埼玉で「モテる 男 遊び」を徹底検証|モテるリンピック事務局

ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。
相手とすぐに親しくなってお付き合いするようになったと言っていましたが、交際3ヶ月あたりで向こうは既に結婚しており、自分はただ都合の良い遊び相手だったことが分かったそうなのです。真剣に結婚も視野に入れて交際をしていた友人は、裏切られたことにショックを受けて長い間落ち込んでいました。
都合の良い相手を探しているのなら初めから言えばいいのに、独身だとウソをついて出会い系サイトで真剣な相手を騙すのは酷いと思いますし、絶対に許せないです。



学生の頃とは違って、働くようになると、異性との出会いの機会が欲しくても時間が取れずに失敗することが多いです。

毎日が職場と自宅を往復する単調な生活では、出会いのチャンスを逃してしまいますから、空いた通勤時間で、出会い系サイトなど、ネットで出会いを求めてみてはいかがでしょうか。

メールとはいえ、異性と交流する訳ですから、気持ちに張りあいが出て、気持ちも前向きになります。


出会いのキッカケや婚活に便利な出会い系サイトなのですが、いくつかの被害が報告されています。



具体的には、何といっても「出会えないこと」ですね。
とはいっても、利用者自身に何らかの問題があって出会えないというのは別問題でしょう。出会い系サイトの被害とは、サイト運営側が、本当は会えないにもかかわらず、会えるように見せかける詐欺行為を働いている場合だけです。例えば、女性会員がサクラであったり、最近では機械で自動的にやり取りしているといったこともあり、結果的に「出会えない」という被害が増えているようです。
世間では、出会い系サイトの印象はあまり良くなくて、危険なイメージがあるみたいなのですが、私の経験では、危ないと感じたことはありません。


サイトやメールでやり取りする際には個人情報は伏せ、それ以外の話題で相手の人柄を知っておくのが良かったんだと思います。信頼できそうだと感じても、用心して実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、危険は少なくなりますよ。
でも、車に乗ってどこかに行く話が出た時は断った方が良いですし、待ち合わせの時間を夜にするタイプの人と会うのは避けた方が良いでしょう。

今どきの人間関係をより良くするには、相手が貰って嬉しいようなメールを送るメールのテクニック、すなわちメール術を心得ているかどうかが重要になります。
これは、出会い系サイトでのコミュニケーションにも重要に関わっていて、男性からのメールが良くないようでは出会いまで関係を続けることも難しいでしょう。例え男性であっても、メールで男らしく見せようと荒い言葉遣いをするのは絶対にNGですし、すぐに直接会うような話を振ると多くの場合失敗します。また、単純な事ですが、相手の都合や負担に考慮してメールを送らなければ、女性も嫌になって連絡を絶ってしまいます。


気の合う友達が周りにいないという人も、ネットの出会い系サイトで地域や性別、年齢に限らず様々な人とコミュニケーションを取るのも良い選択です。

実は、出会い系サイトは交際相手だけでなく同性の友人が見つかる場合もあります。
とはいえ、ネット上やメールだけの関係は自然消滅しやすいですし、交際相手が見つかっても友人は特に出来ないままという人もいるでしょう。
恋人でなくて友達が欲しいというならば、違う方法を見付けた方が良い結果になると思います。
時々話に聞くのですが、出会い系サイトによっては魅力的な異性を広告塔にして、課金させるために登録者の中にサクラを紛れ込ませている事があります。

サクラに好意を抱いても、いくら課金しようと連絡をしようと絶対に、直接会うことは出来ませんから、かけたお金も時間も無意味になってしまいます。出会い系サイトを利用する際は、きちんとしたサイトを選べるように情報を仕入れておいてサクラがおらず、評判の良い出会い系サイトを選べば、一般の利用者と出会える可能性が上がります。出会い系の自然な流れとしては、メールをしあって相性が良さそうだと思ったら、顔写真の交換などをして、相手の容姿をある程度理解しておくのが普通でしょう。生涯を共に過ごす結婚相手ならまだしも、ちょっとデートしてみるという場合では、殆どの人が容姿を重視するのも当然でしょう。今の時代はネット上にある別人の写真を用意するのも簡単な事とはいえ、実際に会うとなるとウソはつけませんから、今後実際に会う予定があるのなら自分の写真を渡す方が良いです。
同様に、相手の写真も本物ではないかもしれませんから、安易に信じすぎないようにしてください。相手と話す時に、趣味や関心が同じだと盛り上がりますし、親しみを感じるものでしょう。そういう意味でも、出会い系サイトの自己紹介には自分の趣味や少しでも関心のあることについて、たくさん記入しておきましょう。


