埼玉で「モテる 男 スレ」を徹底検証|モテるリンピック事務局

インターネットで恋人を探すことも珍しくなくなっているようですね。
私の周りでも、友人がスピード結婚したのですが、相手と知り合ったきっかけを聞いて驚きました。

それはネットの出会い系がキッカケになったと言っていました。
二人とも、結婚を視野に入れた出会いを求めていたみたいで、会って交際を始めてからもすごく相性が良くて結婚を決めるまでに時間はかからなかったそうです。二人は本当に幸せそうで、出会い系って思っていたのと全然違って素敵な人と巡り合える可能性が高いんですね。出会い系サイトは犯罪の温床と言われることもあるほど、トラブルの多い場所でもあります。中でも未成年に関するトラブルの数は群を抜いて多いようです。



成人済みの男性にとって、もっとも巻き込まれる危険性の高い犯罪といえば、18歳未満の女子高生や女子中学生と知り合い関係を持ってしまったという話をよく聞きます。
女性が犯罪に巻き込まれるケースでは、性犯罪の被害者となるケースが多いです。

出会った時に相手の車に乗ってしまうとそのまま人気のない場所に連れ込まれるといったケースがよく見られますから、相手を安易に信用し過ぎないようにしましょう。出会い系でオタクは嫌われるというのは、もう昔の話です。
今では、オタクの方が女性から好かれる可能性が高いです。最近では女性でオタク趣味を持っている方も多いですから、オタク同士で仲良くなって交際したというオタクカップルも、今では珍しくありません。

ご自身の趣味をあらかじめ出会い系サイトの自己紹介に包み隠さずに書いて最初からオタクであることを公言しておけば、交際することになってもオタク趣味を続けられますから、おススメです。


昨今のネット社会で円滑な人間関係を築くためには、メール術が欠かせません。


これは出会い系サイトにおいても同様で、男性側がいくらアタックしても、メール術を学んでいないようではなかなかやり取りを続けることが難しいのではないかと思います。基本的にはですます口調で丁寧な方が良いのはもちろん、最終的に会うことが目的でも、それをしつこく言うのはほとんどの女性は不信感を抱きます。他にも、返信に困る内容のメールや長文メールは、女性から返信が来ることは無いでしょう。


よほどの田舎でない限りは、地域の中に自然と独身男女が集まっているスポットがあるのではないでしょうか。
確かにこのようなスポットなら出会える確率は高いのかもしれませんが、誰にとっても平等な出会いの機会があるわけではないでしょう。こうしたナンパや合コンのノリが嫌いなら、出会い系サイトを利用した方がいいです。利用してすぐに交際相手が見つかるとは限りませんが、異性とやり取りを交わしてみるだけでも楽しい気持ちになると思います。日常生活で異性との出会いに期待が持てずに、出会いパーティーに足を運んでいる人もいると思います。


誰とでも楽しく会話できて積極的に話しかけられる人なら、きっと出会いパーティーでもチャンスを掴むことが出来ると思います。


とはいえ、口下手な方や緊張して異性と話せないというタイプの人は、出会い系サイトなど、直接会わなくても交流できる機会を持つのが良いと思います。



多くの人は出会い系サイトで本名を公開することに抵抗があるようで、実名を公表している人はそう多くいませんが、名前の部分については、自分の名前を使うという人もいるようです。

メールやサイトでやり取りをしあってどんどん仲良くなってくると、大胆な気持ちになって本名を教えたくなる気持ちも分かります。



ですが、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。例えばフェイスブックに登録している場合、フェイスブックに設定されている公開範囲によっては教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。



ある程度出会い系サイトのことを知っている方には当然かもしれませんが、インターネットの出会い系で出会いを求めた場合は注意が必要になる場合があります。



男性の利用者は、サクラやキャッシュバッカーに騙されてしまうと金銭を失うことがあります。

本気で交際相手を探しているのに、遊び相手が欲しくてフリーとウソをついた既婚者に引っ掛かってしまい、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。


