埼玉で「モテる 男 落とし方」を徹底検証|モテるリンピック事務局

フィクションの世界では、バーで運命的な出会い方をする男女がよく見られますよね。こういったシチュエーションは誰もが憧れるシチュエーションでしょう。

ですが、現実にバーで運命の出会いをしたカップルは滅多にいませんよね。

仮にそのような機会があったとしても、普通は声をかけるのも緊張するものでしょう。

そういう点から見ると、出会い系サイトは、出会いたくても自分から直接話しにくいという悩みにもサイト上のやりとりなら、ご自身のペースに合った相手と出会える可能性があります。たくさんある出会い系サイトの一部には客寄せや課金率を上げるために一般の利用者を騙ってサクラを紛れ込ませているサイトがあります。万が一、サクラに釣られてしまったら何回やり取りを繰り返しても、会えませんし、かけた時間もお金も全くの無駄になってしまうのです。

こうした事態を避けるためにも出会い系に登録する前に、情報を仕入れておいて怪しいサイトは避けるよう、自分でしっかりと調べておきましょう。


恋人探しや婚活のために出会い系サイトを利用する方も多いですよね。出会い系サイトを使う利点といえば、事前にメールでお互いの事をある程度知った上で会うという運びになることが多いので、会った時に盛り上がるということに尽きます。相手が喜ぶような話題を把握しておけば話しやすくなることは間違いありません。


会えた場合の準備と思って、積極的にメールでのやり取りで会話を続け、ある程度、相手のことを理解するように努めるのが良いと思います。



私の友人は去年結婚したのですが、旦那さんの事を知ったのは出会い系サイトだったそうなんです。お互いが結婚願望を持っていたそうで、会って交際を始めてからも相性が良かったそうで、何の支障も無く結婚を決めたそうです。


話を聞いただけでも、旦那さんは友人の事を大切にしているのが分かりましたから、今どきの出会い系は良い出会いが期待できることが分かりました。


ネット社会と言われる今日では、ネットを介して知り合った男女のカップルも多いですよね。

それに、出会いの場として利用される出会い系サイトでは、意気投合したカップルが結婚まで進んだというケースもよくある話です。


こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、不用意に個人情報を公開したり、安易に相手を信用し過ぎると犯罪被害に遭ったりトラブルに巻き込まれる危険があるのです。



純粋に出会いたい人だけが出会い系サイトを利用しているのではないことを分かっておきましょう。
出会い系サイトで上手くいかないという悩みをもつ男性も多いですよね。
多くの出会い系サイトでは男性会員の数が圧倒的に多いので、男性からメールを送ったとしても返事が返ってくるのは稀ですし、女性がわざわざプロフィールを調べて連絡をくれるというケースは極めて稀です。もちろん、全ての男性が同じとは限りません。

男性の職業が弁護士や医者、会社社長などの女性が憧れる職業の場合、多くのメールを受け取るでしょう。

そうかといって、ご自身の職業を詐称すると、すぐにバレてしまいますし、トラブルに発展するケースもあります。

多くの人が感じていると思いますが、長文メールは出会い系の相手でなくてもいやがることが多いです。


実際に出会い系で女性からメールを貰った場合は、そのチャンスを生かすために、長すぎず、短すぎない適切なメールを送るようにしましょう。その一方で、相手の女性の返信が短文で変わらない場合は相手がサクラや機械、キャッシュバッカーなどの可能性が出てきます。知らない方にとっては意外かもしれませんが、出会い系サイトの料金は課金制によって利用料を払うシステムになっています。
つまり、定額制とは逆で、メールなどのやり取りごとに利用料金がかかるという意味です。

誰でも、出会えると思うと必然的にメールのやり取りも繰り返すと思います。そういった利用者の心理を利用して課金させようと返信を繰り返させるサクラを雇っている出会い系サイトもあるので、不審に感じたらすぐにサイトの利用をやめた方が良いでしょう。また、出会い系サイトを利用する人の目的は様々ですから、お互いの時間やお金を無駄にしない為にも、相手の出会いの目的がご自身の都合に合っているかどうか確認するようにして下さい。



