埼玉で「モテる 男 女性目線」を徹底検証|モテるリンピック事務局

最近ではネット社会が発達し、誰もが気軽に連絡を取り合えるようになりました。そんな中で多くの人と円滑な関係を結ぶためにはメール術が欠かせません。もちろん、出会い系サイトも同じで、メール術を心得ていないと上手くいくことは少ないと思います。

具体的には、ですます口調で丁寧な方が好感度は高いですし、下心を隠そうともしない態度では上手くいきません。



他にも、相手側の負担になるようなメール(返信に困る内容や長文過ぎるものなど)は、返事は少なくなります。そうそうある事ではありませんが、出会い系サイトを通じてコミュニケーションを取っていた相手が、実際の知り合いだったという嘘みたいな話が実際にあったそうです。
恥ずかしいですが、お互い出会いを求めていた者同士ですから厄介な問題を抱えることも無いと思います。

とはいえ、顔写真をサイトに上げている場合は少し問題があるかもしれません。というのも、出会い目的ではなく遊びでサイトに登録した知り合いがいたりすると、サイト利用の事実が周囲に広まってしまうかもしれません。あるいは、顔写真を誰かが無断で悪用したり犯罪に使う可能性もあるので、誰でも見える場所に掲載しない方が良いでしょうね。最近話題になっている出会い居酒屋に行ってのですが、それほど良くなかったですね。


女の子は可愛くなかったし、どんどん注文されて高い食事代を払わされるしで、もう二度と行きたいと思いませんでした。

同じような出会い方だったら、このあいだ出会い系サイトで連絡を取り合った女性のほうが可愛かったですし、もっと親密な関係になることが出来ました。誰が来るか分からない出会い居酒屋は一期一会の楽しみもあるのですが、自分としては出会い系サイトを使った女の子におごる方を選びます。
ときどき見かけるのですが、ゲームやネットサークルのオフ会で、誰もそんなつもりで集まっている訳ではないのに異性とばかり交流しようとする「出会い厨」は嫌われます。



出会いを望んでいるのであれば、素直に出会い系サイトを活用した方が結果につながりやすいですし、誰にも迷惑がかからないでしょう。
全く気がない異性にアタックして嫌われるよりも、趣味や価値観の近い人を出会い系サイトで探した方が良い結果になると思います。出会い系サイトのやり取りは盛り上がる話題を見付けることが重要です。

そういう点では、全く共通の話題が無いより趣味が同じ人の方が話も弾みますし、短期間で親しくなることも可能でしょう。出会い系を利用するならば、プロフィールには興味や趣味について細かく載せた方が、相手に見てもらえる可能性が高いと言えますね。
例えばマニアックな趣味を持っている場合、引かれてしまうのではないかと不安に思ったり恥ずかしく思うかもしれません。
しかし、知っている人が少ないマニアックな趣味ほど、同じ趣味を持つ人からはそれだけで一気に親密になれるでしょう。登録者数の多い大手の出会い系サイトであれば、小さなサイトよりも信頼性が高いと言えます。ですが、その分利用者層が幅広いということになり、大手サイトの利用者の中には出会い目的以外で登録している利用者、例えば詐欺師や悪徳業者などが入り混じっています。もし、恋人を探そうと思ったら、こうした人たちを避けて慎重に行動できるかどうかが出会いのカギとなるでしょう。



直接会うことになっても、簡単に相手のことを信頼するのはNGです。最近では、恋人がほしいのに出会いがないからと、婚活パーティーや出会いパーティーの参加を考える人も多いでしょう。

誰とでも楽しく会話できて自分からアピールできる場合はたとえ出会いパーティーでも、その積極性で恋人を見つけることが出来るかもしれません。でも、多くの人がそうではありません。人見知りだったり異性と話すとアガってしまう人もいると思います。こうした悩みがある方は、出会い系サイトなど、直接会わなくても交流できる機会を持つのが良いと思います。

