埼玉で「モテる 男 マインド」を徹底検証|モテるリンピック事務局

独身で、全く異性との出会いが無いことに焦って出会いパーティーデビューする方も多いでしょう。明るく積極的に話しかけられる人なら、出会いパーティーでもうまくいくかもしれません。しかし、話が得意ではなかったり、消極的で異性と話すことに抵抗がある場合は、まずは出会い系サイトで文面だけのやり取りで慣れていくのが出会いやすいです。


友人の間で評判になっていた出会い居酒屋に連れて行ってもらったのですが、かわいい女の子と相席になる事も無かったですし、料金がかさむし、全然楽しめませんでした。



こんなことなら、前に出会い系がキッカケで出会った子の方が可愛くてもっと親密な関係になることが出来ました。
個人の好みもあるのでしょうが、自分は出会い居酒屋よりも手間はかかっても出会い系サイトで会った女の子におごる方を選びます。



出会い系サイトにはメリットもデメリットもあることを知っておきましょう。

具体的には、利用者の弱みや寂しさといった心理を突いた詐欺もあり得ますし、会ってみた男性が、実はDV男という可能性もあります。


また、不倫相手を探すために出会い系サイトを悪用し、女性を泣かせている人もいます。
その一方で、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、出会い系がプラスに働くかどうかは、人それぞれといった部分があることは否定できません。
ドラマや小説では、よくバーで出会った男女が良い雰囲気になる場面が見られます。



こういう出会い方は素敵な感じがしますが、実際のところ、こうした出会い方をするカップルは滅多にあるものでもありません。もし本当に、バーに素敵な異性がいたとしても、話しかけるのも難しいのが普通だと思います。一方、出会い系サイトなら、異性との交流が苦手な人でもメールであれば、緊張せず自分らしく相手を探すことが出来ると思います。男性会員数が多い出会い系サイトでは、好みの女性を見付けた男性がメールしても多くが無視されてしまいます。それに、男性のプロフィールを調べた女性がメールしてくれる確率も低いのです。



ですが、医者などの世間的に高収入な職業についている男性は、女性からの連絡は途絶えません。それでは嘘でも医者と書いておけばいいのかというと、確かにメールは来るようになりますが、すぐにバレてしまいますし、結局自分の首を絞める事になるでしょう。最近では出会い系アプリの利用者が増えているそうです。
出会い系アプリにはLINEのID交換がメインになっているアプリがあります。
年齢や性別はもちろん、地域も絞り込めますから、無駄がなく目的も達成できるでしょう。

出会い系サイトで苦労することと言えば、話題を盛り上げにくく親密になるまでに時間がかかるという事でした。

長くやり取りをしても簡単にLINEのID交換とはいきませんが、こうしたLINEのIDを公開している出会い系アプリを使ったら、面倒なハードルを一つ越えた状態から相手と親密になっていけるでしょう。私は何度か出会い系サイトを利用しています。



それを友人に言うと心配されることが多いのですが、これまでの経験から言うと、トラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。当然ですが、直接会ってみて判断するまでは個人情報は伏せ、それ以外の話題で相手の人柄を知っておくのが良かったんだと思います。
信頼できそうだと感じても、用心して直接会うと言う話になっても、人目の少ない場所は避けるようにすれば安心して出会い系サイトを利用できますよね。
当然ですが、ドライブなどは密室になって危険です。あるいは、夜に会うようなことは避けた方が良いでしょう。

最近の出会い系サイトにはポイント換金制のサイトもあります。

サービスを利用する毎にポイントを使えたり貯められたりして便利なのですが、その一方でキャッシュバッカーに気を付けましょう。というのも、ポイント換金制の出会い系サイトでは、出会いたいのではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。



こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。
彼女たちはサイトに雇われているサクラではありませんし、プログラム応答による文面の違和感もありませんから分かりづらいですが、例えばメールばかりで関係が進展しないようなら早めに見切りをつけるべきです。



ネット上の出会い系サイトは数が多いですから、その分、選択肢の幅が広がっています。サイトの特性だけ見ても、雑誌や広告でよく見かける大手出会い系サイトや、あまり知られていないけれどもマニアックな趣味を共有できるサイトなどがあります。



また、それぞれに有料と無料があったりして、それぞれに特徴があります。



多くの出会い系サイトは、出会いを求めた人同士が知り合えるものなのですが、中には、悪徳業者による出会い系サイトもありますので、安易に利用しないようにして下さい。悪徳サイトは魅力的な文句や広告で利用するように誘導してきますが、実際に利用してしまうと違法な利用料を請求されることもありますし、利用者がサクラばかりで時間やお金が無駄になる可能性が高くなってしまうでしょう。


インターネットで恋人を探すことも珍しくなくなっているようですね。

私の周りでも、友人がスピード結婚したのですが、旦那さんの事を知ったのは出会い系サイトだったそうなんです。
お互いが結婚願望を持っていたそうで、付き合い始めてからも居心地がよかったそうで、何の支障も無く結婚を決めたそうです。