婚活サイトやお見合いで利用する写真ならともかく、出会い系で使う顔写真はプリクラでもOKですし、加工アプリをつかって気になる部分を修整することもできるでしょう。しかし、過度に修整をかけて全く別人の顔になってしまっている写真では、相手と直接会った時に確実にがっかりされますし、相手によっては怒らせてしまってそれまでの関係が壊れることも珍しくありません。

自分の外見に悩みがあって、そのままの顔写真は送りにくい気持ちも分かるのですが、この際、勇気をもって会いに行ってみた方が後ろめたさも無く、すっきりできるのではないでしょうか。
都会には恋人募集中の男女が出会いやすい出会いスポットが存在すると思います。


こうした場所は手軽な出会いの場なのかもしれませんが、誰もが確実に良い相手と巡り合う訳ではありません。
そもそも、合コンやナンパのノリが嫌いな方はスポットでの出会いに抵抗があると思います。

そのような場合は出会い系サイトを利用した方がいいです。利用してすぐに交際相手が見つかるとは限りませんが、異性とやり取りを交わしてみるだけでもワクワクできます。
最近話題になっている出会い居酒屋に行ってのですが、それほど良くなかったですね。かわいい女の子と相席になる事も無かったですし、どんどん注文されて高い食事代を払わされるしで、ロクな事がなかったですね。

比較するのもなんですが、以前、出会い系サイトを使った時は、相手の容姿や盛り上がる話題を前もって知っていたので、すごく楽しめました。
自分の場合はですが、出会い居酒屋でお金を使うよりも時間は必要になりますが、出会い系の可愛い子とデートした方が、ずっと有意義だと思いますね。自分がオタクだから恋人を諦めているという男性の方もいるのではないでしょうか?ですが、最近はマニアックなオタク趣味を持っている方ほど女性の人気が高いです。

女性もディープなオタク趣味を持っていることが増えているため、同じような趣味の会話が楽しく、そのまま付き合いはじめるというケースもあります。オタクという事を隠して付き合っても結局無理が重なって破局するというケースも多いですから、出会い系サイトのプロフィールには趣味のことを書いて自らオタクだということをアピールすれば、付き合う時に安心してオタクでいられますよね。

ある程度出会い系サイトのことを知っている方には当然かもしれませんが、インターネットの出会い系で出会いを求めた場合はそれなりにリスクがあるのです。



男性のケースで言うと、どれだけ課金しても出会えないサクラや、キャッシュバッカーとやり取りしてしまい金銭を失うことがあります。



あるいは、恋人を見付けたいのに、独身のフリをして浮気相手を探している既婚者に引っ掛かってしまい、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。


こうした数々の危険から身を守るためにも、迂闊な行動はとらないようにしましょう。最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、手軽に出会えるツールとして出会い系サイトで恋人を探す人も多いのではないでしょうか。出会い系で知り合った相手と、スムーズに出会いへと進められるかどうかは初めに送るメールでどれだけ相手に好印象を与えられるかどうかにかかっています。


