千葉で「男 モテる 嬉しい」を徹底検証|モテるリンピック事務局

私の友人は去年結婚したのですが、旦那さんと知り合ったのはインターネットの出会い系サイトだそうです。
二人とも、結婚を視野に入れた出会いを求めていたみたいで、会って交際を始めてからも仲良しで、すんなりと結婚話が出たと言っていました。私から見ても二人はお似合いだし、旦那さんもすごく誠実そうな人でした。


出会い系サイトを利用すると素敵な人と巡り合える可能性が高いんですね。


当然ですが、婚活女性からの人気が高い公務員は、出会い系サイトにおいても、やはり競争率が高いです。

生涯のパートナーになることを見据えて本気のお付き合いを望んでいる女性からすると、何よりも安定性の高い公務員という職種は付き合いたい相手の職業として一番に名前が挙がるのでしょう。こうしてみると公務員が出会い系サイトを利用することには利点しかないように感じますが、安易に個人情報を載せるとすぐに職場を割り出されてしまいますから、用心しましょう。



多くの人が出会い居酒屋で盛り上がっているみたいですが、自分的にはそうでもありませんでした。

自分の行ったところは相手の女の子たちはそんなに容姿が良いわけでもないのに、高い食事代を払わされるし、散々な目に遭いました。


同じような出会い方だったら、前に出会い系を使っていた時は、相手の外見や性格も分かっていたので、ずっと盛り上がりました。


同じお金なら出会い系サイトを使った女の子と遊ぶお金に使おうと思います。出会い系サイトにも様々な種類がありますが、大手と呼ばれる有名な出会い系サイトであれば、サイト自体は信頼できるでしょう。
しかし、注意点もあります。


大手サイトは利用者数が多いため、個人情報を集めている業者や詐欺師、遊び目的の既婚者などがごちゃまぜ状態になっています。出会い系サイトで恋人を探す場合、こうした相手に警戒しながら、根気よく探すことがポイントになります。



実際に出会いまで進展しても、相手の言うことを鵜呑みにせず、簡単に警戒心を解かない方が良いでしょう。


メールのやり取りが出会い系サイトでは重要なのはご存知だと思いますが、実際はいくら多くの女性にファーストメールを送ってみても、残念ながら無視されて返事が来ないということもままあります。このような状態に慣れてしまうと、かえってセカンドメールの具体的な内容に迷ってしまう方も珍しくないようです。



思いもよらず返信が来ると舞い上がってしまいがちですが、長々と自分のことを書いたメールを返信するのは厳禁です。
あまり長すぎず、丁寧で親しみやすいセカンドメールを送るようにするのが最適でしょう。



出会いのきっかけとしてお勧めなのが出会い系サイトです。
その主な理由は、直接会う前にメール等のやり取りを済ませているので、話が弾みやすいという点でしょう。



会話を盛り上げるには相手への理解が重要ですから、あらかじめ相手の趣味や関心のあることを事前に調査しておけば、きっと話題の尽きない楽しい会話になるはずです。



サイトでやり取りした全ての人と会えるわけではありませんが、会えた時のことを想定して真剣にメールして、相手のことを良く知るように努力しましょう。出会い系の自然な流れとしては、メールをしあって相性が良さそうだと思ったら、顔写真を交換することが多いです。結婚を視野に入れたお見合いではなく、ちょっとデートしてみるという場合では、誰でも相手の見た目を気にするでしょう。
写真はいくらでも加工できますし、何なら別人の写真を送っても相手には分かりませんが、実際に会うとなるとウソはつけませんから、今後も関係を進展させたいと思える相手には素直に本当の写真を送るべきでしょう。同様に、相手の顔写真も本物ではないかもしれないという心構えもしておいた方が良いでしょう。出会い系を利用したいと思っている方へのアドバイスですが、今どきは出会い系サイトよりも出会い系アプリの方がお勧めできます。

パソコンよりもスマホをメインに活用している人が多く、気軽に相手と交流できます。出会い目的ではなくコミュニケーションを目的としたアプリがあり、こうしたものを出会い系アプリのように利用する人もいます。


