千葉で「モテる 男 30代」を徹底検証|モテるリンピック事務局

普段の生活の中でネットに触れていない人は殆どいないのではないでしょうか。
SNS等で知り合ったというカップルの話も聞きますし、特に出会い系サイトはお互いの目的がハッキリしていますから、ここでの出会いがきっかけでゴールインを果たすなんてこともよくある話です。こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、不用意に個人情報を公開したり、安易に相手を信用し過ぎると犯罪被害に遭ったりトラブルに巻き込まれる危険があるのです。個人情報を集めようとする悪徳業者や遊び相手を探している既婚者などが利用しているということを知っておいてください。ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。

サイトで出会った人とは趣味や価値観が似ていて話が盛り上がり交際がスタートしたそうです。でも、しばらくしたら相手が本当は既婚者で、自分はただの浮気相手だということが分かったと言っていました。

真剣に結婚も視野に入れて交際をしていた友人は、裏切られたことにショックを受けて長い間落ち込んでいました。フリーを装った既婚者が真面目な交際を望んでいる人を翻弄するのは絶対にあってはならないことだと思います。出会いの場として、ネットゲームやコミュニティのオフ会を挙げる人がいますが、オフ会の本来の目的を無視して、自分勝手に付き合える相手を探す出会い厨はオフ会では絶対に来てほしくないタイプの一人でしょう。
それほどまでに恋人を探しているのなら、初めから出会いの場である出会い系サイトを利用するのがずっと効果的です。



オフ会で迷惑をかけ、出会い厨という不名誉な蔑称を与えられるよりも、出会い系サイトで同じ趣味を持つ異性にアタックした方がスムーズだと思います。



最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、多くの人が出会い系サイトまたはアプリを使っています。

しかしそれに伴って出会い系でトラブルになったという話も多く聞くようになってしまいました。
実際のところ、出会い系サイトを介した犯罪の関係者といえば、未成年が大半です。

それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、相手が18歳未満の女性と知りながら、あるいはその可能性を分かっていながら深い関係になり、結果的に揉めてトラブルになることが多いようですね。



女性の場合は、サイトで知り合った男性の車に乗ってしまい連れまわされてしまうということが横行しているようです。



よほどの田舎でない限りは、地域の中に恋人募集中の男女が出会いやすい出会いスポットがあります。

しかし、このような場所に足を運んだからといって、残念ながら出会えない人も珍しくないでしょう。



そもそも、合コンやナンパのノリが嫌いな方はスポットでの出会いに抵抗があると思います。
そのような場合はネットの出会い系を利用してみるのが良いのではないかと思います。
知り合えた相手と恋人になるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、そこまでいかなくても、異性とメールのやり取りをするだけでも気持ちにメリハリがついて、良い経験が出来ると思います。

みなさんが利用しているスマホですが、最近ではいわゆる出会い系アプリの利用者も急増しています。



位置情報などから距離的に近い相手と出会うことが出来るアプリや、相手を特定せずにメッセージをやり取りするタイプのアプリも人気がでています。

出会える確率としては、とにかく利用者数が多いものの方が確立も上がりますが、目的のアプリの使いやすさや親和性はそれぞれですので、ご自身に都合の良いアプリを利用するのが一番良いと思います。偶然にも出会い系サイトでやり取りしていた相手が、現実の知り合いで驚いたというケースがあるそうです。

羞恥心もありますが、お互い隠しておきたいことでしょうから特に心配はないと思います。とはいえ、顔写真をサイトに上げている場合は少し問題があるかもしれません。
というのも、出会い目的ではなく冷やかしのつもりで現実の知り合いがみると、サイト利用の事実が周囲に広まってしまうかもしれません。