例えば、メールの文体があまりに軽薄で不真面目そうなものだとかえって相手に怪しまれてしまいます。

また、反対に生真面目で重たい内容ならどうかと言えば、相手をウンザリさせてしまうかもしれません。


ここでは両極端な例を出しましたが、意外とこうした事がきっかけで躓く人も多いのです。ファーストメールの際は、ほどよく丁寧な文体を意識して送ると上手くいくことも多くなるでしょう。
日常生活で異性との出会いに期待が持てずに、出会いパーティーに足を運んでいる人も多いのではないでしょうか。
どんな人とでも仲良くなれて積極的に話しかけられる人なら、出会いパーティーにおいても、結果を出すことが出来るでしょう。しかし、中には話すのが苦手だと言う人や異性に話しかけづらいと思っている方もいるでしょう。そういう場合は、初めは出会い系サイトのメールのやり取りで相手との距離を縮めていくのが出会いやすいです。
最近では、ほとんどの人がスマートフォンを所有していますから、それに伴って出会い系アプリの利用者も増えています。出会い系の名称通り、出会いに特化したシステムのアプリもありますし、相手を特定せずにやり取りできる、多目的なコミュニケーションを可能にした出会い目的としても使えるアプリも人気です。
一般的に、登録者数が多いアプリはそれだけ出会いの可能性がありますが、アプリ特有のシステムやこだわりは様々ですので、ご自身に都合の良いアプリを利用するのが一番良いと思います。実名を公表して出会い系サイトを使っているという人はあまりいません。

ですが、下の名前については本名そのままというケースは良くあるようです。


サイト上のやり取りを繰り返していると、どんどん仲良くなってくると、大胆な気持ちになってついうっかり本名を教えてしまうこともありますが、とても危険なことですから絶対に止めてください。
例えば、本名でフェイスブックに登録している場合、設定によっては相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。出会い系サイトがキッカケで知り合った異性とメールでのやり取りは一段落ついたけれども、実際に会うのには不安が残る、という場合や、とても親密になって早く会いたいのに、仕事の都合などで予定が合わず、すれ違ってしまうケースもあるでしょう。このような時にはまずはスカイプを使うのが良いでしょう。
スカイプであれば、どれだけ話しても通話料を気にしなくて済みますし、カメラでお互いの顔を見せ合って話すことも可能です。
ここで一つ注意点なのですが、相手が通話映像を録画して悪用する恐れがあるため、相手のことを信頼できるまでは、設定でカメラをオフにしたり顔が映らないアングルにするといった工夫をした方が安全でしょう。


友人が出会い系サイトを利用して酷い目に遭ったと言っていました。サイトで出会った人とは趣味や価値観が似ていて話が盛り上がり交際を始めたそうなのですが、交際3ヶ月あたりで相手が本当は既婚者で、自分はただの浮気相手だということが分かったと言っていました。

真剣に結婚も視野に入れて交際をしていた友人は、裏切られたことにショックを受けて長い間落ち込んでいました。
遊びたいがために既婚者がフリーを騙って出会い系サイトで真剣な相手を騙すのは絶対にあってはならないことだと思います。



ここ最近、利用者が急増しているポイント換金制の出会い系サイトなのですが、ここを利用する場合はいわゆるキャッシュバッカーに引っ掛からないように注意しなければいけません。
それというのも、女性によっては、交際相手を探している訳ではなく、サイト上のやり取りによって得られるポイントを稼ぐために登録している人が居ます。
それがキャッシュバッカーです。


キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、プログラム応答による文面の違和感もありませんから判断しにくいですが、何回メールしても連絡先を交換する素振りがなければ打ち切りましょう。相手と話す時に、趣味や関心が同じだと盛り上がりますし、時間をかけずに親密な関係になることも出来ます。出会い系においても、自己紹介のところに出来るだけ多くの趣味関心を載せた方が、相手に見てもらえる可能性が高いと言えますね。


一般的にあまりにマニアックな趣味は恥ずかしいと思って公表しない人もいると思います。
でも、発想を変えてみると、マニアックがゆえに共通する趣味を持つ相手がいれば、それだけ親近感を得やすくなります。


偶然にも知人と出会い系で出会ってしまったというケースがあるそうです。
とはいっても、お互い出会いを求めていたわけですし、特に心配はないと思います。



とはいえ、顔写真をサイトに上げている場合は少し問題があるかもしれません。というのも、出会い目的ではなく面白がって知り合いがサイトに登録すると、ご自身がサイトを利用していることが知れ渡ってしまう危険性があります。

