千葉で「つり目 男 モテる」を徹底検証|モテるリンピック事務局

私の友人は去年結婚したのですが、相手と知り合ったきっかけを聞いて驚きました。

それは出会い系サイトだったそうなんです。出会い系サイトといっても、遊びではなく真剣な交際を求めて登録していたらしく、付き合っている間も居心地がよかったそうで、何の支障も無く結婚を決めたそうです。


私から見ても二人はお似合いだし、旦那さんもすごく誠実そうな人でした。最近の出会い系サイトはこういう素敵な人がいるんだとびっくりしました。
公務員という職業は、現実でのお見合いでも人気の職業ですし、出会い系サイトにおいても、やはり競争率が高いです。


出会い系サイトで婚活を行っていて、相手を探している女性から見ると、経済的な不安が少なく、安定した生活が保障されている公務員は憧れの相手なのだと思います。

こうしてみると公務員が出会い系サイトを利用することには利点しかないように感じますが、安易に個人情報を載せるとすぐに職場を割り出されてしまいますから、用心しましょう。


テレビなどでも自らオタクを公言している芸能人が増えているように、オタクのイメージは昔と様変わりしました。それに伴って、ここ最近はオタク趣味の方ほど人気があるのです。今は女性でオタク趣味を持っている方も増加傾向にあるため、共通する話題で盛り上がって付き合い始めたというオタクカップルの話もよく耳にするようになってきました。オタク趣味を初めからプロフィールに載せておき、自分がオタクであると相手に分かってもらえば、付き合った後もオタク趣味を続けることが出来ます。

出会いを求めた人たちに向けたイベントは様々な趣向を凝らしたものがあるのですが、消極的なタイプや容姿に不安がある人にとっては、ハードルが高いものですよね。



実際のところ、こうした性格の方の中には勇気をふり絞って参加しても、現場の雰囲気にのまれてしまって上手くいかず、諦めてしまう方も珍しくありません。自分に無理をしてイベントに参加して辛い思いをするよりも、まずは出会い系サイトを利用して異性とのコミュニケーションに慣れてから自分らしく交際相手を探した方が、結果的には良いでしょう。

ネットでの出会いがきっかけで交際を始めたカップルの話も聞きますし、出会い系サイトを介した出会いで結婚して夫婦になることも増えています。こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、自衛を心がけないと、犯罪に巻き込まれるかもしれません。



利用者が純粋に出会い目的で登録していないケースがあると忘れずに覚えておきましょう。
今、盛り上がりを見せているのが出会い系アプリで、出会い系サイトよりも良いでしょう。日常的にパソコンを使う人よりも最近ではスマートフォンを主に使っている人の割合が高いですし、簡単にやり取りが出来るのです。

一部の利用者は、出会い系アプリではなくてコミュニケーションアプリを出会い系アプリの用途で使っている人もいますが、それでは一般の利用者の迷惑になりますし、成功率も低いため、やらない方が良いでしょうね。
私の個人的な経験ですが、この間、出会い系アプリで話が合った人と初めて会ってみたんです。



サイト上のやり取り以外で、直接相手と会うのも初めてで、前日の夜は色々と考えてしまって寝れませんでした。



しかし当日は、悪い想像とは全く違って楽しく充実したデートになりました。連れて行ってくれたお店も気取りすぎない雰囲気の良いお店で、料理の話で盛り上がりましたし、アプリでは話せていなかった仕事についてもお互い語り合えてとても盛り上がって、すごく距離が縮まったと思っています。次回もデートする約束をしましたし、もっと早く会っていれば良かったです。スマートフォンの普及で出会い系アプリを使っている人もいるのではないでしょうか。
出会い系アプリによってはスマホユーザーの多くが利用しているLINEのIDを公開してやり取りできるものがあるのです。自分の希望する条件を検索して、簡単に出会える確率が高いのです。

