大阪で「モテる 男 エピソード」を徹底検証|モテるリンピック事務局

テレビのニュースなどを見ていると、出会い系サイトは詐欺や犯罪の温床といった印象を持っている人が多いように感じます。



ですが、これまで私はトラブルに巻き込まれたり詐欺被害に遭ったことは無いです。サイトやメールでやり取りする際には詳細な個人情報(住所、名前、職場など)は教えず、直接会うと言う話になっても、人目の少ない場所は避けるようにすれば安心だと思います。
当然ですが、ドライブなどは密室になって危険です。あるいは、夜に会うようなことは避けるべきです。

独身男女の出会いの場となるイベントは頻繁に催されていますが、こうした場がで苦手で上手く立ち回れず、緊張してしまう性格の方にとってはハードルが高いものですよね。頑張って参加を決めても、現場の雰囲気にのまれてしまって上手くいかず、諦めてしまう方も珍しくありません。
慣れないイベントで嫌な気持ちになるよりも、メールやサイト上だけでやり取りできる出会い系サイトで交際相手を探す方がずっと簡単ですし、ご自身の負担も少なくなると思います。


出会い系サイトでは一般的に仮名やニックネームが使われており、本名で登録している人はあまり見かけませんが、名前だけは本当の名前で登録しているという人もいるでしょう。
しかし、メールのやり取りで仲良くなってくるとうっかり本名を伝えてしまう事もあると思います。でも、顔も名前も分からないような相手にこちらの本名を公開するリスクを知っておきましょう。
例えばフェイスブックに登録している場合、フェイスブックに設定されている公開範囲によっては本名によって特定され、晒されてしまうかもしれません。第一印象は、その後の関係をも左右する大切な要素だと言いますよね。


実際に、出会い系サイトでやり取りをしている異性と初めて会う場合はあまり奇抜すぎず、清潔感のある服装を心がけてください。
ファッションを蔑ろにしたせいで、それっきり連絡が無くなるケースもあるのです。


これまでに何度もやり取りを繰り返して、会えるところまで漕ぎ着けたわけですし、第一印象で失敗しないよう、身だしなみにも気を配るようにしましょう。


フィクションの世界では、バーで運命的な出会い方をする男女がよく見られますよね。

こういったシチュエーションは誰もが一度は経験してみたい出会いではないでしょうか。


でも、実際のところ、こうした出会い方をするカップルはそういませんよね。


もし本当に、バーに素敵な異性がいたとしても、そう簡単に話しかけるなんてできませんし、ましてや連絡先の交換まで出来る人はそうはいません。
出会い系サイトであれば、緊張して異性に話しかけにくいという方であっても直接顔を合わさずにできるメールのやり取りでならば、そこまで緊張せず、相手と仲良くなることが出来るのではないでしょうか。最近では、婚活や恋人探しのためにネットの出会い系を使う方も増加していますが、純粋な気持ちで出会いを求めている訳ではない人に注意してくださいね。具体的には、フリーを装った既婚者ですとか悪徳業者が個人情報を収集する為に一般の利用者を装ってアプローチしてくることもあります。
迂闊に騙されないよう、怪しい人や話には近づかないようにして下さい。女性は性犯罪被害の恐れもある為、しっかりと自衛することが大切です。


自分がオタクだから恋人を諦めているという男性の方もいるのではないでしょうか?ですが、今はオタクの方ほど女性から好かれる可能性が高いです。
女性もディープなオタク趣味を持っていることが増えているため、共通の話題がキッカケで仲良くなって交際したというオタクカップルも、今では珍しくありません。
オタクという事を隠して付き合っても結局無理が重なって破局するというケースも多いですから、出会い系サイトのプロフィールには趣味のことを書いて最初からオタクであることを公言しておけば、交際することになってもオタク趣味を続けることが出来ます。

一般的に、インターネットの出会い系で出会いを求めた場合は様々な危険性があります。


男性の利用者は、サイトに雇われたサクラやポイント目当てのキャッシュバッカーに引っ掛かると時間のみならず、金銭的にも損失が出る可能性があります。真剣に恋人を探している場合は独身のフリをした既婚者に騙されて、不倫問題など思いもよらないトラブルになるケースもあります。

