千葉で「男 モテる 磨く」を徹底検証|モテるリンピック事務局

最近では、ネットの交流を機に付き合い始めたというカップルも珍しくありません。また、中でも出会い系サイトは、もともとが出会いの場を求める男女が利用するサイトですから、ここで出会ったカップルがそのままゴールインしたという話もあるのです。こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、相手の言うことをそのまま信用してしまうと詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。

個人情報を集めようとする悪徳業者や遊び相手を探している既婚者などが利用しているということを知っておいてください。私の友人は去年結婚したのですが、相手と知り合ったきっかけを聞いて驚きました。


それはネットの出会い系がキッカケになったと言っていました。
出会い系というと遊び目的の人が利用しているイメージがありましたが、二人は結婚を前提にした恋人を探していたらしく、付き合っている間もずっと仲が良くて、すんなりと結婚話が出たと言っていました。私から見ても旦那さんは優しくて素敵な人で、最近の出会い系サイトは真面目で誠実な人も大勢利用しているんですね。出会い系サイトに登録している女性のプロフィールをみて、どれだけ頑張って女性にメールしても、無視されてしまう事の方が多いんですよね。そういった事に慣れてしまうと、せっかく女性から返信をもらっても、次のセカンドメールをどう書いたらいいのか悩むことも多いでしょう。


思いもよらず返信が来ると舞い上がってしまいがちですが、長文のメールを送るのは厳禁です。

長文過ぎるメールはそれだけで引かれてしまう可能性が高いので、適度な長さで親しみのあるセカンドメールを送るようにしましょう。
サービスの利用に応じて、現金やウェブマネーに換金できるポイントを貯められるシステムを使っている出会い系サイトを利用するならば、キャッシュバッカーに気を付けましょう。


実は、サイトの利用者によっては異性と出会いたいと思っているのではなく、サイト上でメールややり取りを繰り返すと溜まるポイントを換金するのが目的の人が居るのです。キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、プログラム返信にありがちな話題のすれ違いもないため見破りにくいです。

判断のポイントとして、メールばかりで関係が進展しないようなら打ち切りましょう。
ある程度発展した都市であれば、独身男女の集うスポットがあるのではないでしょうか。


とはいえ、こういうスポットでも誰でも絶対に異性と出会えるかというと、そうではないですよね。

そもそも、合コンやナンパのノリが嫌いな方はスポットでの出会いに抵抗があると思います。
そのような場合は出会い系サイトで異性と知り合う方法がおススメです。もちろん、最終的な目標は交際相手を見付けることですが、異性とメールするだけでも気持ちにハリが出ますし、恋愛に向けた気持ちが高まりますよ。出会い系サイトを利用する時の注意点ですが、一部の出会い系サイトには、課金目的でサクラによるマーケティングを行っているケースがあります。サクラの多くが、芸能人のような容姿や魅力的なプロフィールで登録していますから、騙されやすいと言えます。
仮に、このサクラに引っ掛かってしまうと、やり取りの回数や課金の額に関わらずそれ以上に進展することは無いですから、ハッキリ言って、相手にするだけ無駄なのです。

前もって口コミやレビューで情報を集めておき、怪しいサイトは避けるよう、自分でしっかりと調べておきましょう。

出会い系サイトを利用する上で大切なことは、ネット上に情報を出すリスクを知るということでしょう。

最近では簡単に本名や住所を相手に教えてしまう人が増加しています。利用者も増えている出会い系サイトですが、悪質なサイトもあるので、個人に繋がるような情報を伝えるのは年齢や性別、趣味といった程度で良いと思います。


特に、身分証明書の画像は簡単にネット上に上げないでくださいね。
また、実際に会ってみて信用できる相手だと決断するまでは詳細な個人情報は絶対に教えないようにしましょう。
今は出会い系サイトで出会うカップルも珍しくないですが、犯罪やトラブルの話も絶えませんよね。