出会い系サイトでは、そもそもメールが返ってこなかったり、安易にLINE交換という話にはならないのですが、こうした出会い系アプリを利用すれば、面倒なハードルを一つ越えた状態から相手と親密になっていけるでしょう。相手と話す時に、趣味や関心が同じだと盛り上がりますし、仲良くなれる気がしませんか?そういう意味でも、出会い系サイトの自己紹介には興味や趣味について細かく記載しておきましょう。



とはいえ、マニアックな趣味の場合は書くのをためらうこともあるでしょう。確かに、マニアックなものは引かれることを考えると恥ずかしくて書きにくいですよね。



でも、発想を変えてみると、マニアックがゆえに共通する趣味を持つ相手がいれば、それだけ親近感を得やすくなります。



メールのやり取りが出会い系サイトでは重要なのはご存知だと思いますが、実際はたくさんの女性に真剣に考えたファーストメールでアタックしても、無視されることが多いです。


そういった事に慣れてしまうと、せっかく女性から返信をもらっても、次に送るセカンドメールをどうしたらいいのか迷ってしまう方も珍しくないようです。



思いもよらず返信が来ると舞い上がってしまいがちですが、あれやこれやと長々と書きこんだ文を送ることはNGです。長文過ぎるメールはそれだけで引かれてしまう可能性が高いので、適度な長さで親しみのあるセカンドメールを送るようにしましょう。



このあいだ、評判の出会い居酒屋に行ってきました。ネットで見ると可愛い女の子と連絡先交換できて、その先に繋げやすいという情報だったのでわくわくしながら向かいましたが、相手の女の子ははっきり言って可愛くなかったですし、どんどん注文されて高い食事代を払わされるしで、酷い目に遭いました。

こんな結果なら、前に出会い系がキッカケで出会った子の方が可愛くて充実した時間とお金の使い方が出来た気がします。

自分の場合はですが、出会い居酒屋でお金を使うよりも出会い系サイトを利用して出会った女の子におごる方を選びます。服装や撮影場所など、こまごまとしたマナーがあるお見合い写真とは異なり、出会い系で使う顔写真はプリクラを使っても良いでしょう。また、自分の写真に修整をかけたものでも良いです。
しかし、過度に修整をかけて全く別人の顔になってしまっている写真では、本当に会った時にショックを与えてしまい、関係が途絶えてしまうケースも多いのです。写真うつりにコンプレックスがあるのであれば、写真交換はそこそこにして、早めに会ってみたら結果的には良い場合があります。出会い系サイトは犯罪の温床と言われることもあるほど、トラブルの多い場所でもあります。実際のところ、出会い系サイトを介した犯罪の関係者といえば、未成年が大半です。



それに対して、成人済みの男性が犯罪に関わってしまうケースでは、女子高生と知り合って深い関係になり、結果的に揉めてトラブルになる等のケースが多いです。
一方で、犯罪被害者となりやすいのが女性です。

直接会った時に男性の運転する車で連れまわされてしまうということが増えています。よほどの田舎でない限りは、地域の中に独身男女の集うナンパスポットと呼ばれるような場所があると思います。しかし、このような場所に足を運んだからといって、誰にとっても平等な出会いの機会があるわけではないでしょう。

このような出会いの方法に抵抗がある方は、出会い系サイトを使ってみましょう。

もちろん、最終的な目標は交際相手を見付けることですが、そこまでいかなくても、異性とメールのやり取りをするだけでも楽しい気持ちになると思います。

出会い系サイトにも様々な種類がありますが、大手と呼ばれる有名な出会い系サイトであれば、情報管理のずさんな弱小サイトよりは安心できます。
しかし、出会い系サイトを利用する上で重要になるのは利用者の質でしょう。

大手サイトは登録者数が多い分、その実態は一般の利用者以外にも、個人情報収集を目的にした悪徳業者や詐欺師、不倫相手を探す既婚者などが入り混じっています。



サイト利用時にはこうした相手に引っ掛からないように警戒しながら、根気よく探すことがポイントになります。
もちろん、会った相手がタイプであっても、簡単に相手のことを信頼するのはNGです。せっかく出会い系に登録しても上手くいかないと悩んでいる人もいますよね。出会い系を攻略するポイントはあまり深く考えるより、どんどんアプローチしていくことでしょう。男性の場合、様々な女性に対してメールでコンタクトをとってみるべきです。そして、もう一点がメールの中身でしょう。