とはいえ、マニアックな趣味の場合は書くのをためらうこともあるでしょう。
確かに、マニアックなものは恥ずかしいと思いがちですが、発想を変えてみると、マニアックがゆえに同じ趣味を持つ人からは仲良くなりやすいと言えます。

出会いの場として、ネットゲームやコミュニティのオフ会を挙げる人がいますが、誰もそんなつもりで集まっている訳ではないのに異性とばかり交流しようとする「出会い厨」はオフ会では絶対に来てほしくないタイプの一人でしょう。

出会いを望んでいるのであれば、初めから出会いの場である出会い系サイトを利用するのがお互いにとって良い選択でしょう。
出会い厨などという蔑称で呼ばれるよりも、出会いを求めている異性を誘う方がずっと簡単ですし、成功しやすいでしょう。都会はもちろん、ある程度の大きさの都市であれば、出会いを求めた男女にピッタリのスポットがあるのではないでしょうか。
とはいえ、こういうスポットでも誰もが確実に良い相手と巡り合う訳ではありません。また、ナンパや合コンのノリは苦手な人にとってはこうしたスポットは行くことも苦痛でしょう。
そんな場合はネットの出会い系を利用してみるのが良いのではないかと思います。利用してすぐに交際相手が見つかるとは限りませんが、そこまでいかなくても、異性とメールのやり取りをするだけでも楽しい気持ちになると思います。スマートフォンを持っている人の大多数がラインをダウンロードしていますよね。

それくらいラインは身近なものになっています。

可能であれば、出会い系で連絡を取った女性とラインのIDを教えてもらえれば、さらに親しくなれますよね。



ですが、ラインのID交換は意外と警戒されがちです。聞き方によっては関係が終わってしまうケースもあるので、ラインのIDについては、ある程度仲良くなってからさりげなく話題を出して相手の反応を見るなど、注意深く行動した方が良いと思います。
一般的に、長文メールは、出会い系に限らず相手がいやがることが多いです。



実際に出会い系で女性からメールを貰った場合は、そのチャンスを生かすために、長すぎず、短すぎない適切なメールを送るようにしましょう。
その一方で、相手の女性の返信が短文で変わらない場合は相手がサクラや機械、キャッシュバッカーなどの可能性が出てきます。公務員という職業は、現実でのお見合いでも人気の職業ですし、出会い系サイトにおいても女性からの視線の熱い職業の一つです。
出会い系サイトで婚活を行っていて、真剣な交際を望む女性には、手当も手厚く安定性が抜群の公務員は憧れの職業と言っていいかもしれません。

このように出会い系サイトでも現実でも大人気の公務員ですが、他の業種に比べて公開されている情報から推測できる部分が多いため、相手に伝える情報によってはすぐに職場を割り出されてしまいますから、節度を持って利用するようにしましょう。出会い系をうまく活用するポイントは、考えるより行動です。


男性の登録者は女性に対して様々な女性に対してメールでコンタクトをとってみるべきです。そのメールの内容も重要です。
いくら数が多ても内容が興味を引くものでなければ相手にしてくれないでしょう。女性がもらって嬉しいひな形を保存しておき、各々の女性の自己紹介文に沿った文章を少し入れて、不自然にならないようなメールを送るのが一番効率的です。
便利にスマホを利用するためにはアプリが欠かせませんよね。