最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、手軽に出会えるツールとして出会い系サイトで恋人を探す人も多いと思います。

出会い系で知り合った相手と、スムーズに出会いへと進められるかどうかはファーストコンタクトでいかに自分を魅力的に見せられるかどうかだと思います。
軽い文面のメールは明るく親密感のある印象を与える反面、警戒されて返事がきませんし、真面目な交際に進展することは殆どありません。

とはいえ、生真面目で重たい内容ならどうかと言えば、付き合いにくいと思われてしまうものです。極端過ぎず、適度な親しみと丁寧さを込めたメールならば出会い系サイトでの恋人探しももっと効率的になると思います。せっかく出会い系サイトに登録したのに、思ったような結果が出ないという男性の話もよく耳にします。

その背景には、女性の数があまりに不足しているという点があるでしょう。ですから、女性にファーストメールを送っても多くが無視されてしまいます。



それに、プロフィールを調べた女性の方から積極的に連絡をしてくれることは、ほとんど無いです。



ですが、医者などの世間的に高収入な職業についている男性は、女性からの連絡は途絶えません。それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、実際会った時に嘘が発覚して思いもよらないトラブルになることもあります。
個人情報流出などとよく耳にしますが、出会い系サイトでも警戒心が無く、個人情報を簡単に相手やネット上に出してしまう人が多くなっています。
出会い系サイトといっても中には悪徳サイトも存在していますから、開示する情報は必要最低限にしましょう。



特に、こうした情報全てが記載された身分証明書の画像などは、よほど信頼できる場所以外では出してはいけません。
サイト上でいくら気が合ったとしても、直接会ってみるまでは詳細な個人情報は絶対に教えないようにしましょう。



ネットでの出会いがきっかけで交際を始めたカップルの割合が増えているようです。また、出会いの場として利用される出会い系サイトでは、意気投合したカップルがゴールインを果たすなんてこともあるのです。しかし一般的なSNS等と違って、出会い系サイト出会いを求める場合は相手の言うことをそのまま信用してしまうと詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。
出会い系サイトは出会いの場として有効な反面、個人情報流出や犯罪被害といった危険と隣り合わせであるということも知っておいてください。出会い系サイトに限らず、異性と初めて出会った時の印象の良し悪しが、後々の関係まで大きく影響すると聞いたことがあります。

ですから、もし、出会い系で知り合った相手と直接会うという機会があれば、清潔感があって印象の良い服装を選ぶようにしましょう。
外見に気を遣わなかったために、関係が壊れる人たちもいます。

やり取りを重ね、会える段階まで行ったのですし、充実した一日にするためにもしっかりと準備を整えておきましょう。私は何度か出会い系サイトを利用しています。
それを友人に言うと心配されることが多いのですが、私の場合は、特にトラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。もちろん、実際に相手に会ってみるまでは氏名や住所などは絶対に教えないようにしておいて、実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、安全です。



でも、車に乗ってどこかに行く話が出た時は断った方が良いですし、日が落ちてから会うのも断っておきましょう。自分の安全は自分で守らなければいけませんから、危ない場面には近づかない方が賢明ですよ。

たくさんある出会い系サイトの一部には課金目的でサクラによるマーケティングを行っているケースがあります。

万が一、サクラに釣られてしまったらどれだけメールを引き延ばされても交際に発展するどころか、会えるなんてことはまずあり得ないので、かけたお金も時間も無意味になってしまいます。

サクラに引っ掛かって時間やお金を無駄にしない為にも、出会い系サイトを利用しようと思ったらその前に、口コミやネットでの情報を収集して怪しいサイトは避けるよう、自分でしっかりと調べておきましょう。