書かれた内容が悪いと返信はきません。



文体としては、丁寧でも固すぎず、親しみやすい文体で定型文を保存しておいて、別の女性に送信する時に各々の女性の自己紹介文に沿った文章を少し入れて、不自然にならないようなメールを送るのが楽に出来る方法ですから、参考にしてみてくださいね。スマホ所有者の多くがラインをダウンロードしていると思います。



それほどまでにラインは身近なものになっています。出会い系で知り合った女性とも、サイト上だけでなくラインでも話すことができたら、今よりももっと関係を進展させることが出来ますよね。
とはいえ、話題の振り方が悪ければ出会い系サイトでのやり取りも終わる可能性が有るので、ラインについては注意深く行動した方が良いと思います。



できれば自分の連絡先は教えたくないものの、好みのタイプの相手の連絡先は無条件で欲してしまうのが出会い系サイトを利用する多くの人の思う事ではないでしょうか。
特に女性の場合は積極的に連絡先を伝えてくれるようなケースは稀です。

女性にもかかわらず連絡先を公表していたり積極的に聞いてくる場合は、女性のフリをした悪質な業者というケースもあります。


「警戒しすぎ」と感じるかもしれませんが、これくらい意識しておいた方が良いでしょう。
最近では出会い系サイトの敷居が低くなり、手軽に出会えるツールとして出会い系サイトで恋人を探す人も増えているようです。実際に出会えるためのコツは、初めに送るメールでどれだけ相手に好印象を与えられるかどうかにかかっています。タメ口や、あまりに軽い文面のメールでも危険だと思って避ける人も多いのです。
ですが、仰々しくオーバーなものだと付き合いにくいと思われてしまうものです。



こうした点を踏まえると、出会い系サイトのファーストメールでは、ほどよく丁寧な文体で送ると相手からの印象もずっと良くなって、出会いまでスムーズにいく可能性も高くなります。初対面の相手の印象の良し悪しは「初頭効果」と呼ばれ、その後の交友関係をも決定付ける影響力を持っていると聞いたことはありますか?それほどに第一印象は重要なものですから、実際に、出会い系サイトでやり取りをしている異性と初めて会う場合は清潔感があって印象の良い服装を選ぶようにしましょう。相手の好みから外れた服装で待ち合わせたために、関係が壊れる人たちもいます。

ようやく初デートにこぎつけたのですから、第一印象で失敗しないよう、入念に身だしなみもチェックしておきましょう。



あれこれと長いメールは、出会い系に限らず相手が重いと感じてしまいます。もし、出会い系サイトで女性と知り合えたのなら、相手に引かれてしまわないよう、極端でない適度な長さを考えてメールを送ることを意識しましょう。また、女性から返信されるメールが短文で変わらない場合は相手がサクラや機械、キャッシュバッカーなどの可能性が出てきます。実際に出会い系サイトを利用するなら、以下の事に注意してください。
出会い系サイトの中には利用者を集めて課金させるように一般の利用者を騙ってサクラを紛れ込ませているサイトがあります。


万が一、サクラに釣られてしまったらどれだけお金をつぎ込んでメールのやり取りをしても直接会えることは絶対にないので、かけた時間もお金も全くの無駄になってしまうのです。

前もってネットの口コミサイトや情報掲示板などで評判を探り、サクラがおらず、評判の良い出会い系サイトを選べば、一般の利用者と出会える可能性が上がります。



最近では出会い系サイトにも、色々な特徴を持ったサイトが増えてきています。
具体的には、利用者数が多い大手サイトや、趣味や興味のカテゴリに特化しているサイト、有料あるいは無料など、本当に多種多様なサイトがあります。その多くが、出会いを求める人と人を繋げるサイトなのですが、中には利用者の心理に付け込む悪徳業者が運営するサイトもあります。