しかし、関係のない利用者が迷惑を被ることになりかねませんし、効率の良い出会い方とは言えませんから、止めておいたほうが賢明でしょう。

出会い系でオタクは嫌われるというのは、もう昔の話です。今はオタクの方ほど女性の人気が高いです。



女性側にもマニアックなオタクが増えた結果、お互いが気兼ねなく趣味の話が出来るということで付き合い始めたというオタクカップルの話もよく耳にするようになってきました。

むしろオタクな事を隠して女性と付き合うと、無理をして辛い思いをすることもあるでしょう。そうならないためにも初めから出会い系サイトのプロフィールには真実を書いてオタクだと相手に伝えておけば、付き合った後も自分に嘘をつかずに交際を続けられます。

このところ、無料のコミュニケーションアプリが増えてきてスマホで利用している人も多いのではないでしょうか。

中でも、スマホ利用者の大多数がラインをダウンロードしていますよね。

それくらいメールや電話を使うよりもラインを使うのが一般化しています。

出会い系で知り合った女性とも、サイト上だけでなくラインのIDを教えてもらえれば、より身近になって親密度が上がる事は間違いありません。

とはいえ、あまり親しくない相手とラインの交換をしたがる女性はいないでしょう。



聞き方が悪いと女性からの連絡が無くなることもあるので、ある程度お互いの事を知ってから、それとなく話題に出して相手の様子を探るなど、冷静になる必要があるでしょう。

異性との出会いのキッカケがバーというのは一度は経験してみたくなりますが、実際のところ、バーでの出会いから交際に発展したようなカップルはそういませんよね。

一般的には、バーで好みの異性を見付けても、声をかけるのも勇気が要りますし、連絡先交換なんて無理だと思う人がほとんどでしょう。

こうした場合、出会いの場としておススメするのが出会い系サイトです。出会い系サイトであれば、恋人がほしいけれど、自主的に行動したり話すのが得意ではないという悩みを抱えている方も直接顔を合わさずにできるメールのやり取りでならば、ご自身のペースに合った相手と出会える可能性があります。
ネット上の出会い系サイトは数が多いですから、その分、選択肢の幅が広がっています。サイトの特性だけ見ても、雑誌や広告でよく見かける大手出会い系サイトや、あまり知られていないけれどもマニアックな趣味を共有できるサイトなどがあります。

また、それぞれに有料と無料があったりして、バラエティーに富んでいます。

その多くが、出会いを求める人と人を繋げるサイトとして機能しているのですが、その中には、詐欺といえる悪徳業者による出会い系サイトもありますので、安易に利用しないようにして下さい。こうした悪徳サイトは架空請求で法外な利用料金を請求されたり、利用者がサクラばかりで時間やお金が無駄になる可能性が高くなってしまうでしょう。

出会い系では、サクラやプログラムの自動返信が多いという話をよく聞きますから、これらの相手に騙されない為にも、相手の女性がサクラや機械ではないことを探るのは最も大切な事だと言えるでしょう。
多くの人は大丈夫だと思いますが、常に同じ返信しか返ってこないプログラムされた機械を見分けられなくては、ハッキリ言って出会い系サイトは利用しない方が賢明です。
あるいは、スムーズに会話が弾んだとしてもキャッシュバッカーという事もありますから、警戒心は忘れずに持っておきましょう。最近の出会い系サイトにはポイント換金制のサイトもあります。

サービスを利用する毎にポイントを使えたり貯められたりして便利なのですが、その一方で「CB」あるいは「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちについて意識しておく必要があるでしょう。
実は、サイトの利用者によっては交際相手や遊び相手を探してサイトを利用しているのではなく、ポイントを貯めてお小遣い稼ぎをする人が居ます。


こいういった目的の人をキャッシュバッカーと言います。
サクラとも違って、不自然な返信をする機械が相手でもないので分かりづらいですが、例えばいつまでも連絡先を教えてくれず、ずるずるとメールを続けさせようとする場合はポイント目当てのキャッシュバッカーと疑った方が良いでしょう。

時々話に聞くのですが、出会い系サイトによっては課金目的でサクラによるマーケティングを行っているケースがあります。



サクラの多くが、芸能人のような容姿や魅力的なプロフィールで登録していますから、騙されやすいと言えます。仮に、このサクラに引っ掛かってしまうと、何回やり取りを繰り返しても、会えませんし、時間やお金をつぎ込んでも、何も返ってきません。