昨今のスマホ普及率には目覚ましいものがありますが、それによってそれまで出会い系サイトを利用していた層がアプリに移動したためか、いわゆる出会い系アプリの利用者も急増しています。
実際に出会う事に特化したタイプのアプリも多数ありますし、相手を誰と決めないままでやり取りできる、多目的なコミュニケーションを可能にしたアプリも人気がでています。一般的に、登録者数が多いアプリはそれだけ出会いの可能性がありますが、アプリの使い勝手や目的によって、自分好みのものを選べたら、よりアプリを便利に使うことが出来るでしょう。

出会い系の自然な流れとしては、メールをしあって相性が良さそうだと思ったら、顔写真の交換などをして、相手の容姿をある程度理解しておくのが普通でしょう。


生涯を共に過ごす結婚相手ならまだしも、デートだけなら、容姿も大事な要素になることは仕方ないことですね。偽物の写真を送っても相手には分からないですが、実際に会うとなるとウソはつけませんから、今後も関係を進展させたいと思える相手にはご自身の顔写真をきちんと渡した方が結果的には良いのです。

同様に、相手の写真も本物ではないかもしれませんから、安易に信じすぎないようにしてください。私の友人は去年結婚したのですが、旦那さんと知り合ったのは出会い系サイトだったそうなんです。

お互いが結婚願望を持っていたそうで、交際してからも居心地がよかったそうで、何の支障も無く結婚を決めたそうです。友人はすごく旦那さんに大切にしてもらっているそうで、最近の出会い系サイトは素敵な人と巡り合える可能性が高いんですね。恋人がほしくて出会い系の利用を考えている方には、サイトよりもアプリの方が人気が高いです。

パソコンよりもスマートフォンの利用率は高く、簡単にやり取りが出来るのです。コミュニケーションアプリを出会うために活用する人も見かけますが、本来の用途でない使い方は一般の利用者から嫌がられますし、結果に繋がりにくいので、止めておきましょう。
ご存知のように、出会い系サイトはプラスなところとマイナスなところがあると言えるでしょう。


人間関係の希薄さを突き、弱みを握って金銭を騙す悪質な詐欺も横行していますし、実際に会った相手が暴力や乱暴を働く男性で、被害に遭うという事もあります。浮気したくてサイトを利用している既婚者だって存在するのです。それに対して、運命の出会いのような相手を見付けられたというケースもあるので、出会い系がプラスに働くかどうかは、人それぞれといった部分があることは否定できません。

出会い系サイトでモテる男性は現実の婚活とも共通点があります。

男性の職業でいうと、公務員はネット上の出会いの場である出会い系サイトでも人気のある職業です。
結婚を考えて、本気のお付き合いを望んでいる女性からすると、将来的な安定感のある公務員は是が非でも交際したい相手だといえます。一見、メリットしかないような公務員の出会い系サイト利用ですが、安易に個人情報を載せると簡単に個人を割り出されてトラブルを抱えることもありますから、用心しましょう。
出会い系サイトに本名で登録しているという人はそう多くいませんが、名字は仮名を使って名前は本名という人の割合は、意外と多いようです。しかし、メールのやり取りで仲良くなってくると、相手が現実の友人と同じような錯覚に陥り本名を教えたくなる気持ちも分かります。ですが、相手の顔も分からず本当の事を言っているのか確かめる方法も無いような相手に、こちらの個人情報を安易に公開するのはとても危険です。例えば、本名でフェイスブックに登録している場合、フェイスブックに設定されている公開範囲によっては教えてしまった本名から辿られ、フェイスブックに載せている情報まで知られる恐れがあります。


多くの独身の人の出会いの場となっている出会い系サイトでも、相手と交際を始めるにあたっては、簡単に決めてはいけません。
その理由は、プロフィールの欄に、自分を良く見せようとしたり相手を騙すために嘘や見栄を張った情報を書く人がいるのです。