少し大げさかと思うかもしれませんが、冷静に行動した方がリスクを遠ざけることが出来るのです。
第一印象は、その後の関係をも左右する大切な要素だと聞いたことがあります。ですから、もし、出会い系で知り合った相手と直接会うという機会があれば、外見もきちんと手入れしておいてください。適当な服装で出向いたために、関係が壊れる人たちもいます。

メールのやり取りを重ねて親密になり、やっと初デートまで漕ぎ着けたわけですし、こんなことで躓かないように好印象を与える服装やヘアスタイルにしてください。

出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、出会い系サイトを利用する際には、連絡を取った相手が、本物の利用者であるかどうか見極めるのは最も大切な事だと言えるでしょう。
多くの人は大丈夫だと思いますが、常に同じ返信しか返ってこない機械の不自然さを見分けられなくては、ダメだと思います。

また、キャッシュバッカーの存在にも注意が必要です。最近では出会い系サイトを利用している人が多いのですが、私の友人はトラブルに巻き込まれてしまいました。相手とは初めて会った時からすごく話が合って、すぐに深い関係になったと言っていました。
ですが、しばらくしたら相手が本当は既婚者で、自分はただの浮気相手だということが分かったと言っていました。
真面目な友人は、裏切られたショックと不倫していた罪悪感から酷く塞ぎ込んでいる様子でした。


都合の良い相手を探しているのなら初めから言えばいいのに、独身だとウソをついて出会い系サイトで真剣な相手を騙すのは絶対にあってはならないことだと思います。出会い系サイトで出会うためには、何よりメールを送ることが肝心なのですが、いくら多くの女性にファーストメールを送ってみても、残念ながら、返事が来ない事もよくあります。そういった事に慣れてしまうと、せっかく女性から返信をもらっても、セカンドメールの内容を書くのに困ることもあると思います。


セカンドメールで陥りがちの失敗なのですが、返信が来たことに浮かれてあれこれと書き連ねた長文メールを送るようなことは避けてくださいね。
セカンドメールについても、丁寧で親しみやすく、そして適度な長さのものを送るようにするのがコツです。ときどき見かけるのですが、ゲームやネットサークルのオフ会で、オフ会の本来の目的を無視して、自分勝手に恋人を探そうとする人は「出会い厨」と呼ばれます。出会い厨はオフ会では絶対に来てほしくないタイプの一人でしょう。
交際相手を探すのを目的にするのであれば、素直に出会い系サイトを活用した方が結果につながりやすいですし、誰にも迷惑がかからないでしょう。出会いの場でもないところで自己アピールして周囲に迷惑をかけるよりも、出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性にアタックした方がずっと簡単ですし、成功しやすいでしょう。

フィクションの世界では、バーで運命的な出会い方をする男女がよく見られますよね。こういったシチュエーションはオシャレで憧れてしまいますが、実際のところ、こうした出会い方をするカップルは珍しいでしょう。もし本当に、バーに素敵な異性がいたとしても、そう簡単に話しかけるなんてできませんし、ましてや連絡先の交換まで出来る人はそうはいません。

こうした場合、出会いの場としておススメするのが出会い系サイトです。出会い系サイトであれば、緊張して異性に話しかけにくいという方であってもまずはメールでお互いの距離を縮めていけるので、そこまで緊張せず、相手と仲良くなることが出来るのではないでしょうか。

スマートフォンの普及で出会い系アプリを使っている人もいるのではないでしょうか。出会い系アプリによってはコミュニケーションアプリのLINEのIDを交換できるものがあるのです。こうしたアプリの特徴としては、相手の年齢や性別に的を絞って探すことが出来るため、出会い系サイトほど手間が無く出会うことが可能なのです。
一般的な出会いサイトを利用していると、LINEのID交換には慎重さが必要になります。

しかし、先に書いたような出会い系アプリを使えば、ID交換に関して悩むことなく始めることが出来ます。


男性会員数が多い出会い系サイトでは、女性にファーストメールを送っても無視されてしまうことも珍しくありません。また、女性からメールしてくれる確率も低いのです。


もちろん、全ての男性が同じとは限りません。
男性の職業が弁護士や医者、会社社長などの女性が憧れる職業の場合、沢山のメールをもらえると思います。

それならばということで、職業に医者と書いておけばメールはたくさん来るようになりますが、直接会った時や親密になる過程で綻びが出てトラブルに発展するケースもあります。