サイトを閲覧しただけでは悪徳なのか判断することは難しいですが、利用してしまうと違法な利用料を請求されることもありますし、利用者がサクラばかりで時間やお金が無駄になる可能性が高くなってしまうでしょう。


日常生活で異性との出会いに期待が持てずに、いわゆる出会いパーティーの情報を集めている人も増えています。


誰とでも楽しい会話が出来て自分から話しかける事に抵抗がない人だったら、出会いパーティーにおいても、結果を出すことが出来るでしょう。しかし、中には話すのが苦手だと言う人や異性に話しかけづらいと思っている方もいるでしょう。
そういう場合は、とりあえず出会い系サイトなどのやり取りで慣れてから直接会う方法がピッタリです。残念ながら、出会い系にも詐欺の被害があります。最も多い被害は、実際に出会えない、ということです。被害といっても、利用者のコミュニケーション能力の問題が出会いの障害になっているといったケースでは被害とは呼べないでしょう。


ここで問題になる被害とは、どれだけ課金してやり取りしようと、出会えないシステムになっているものをサイト側が隠しているといったケースでしょう。


簡単に言うと、女性会員がサクラしかいないといったケースや、そもそもメールの相手が人間ではなく機械で自動的にやり取りしているといったことも報告されており、どれだけ課金しても出会えないと嘆く被害者も増えています。上手に出会い系サイトを利用するための裏ワザを紹介します。例えば、相手と親密になってきたけれど、相手と直接会うには、もう少し相手のことを知ってからが良いと思う時もありますよね。
または、会いたくても時間が合わないといったこともあるでしょう。そんな時はスカイプがおススメです。
通話料が負担になることもなく、顔を見せ合えば、更に距離感を縮めることもできるでしょう。


しかし、相手によっては通話映像を録画している危険性もあるので、本当に信頼できる相手以外とは、顔出し通話をしない方が良いと思います。最近は、出会い系サイトの敷居も下がり恋人探しに活用している人も珍しくありませんが、サイトで出会った人と交際を始めるにあたっては、すぐに答えを出さない方が良いでしょう。出会い系サイトを利用している人なら分かると思うのですが、サイトのプロフィールに真実を書かない人が意外と多いのです。一見、良さそうな人でも早まって交際すると、トラブルになったり詐欺に遭うかもしれませんので、やり取りを繰り返したり実際に会ってみるなどして信頼できる人なのかを判断することが大切だと言えるでしょう。最近ではネット社会が発達し、誰もが気軽に連絡を取り合えるようになりました。


そんな中で多くの人と円滑な関係を結ぶためには受信した人が喜ぶようなメールのテクニック(メール術)が必要だと思います。


もちろん、出会い系サイトも同じで、女性に送るメールの内容が悪くては実際に出会うまでの道のりが遠くなってしまいます。具体的には、ですます口調で丁寧な方が好感度は高いですし、何かにつけて会おうとすると上手くいきません。



あるいは、相手の気持ちを無視するものでは、関係は終わってしまうでしょう。実際のところ、出会い系サイトには両極端な一面があります。

例えば、利用者の弱みに付け込んだ詐欺もあり得ますし、会ってみた男性が、実はDV男という可能性もあります。浮気したくてサイトで女性を騙している既婚者もいるそうです。逆に、相手と会ったきっかけが出会い系というカップルもいますので、こればかりは、出会いのタイミングや相手を見抜く目にかかっていると言っても良いかもしれませんね。世間では、出会い系サイトの印象はあまり良くなくて、危険なイメージがあるみたいなのですが、これまでの経験から言うと、トラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。例えば、サイト上では詳細な個人情報(住所、名前、職場など)は教えず、実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、安全です。もちろん良く知らない相手と密室で二人っきりという状況にならない為にも、ドライブなどの誘いは断りますし、待ち合わせの時間を夜にするタイプの人と会うのは初めからきちんとお断りしましょう。