最近は様々な形で出会いを斡旋するアプリが使われているようです。

出会いを目的に相手を探せるアプリもありますし、出会い系ではないけれど、同性を含む不特定多数の利用者とコミュニケーションが取れるタイプの出会い目的としても使えるアプリも人気です。選ぶ基準としては、利用者数を参考にするのも良いのですが、目的のアプリの使いやすさや親和性はそれぞれですので、自分が一番気に入ったアプリを使うことが、出会い系アプリを楽しむ上で大切です。

出会い系サイトに本名で登録しているという人はあまり見かけませんが、苗字はともかく名前はそのまま本名を登録しているという人は珍しくないでしょう。サイトを利用する中で、メールや電話などで何度もやりとりをして親密になってくると、更に仲良くなれると思ってうっかり本名を伝えてしまう事もあると思います。でも、顔も名前も分からないような相手にこちらの本名を公開するリスクを知っておきましょう。例えばフェイスブックに登録している場合、公開する範囲の設定が誰でも見えるような状態だと教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。
最近では、出会い系サイトといえば犯罪被害や詐欺被害ばかりがクローズアップされ、良くない印象を持っている人もたくさんいるでしょう。けれど、身近にやり取りできる方法として、出会い系サイトで真剣な交際を求めている人がサイトを利用している場合もあり、悪いイメージだけで拒絶するのはもったいないと思います。

とはいえ、登録者の比率から考えても女性が少ないのは確実で、ほとんどの男性は長い時間がかかる事もあると覚悟した方が良いでしょう。
あるいは、女性のケースではやはり、犯罪に巻き込まれる事がないよう安易に相手を信用し過ぎないことが大切です。


みなさんは出会い系アプリを使っていますか?おすすめの出会い系アプリとして、スマホユーザーの多くが利用しているLINEのIDを公開してやり取りできるものがあるのです。このようなアプリでは、条件を絞って相手を検索できるので、出会い系サイトより楽に目的も達成できるでしょう。一度でも出会い系サイトを使ったことのある方なら分かると思いますが、出会い系サイトでは親密になるまで時間がかかり、知り合ってすぐにLINEのIDを聞くのは難しいものですよね。でも、先に書いたような出会い系アプリを使えば、ID交換に関して悩むことなくやり取りに集中できます。ドラマや小説では、よくバーで出会った男女が良い雰囲気になる場面が見られます。

こういう出会い方は一度は経験してみたくなりますが、現実では、このようにすんなりと相手と出会えるカップルは滅多にいませんよね。

一般的には、バーで好みの異性を見付けても、話しかけるのも難しいのが普通だと思います。
出会い系サイトであれば、異性との交流が苦手な人でもまずはメールでお互いの距離を縮めていけるので、自分らしい出会いの方法を考えることが出来ると思います。実際、出会い系サイトにはサクラや機械などで利用者を騙そうとするサイトがありますから、これらの相手に騙されない為にも、連絡を取った相手が、本物の利用者であるかどうか見極めるのは最も大切な事だと言えるでしょう。ほとんどの人は、何度か経験してみると自然と分かると思うのですが、いつでも同じ内容の返事を繰り返すようなプログラムの不自然さを疑わず、やり取りを続けてしまうようでは、ハッキリ言って出会い系サイトは利用しない方が賢明です。また、キャッシュバッカーの存在にも注意が必要です。



これから出会い系サイトを利用しようと考えている人に、ぜひご一読いただきたいことがあります。
それは、出会い系サイトで犯罪に巻き込まれたという話です。実際のところ、出会い系サイトを介した犯罪の関係者といえば、未成年が大半です。

それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、出会い系サイトで知り合った女性が18歳未満と承知の上で児童買春してしまい、トラブルになるという話をよく聞きます。

女性が犯罪に巻き込まれるケースでは、性犯罪の被害者となるケースが多いです。

出会った時に相手の車に乗ってしまうと怪しい場所に連れて行かれるというやり口がよく見られますから、相手を安易に信用し過ぎないようにしましょう。知らない方にとっては意外かもしれませんが、出会い系サイトの料金はいわゆる課金制で利用料を徴収します。