警戒し過ぎなくらいが、出会い系サイトではちょうどよいといえます。メールのやり取りが出会い系サイトでは重要なのはご存知だと思いますが、実際はどれだけ頑張って女性にメールしても、無視されてしまう事の方が多いんですよね。



ですから、せっかく女性から返信が来たとしてもセカンドメールの内容を書くのに悩むことも多いでしょう。
ここで失敗しがちなのですが、浮かれるあまりあれこれと書き連ねた長文メールを送るようなことは避けてくださいね。



重たく感じられてそこでやり取りが終わってしまいますから、適度な長さで丁寧な返信を心がけてください。出会い系サイトは犯罪の温床と言われることもあるほど、トラブルの多い場所でもあります。実際のところ、出会い系サイトを介した犯罪の関係者といえば、未成年が大半です。



それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、女子高生と知り合って関係を持った結果、トラブルに巻き込まれるという話をよく聞きます。
また、女性の場合は性犯罪の被害に遭いやすく、出会った時に相手の車に乗ってしまうと怪しい場所に連れて行かれるというやり口が多いようです。いずれにせよ、自衛することを心がけてください。

恋人を探そうと、ネットゲームやネットコミュニティの仲間と実際に会う「オフ会」に参加する人もいますが、オフ会の目的とは異なり付き合える相手を探す出会い厨はオフ会ではほとんどの人から煙たがられる存在です。


交際相手を探すのを目的にするのであれば、余計な遠回りをするよりも出会い系サイトに登録した方が簡単です。



その気のない異性を振り向かせるよりも、出会いを求めている異性を誘う方がスムーズだと思います。

出会いのキッカケや婚活に便利な出会い系サイトなのですが、いくつかの被害が報告されています。具体的には、どれだけやり取りを繰り返しても出会いまで進まないということでしょう。


利用者自身の性格や対応が悪いといった理由で出会うことが出来ないという場合は別です。



被害として扱えるのは、出会い系サイトの運営側が、出会えないものを出会えるように見せかけているといった場合です。登録者がサクラだらけといった場合もありますし、最近では機械がプログラムされた会話を返事している場合も増えているようです。私の友人が出会い系サイトで詐欺被害に遭いました。相手とは初めて会った時からすごく話が合って、すぐにお付き合いするようになったと言っていましたが、何か月か付き合った時に相手が本当は既婚者で、自分はただの浮気相手だということが分かったと言っていました。


真剣に結婚も視野に入れて交際をしていた友人は、裏切られたことにショックを受けてかなり落ち込んでしまって、聞いている私も辛くなりました。都合の良い相手を探しているのなら初めから言えばいいのに、独身だとウソをついて真剣に出会いを求めている人を騙すのは止めてほしいです。恋人が欲しいけれど、日常の中で出会いが少なかったり相手を選びたいという理由で出会い系サイトを活用している方も多いと思います。



実際に出会い系サイトを利用して、出会いまで進展させられるかどうかはファーストコンタクトでいかに自分を魅力的に見せられるかどうかだと思います。例えば、メールの文体があまりに軽薄で不真面目そうなものだと危険だと思って避ける人も多いのです。ですが、あまりに真面目で堅苦しいメールでは気疲れさせてしまうでしょう。

書いている本人には分かりにくいのですが、文体は本人の印象を左右します。
色々な文章を参考にしながら、適度に丁寧で重すぎないメールを送れば返信も来ますし、出会いまで繋げることも可能でしょう。

当然のことですが、出会い系サイトにはプラスなところとマイナスなところがあると言えるでしょう。例えば、利用者の弱みに付け込んだ詐欺や犯罪が行われていることもありますし、会ってみた男性が、実はDV男という可能性もあります。浮気したくてサイトで女性を騙している既婚者もいるそうです。反対に、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、こればかりは、出会いのタイミングや相手を見抜く目にかかっていると言っても良いかもしれませんね。たくさんある出会い系サイトの一部には課金目的でサクラを使っている事があるのです。
万が一、サクラに釣られてしまったらどれだけメールを引き延ばされても会えませんし、かけたお金も時間も無意味になってしまいます。