出会い系サイトを利用する際は、きちんとしたサイトを選べるように口コミやレビューで情報を集めておき、悪評の高いサイトは使わないよう、自分で判断することが大切です。
出会い系サイトには両極端な一面があります。

例えば、利用者の弱みに付け込んだ詐欺や犯罪が行われていることもありますし、実際に会った相手が暴力や乱暴を働く男性で、被害に遭うという事もあります。

遊び相手欲しさに出会い系で独身のフリをして相手を騙す既婚者もいます。


それに対して、素晴らしい恋人が見つかった人もいる訳ですから、こればかりは、出会いのタイミングや相手を見抜く目にかかっていると言っても良いかもしれませんね。最近では、ネットゲームやコミュニティのオフ会に参加する人も増えています。そうした中で、他の参加者は会の主旨に賛同して集まっているのにもかかわらず、恋人を探そうとする人は「出会い厨」と呼ばれます。出会い厨はオフ会ではほとんどの人から煙たがられる存在です。人恋しく、異性との出会いを欲しているのなら、初めから出会いの場である出会い系サイトを利用するのが結果につながりやすいですし、誰にも迷惑がかからないでしょう。


全く気がない異性にアタックして嫌われるよりも、出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性にアタックした方が上手くいくと思います。


出会い系サイトの敷居が下がった昨今では、恋人欲しさからネットの出会い系を使う方も少なくありません。

ですが、犯罪や不純な目的でサイトを利用している人に騙されないように警戒しましょう。独身のフリをした既婚者が不倫相手を探していることもありますし親密になると見せかけて、本名や住所などの個人情報を引き出させる悪徳な業者の報告もあります。
こうした相手に情報を与えないように、意識しておきましょう。
女性は性犯罪被害の恐れもある為、しっかりと自衛することが大切です。独身男女の出会いの場となるイベントは多種多様なタイプのものがありますが、消極的なタイプや容姿に不安がある人にとっては、参加を躊躇してしまうことも多いと思います。このようなタイプの方の中には、せっかく勇気を出して参加しても、コンプレックスが足を引っ張って惨めな気持ちになってしまい、こうしたイベントに二度と足を運ばないということもあります。
まだこうした交流に慣れない内からイベントに参加して苦しい気持ちを抱えるより、まずは出会い系サイトを利用して異性とのコミュニケーションに慣れてから交際相手を探す方がずっと簡単ですし、ご自身の負担も少なくなると思います。


昨今のネット社会で円滑な人間関係を築くためには、相手の喜ぶ文面がつくれる「メール術」が大切になってきます。メール術は出会い系サイトにおける相手とのコミュニケーションにも関わる技術で、男性からのメールが良くないようでは実際に出会うまでの道のりが遠くなってしまいます。例え男性であっても、メールで男らしく見せようと荒い言葉遣いをするのは絶対にNGですし、最終的に会うことが目的でも、それをしつこく言うのは上手くいきません。



他にも、相手側の負担になるようなメール(返信に困る内容や長文過ぎるものなど)は、女性も嫌になって連絡を絶ってしまいます。



出会い系サイトに本名で登録しているという人はそう多くいませんが、名字は仮名を使って名前は本名という人の割合は、意外と多いようです。

実際にサイトで知り合い、仲良くなってくるとついうっかり本名を教えてしまうこともありますが、こうした安易な判断が、トラブルになることもあります。ここ最近よく聞くようになったのが、フェイスブックによる個人の特定でしょう。
設定された公開範囲が誰でも見える状態になっていると、教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。
最近は、ネットのコミュニティーやゲームのオフ会に参加して気の合う異性と出会って付き合うことになったというケースもあります。とはいえ、ほとんどの場合、オフ会で異性にアプローチする人は出会い厨と呼ばれて嫌われてしまいます。

そもそも、オフ会の参加者も恋人が欲しいのかどうかも分からないですし、あまり効率的な探し方だとは言えませんね。むしろ、出会い系サイトに登録して好みの異性を探した方が早いでしょう。せっかく出会い系サイトに登録したのに、思ったような結果が出ないという男性の話もよく耳にします。その背景には、女性の数があまりに不足しているという点があるでしょう。
ですから、好みの女性を見付けた男性がメールしても殆ど返事が来ないです。
また、女性側が男性のプロフィールをみてメールを送ってくることも、滅多にありません。しかし、例外もあります。