私の友人も出会い系サイトで悲しい思いをした一人です。
サイトで出会った人とは趣味や価値観が似ていて話が盛り上がり深い関係になったと言っていました。ですが、交際3ヶ月あたりで実は相手が既婚者であったことに気付いたと言っていました。
友人としては真剣な交際だったのに、意図せず不倫状態になっていたという事でかなり落ち込んでしまって、聞いている私も辛くなりました。
フリーを装った既婚者が真剣に出会いを求めている人を騙すのは許せないですね。一度でも出会い系について調べたことがある人ならご存知だと思いますが、出会い系ではサクラや自動返信といった詐欺まがいの相手に騙されることがあります。
ですから、こうした詐欺に引っ掛からないようにするためにも、相手が本当に出会いたいと思っている人なのか判断するのは最も大切な事だと言えるでしょう。
ほとんどの人は、何度か経験してみると自然と分かると思うのですが、短文で全く同じ文面ばかり返ってくるプログラムの不自然さを疑わず、やり取りを続けてしまうようでは、ダメだと思います。また、相手が本物の利用者だとしても、キャッシュバッカーという可能性がある事を忘れないでください。性別にかかわらず、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人が増えています。



そうした中でオフ会に参加して気の合う異性と出会って付き合うことになったというケースもあります。

とはいえ、多くの場合は、オフ会など出会いの場でないところで異性にアタックする人は、出会い厨として煙たがられるでしょう。

オフ会に参加した人は、フリーであるという保証はないので、効率的な探し方でないことは確実でしょう。出会いを望んでいるのなら出会い系サイトに登録して好みの異性を探した方が結果につながりやすいのではないでしょうか。婚活サイトやお見合いで利用する写真ならともかく、主に出会い系サイトで相手の容姿の確認のために交換する顔写真については容姿が盛れるプリクラの画像データで代用することも出来ますし、加工アプリをつかって気になる部分を修整することもできるでしょう。でも、全く別人のような写真では、本当に会った時にショックを与えてしまい、それまでの関係が壊れることも珍しくありません。

写真うつりにコンプレックスがあるのであれば、写真交換はそこそこにして、早めに会ってみたら上手くいくと思います。ほとんどの出会い系の利用者はニックネームを使っており、本名をそのまま載せている人はあまり見かけませんが、下の名前については本名そのままというケースは良くあるようです。
サイト上のやり取りを繰り返していると、親密になってくると、更に仲良くなれると思って本名を教えたくなる気持ちも分かります。ですが、相手の顔も分からず本当の事を言っているのか確かめる方法も無いような相手に、こちらの個人情報を安易に公開するのはとても危険です。例えばフェイスブックに登録している場合、設定によっては本名で検索され、個人情報が流出してしまうかもしれません。

気の合う友達が周りにいないという人も、出会い系サイトを使って色々な人と交流してみるのが良い選択です。あまり知られていませんが、出会い系サイトでは交際相手だけでなく相性の良い友達が見つかったという人もいるのです。



けれども、メールだけの関係では何となく連絡が途絶えがちになりますし、異性との出会いがあっても友達は見つからない可能性も有り得るのです。

交際相手を探しつつ、友達も探したいという訳ではないのなら、出会い系サイトはお勧めできません。今どきの婚活は昔ながらのお見合いや紹介といったスタイルに限りません。
例えば、簡単な方法で言えば、SNSの中でも出会い系サイトを活用することです。一般的に出会い系といえば、どちらかというとその場限りで楽しめる出会いを欲している人が大多数というイメージを持っている人も多いですよね。でも、そんなことは無いのです。結婚してしあわせになろうと考えている方をみつけて連絡してみると、素敵な出会いに繋がるかもしれません。


出会い系利用者が、サイトに登録した事で被る被害といえば、何といっても「出会えないこと」ですね。この被害について、本人の性格やその他の問題で関係を断たれてしまう、といったケースは別です。ここで問題になる被害とは、サイト運営側が、本当は会えないにもかかわらず、会えるように見せかける詐欺行為を働いている場合だけです。
具体的には、そもそも女性として登録している利用者がサクラであるとか最近では機械で自動的にやり取りしているといったことも報告されており、どれだけ課金しても出会えないと嘆く被害者も増えています。

一般的な交際と違って、出会い系で出会いの機会をつくるためには、あまり深く考えるより、どんどんアプローチしていくことでしょう。数の多い男性側が女性にアタックしようと思ったら、タイプだと思った女性には片っ端からメールを出すことが必要です。そのメールの内容も重要です。