サクラに引っ掛かって時間やお金を無駄にしない為にも、出会い系サイトを利用しようと思ったらその前に、口コミやレビューで情報を集めておき、サクラがおらず、評判の良い出会い系サイトを選べば、一般の利用者と出会える可能性が上がります。
恋人がいないことはもちろんですが、友達も少ないと寂しいですよね。いますぐに遊ぼうと思っても遊べる友達がいないという場合は、出会い系サイトを介して様々な出会いを楽しんでみるのが選択肢の一つです。意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、同性の友達も作れたという人もいます。


でも、出会い系サイトでの友人関係は簡単に壊れてしまいますし、交際相手が見つかっても仲の良い友達探しは難易度が高く、なしのつぶてという事もあります。恋人探しのついでに友達も欲しい、という場合でないのなら、出会い系サイトではないやり方の方が良いかもしれません。私の友人は去年結婚したのですが、相手と知り合ったきっかけを聞いて驚きました。
それはインターネットの出会い系サイトだそうです。お互いが結婚願望を持っていたそうで、付き合っている間もずっと仲が良くて、すんなりと結婚話が出たと言っていました。話を聞いただけでも、旦那さんは友人の事を大切にしているのが分かりましたから、今どきの出会い系は良い出会いが期待できることが分かりました。最近ではネット社会が発達し、誰もが気軽に連絡を取り合えるようになりました。そんな中で多くの人と円滑な関係を結ぶためには相手の喜ぶ文面がつくれる「メール術」が大切になってきます。

メール術は出会い系サイトにおける相手とのコミュニケーションにも関わる技術で、メール術を身に付けていない男性は、出会い系でも失敗することになってしまうでしょう。

一般的に、ファーストメールはですます口調の方が返信が返ってきやすいですし、最終的に会うことが目的でも、それをしつこく言うのは警戒されて終わってしまいます。
他にも、相手側の負担になるようなメール(返信に困る内容や長文過ぎるものなど)は、その時点で関係が終わるケースがほとんどです。
一般的に、出会い系サイトと聞いて嫌な顔をする人も多いと思います。



けれど、身近にやり取りできる方法として、出会い系サイトで真剣な交際を求めている人がサイトを利用している場合もあり、利用して様子を見てみるのもおススメです。ですが、やはり一般の婚活サイトや出会いの場と変わらず、女性の数は圧倒的に少ないようで、男性の利用者が女性との関係を進展させるまでには根気と努力が必要になるでしょう。

あるいは、女性のケースではたくさんの男性と交流できる機会があると思いますが、その分トラブルになりそうな人や話には近づかないなど、節度ある行動を心がけてください。
みなさんが利用しているスマホですが、最近では出会い系アプリが盛り上がっているようです。
出会いを目的に相手を探せるアプリもありますし、出会い系ではないけれど、同性を含む不特定多数の利用者とコミュニケーションを取ってみて、相性が良さそうなら連絡先を伝えられるような友達探しや出会いにも使えるアプリも利用者が増えています。出会える確率としては、とにかく利用者数が多いものの方が確立も上がりますが、アプリの利用目的によって自分好みのものを利用してみてください。


性別にかかわらず、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人が増えています。そうした中でオフ会に参加して交際相手が見つかるという話もよく耳にしますが、オフ会など、本来の趣旨とは違うのに異性を口説いてしまうと、出会い厨として煙たがられるでしょう。

オフ会の参加者はフリーであるという保証はないので、効率的な探し方でないことは確実でしょう。恋人がほしくてネットで相手を探すのならば、出会い系サイトに登録して好みの異性を探した方が結果につながりやすいのではないでしょうか。

サービスの利用に応じて、現金やウェブマネーに換金できるポイントを貯められるシステムを使っている出会い系サイトを利用するならば、いわゆるキャッシュバッカーに引っ掛からないように注意しなければいけません。
実は、サイトの利用者によっては交際相手や遊び相手を探してサイトを利用しているのではなく、メールや、やり取りで稼げるポイントを換金してお金を稼ぐ人がいます。

