、気軽に参加するのも難しいですよね。現実に、参加経験のある方の中には現場の雰囲気にのまれてしまって上手くいかず、諦めてしまう方も珍しくありません。



まだこうした交流に慣れない内からイベントに参加して苦しい気持ちを抱えるより、先に出会い系サイトで異性との会話や距離感をつかみながら出会いのチャンスを作る方が良いと思います。最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、多くの人が出会い系サイトまたはアプリを使っています。

しかしそれに伴って出会い系でトラブルになったという話も多く聞くようになってしまいました。中でも未成年に関するトラブルの数は群を抜いて多いようです。

一方で、大人の男性が巻き込まれやすいトラブルは相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら関係を持ってしまった話が多いです。また、女性の場合は性犯罪の被害に遭いやすく、出会った時に相手の車に乗ってしまうと危ない場所へ連れて行かれたといった手口が増えています。昨今のネット社会で円滑な人間関係を築くためには、相手を喜ばすようなメール術が必要です。
メール術は出会い系サイトにおける相手とのコミュニケーションにも関わる技術で、メール術を心得ていないと出会いまで関係を続けることも難しいでしょう。



タメ口はもちろん、フランクで軽すぎる言葉遣いが好きな女性はほとんどいませんし、最終的に会うことが目的でも、それをしつこく言うのはほとんどの女性は不信感を抱きます。他にも、相手側の負担になるようなメール(返信に困る内容や長文過ぎるものなど)は、女性から返信が来ることは無いでしょう。