当然のことですが、出会い系サイトにはメリットもデメリットもあることを知っておきましょう。
利用者の人間関係の希薄さや人恋しさといった弱みを握って金銭をだまし取る詐欺を行っている人もいます。サイトの中では良さそうな人でも、付き合っていくうちに暴力を振るわれるようになるというケースも少なくありません。あるいは、既婚者であるのにもかかわらず、遊び相手を探すためにサイトで女性を騙している既婚者もいるそうです。

その一方で、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、一口に出会い系といっても、その実態は人それぞれ違うものだとも言えます。


出会い系をやっていると、相手との距離感が上手くつかめずに迷う時もあるでしょう。

例えば、親密になってきたけれど、相手と直接会うには、もう少し相手のことを知ってからが良いと思う時もありますよね。
または、お互いに会う気持ちがあるのに休みが合わないといったケースでは、スカイプで会話するのをお勧めします。



スカイプであれば、どれだけ話しても通話料を気にしなくて済みますし、お互いの顔を出せば、本当にその場にいるような気持ちで楽しく会話できます。


とは言っても、安易な気持ちで顔出ししてしまうと、相手がその映像を録画しているかもしれませんから、相手のことを信頼できるまでは、設定でカメラをオフにしたり顔が映らないアングルにするといった工夫をした方が心配が少なくて済みます。
このところ、無料のコミュニケーションアプリが増えてきてスマホで利用している人も多いのではないでしょうか。

中でも、スマホ利用者の多くがラインをダウンロードしていると思います。


それほどまでにラインを使うのが日常的になっています。できる事なら、出会い系で知り合った女性とはメールだけでなくてラインのIDを教えてもらえれば、今よりももっと関係を進展させることが出来ますよね。とはいえ、話題の振り方が悪ければ関係が終わってしまうケースもあるので、ラインについての話を振るのは冷静になる必要があるでしょう。



公務員という職業は、現実でのお見合いでも人気の職業ですし、出会い系でも人気が高いです。
出会い系サイトで婚活を行っていて、遊びでない本気の恋愛をしたいと考えている女性にとっては将来的な安定感のある公務員は憧れの職業と言っていいかもしれません。こうしてみると公務員が出会い系サイトを利用することには利点しかないように感じますが、プライベートな情報はなるべく隠して行動しないと、簡単に個人を割り出されてトラブルを抱えることもありますから、節度を持って利用するようにしましょう。

近年、出会い系サイトの利用者が増加するのに伴って、簡単に個人情報を出す人が多くなっています。近年は出会い系サイトのイメージが変わってきたとはいえ、悪徳サイトもまだ存在していますし、犯罪被害もなくなった訳ではありませんので、開示する情報は年齢や性別、趣味といった程度で良いと思います。

特に、こうした情報全てが記載された身分証明書の画像などは、よほど信頼できる場所以外では出してはいけません。
ネット上の相手を信頼しすぎないという事も大切でしょう。
実際に相手に会ってみるまで警戒心を忘れず、詳細なプロフィールは教えないように心がけましょう。確率は低いものの、知人と出会い系で出会ってしまったというケースがあります。とはいっても、お互い出会いを求めていたわけですし、特に心配はないと思います。しかし、自己紹介の欄に顔写真を載せている場合は、悪ふざけでサイトに登録した知り合いがいると、ご自身がサイトを利用していることが知れ渡ってしまう危険性があります。

顔写真は知人の判別だけでなく犯罪に悪用されることもあるので、しっかりとプライバシーを保護することも大切です。



独身男女の出会いの場となるイベントは色々なタイプのものが催されていますが、消極的なタイプや容姿に不安がある人にとっては、ストレスがたまるものでしょう。このようなタイプの方の中には、せっかく勇気を出して参加しても、上手くいかず、二度と参加しない方も多いです。



異性との会話に自信がないうちにこうしたイベントに参加して苦い思いをするよりも、まずは出会い系サイトを利用して異性とのコミュニケーションに慣れてから無理せず恋人を探す方がおススメです。