顔写真は知人の判別だけでなく犯罪に悪用されることもあるので、簡単に載せないことをおススメします。
せっかく出会い系サイトに登録したのに、思ったような結果が出ないという男性の話もよく耳にします。
その背景には、女性の数があまりに不足しているという点があるでしょう。ですから、男性からメールを送ったとしても多くが無視されてしまいます。それに、男性のプロフィールを調べた女性がメールしてくることも、そうそうあることではありません。もちろん、全ての男性が同じとは限りません。男性の職業が弁護士や医者、会社社長などの女性が憧れる職業の場合、積極的なアプローチが尽きる事はありません。そうかといって、ご自身の職業を詐称すると、直接会った時や親密になる過程で綻びが出て思いもよらないトラブルになることもあります。今、独身で、出会い系サイトに興味があるけれども、危険な目に合わないか不安だという方も多いと思います。けれど、身近にやり取りできる方法として、出会い系サイトで真剣な交際を求めている人が登録しているケースも少なくありませんので、出会いの場として十分効果のある場所です。
ですが、女性の利用者が圧倒的に少ないのでほとんどの男性はそれなりに腰を据えて取り組む必要があるかもしれません。出会い系サイトに女性が登録する場合は、男性を選り好みできるかもしれませんが、その分、犯罪被害やトラブルなどに巻き込まれないよう、警戒心を持って利用することが求められます。



出会い系サイトに本名で登録しているという人は珍しいですが、下の名前については本名そのままというケースは良くあるようです。メールやサイトでやり取りをしあって親密になってくると、更に仲良くなれると思ってついうっかり本名を教えてしまうこともありますが、顔も名前も分からないような相手にこちらの本名を公開するリスクを知っておきましょう。最近増えているのがフェイスブックによる情報漏えいです。



設定された公開範囲が誰でも見える状態になっていると、教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。
出会い系サイトの多くはいわゆる課金制で利用料を徴収します。



例えば、メールを送るのに50円、画像は100円といったように、やり取りをした分だけお金がかかるシステムです。誰でも、出会えると思うと必然的にメールのやり取りも繰り返すと思います。そういった利用者の心理を利用して課金させようと絶対に出会えないサクラや機械を使って、気のある素振りを見せてやり取りを長引かせるケースがありますので、警戒心を忘れず、不審な点があればもう連絡を取らないようにしましょう。

あるいは、相手が本物の利用者であっても無駄なやり取りでお金や時間を使うのはもったいないです。
出会い系サイトに登録した目的が自分と異なっていないかを確認するようにして下さい。多くの人が出会い居酒屋で盛り上がっているみたいですが、自分的にはそうでもありませんでした。
自分の行ったところは相手の女の子たちはそんなに容姿が良いわけでもないのに、どんどん注文されて高い食事代を払わされるしで、酷い目に遭いました。
これなら、初めから外見も性格も分かっている出会い系サイトの女の子と会った時の方が充実した時間とお金の使い方が出来た気がします。出会い居酒屋はただでさえ男性側に金銭的負担が大きいですし、同じお金なら時間は必要になりますが、出会い系の可愛い女の子と遊ぶ資金にします。一度でも出会い系について調べたことがある人ならご存知だと思いますが、出会い系ではサクラや自動返信といった詐欺まがいの相手に騙されることがあります。

ですから、出会い系サイトを利用する際には、相手の正体を見極めることが出会い系サイトを活用する上で基本的なテクニックになります。
といっても難しい話ではなく、いつでも同じ内容の返事を繰り返すような自動返信のメールなのかを疑わず、やり取りを続けてしまうようでは、貴重な時間もお金も溝に捨ててしまうようなものでしょう。



また、相手が本物の利用者だとしても、キャッシュバッカーという可能性がある事を忘れないでください。

スマートフォンの普及で出会い系アプリを使っている人もいるのではないでしょうか。

出会い系アプリによってはLINEでのやりとりを前提としたものがあるのです。年齢や性別はもちろん、地域も絞り込めますから、無駄な時間やストレスを抱えること無く結果が出せます。



一般的な出会いサイトを利用していると、LINEのIDについては聞き方やタイミングに気を遣うものですが、先に書いたような出会い系アプリを使えば、ID交換に関して悩むことなくやり取りを開始できるでしょう。
出会い系サイトというとちょっと危ない印象があったのですが、結婚した私の友人が旦那さんの事を知ったのはインターネットの出会い系サイトだそうです。出会い系というと遊び目的の人が利用しているイメージがありましたが、二人は結婚を前提にした恋人を探していたらしく、付き合っている間も居心地がよかったそうで、すぐ結婚を決めたと言っていました。話を聞いただけでも、旦那さんは友人の事を大切にしているのが分かりましたから、出会い系の印象が変わりました。出会い系サイトでも素敵な人と巡り合える可能性が高いんですね。