二人は本当に幸せそうで、出会い系の印象が変わりました。
出会い系サイトでも良い出会いが期待できることが分かりました。


恋人を探そうと、ネットゲームやネットコミュニティの仲間と実際に会う「オフ会」に参加する人もいますが、他の参加者は会の主旨に賛同して集まっているのにもかかわらず、異性とばかり交流しようとする「出会い厨」はオフ会ではほとんどの人から煙たがられる存在です。

それほどまでに恋人を探しているのなら、素直に出会い系サイトを活用した方が簡単です。
全く気がない異性にアタックして嫌われるよりも、出会いを求めている異性を誘う方が失敗せずに済むでしょう。


多くの独身の人の出会いの場となっている出会い系サイトでも、相手とお付き合いを始めるならば、しっかりと検討した方が良いです。なぜなら、プロフィールに嘘のプロフィールを掲載している人もいるからです。いくらプロフィールが良さそうな人でも即座に付き合うというのではなく、納得するまで会ってみて信頼できる人なのかを判断することが重要ですから、ぜひ心に留めておいてください。


ネットでのコミュニケーションが主流になった昨今では、より円滑な人間関係を結ぶためには相手を喜ばすようなメール術が必要です。これは出会い系サイトにおいても同様で、男性からのメールが良くないようでは失敗することになってしまうでしょう。

例え男性であっても、メールで男らしく見せようと荒い言葉遣いをするのは絶対にNGですし、下心を隠そうともしない態度では嫌がられます。あるいは、相手の気持ちを無視するものでは、女性から返信が来ることは無いでしょう。今、盛り上がりを見せているのが出会い系アプリで、出会い系サイトよりも良いでしょう。普段からパソコンを利用する人と比較してもスマホをメインに活用している人が多く、簡単に交流できるという点が人気の理由だそうです。


アプリを選ぶときの注意点ですが、出会い系アプリではなく、コミュニケーションを目的としたアプリを出会い系アプリの用途で使っている人もいますが、それでは一般の利用者の迷惑になりますし、効率の良い出会い方とは言えませんから、止めておいたほうが賢明でしょう。

昔と違って、今はオタクの方ほどモテているようです。
女性側にもマニアックなオタクが増えた結果、同じような趣味の会話が楽しく、そのまま交際に発展することも珍しくありません。



ご自身の趣味をあらかじめ出会い系サイトの自己紹介に包み隠さずに書いて自分がオタクであると相手に分かってもらえば、交際することになっても安心してオタクでいられますよね。気の合う友達が周りにいないという人も、ネットの出会い系サイトで地域や性別、年齢に限らず様々な人とコミュニケーションを取るのもいいと思います。


意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、気の合う友人が見つかったというケースもあります。でも、出会い系サイトでの友人関係は簡単に壊れてしまいますし、交際相手と出会えても仲の良い友達探しは難易度が高く、なしのつぶてという事もあります。
恋人は必要ないけれど、友達だけが欲しいというケースであれば、違う方法を見付けた方が良い結果になると思います。

ほとんどの出会い系の利用者はニックネームを使っており、本名をそのまま載せている人はそう多くいませんが、名前の部分については、自分の名前を使うという人もいるようです。実際にサイトで知り合い、親密な関係になってくると、警戒心も薄れて本名を教えたくなる気持ちも分かります。ですが、顔も名前も分からないような相手にこちらの本名を公開するリスクを知っておきましょう。
ここ最近よく聞くようになったのが、フェイスブックによる個人の特定でしょう。

フェイスブックの設定によっては教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。
実際に出会い系サイトを利用するなら、以下の事に注意してください。


出会い系サイトの中には魅力的な異性を広告塔にして、課金させるためにサクラを雇い、一般の利用者を装っている場合があるのです。サクラと知らずにコンタクトを取ってしまうと、やり取りの回数や課金の額に関わらずそれ以上に進展することは無いですから、時間やお金をつぎ込んでも、何も返ってきません。

前もって口コミやネットでの情報を収集して評判の悪いサイトは利用しないようにするのをお勧めします。最近は婚活のスタイルが多様化したため、婚活といっても紹介やお見合いに限りません。
お金も時間もそんなにかからず、簡単に出来る婚活としては、出会いアプリを利用するといった方法も人気です。

出会い系は、遊びを重視して誠実さに欠けるような人が多い印象がありますが、そんなことは無いのです。結婚してしあわせになろうと考えている方をみつけてアプローチすると意外と繋がるものです。



出会い系をやっていると、相手との距離感が上手くつかめずに迷う時もあるでしょう。
例えば、ある程度お互いのことを知れたけれども、直接会っていいものかどうか判断に迷う場合や、早く会ってみたいのに都合が合わずに、もどかしい思いを抱えることもあります。そんな時にはスカイプで会話するのをお勧めします。スカイプであれば、どれだけ話しても通話料を気にしなくて済みますし、相手の顔を見て会話できます。
とは言っても、安易な気持ちで顔出ししてしまうと、相手がその映像を録画しているかもしれませんから、相手が信頼できる相手なのかどうか判断できない場合は、顔出しは控えた方が安全でしょう。