誰でも名前を知っている大手の出会い系サイトなら、情報管理のずさんな弱小サイトよりは安全だと言えます。


しかし、出会い系サイトを利用する上で重要になるのは利用者の質でしょう。

大手サイトは登録者数が多い分、その実態は個人情報を集めている業者や詐欺師、遊び目的の既婚者などが一般の利用者のふりをしているのです。恋人を探したい場合は、これらの人たちに騙されないように注意しながら、慎重に行動できるかどうかが出会いのカギとなるでしょう。



実際に出会いまで進展しても、安易に相手を信用しないでください。出会い系サイトで使う顔写真はどのようなものが良いのでしょうか。

もしお見合い写真ならば正装で写真館などで撮影したものが良いのですが、出会い系サイトで使う顔写真については特に決まりもありませんから、例えばプリクラの画像を使っても良いですし、写真加工ソフトやアプリで修整をかけて、容姿を軽く整えても大丈夫です。ですが、修整をかけすぎて本人の面影が全く無くなってしまったのでは、本当に会った時にショックを与えてしまい、関係が終わってしまうこともあるのです。容姿に自信が無いという場合は、そのまま会うという選択であれば後ろめたさも無く、すっきりできるのではないでしょうか。出会い系サイトというと、どうしても悪い印象を持つ人が多いようです。

けれど、私の場合は、特に危ないと感じたことはありません。直接会ってみて、相手の様子を確かめてみるまでは詳細な個人情報(住所、名前、職場など)は教えず、実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、そこまで危険なことは起こらないと思います。

反対に、相手の運転する車に乗るのは危険ですから断りましょう。また、よく知らないうちから、夜に待ち合わせをするような人は初めからきちんとお断りしましょう。出会いのキッカケや婚活に便利な出会い系サイトなのですが、いくつかの被害が報告されています。具体的には、実際に出会えない、ということです。
この被害について、本人の性格やその他の問題で関係を断たれてしまう、といったケースは別です。

ここで問題になる被害とは、サイト運営側が、本当は会えないにもかかわらず、会えるように見せかける詐欺行為を働いている場合だけです。女性登録者が実はすべてサクラというサイトもありますし、最近多いのは相手からのメールと思っているものがプログラムされた文章の自動返信などもあり、結果的に「出会えない」という被害が増えているようです。出会い系サイトというと、恋人探しや遊び目的で使う人が多いイメージですが、友達が少ないという方も色々な人と話すチャンスを手に入れるために、出会い系サイトに登録してみるのもおススメです。出会い系サイトは、本来の趣旨である恋人を見付けられるだけでなく友達が出来た人もいます。
けれども、メールだけの関係では何となく連絡が途絶えがちになりますし、恋愛できても友達は見つからない可能性も有り得るのです。恋人探しのついでに友達も欲しい、という場合でないのなら、出会い系サイトでは上手くいかない可能性の方が高いでしょう。


出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、仲良くなれる気がしませんか?ですので、出会い系サイトのプロフィールには少しでも興味のあることや関心があることを載せた方が、相手に見てもらえる可能性が高いと言えますね。



とはいえ、マニアックな趣味の場合は書くのをためらうこともあるでしょう。

確かに、マニアックなものは引かれてしまうのではないかと不安に思ったり恥ずかしく思うかもしれません。

しかし、別の視点から見ると、他に話が出来る人が少ないマニアックな趣味だからこそ、共通する話題が持てるとしてその分親密になれるチャンスがあるという事なのです。

ですから、恥ずかしがらずに思い切って書いた方が結果的には良いと言えます。


少しでも出会い系をやったことがある人なら分かると思いますが、出会い系でうまく立ち回るにはとにかくたくさんの相手にコンタクトを取るということでしょう。数の多い男性側が女性にアタックしようと思ったら、思い切ってメールをしてみましょう。

でも、そのメールの内容が悪かったら相手にしてくれないでしょう。
文体としては、丁寧でも固すぎず、親しみやすい文体でひな形を保存しておき、各々の女性の自己紹介文に沿った文章を少し入れて、不自然にならないようなメールを送るのが楽に出来る方法ですから、参考にしてみてくださいね。