いくら数が多ても内容が興味を引くものでなければ誰も相手にしてくれません。


文体としては、丁寧でも固すぎず、親しみやすい文体でメールをひな形に、各々の女性の自己紹介文に沿った文章を少し入れて、不自然にならないようなメールを送るのが良いでしょう。


自分がオタクだから恋人を諦めているという男性の方もいるのではないでしょうか?ですが、ここ最近はオタク趣味の方ほど女性の人気が高いです。



最近では女性でオタク趣味を持っている方も多いですから、お互いが気兼ねなく趣味の話が出来るということで付き合いはじめるというケースもあります。むしろオタクな事を隠して女性と付き合うと、無理をして辛い思いをすることもあるでしょう。
そうならないためにも初めから出会い系サイトのプロフィールには真実を書いて自らオタクであることを公表する方が、交際する時にオタク趣味を続けられますから、おススメです。

このところ、無料のコミュニケーションアプリが増えてきてスマホで利用している人も多いのではないでしょうか。中でも、スマホ利用者の大多数がラインを入れているようで、ラインは身近なものになっています。可能であれば、出会い系で連絡を取った女性とラインを使ってメールや電話を始めれば、より身近になって親密度が上がる事は間違いありません。


とはいえ、あまり親しくない相手とラインの交換をしたがる女性はいないでしょう。聞き方が悪いとメールすら出来なくなるかもしれませんから、ライン交換の話を振るタイミングや、その聞き方は慎重になった方が良いようです。

出会い系サイトに限らず、見ず知らずの相手と話す場合には、同じ趣味だと会話しやすいこともあるほか、仲良くなれる気がしませんか?出会い系においても、自己紹介のところに興味や趣味について細かく記入しておきましょう。

多くの方が躊躇するのが、マニアックな趣味を書いても良いものかということでしょう。
マニアックな趣味は引かれてしまうのではないかと不安に思ったり恥ずかしく思うかもしれません。しかし、マニアックなものほど同じ趣味の人にとってはその分親密になれるチャンスがあるという事なのです。



ですから、恥ずかしがらずに思い切って書いた方が結果的には良いと言えます。

当然のことですが、出会い系サイトは一般の婚活サイトやSNSと違ってそれなりの危険が伴います。

主に男性の場合は、会えないサクラやキャッシュバッカーに騙されて時間のみならず、金銭的にも損失が出る可能性があります。本気で交際相手を探しているのに、浮気目的の既婚者に騙される可能性も有ります。


このほかにも、出会い系サイトには多くの危険が潜んでいます。出来るだけリスクを回避するためにも、節度ある利用を心がけましょう。
出会い系サイトというと、どうしても悪い印象を持つ人が多いようです。けれど、これまでの経験から言うと、トラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。
もちろん、実際に相手に会ってみるまでは氏名や住所などは絶対に教えないようにしておいて、カフェやファミレスなど人の目があるところで待ち合わせれば安心だと思います。
ですが、自衛も必要ですので間違っても相手の車に乗るような事は止めましょう。


また、夜の待ち合わせはロマンチックですが、初対面では初めからきちんとお断りしましょう。



あれこれと長いメールは、普段の時でも出会い系においても、相手が重いと感じてしまいます。
出会い系サイトにおいても同様で、女性から連絡が来た際には、チャンスをものにするためにも短文過ぎず長文過ぎない調度良い具合のメールを送るようにしましょう。一方で、女性のメールの長さがあまりにも短いものばかりであれば、サクラの可能性が高いため、注意深くなる必要があるでしょう。



実際のところ、出会い系サイトには利点と欠点がありますから、よく理解して利用するのが良いでしょう。利用者の人間関係の希薄さや人恋しさといった弱みを握って金銭をだまし取る悪徳業者や個人の存在も確認されています。会ってみた男性が、実はDV男という可能性もあります。浮気相手を探すために出会い系サイトを悪用し、女性を泣かせている人もいます。
それに対して、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、こればかりは、出会いのタイミングや相手を見抜く目にかかっていると言っても良いかもしれませんね。スマートフォンの普及で出会い系アプリを使っている人もいるのではないでしょうか。