出会い系サイトの中でも、危険なサイトはどのようなサイトだと思いますか?いわゆる大手サイトは、サイトそれ自体は安心できます。しかし、注意点もあります。大手サイトは利用者数が多いため、詐欺師や悪徳業者、不倫相手探しの既婚者なども混ざっているのです。

このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、腰を据えて取り組むのが一番だと思います。
相手がいくらタイプの異性でも相手の言うことを鵜呑みにせず、簡単に警戒心を解かない方が良いでしょう。



服装や撮影場所など、こまごまとしたマナーがあるお見合い写真とは異なり、主に出会い系サイトで相手の容姿の確認のために交換する顔写真については上手に撮れたプリクラの画像でも十分ですし、あるいは自分の写真に修整をかけたものでも良いです。
しかし、過度に修整をかけて全く別人の顔になってしまっている写真では、会った時に裏切られたと思われて関係が途絶えてしまうケースも多いのです。


容姿に自信が無いという場合は、素直に会ってみた方が上手くいくと思います。


一般的に、長文メールは、出会い系サイトの女性のみならず、一般的な女性もいやがることが多いです。
出会い系サイトにおいても同様で、女性から連絡が来た際には、そのチャンスを生かすために、短文過ぎず長文過ぎない適度な長さを考えてメールを送ることを意識しましょう。その一方で、相手の女性の返信があまりにも短いものばかりであれば、メールの相手がサクラな可能性もあります。今フリーで、恋人がほしいと悩んでいる方もいると思います。
こうした男女に向けたイベントは頻繁に催されていますが、消極的なタイプや容姿に不安がある人にとっては、ストレスがたまるものでしょう。
参加しても、コンプレックスが足を引っ張って惨めな気持ちになってしまい、こうしたイベントに二度と足を運ばないというケースも少なくないのです。

異性との会話に自信がないうちにこうしたイベントに参加して苦い思いをするよりも、慣れるためにも出会い系サイトで異性とのやり取りを学びながら無理せず恋人を探す方がおススメです。出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、こうした詐欺に引っ掛からないようにするためにも、相手の正体を見極めることが出会い系サイトを活用する上で基本的なテクニックになります。

簡単な事を言えば、常に同じ返信しか返ってこないプログラムされた機械を判断出来ないようでは、ダメだと思います。あるいは、スムーズに会話が弾んだとしてもキャッシュバッカーという事もありますから、警戒心は忘れずに持っておきましょう。


出会い系サイトを利用していると、信じられないような出来事に遭遇することがあります。

滅多にあることではありませんが、知人と出会い系で出会ってしまったというケースがあるそうです。普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですからそこまで大きな問題にはなりません。ですが、顔写真を載せている場合は少し事情が異なります。出会い目出来ではなく冷やかしのつもりで現実の知り合いがみると、ご自身がサイトを利用していることが知れ渡ってしまう危険性があります。また、顔写真を悪用される可能性もあるので、安易にサイトにアップしないように心がけましょう。スマートフォンを持っている人の多くが、ラインを使っているようで、今ではメールや電話の代わりにラインを使うのも珍しくありません。できる事なら、出会い系で知り合った女性とはメールだけでなくてラインのIDを交換できれば、さらに親しくなれますよね。ですが、ラインのID交換は意外と警戒されがちです。
聞き方によっては女性からの連絡が無くなることもあるので、ある程度お互いの事を知ってから、それとなく話題に出して相手の様子を探るなど、慎重になった方が良いようです。出会い系の自然な流れとしては、メールをしあって相性が良さそうだと思ったら、顔写真の交換などをして、相手の容姿をある程度理解しておくのが普通でしょう。


結婚相手なら容姿よりも性格その他が重視されますが、少しデートするだけでは、やはり見た目も重要視されるでしょう。自分に自信がない方が、別人の写真を渡す気持ちも分かりますが、実際に会ってみるとすぐに嘘だと分かりますし、相手を怒らせてしまう可能性だってあります。

今後も関係を進展させたいと思える相手には素直に本当の写真を送るべきでしょう。

それに、相手がくれた写真も本人ではない可能性がありますから、安直に信じるのは危険です。


出会い系サイトは犯罪の温床と言われることもあるほど、トラブルの多い場所でもあります。出会い系サイトが関わる事件の多くが、未成年が関わっていることが多いようです。
大人の男性が巻き込まれる犯罪として最も多いものは、出会い系サイトで知り合った女性が18歳未満と承知の上で深い関係を持ってしまうケースがほとんどです。


女性のサイト利用者が巻き込まれやすい犯罪としては、出会った時に相手の車に乗ってしまうと怪しい場所に連れて行かれるというやり口がよく見られますから、相手を安易に信用し過ぎないようにしましょう。

独身の方で、交際相手を探すためにネットの出会い系を使う方も少なくありません。

ですが、出会い目的ではない不純な動機でサイトに登録している人がいるため警戒しましょう。
具体的には、フリーを装った既婚者ですとか親しくなるフリをして個人情報を集めている業者などに騙される被害を受けないように、相手に違和感を感じたら、すぐに関係を断つくらいの心構えをしておきましょう。
女性は性犯罪被害の恐れもある為、しっかりと自衛することが大切です。