いくらプロフィールが良さそうな人でも一気に交際にまで進展させるのは危険ですから、納得するまで会ってみて信頼できる人なのかを判断することが重要なのです。

出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、出会い系サイトを利用する際には、連絡を取った相手が、本物の利用者であるかどうか見極めるのは出会い系サイトを活用する上で基本的なテクニックになります。あまり難しいことではありませんが、全く噛み合っていない一定の返事が返ってくるだけの自動返信のメールなのかを判断出来ないようでは、出会い系サイトに向いていないので、利用しない方が良いでしょう。

また、相手が本物の利用者だとしても、キャッシュバッカーという可能性がある事を忘れないでください。

最近では出会い系サイトにも、色々な特徴を持ったサイトが増えてきています。具体的には、大手から趣味に特化した小規模のサイト、はたまた料金の違いなど、バラエティーに富んでいます。ほとんどの出会い系サイトは、気の合う人同士を繋げる場所ですが、その中には、詐欺といえる悪徳業者による出会い系サイトもありますので、安易に利用しないようにして下さい。


こうした悪徳サイトは架空請求の被害に遭ったり、利用者がサクラばかりで時間やお金が無駄になる可能性が高くなってしまうでしょう。少しでも出会い系をやったことがある人なら分かると思いますが、出会い系でうまく立ち回るにはとにかくたくさんの相手にコンタクトを取るということでしょう。魅力のある女性はその分競争率が高いので、男性はタイプだと思った女性には片っ端からメールを出すことが必要です。でも、そのメールの内容が悪かったら女性だって返信はしたくなくなります。ですから、女性にとって好感度の高い、適度に丁寧で重すぎないメールをひな形に、細かい部分を相手の女性に合わせて書き換えるというのが効率的な方法ですよ。
性別にかかわらず、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人が増えています。

そうした中でオフ会に参加して恋人が出来たという人も珍しくありません。

しかし、本来が出会いの場ではない場所で異性を口説く人は、出会い厨と呼ばれて嫌われてしまいます。
そもそも、オフ会の参加者もフリーかどうかなんて分かりませんし、恋人探しの場としては良くないでしょう。
むしろ、初めから出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性を探した方が結果につながりやすいのではないでしょうか。



極力、こちらの個人情報は伝えたくないけれど、良さそうな相手の連絡先は教えてほしいと思うのが本音だと思います。
犯罪の被害に遭う危険性の高い女性は、警戒心も強く親しくもないうちに連絡先を伝えてくることは滅多にありません。仮に、知り合ってすぐに女性から連絡先を教えてくるようなことがあれば、それは女性のフリをした悪徳業者の可能性があります。
「警戒しすぎ」と感じるかもしれませんが、これくらい意識しておいた方が良いでしょう。最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、多くの人が出会い系サイトまたはアプリを使っています。しかしそれに伴って出会い系でトラブルになったという話も多く聞くようになってしまいました。中でも未成年に関するトラブルの数は群を抜いて多いようです。



それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、女子高生と知り合って児童買春してしまい、トラブルになる話が多いです。

一方で、犯罪被害者となりやすいのが女性です。直接会った時に男性の運転する車でそのまま人気のない場所に連れ込まれるといったケースが増えています。



多くの方がご存知のように、出会い系サイトは出会いの場でもあると同時に、いくつかの注意点があります。例えば、男性はサイトに雇われたサクラやポイント目当てのキャッシュバッカーに引っ掛かると何の結果も出ないままお金や時間を失うだけになってしまいます。
あるいは、恋人探しという自分の目的とは違って浮気目的の既婚者に引っ掛かってしまう危険性があります。

少し大げさかと思うかもしれませんが、冷静に行動した方がリスクを遠ざけることが出来るのです。近頃、出会い系サイトを使っている人が増えていると聞きますが、その理由として、事前にメール等でやり取りし、親しくなれそうな人だけを選んで会うことが出来るので、話が弾みやすいという点でしょう。

お互いの興味関心を事前に調査しておけば、盛り上がる話題も分かってくると思います。

実際に会えると思って、積極的にメールでのやり取りで会話を続け、相手の性格を把握しておくことが大切です。