出会い系アプリによってはスマホユーザーの多くが利用しているLINEのIDを公開してやり取りできるものがあるのです。
このようなアプリでは、条件を絞って相手を検索できるので、無駄な時間やストレスを抱えること無く出会える確率が高いのです。

今までの出会い系サイトでは、課金しなければメールも出来なかったり、安易にLINE交換という話にはならないのですが、このような出会い系アプリであれば、面倒事なく相手と親密になっていけるでしょう。

確率は低いものの、出会い系サイトでやり取りしていた相手が、現実の知り合いで驚いたという嘘みたいな話が実際にあったそうです。



普段から出会い系サイト利用者ということを隠していたなら恥ずかしいかもしれませんが、それはお互い様ですから大問題に発展することは無いでしょう。
でも、プロフィールにご自身の顔写真を掲載していた場合は、面白がって知り合いがサイトに登録すると、ご自身がサイトを利用していることが知れ渡ってしまう危険性があります。
あるいは、顔写真を誰かが無断で悪用したり犯罪に使う可能性もあるので、誰でも見える場所に掲載しない方が良いでしょうね。



最近では、婚活や恋人探しのために出会い系サイトに登録して相手を探す人も珍しくありませんが、交際相手探しなどの一般的な出会いを求めている訳ではない人に警戒しましょう。具体的には、フリーを装った既婚者ですとか親密になると見せかけて、本名や住所などの個人情報を引き出させる悪徳な業者の報告もあります。
こうした相手に引っ掛かってトラブルに巻き込まれないよう、相手に違和感を感じたら、すぐに関係を断つくらいの心構えをしておきましょう。出会い系サイト利用者の中でも、女性は特に意識的に警戒するようにして下さい。

独身の男女の出会いの場と言えば、どこを思い浮かべますか?出会いのためのイベントは頻繁に催されていますが、こうした場がで苦手で上手く立ち回れず、緊張してしまう性格の方にとっては参加を躊躇してしまうことも多いと思います。実際のところ、こうした性格の方の中には勇気をふり絞って参加しても、現場の雰囲気にのまれてしまって上手くいかず、諦めてしまう方も珍しくありません。慣れないイベントで嫌な気持ちになるよりも、メールやサイト上だけでやり取りできる出会い系サイトで交際相手を探す方がずっと簡単ですし、ご自身の負担も少なくなると思います。登録者数の多い大手の出会い系サイトであれば、サイト自体は信頼できるでしょう。
とはいえ、利用者が多いため、出会いを求める以外の目的で登録している人も多いのです。例えば、個人情報集めの悪徳業者や金銭目当ての詐欺師などがごちゃまぜ状態になっています。このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、ゆとりを持って探すようにして下さい。

もちろん、会った相手がタイプであっても、相手の言う事をそのまま信じるのではなく、自分で判断できるまで慎重にやり取りを続けた方が良いでしょう。出会い系サイトで上手くいかないという悩みをもつ男性も多いですよね。


多くの出会い系サイトでは男性会員の数が圧倒的に多いので、女性にファーストメールを送っても無視されてしまうことも珍しくありません。また、男性のプロフィールを調べた女性がメールしてくれる確率も低いのです。
しかし、例外もあります。例えば、男性のプロフィールが医師や弁護士、社長などの肩書を持っている方であれば、多くのメールを受け取るでしょう。
そうかといって、ご自身の職業を詐称すると、実際会った時に嘘が発覚して結局自分の首を絞める事になるでしょう。
できれば自分の連絡先は教えたくないものの、向こうの連絡先はちゃんと教えてほしいというのが本音だと思います。犯罪の被害に遭う危険性の高い女性は、警戒心も強く知り合ってすぐに連絡先交換とはならないでしょう。女性側から積極的なアプローチがあったり、率先して連絡先を交換したがる場合には、個人情報を聞き出すために女性のフリをした悪徳業者の可能性があります。

慎重すぎると感じるかもしれませんが、出会い系サイトではこのくらい警戒しておいた方がトラブルとは無縁にサイトを利用出来るでしょう。