ここ最近は、独身の方でいわゆる出会いパーティーの情報を集めている人も増えています。

例えば、対人関係に自信があって、自分から話しかける事に抵抗がない人だったら、出会いパーティーでもうまくいく可能性が高いです。

しかし、中には話すのが苦手だと言う人や自分から異性に積極的にアピールできないという人は、とりあえず出会い系サイトなどのやり取りで慣れてから直接会う方法がピッタリです。出会い系サイトの中でも、危険なサイトはどのようなサイトだと思いますか?いわゆる大手サイトは、サイトが出会いの場として機能しているかという点については安心できます。

しかし、出会い系サイトを利用する上で重要になるのは利用者の質でしょう。大手サイトは登録者数が多い分、その実態は詐欺師や悪徳業者、不倫相手探しの既婚者などが入り混じっています。

もし、恋人を探そうと思ったら、こうした人たちを避けて腰を据えて取り組むのが一番だと思います。
出会えた相手が理想的な人であっても、簡単に相手のことを信頼するのはNGです。
私の個人的な経験ですが、この間、出会い系アプリで話が合った人と初めて会ってみたんです。

サイト上のやり取り以外で、直接相手と会うのはこれまで経験が無かったので、前日まではずっと緊張しっぱなしでした。


けれど当日は悪い想像とは全く違って相手もすごくいい人で、とても楽しかったです。



オシャレなお店で美味しいごはんも食べれましたし、普段の趣味や仕事の話で色々な話が出来て親近感が上がりました。次回もデートする約束をしましたし、もっと早く会っていれば良かったです。
気の合う友達が周りにいないという人も、ネットの出会い系サイトで地域や性別、年齢に限らず様々な人とコミュニケーションを取るのも良い選択です。


意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、相性の良い友達が見つかったという人もいるのです。



とはいえ、ネット上やメールだけの関係は自然消滅しやすいですし、異性との出会いがあっても友達は見つからない可能性も有り得るのです。交際相手を探しつつ、友達も探したいという訳ではないのなら、別の方法を探してみるのをお勧めします。今、出会い系サイトを使って恋人を探しているけれど、なかなか上手くいかないという方も多いと思います。出会える確率を上げるためのポイントはファーストメースの出来の良し悪しです。
例えば、メールの文体があまりに軽薄で不真面目そうなものだと遊び目的と思われるでしょうし、生真面目で重たい内容ならどうかと言えば、付き合いにくいと思われてしまうものです。
丁寧でなおかつ重すぎないメールであれば、相手からの印象もずっと良くなって、出会いまでスムーズにいく可能性も高くなります。
出会い系をうまく活用するポイントは、一度上手くいかなくてもいちいち悩まずに、気持ちを切り替えてどんどんアタックしていくことでしょう。
魅力のある女性はその分競争率が高いので、男性は様々な女性に対してメールでコンタクトをとってみるべきです。



でも、女性から返信がくるかどうかはメールの内容に左右されます。


書いてある内容で自分に興味を持ってもらえなかったら、返信はきません。文体としては、丁寧でも固すぎず、親しみやすい文体でテンプレをつくっておいて、それを下地に細かい部分を相手の女性に合わせて書き換えるというのがおススメです。出会い系サイトのやり取りは盛り上がる話題を見付けることが重要です。そういう点では、全く共通の話題が無いより趣味が同じ人の方が話も弾みますし、時間をかけずに親密な関係になることも出来ます。ですので、出会い系サイトのプロフィールには出来るだけ多くの趣味関心を書いておいて方がチャンスが広がります。一般的にあまりにマニアックな趣味は恥ずかしいと思って公表しない人もいると思います。でも、別の視点から見ると、他に話が出来る人が少ないマニアックな趣味だからこそ、同じ趣味の人にとっては親近感を持ってもらいやすいでしょう。
ですから、マニアックな趣味も自信を持って書いておくことをおススメします。