サクラとも違って、不自然な返信をする機械が相手でもないので一見分かりにくいですが、どれだけやり取りを繰り返しても関係が進展しないようであれば、キャッシュバッカーの可能性が高いですから、早めに切り上げた方が良いでしょう。


出会い系サイトで上手くいかないという悩みをもつ男性も多いですよね。多くの出会い系サイトでは男性会員の数が圧倒的に多いので、男性からメールでアプローチしてみても返事が返ってくるのは稀ですし、女性から連絡をしてくれることは、ほとんど無いです。


しかし、例外もあります。例えば、男性のプロフィールが医師や弁護士、社長などの肩書を持っている方であれば、沢山のメールをもらえると思います。それならばということで、職業に医者と書いておけばメールはたくさん来るようになりますが、直接会った時や親密になる過程で綻びが出て困った状況に追い込まれることもあります。出会い系サイトを利用していると、信じられないような出来事に遭遇することがあります。滅多にあることではありませんが、現実社会での知人と、出会い系で出会ってしまったという嘘みたいな話が実際にあったそうです。



いろいろと恥ずかしさなどもありますが、そこはお互い様ですし大問題に発展することは無いでしょう。

しかし、自己紹介の欄に顔写真を載せている場合は、悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、ご自身が出会い系サイトを利用していることが周囲にばれてしまう可能性があります。

また、顔写真を悪用される可能性もあるので、取り扱いには十分注意が必要です。
ここ最近は、独身の方で出会いパーティーデビューする方も増えています。



どんな人とでも仲良くなれて積極的に話しかけられる人なら、たとえ出会いパーティーでも、その積極性で恋人を見つけることが出来るかもしれません。とはいえ、口下手な方や異性に話しかけづらいと思っている方もいるでしょう。そういう場合は、まずは出会い系サイトで文面だけのやり取りで慣れていくのが出会いやすいです。
最近では多くの人がスマホを使っていますね。

そのうちの大多数がラインを入れているようで、ラインは身近なものになっています。可能であれば、出会い系で連絡を取った女性とラインのIDを教えてもらえれば、もっと親密な関係になれると思います。でも、ライン交換はあまり急ぎ過ぎると警戒されてしまいます。その聞き方によってはメールすら出来なくなるかもしれませんから、ラインについての話を振るのは注意深く行動した方が良いと思います。

出会い系サイトが発端の犯罪に巻き込まれる危険性を考慮した際、見ず知らずの相手に自分の連絡先を伝えるのは躊躇します。

しかし、向こうの連絡先はちゃんと教えてほしいというのが出会い系サイト利用者の共通する思いでしょう。女性は自衛のためにも、相手を安易に信用しない傾向にある為、連絡先交換に消極的です。


仮に、知り合ってすぐに女性から連絡先を教えてくるようなことがあれば、それは個人情報を収集している悪質な業者というケースもあります。



慎重すぎると感じるかもしれませんが、出会い系サイトではこのくらい警戒しておいた方が良いと思います。
自分の事を長々と書いたメールは出会い系に限らず相手が不快な気持ちになります。

出会い系サイトにおいても同様で、女性から連絡が来た際には、相手に引かれてしまわないよう、極端でない適切なメールを送るようにしましょう。

その一方で、相手の女性の返信が極端に短いものしか来ないというケースでは、相手の女性がサクラや機械といった出会い目的以外の場合がありますから、注意してください。出会い系サイトでモテる男性は現実の婚活とも共通点があります。

男性の職業でいうと、公務員はネット上の出会いの場である出会い系サイトでも人気のある職業です。


生涯のパートナーになることを見据えて本気のお付き合いを望んでいる女性からすると、収入面に恵まれ、手当てやローンが優遇される公務員は付き合いたい相手の職業として一番に名前が挙がるのでしょう。



こうしてみると公務員が出会い系サイトを利用することには利点しかないように感じますが、安易に個人情報を載せると個人を割り出されるケースがありますので、伝える情報には細心の注意を払いましょう。