例えば、男性のプロフィールが医師や弁護士、社長などの肩書を持っている方であれば、沢山のメールをもらえると思います。確かに、嘘でも「医者」と自己紹介すれば、女性からのメールはたくさん届くと思いますが、実際会った時に嘘が発覚して面倒な事になるかもしれません。
これから出会い系サイトを利用しようと考えている人に、ぜひご一読いただきたいことがあります。

それは、出会い系サイトで犯罪に巻き込まれたという話です。
とはいえ、多くの場合は未成年の利用者の場合です。大人の男性が巻き込まれる犯罪として最も多いものは、女子高生と知り合って関係を持った結果、トラブルに巻き込まれるケースがほとんどです。一方で、犯罪被害者となりやすいのが女性です。


相手の運転する車に乗って怪しい場所に連れて行かれるというやり口が多いようです。

いずれにせよ、自衛することを心がけてください。


出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、短期間で親しくなることも可能でしょう。そういう意味でも、出会い系サイトの自己紹介には少しでも興味のあることや関心があることを記載しておきましょう。

一般的にあまりにマニアックな趣味は恥ずかしいと思って公表しない人もいると思います。
でも、発想を変えてみると、マニアックがゆえに共通する趣味を持つ相手がいれば、仲良くなりやすいと言えます。出会い系サイトを利用する上で大切なことは、ネット上に情報を出すリスクを知るということでしょう。

最近では本名や住所を簡単に教えてしまう人が多くなっています。出会い系サイトといっても悪徳サイトもまだ存在していますし、犯罪被害もなくなった訳ではありませんので、開示する情報は必要最低限にしましょう。中でも、身分証明書は犯罪に悪用される恐れがありますから、迂闊にネット上にアップしないようにしましょう。また、実際に会ってみて信用できる相手だと決断するまでは詳細な個人情報は絶対に教えないようにしましょう。このごろ出会い系アプリにハマっているのですが、出会い系で知り合った人とこの前デートしました。アプリでやり取りした相手と会うのはこれまで経験が無かったので、前日の夜は色々と考えてしまって寝れませんでした。
しかし当日は、想像以上に楽しい一日を過ごすことが出来ました。

連れて行ってくれたお店も気取りすぎない雰囲気の良いお店で、料理の話で盛り上がりましたし、アプリでは話せていなかった仕事についてもお互い語り合えてとても盛り上がって、すごく距離が縮まったと思っています。



またデートする約束もしましたし、次に会うの時がすごく楽しみです。都会はもちろん、ある程度の大きさの都市であれば、恋人募集中の男女が出会いやすいナンパスポットと呼ばれるような場所があると思います。
とはいえ、こういうスポットでも100パーセント会える保証はないわけです。

また、ナンパや合コンのノリは苦手な人にとってはこうしたスポットは行くことも苦痛でしょう。



そんな場合はネットの出会い系などで相手を探してみてはいかがでしょうか?利用してすぐに交際相手が見つかるとは限りませんが、異性とやり取りを交わしてみるだけでもワクワクできます。
恋人が欲しくて出会い系サイトに登録する人も多いですが、実際に相手と交際を始めるにあたっては、すぐに答えを出さない方が良いでしょう。

出会い系サイトを利用している人なら分かると思うのですが、サイトのプロフィールに真実を書かない人が意外と多いのです。
書かれた情報をそのまま鵜呑みにして早まって交際すると、トラブルになったり詐欺に遭うかもしれませんので、何回もやりとりをしたり、直接会えるチャンスを作って信頼してもいいのかどうか判断することが重要ですから、ぜひ心に留めておいてください。



恋人も欲しいけれど、出来たら気の合う友達とも出会いたいという人は、色々な人と話すチャンスを手に入れるために、出会い系サイトに登録してみるのも良い選択です。



交際相手のみならず友達が出来た人もいます。けれども、メールだけの関係では何となく連絡が途絶えがちになりますし、交際相手と出会えても友達は出来ないまま、ということも珍しくありません。

恋人探しのついでに友達も欲しい、という場合でないのなら、出会い系サイトではないやり方の方が良いかもしれません。