課金制とは、メールやするごとに利用料がかかるということです。


課金制ではメールするごとにサイト運営側に利益が出ますので、そのために絶対に出会えないサクラや機械を使って、気のある素振りを見せてやり取りを長引かせるケースがありますので、不審に感じたらもう連絡を取らないようにしましょう。
また、出会い系サイトを利用する人の目的は様々ですから、お互いの時間やお金を無駄にしない為にも、相手の出会いの目的がお互いの希望に合致しているかどうか初めのコンタクトで確認し合っておいた方が、お互いにとって効率的でしょう。男性会員数が多い出会い系サイトでは、自分から女性にメールをしても多くが無視されてしまいます。
それに、男性のプロフィールを調べた女性が連絡をしてくれることは、ほとんど無いです。しかし、医師や弁護士、会社社長といったお仕事の方については、その収入や肩書に魅力を感じる女性からの連絡は途絶えません。それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、会ってみれば嘘はばれてしまいますから、結局自分の首を絞める事になるでしょう。



出会い系を利用したいと思っている方へのアドバイスですが、今どきは出会い系サイトよりも出会い系アプリの方が利用者が多いです。パソコンよりもスマホを普段から使っているという人の方が多くなっていますし、簡単にやり取りが出来るのです。スマホ利用者の一部には、本来、出会い系アプリではないアプリを出会うために活用する人も見かけますが、それでは一般の利用者の迷惑になりますし、結果に繋がりにくいので、止めておいたほうが賢明でしょう。婚活サイトやお見合いで利用する写真ならともかく、ネットの出会い系サイトで交換し合う顔写真であれば深く考える必要は無く、例えばプリクラの画像を使っても良いですし、自分の写真に修整をかけたものでも良いです。とはいえ、あまりに加工されて別人のようになってしまっては、会った時に裏切られたと思われて関係が途絶えてしまうケースも多いのです。容姿に自信が無いという場合は、素直に会ってみた方が後ろめたさも無く、すっきりできるのではないでしょうか。


オフ会は趣味や性格が近い人同士が集まる可能性が高いです。


そのため、オフ会に参加したことで恋人が見つかるというケースもあります。
しかし、オフ会など、本来の趣旨とは違うのに異性を口説いてしまうと、出会い厨として煙たがられるでしょう。



それに、オフ会に参加しているからと言ってフリーであるという保証はないので、ハッキリ言って、恋人を探したくてオフ会に参加するのは遠回りだと思います。



同じ趣味を持つ交際相手を探しているなら、出会い系サイトに登録して好みの異性を探した方が早いでしょう。


最近は、出会い系サイトの敷居も下がり恋人探しに活用している人も珍しくありませんが、サイトで出会った人とお付き合いを始めるならば、簡単に決めてはいけません。


なぜなら、出会い系サイトの自己紹介に嘘や見栄を張った情報を書く人がいるのです。
書かれた情報をそのまま鵜呑みにして即座に付き合うというのではなく、納得するまで会ってみて信頼してもいいのかどうか判断することが重要ですから、ぜひ心に留めておいてください。



最近、出会い系アプリがキッカケで意気投合した異性と会ってみました。アプリでやり取りした相手と会った経験が無いので、いろいろと不安に思う事があって緊張していました。

でも、全くそんな心配なく楽しく充実したデートになりました。

連れて行ってくれたお店も気取りすぎない雰囲気の良いお店で、料理の話で盛り上がりましたし、アプリでは話せていなかった仕事についてもお互い語り合えてとても盛り上がって、すごく距離が縮まったと思っています。またデートする約束もしましたし、次に会うの時がすごく楽しみです。出会い系サイトで出会うためには、何よりメールを送ることが肝心なのですが、女性にメールを送ってみても、返信されないことの方が多いのです。このような状態に慣れてしまうと、かえってセカンドメールの具体的な内容に困ることもあると思います。セカンドメールで陥りがちの失敗なのですが、返信が来たことに浮かれてあれこれと書き連ねた長文メールを送るようなことは厳禁です。

セカンドメールもファーストメールと同様に、丁寧で適度な長さのものにするようにして下さい。