自分がオタクだから恋人を諦めているという男性の方もいるのではないでしょうか?ですが、最近はマニアックなオタク趣味を持っている方ほど女性の人気が高いです。女性側にもマニアックなオタクが増えた結果、同じような趣味の会話が楽しく、そのまま付き合い始めたというオタクカップルの話もよく耳にするようになってきました。
オタクという事を隠して付き合っても結局無理が重なって破局するというケースも多いですから、出会い系サイトのプロフィールには趣味のことを書いて自分がオタクであると相手に分かってもらえば、付き合う時にオタク趣味を続けることが出来ます。
出会い系で出会った人と付き合うかどうかは、時間をかけて検討しましょう。それというのも、出会い系サイトではプロフィールにウソを書いている人も、珍しくないのです。


いくらプロフィールが良さそうな人でも即座に付き合うというのではなく、やり取りを繰り返したり実際に会ってみるなどして本当に信用できる人なのか、今後付き合っていけるのか判断することが重要なのです。


出会い系サイトにはメリットもデメリットもあることを知っておきましょう。利用者の人恋しさや寂しさといった気持ちを弄ぶ詐欺を行っている人もいます。



サイト上では親切で優しそうな男性が、実はDV男だったケースもあるのです。


あるいは、既婚者であるのにもかかわらず、遊び相手を探すために出会い系で独身のフリをして相手を騙す既婚者もいます。
それに対して、出会い系がキッカケで結婚できたという話も珍しくありませんので、こればかりは、出会いのタイミングや相手を見抜く目にかかっていると言っても良いかもしれませんね。最近ではネット社会が発達し、誰もが気軽に連絡を取り合えるようになりました。



そんな中で多くの人と円滑な関係を結ぶためには相手を喜ばすようなメール術が必要です。もちろん、出会い系サイトも同じで、男性からのメールが良くないようではなかなかやり取りを続けることが難しいのではないかと思います。具体的には、ですます口調で丁寧な方が好感度は高いですし、何かにつけて会おうとすると多くの場合失敗します。
他にも、相手側の負担になるようなメール(返信に困る内容や長文過ぎるものなど)は、その時点で関係が終わるケースがほとんどです。
残念ながら、出会い系にも詐欺の被害があります。
最も多い被害は、どうやっても「出会えないこと」でしょう。
被害といっても、利用者のコミュニケーション能力の問題が出会いの障害になっているといったケースでは別です。

ここで問題になる被害とは、サイト運営側が、本当は会えないにもかかわらず、会えるように見せかける詐欺行為を働いている場合だけです。女性登録者が実はすべてサクラというサイトもありますし、最近ではプログラムの自動返信という場合も報告されており、どれだけ課金しても出会えないと嘆く被害者も増えています。見ず知らずの相手に自分の容姿を伝える顔写真には気を遣うものです。とはいえ、お見合い写真ならまだしもネットの出会い系サイトで交換し合う顔写真であれば深く考える必要は無く、容姿が盛れるプリクラの画像データで代用することも出来ますし、自分の写真に修整をかけたものでも良いです。
ですが、修整をかけすぎて本人の面影が全く無くなってしまったのでは、相手と実際に会った時にトラブルになったり、関係が終わってしまうこともあるのです。


自分の外見に悩みがあって、そのままの顔写真は送りにくい気持ちも分かるのですが、この際、素直に会ってみた方が後ろめたさも無く、すっきりできるのではないでしょうか。サービスの利用に応じて、現金やウェブマネーに換金できるポイントを貯められるシステムを使っている出会い系サイトを利用するならば、キャッシュバッカーの存在を知っておいた方が良いでしょう。



こうしたポイント換金制出会い系サイトの利用者には、出会いたいのではなく、小遣い稼ぎのためにメールをやり取りしてポイントを貯めようと考えている人もいるのです。

サクラとも違って、機械による自動返信の不自然さもないので見破りにくいです。判断のポイントとして、どれだけやり取りを繰り返しても関係が進展しないようであれば、打ち切りましょう。最近は、ネットのコミュニティーやゲームのオフ会に参加して気の合う異性と出会って付き合うことになったというケースもあります。


とはいえ、オフ会で異性にばかり話しかける人は出会い厨という不名誉な名前で呼ばれかねません。
そもそも、オフ会の参加者も恋人募集中という訳ではありませんから、ハッキリ言って、恋人を探したくてオフ会に参加するのは遠回りだと思います。

むしろ、出会い系サイトの方が効果的でしょう。