他にも、顔写真はネット上で拡散してしまう危険もありますから、簡単に載せないことをおススメします。実際のところ、出会い系サイトにはメリットもデメリットもあることを知っておきましょう。例えば、利用者の弱みに付け込んだ悪質な詐欺も横行していますし、会ってみた男性が、実はDV男という可能性もあります。
遊び相手欲しさにサイトを利用している既婚者だって存在するのです。
反対に、素晴らしい恋人が見つかった人もいる訳ですから、出会い系がプラスに働くかどうかは、人それぞれといった部分があることは否定できません。

一般的に、出会い系サイトと聞いて嫌な顔をする人も少なくないと思います。けれども、実際のところは本気の出会いを求めた人が登録しているケースも少なくありませんので、登録する価値は十分にあります。


とは言っても、男性の数が多いのは間違いありませんから、男性の利用者が出会いの機会を得るまでには相当な努力と時間が必要になる可能性が高いです。



女性の場合は、犯罪被害に遭わないよう、個人情報の管理をしっかりとし、迂闊な行動をしないよう注意しましょう。
恋人がほしくて出会い系の利用を考えている方には、サイトよりもアプリの方が利用者が増加しています。



それというのも、最近ではPCよりスマートフォンの利用率は高く、気軽に相手と交流できます。一部の利用者は、出会い系アプリではなくてコミュニケーションアプリを実際に出会うために使おうとする人もいます。けれども、そのような使い方は、その気のない一般の利用者から嫌われますし、効率の良い出会い方とは言えませんから、止めておいたほうが賢明でしょう。出会い系サイトというと、どうしても悪い印象を持つ人が多いようです。

けれど、私の場合は、特に危ないと感じたことはありません。直接会ってみて、相手の様子を確かめてみるまでは詳細な個人情報(住所、名前、職場など)は教えず、実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、危険は少なくなりますよ。


当然ですが、ドライブなどは密室になって危険です。



あるいは、夜に会うようなことは避けるべきです。


出会い系サイトで出会うためには、何よりメールを送ることが肝心なのですが、女性にメールを送ってみても、残念ながら無視されて返事が来ないということもままあります。
こうしたことが多ければ多い程、実際に返信がもらえた時はその返信のセカンドメールはどうしようと迷ってしまう方も珍しくないようです。



セカンドメールで陥りがちの失敗なのですが、返信が来たことに浮かれてあれこれと書き連ねた長文メールを送るようなことは避けてくださいね。セカンドメールもファーストメールと同様に、丁寧で適度な長さのものにするようにして下さい。


今どきの婚活はいろいろな方法があります。お金も時間もそんなにかからず、簡単に出来る婚活としては、SNSの中でも出会い系サイトを活用することです。多くの方は、出会い系サイトと聞くとその場だけの楽しみを求めるようなタイプの人が多い印象がありますが、実は、そんなことも無いようですね。



結婚してしあわせになろうと考えている方をみつけてコンタクトをとってみましょう。このように出会い系サイトは婚活として十分役立つツールになります。
恋人も欲しいけれど、出来たら気の合う友達とも出会いたいという人は、多くの人と交流する機会を得るために出会い系サイトを利用するのも良いかもしれません。
意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、友達が出来た人もいます。


でも、出会い系サイトでの友人関係は簡単に壊れてしまいますし、恋愛できても友達は出来ないまま、ということも珍しくありません。恋人は必要ないけれど、友達だけが欲しいというケースであれば、出会い系サイトでは上手くいかない可能性の方が高いでしょう。近年、出会い系サイトの利用者が増加するのに伴って、本名や住所を簡単に教えてしまう人が増加しています。出会い系サイトと一口に言っても、悪質なサイトもあるので、本名や住所を教えるのは以ての外ですし、その他の情報も最低限の情報で十分でしょう。

中でも身分証明書は管理をしっかりとすることが大切です。サイト上でいくら気が合ったとしても、直接会ってみるまでは個人情報を教えないことが大切です。